CD/DVD/Other

2014年12月 2日 (火)

またCDを購入した。ドン・マクリーン「アメリカンパイ」

2014-12-02(火)晴れ

 また、暫くぶりにCDを買いました。

Dscn1585a  Dscn1586a

 ドン・マクリーン 「アメリカンパイ」のCDです。「アメリカンパイ」の曲は以前から聴いていましたが、インターネットラジオで久々に聴いて、是非、携帯電話や車のSDメモリにも入れておきたいなと思いました。聴くだけなら、YOUTUBEでも聴けますけどね。やはりCDを持っていても良いかなと、WEBでポチッと購入ボタンを押しました。
 輸入盤で、厚紙のジャケットです。CDと歌詞カードがあれば、これで全然問題ありません。
 「アメリカンパイ」の曲は、歌っているような語っているような感じが好きです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月26日 (月)

懐かしい曲のCDを買った

2014-05-26(月)曇り/晴れ、夜に雨

 懐かしい曲のCDを買いました。もう、30数年前になるのでしょうか、良く聞いた曲があります。友人からLPやカセットを借りて、車で出かけるときなんかに良く聞きました。それが、この曲です。

Dsc03955a
 「The Rainbow Goblins」、虹伝説です。ジャンル的にはロックに入るのかなあ、でも、なかなかメロディも素敵で好きでした。車で帰省するときなんかに聴くと、長い道のりも気になりませんでした。職場の懇親会で、車で出かけたときなんかも聴いて、色の話で盛り上がった事もありました。一度、コンサートにも行ったことがありました。なかなか良かったのですが、大音量なので、出てきて数時間は耳が痺れていました。
 カセットは持っているのですが、今時の車にカセットはついていません。当時はLPでしたが、ふと思いついてWEBで検索したらCDが有ったので、思わずポチってしまいました。また、車で出かけるときに聞こうと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月24日 (木)

カンツォーネ?のCD、ホセ・カレーラス「パッション」

2014-04-24(木)曇り、いちじ少し晴れ

 最近、というか昨年あたりから、よくカンツォーネのCDを買っています。3大テノール(ドミンゴ、パバロッティ、カレーラス?)とかいわれますが、別々に買うのも大変なので、3人競演のCDとか、基本的には収録曲で選びました。
 今回、WEBで探して、ホセ・カレーラス「パッション」を買いました。

Dsc03944a 

 このCDの曲は、クラシック音楽の曲のメロディに歌詞をつけて、カレーラスが歌ったものです。これが、なかなか良いんですよね。アランフェス協奏曲、アルビノーニのアダージョ、新世界、別れの曲、、、。
 アダージョの曲を聴いて気に入ったのと、今度アダージョを自分で歌うため、せっかくだからと買ってみました。
 気に入って、ステレオで流して聴いています。今度、携帯電話(ミュージックプレーヤ代わり)と車のSDカードに入れようと思っています。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月21日 (月)

カセットテープの音楽をCD化した

2013-10-21(月)晴れ

 先日、カセットデッキを保守したので、その後カセットデッキとデジタル録音機を使って、カセットに録音してある音楽をデジタル化してCDに焼いてみました。
 まずは、カセットでしか持っていない「シモンズ」の曲をCD化しました。きちんと録音してあるものは、WAVファイルにしてからCDに書き込むと、そこそこの音のCDが出来ます。手間はかかりますが、後々に手軽に聴くことを考えると、やむを得ないでしょう。
 あと、音質はともかくとして、他に入手の方法がない音源は、カセットからCD化しておこうと思います。例えば、FM放送を録音した、パーソナリティのお喋り付きの音楽番組とかは、もはや、そのカセットしか音源がありませんから、、。

 まあ、カセットのまま聴くという選択も考えられますが、今では車にはカセットデッキは付いていませんしねえ。
 そんな、昨日今日の話題です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月17日 (木)

久しぶりにCDを購入した

2013-10-17(木)曇り/晴れ

 久しぶりにCDを買いました。最近は、CD(とかLPレコード)を買うことは、なかなかありませんね。音楽を聴く場合、今まで買ったCDやLP、録音したカセットを聴いたり、CDは図書館で借りたりTSUTAYAで借りたり、あとはインターネットラジオを聴いたりしていました。
 ふと、昔のことを思い出して聴きたくなったものがありました。が、図書館にはありません。TSUTAYAで借りることも考えたのですが、出費があるなら、中古で安く入手してしまった方が、あとあと楽かなと思ったわけです。

Dsc03853a

 確か、最初にLPで出たときも、この写真だったような記憶があります。最初に聴いたのはLPで、もう40年以上前でしょうか。当時、ロックというとギンギンの、あまり音楽らしくないのも多かったように思いますが、今まで残っているのは当時聴いても、今聴いても楽しめるものが多いですね。
 この曲も、当時聴いたときにはロックというより、シンセサイザーを使ったオーケストラのような感じがしたものです。
 図書館から借りた、PINK FLOYDの他のCDと一緒に聴いてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 9日 (水)

LPからの取り込み進行中

2013-10-09(水)晴れ/曇り

 先日、デジタル録音機を使って、LPレコードからmp3ファイルに変換して、携帯電話や車のSDカードに入れてみました。これが意外に良かったので、その後もLPレコードから変換してみています。
 CDがあるのはCDからで良いのですが、CDが入手しにくいとか、若干高いとかいう場合、LPレコードがあったら、それで良いかなと思います。それに、昔買ったお気に入りのLPが結構ありますから、、(CDは少ない)。

Dsc03849a

 最近聴いていなかった上図のレコードを、SDカードに入れました。車で聴くには最適で、毎日のように聴いています。
 WAVファイルで取りだしてCD化することも出来ます。このレコードもCD化してみました。レコードの埃を払うことと針先の掃除(注1)をきちんとしておけば、ノイズも少なくて、LPレコードからの変換とは思えないくらいです。しばしば聴きたいのはCD化しても良いかなと思いました。

 以前から、LPの方が良いかな?、、とか言っていましたが、こうやってデジタル化が進むのですね。

注1:
 針先の掃除は重要です。プラスティックのゴミが付着してきます。これは、ブラシで払っただけでは取れません。プラスティックを溶かすような溶剤を、綿棒に付けて掃除しました。ゴミが付着していると、音割れとカビビリとか、高音がおかしいとかの影響が出ます。
 以前書いた、その関連の記事
    「大人の音楽講座・オーディオ編」に行ってきた
    久しぶりに、じっくりとLPを聴いてみた

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月 5日 (土)

LPレコードのCD化を行ってみた

2013-10-05(土)曇り、のちいちじ小雨

 3年前から考えていたのですが、やっとLPレコードのCD化を行ってみました。元々は、LPレコードの音楽を携帯電話に入れたいというのが発端でした。その時の記事がこれです。
 「「シモンズ」のLPを買った

 シモンズの歌を入れたいと思い、好きな曲が入っている2枚目のアルバムをオークションで買ったのです。このLPは保存品質が良く、入手して良かったと思いました。

Dsc03848a_2  「若草のころ」

 ところが、買ったものの今までmp3化せず、そのままでした。で、一念発起してmp3化とCD化をしてみました。

Dsc03846a  Dsc03847a (変換中)

 左のプレーヤでLPレコードをかけ、右のデジタル録音機で、wav(16ビット)ファイルに変換録音します。それを、PCで音楽CDに書き込みました。また、デジタル録音機でwavファイルをmp3ファイルに変換して携帯電話に書き込みました。(注1:この機種はwavファイルとmp3ファイルで同時に録音する機能がありますが、曲間で切るときに、ずれることがあるようなのでwavファイルで録音してからmp3変換しました。)
 レコードを綺麗に埃を払い、レコード針も綺麗にして行うと、綺麗な音でCD化できました。

 右のデジタル録音機は、買うときに大分迷って選択した機種(下の価格帯の機種と迷った)ですが、この機種にしておいて良かったと思いました。 夜、本を読みながらきくためのCDとか、携帯電話に入れるためとかならば、CDを買い直さなくてもLPからのデジタル化で済むことが分かった日でした。

 次はカセットテープからのmp3変換です。実は、カセットから変換するための機器も買ってあるのですが、いまだに動かしたことがありません。そろそろ、試さないといけないなと思った日でもありました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

アニメDVD注文と、以前香港で買ったDVD雑記

2011-07-03(日)晴れ、のち曇り

 B助さんのブログ「「ペリーヌ物語」騒動 」を読んで、コメントで盛り上がったので、結局私も台湾DVDサイトで注文してしまいました。巻数が多いので、レンタルで借りても中古で買っても日本では高いので、台湾サイトへ注文しました。ちょうど、以前から欲しかった「7つの海のチコ」とセットで安かったからです。
 B助さんのブログを拝見すると、結構色々あったようですから、私の場合もどうなるか楽しみです。

 ペリーヌ物語(小説だと「家なき娘」)は、暑さに負けて公民館の図書室に行ったとき、少年少女文庫の本が目について読み返したばかりです。「小公子」「小公女」「家なき子」「家なき娘」の中では、「家なき娘」が一番好きなので、どんなDVDなのか楽しみです。
 昔から、本で読んだものは映画で見ない、映画で見たものは本を読まない、、というのを守ってきましたが、ここへ来て段々崩れつつあるようです。

 さて、「台湾のDVD」のキーワードで思い出したのが、香港の屋台で買ったDVDです。
  その時の記事はここの「2007-11-16 トンボ作戦、雑談とまとめ」です。

 結局、買ってきたまま見ていなかったわけですが、どんなものかと見てみました。が、結局見られませんでした。リージョン違いです。
 ビルの中のショップで買ったものだと、結構怪しげなショップのものでも「リージョンフリー」でしたが、屋台で買ったのはリージョン3でした。日本はリージョン2なので、結局見ることは出来ませんでした。今度から買うときは、きちんと対応リージョンのマークを確認しようと思います。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

テレビの録画と心残り 「夢家族」と「愛の詩」

2010-07-06(火)小雨、のち曇り、のち晴れ

 先日(大分前かな)、本棚の本の後ろ側からとりだしたコミック(タッチ、全26巻)を読みつつあります。「タッチ」はご存じの方が多いと思いますが、主人公は双子です。

 で、思い出したのが、録画したままになっているテレビドラマです。2本あるのですが、こちらも主人公は双子です。双子というのは、2人とも元気でも、片方が早世してもストーリーになりやすいのでしょうか。
 大体が、録画しても(録画すると安心してしまって)見ないことが多いのですが、この双子のキーワードで思い出しました。

■「夢家族」 NHKドラマ 1985年頃でしょうか。(WEBで検索すると出てきます。)
 内容は、エーリッヒ・ケストナー作「2人のロッテ(Das Doppelte Lottechen)」の現代、日本版というところでしょうか。転校した先で、そっくりな女生徒に出会い、離婚した親に1人ずつ育てられた双子と知り、、、。核は同じストーリーです。とはいえ、現代日本の中での家族ドラマになっていますから、結構楽しめます。どちらかというと、ほのぼのとした笑いがメインのドラマです。

■「愛の詩 天使みたい Twin Angel's Angels' Story」 NHKドラマ 2003年頃でしょうか。
 こちらは、妹が早くになくなった双子です。諦めきれない母親(天才科学者)が姉にそっくりなヒューマノイドロボットを作り、交互に学校に行くことで起こるドラマです。こちらは、若干涙を誘われます。
----
 もっとも、最初に開発されたロボットが「スターウォーズ」のR2D2に似ていて、名前がルークというのには笑えましたが。ところで、R2D2の元は、アメリカのテレビドラマ「宇宙家族ロビンソン」のロボットでしょうかね。似ているような気がします。
---- (----間追記)

 「2人のロッテ」、「夢家族」、「愛の詩 天使みたい Twin Angel's Angels' Story」とも、双子の女の子の物語ですが、女の子の方がドラマにはしやすいんでしょうかね。
 最近の大河ドラマみたいなものはDVDでも出ますし、NHKアーカイブスで見ることも出来るのですが、上記のようなドラマは、残念ながら自分で録画してないと見ることが出来ません。

 で、題名の心残りの件ですが、、。連続ドラマを録画していると、運悪く抜けることがあります。
■「夢家族」 では、第一回をみてから録画を開始したので、1回目の録画がないのです。
■「愛の詩 天使みたい Twin Angel's Angels' Story」では、高校野球の放送が伸びた関係で、8月16日放送(第7回)が録画されていないのです。

 WEBで検索したり、2ちゃんで書き込んだこともありますが、残念ながら反応はありませんでした。
 これを読まれた方で、心当たりのある方は、、、連絡があると嬉しいです。
 (こういうのって、お酒やタバコと一緒で、あればそれほど飲みたく(喫みたく)ないのに、ないとなると無性に欲しくなり、、わざわざ着替えてでも買いに出る、、という心境に似ていますね(笑)。)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

CDのオルゴール2

2010-06-12(土)晴れ

 昨日のオルゴールCDを聞きながら解説を読んだら、オルゴールCDにも種類があるんですね。昨日の2枚は、それぞれ種類が違いました。

 第1(1枚目)は、オルゴールを演奏させて、そのまま録音したものです。従って、ゼンマイの音とか色々な機械部分の稼働音(言うなればノイズ)も入っています。しかも、振動弁の音だけでなく、オルゴールに使われている色々な音(太鼓とかラッパとか)も入っています。

 第2(2枚目)は、音源はオルゴールの振動弁ですが、音楽そのものはオルゴールではないです。即ち、オルゴールの振動弁の1枚1枚の音をデジタル録音しておいて、オルゴールのピンの楽譜にあわせてデジタル演奏させて録音したものです。従って、ノイズが無くて非常にきれいな音です。ただ、ちょっと味気なくて、昨日書いたように、ガラス棒音楽に似て聞こえます。

 とはいえ、2枚目はBGMとして流しておくには良いかもしれません。夜、お酒を飲むときなどには良いでしょう。家のステレオで聴くと低音、高音も出て良いのですが、手軽に聞くことができるように携帯電話にも入れました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧