乗り物、交通

2016年1月29日 (金)

横浜駅で迷ってしまったぞ、、

2016-01-29(金)雨、寒い

 今日は、会社時代の友人と7~8年ぶりに会って話をしようと、横浜駅まで行きました。同時に退職した後、友人は遠方に移り住んでいるので、なかなか会う機会が無いのですが、丁度東京に来るとのことで、会って話をすることにしたのです。昼食やらコーヒーやらで店を移りながら、楽しく話をしました。話は、とても楽しく弾んで、時間もあっというまに経ってしまいました。

 で、それは良かったのですが、そこに至るまでの話が、、涙涙の物語(大げさですが)です。いや、実は横浜駅で、半分迷ってしまったのです。私鉄の終点(横浜)で降りて、JRの中央のコンコースに行こうと思ったのですが、、、通勤で通っていた頃と変わりすぎていて、行かれないのです。改札を出るとビルの中で、お店通りになったり、地下通路に繋がったりしているのですが、どう行っても分からなくなります(JRの小さな入口には着くのですが、中央のコンコースに行く道が分かりません)。
 私鉄で降りた後、一旦外に出れば分かりやすいのですが、外に出る口もよく分からないのです。最後の手段として、一旦JRに入り、ホームに上がって見覚えのある階段を通って中央口に行き出ました。そこで、無事合流できたのですが、いや~、冷や汗をかきました。

 普段、鉄道の連絡もなければ、出口が一つしかない、、なんて駅ばかりのところに住んでいると、都会に出ると迷ってしまいますよ。まいった、まいった、、と言いながら帰ってきた日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月17日 (日)

ツアーバスの事故

2016-01-17(日)晴れ/曇り、夕方から小雨

 何日か前からスキーツアーバスの事故がニュースになっています。格安ツアー、夜行バス、、ということで若者の客が多く、事故に遭われた方は20歳前後の方が多いようです。大学生だと、卒業して、いよいよこれから人生のメインが始まる、、といってもいいわけで、本当にお気の毒なことになってしまいました。
!!(以下、若干問題部分もあるかもしれませんが)事故の記事で、被害者が私のような、人生の黄昏期に入っている場合だと、まあ、人生も概ね過ごした人だから、とか、悲しむ親御さんも既に草葉の陰かな、とか思って多少は気が楽になるのですが、学生さんだと気が重くなりますね。ここまで育った子どもさんを見ていた親御さんは、口に出せないくらい辛いでしょう。若い男女の客が多いと、ツアーで知り合って、これからカップルになる人もいたかも、楽しい若人ライフが待っていたかも、、とか思うことも、、。!!

 以前も、国外国内を問わず、旅行の高速バスの事故があったりして、そのたびに業界の過酷な状況が浮き彫りになりますが、のど元過ぎれば、、で似たような状況になるのかなと思います。高度成長期と違い、大きくならない(むしろ小さくなる)パイの取り合いだからでしょうか。
 検索してみてビックリしたのですが、私がスキーツアーを使っていた頃(40年前)に比べても、価格の数字がさほど大きくなっていないのですね。当時、2~3拍で1万円台だったような気がします。今でも、2万円台からありますね。企業の初任給で比較すると、当時と今では4倍くらいは違っていると思います。当時5万円、今二十数万円だと、4倍になります。当時のツアーが1万5000円なら、今では6万円近くのイメージです。まあ、価格は全く同じにスライドはしないにしても、また安くなる要素があるにしても、かなり苦しい内情かなとは思います。結局、しわ寄せは、直ぐには目に見えないところ(安全面)へ寄ってくるのでしょう。

 駄目なら捨てれば済むものもあるとは思いますが、命を預けるもの/命に直結するもの、たとえば交通機関とか食品とかは、安ければ安い程よいとはいえず、ちょっと考えてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月10日 (火)

自転車怖い、、

2015-11-10(火)曇り/雨

 水無川沿いの散歩、ジョギング用の歩道は自転車走行禁止なのですが、時々乗ったまま通行している人がいて迷惑という記事は何回か書いたことがあります。中には、運動公園内の散歩、ジョギングコースでも乗っている人がいます。注意したくても、気がついたときには走っていってしまっているから、どうしようもありません。まあ、乗っている人の頭の中も、どうしようもないのですが、、、。それでも、平地ですから速度も出ていないので、眉をしかめる程度で済んではいます。

 で、本当に怖いのはこちらです。

Dscn2018a

 家の近くから水無川沿いの道に降りる広い道路の歩道です。車の通行量も多いし、歩道も広いので、歩道は一応自転車通行可です。300m位の長さで、かなりの下り坂です(帰ってくるときは上り坂ですが、、当たり前かな、、)。

Dscn2017a

 一応、こういう表示が出ています。でも、みんながマナーが良いというわけではありません。結構、自転車優先みたいな顔をして、かつ下り坂なので気持ちよくとばしていきます。あれって、結構怖いんですよね。体重がありそうな大人だと、ぶつかったら車やバイク並みに怖いです。子どもだと体重は軽いけど、運転が今一なケースもあるし。

 先日も、一番下の交差点のところで、右から歩いてきた大学生くらいの男性二人組の鼻先をすり抜けて行った自転車がいました。自転車は同じような年代の女性でしたが、、。
男性が思わず止まって身をひいたから何もなくて良かったですけど、自転車の方は何事もなかったかのごとく走っていきました。若い男性は、、「ひえ~、怖かった、轢かれそうだったよ、、」と、連れの男性にこぼしていました。いや、ほんと、ヒヤッとしました。
 ここは本当に、気をつけて歩いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 5日 (金)

自転車の危険運転者の講習義務化の記事を見て、、

2015-06-05(金)曇り、夕方から雨

 先日の新聞(6月1日か)で、自転車の危険運転者の講習義務化がスタートしたと書かれていました。まあ、一歩前進ではあります。結構、目に余る運転も多いですから、、。
 でも、危険運転される前に講習して欲しいなと思うこともあります。もちろん、危険運転しそうな人を見つけて講習、、とは無理な訳ですが、本来必要だよなあと思うこともあります。

 ルールを守っていない人を、無理矢理分類すると

(1)知らない、教わっていない。
(2)教わったが忘れてしまった。
(3)図々しくなって守らなくなった。
(4)ルールを守ろうという気がない人。
(5)、、、、

などと、いくつかにわかれると思います。ここでは、(2)以降は別に議論するとして、特に(1)に注目したいのです。

 我々のような年より世代で、しかも田舎育ちですと、教わっていないケースも多いのではないかと思うのです。何しろ、自転車が一杯ある、多くの人が自転車に乗る、という環境でもありませんでした。直ぐ身の回りの道路は、自動車は一日に何台通るだろうか?自転車だって、そんなに通る訳じゃないし、、という状態です。
 そうなると、学校での講習なんてないですし、親だって注意する親もいれば、注意しない親もいます。何しろ、上記のように空いていて、しかも畑や田んぼの中の道なら遮るものものなく見通しがよいですから、陰からいきなり現れるなんて事はないわけです。

 ということで、教わらないか、2~3の事くらいは言われたけど余り頭に残っていないという人も多いと思います。だから、道路で見ていても、年配の人が結構自由気ままに運転している人が多いです。自転車にもルールがあるなんて頭にないみたいな感じもします。知ってて守っていないと言うより、どうも最初から頭にない、、という風です。
 で、そういう大人がいると、子どもが影響されます。だって、大人や、おじいちゃん、おばあちゃんがやっているんだから、、と見習ってしまうわけです。 ということで、(1)の対策も必要かなと思います。実際の方法は、考えないといけないですけど。

 まあ、現実問題としては、若い人が携帯電話を弄りながら歩道を走ってくるとか、狭い歩道をスピードを出して走ってきて横をすり抜けていくとかの方が怖いかもしれません。上に書いたほうは、どちらかというと運転者本人のほうが危ないケースが多いけど、下のケースは歩行者である、こちらが怖いですから、、。

 そんなことを考えた日でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 6日 (土)

ユニバーサルデザインのタクシーに乗った

2014-09-06(土)

 初めて、ユニバーサルデザインのタクシーに乗りました。FHPPCオフ会の帰り、駅に着くと深夜で、既にバスはありません。タクシー乗り場に行ったら、沢山のタクシーが並んでいました。乗り場の先頭のタクシーが少し変わったタクシーです。車体の色や塗装は、タクシー会社の他のタクシーと同じですが形が違います。ころっとしたワンボックス車で背が高く、ちょうど介護タクシーみたいな雰囲気です。

 ドアが開いたので、とまどって、乗っても良いんですかと聞くと、普通のタクシーと同じですから、、という回答なので乗りました。家につくまでの間に聞いたら、身体の不自由な方や車椅子の方でも利用しやすいような、ユニバーサルデザインのタクシーなのだそうです。
 多分、予約とか指定でのコールがあれば、そちらに使われるのでしょうが、深夜でそういう用途もないので、普通に営業しているのでしょう。乗った感想は、、、年をとった身体には乗り降りしやすい車です。ドアも広めですし、乗るときのステップもあります。椅子も高いので座ったり立ったりし易いです。
 これなら、こちらの方が良いかも、、と思いました。が、まだ数は少ないと言っていました。そのタクシー会社でも、市内では1台だとか。費用の面もあるでしょうね。

 ユニバーサルデザインという言葉は知っていましたが、実際に自分の身体で感じました。こういうのは、実際に使って嬉しい立場(年をとったとか、、)にならないと、必要性を感じることは少ないでしょうね。我が身を振り返ってみて反省した夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月19日 (木)

脱線事故の影響をもろに受けてしまった。

2014-06-19(木)曇り/少し晴れ

 昨日の夕方は、小田急線町田駅で飲み会でした。飲み会といっても、兄弟が集まって飲むだけですが、、。定期的にやっているのですが、気楽に飲めて気軽な飲み会です。夜遅くなるのは嫌なので、明るいうちから始めたのですが、、結果的に題記の件に巻き込まれて、夜遅くなってしまいました。
 明るいうちに始まり、明るいうちに終わったのですが、、、。せっかくだから、うん十年ぶりに「信濃の国」(注:長野県の県歌)でも歌おうかと、行きつけのスナックへ行って声を張り上げてから帰路につこうと駅へいきました。すると、隣の駅(これから帰る方向)で脱線事故があり電車が走っていません。仕方なく、横浜へ行ってから、別の線で戻る感じで迂回しました。小田急線なら急行で2つめの駅まで行くのに、横浜経由で凄い時間がかかりました。
 スナックへ行っていなかったら大丈夫だったのかな?と調べたら、一次会が終わる直前に事故が発生していたみたいで、いずれにしても駄目でしたね。

 そんなことで、午前様にはなりませんでしたが、帰路が疲れた日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月22日 (木)

家の近くの道路にバス路線が開通予定

2014-05-22(木)曇り/いちじ少し晴れ/いちじ雨

 先日、家の近くの大きな道路を歩いていたら、バス停留所のポストが立っていました。お知らせを見たら、来週から新しく、バスが通るようです。

 この道路は最寄りの鉄道駅から、真っ直ぐ家の横を通って、少し先のバス道路まで延びる真っ直ぐな道路です。開通して2年くらいになるでしょうか。私としてはバスがなくても、この道路が開通したことで便利になったと喜んでいました。何故かというと、最寄りの鉄道駅まで歩いても良いくらいに便利になったからです。今までは、家から水無川沿いに下るのに、崖に道路がなく800mほど横へ行ってから下り、また800m戻ってから駅へ向かったわけです。この800mの往復がなくなり、直ぐ下へ下れるわけです。駅へいくとき以外にも、この崖の部分の道路は便利でした。

 今までのバスのバス停も近いのですが、鉄道駅2つを結ぶ路線で、駅から出て山側へ大きく弧を描く道路の真ん中あたりです。このため、時間も運賃も最大のポイントで乗っていたわけです。今度は、最寄り駅へは最短のルートになります。
 ただ、本数が少ないのは、、、仕方がないかな。時刻表を見たら、朝3本、夕方3本くらい?でした。それでも、通勤通学の人には便利になるでしょう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月29日 (土)

珍しいものをみた、昔風の原付自転車

2014-03-29(土)晴れ

 買いものや散歩を兼ねて、いつものスーパーに行ったとき、珍しいものをみました。原付自転車(原動機付き自転車)です。もちろん、今の50CCのバイクも、分類は原動機付き自転車ですから、言葉にすると珍しいものではないのですが、今日みたのは昔風の(昭和20年代にみたような)原付”自転車”です。即ち、基本的には自転車という乗り物にエンジンがついたようなものです。

Dscn1270a

 昔と同じでペダルもついていて、足でペダルを漕いでも走ることが出来ます。ただ、当時漕がせて貰ったときは、ペダルが重くて漕ぎにくかったけど、今のはどうなんでしょうね。昭和20年代から30年代初期には、このような形のものが走っていました。

 珍しいから、近くで遊んでいた子ども達もビックリして、感想を述べあってました。「あれ、バイクか?」、「俺、自転車だと思ったよ」、、云々、、。
 今では、遊び心たっぷりな乗り物という感じがします。手にはいるなら、ちょっと欲しいかも、、と思いながら帰ってきた日でした。

 追記:販売されているモデルでした。WEBで見つけました。
     自転車のフレームにエンジンをつけたタイプ : 「フキプランニング

     他メーカに、見た目がバイク風のものがありますが、それだったら普通の
     50CCバイクでもいいかなと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月30日 (木)

カルチャーパークは駐車難

2014-01-30(木)曇り/雨

 図書館へは良く行きますが、最近は駐車難というか、駐車場が満杯のことが多くあります。カルチャーパーク(運動公園とか文化会館とか体育館廻り)には大きな駐車場がいくつかあります。しかし、そのうちの2つが工事中で、何ヶ月か閉鎖になっています。なので、文化会館大ホールで催し物があるときは、文化会館周りの駐車場は満杯になります。図書館は、文化会館の隣なので、駐車に困るわけです。文化会館大ホールに来た人も、駐車場所を求めて走り回っています。
 幸い、歩いて10分ほどの、運動公園駐車場(の遠い側)まで行くと駐められることが多いので、そこから歩いてくることにしています。

 整備工事中の駐車場2つは、もともと綺麗に整備されていた駐車場なのですが、何の整備をするのかな。最近、カルチャーパークは、よく「今必要か?」と思ってしまう工事もやっていました。まあ、市の中心、顔だから、見栄えを良くしたいという気持ちは分かりますが、随分お金があるんだなあ、、と思ってしまいます。それなら、健康保険の掛け金とか、安くならないかななどと思ってしまいました。横浜市に比べると倍額なので、昔、計算が間違っているのではないかと市役所へ聞きに行ってしまいました。そしたら、横浜は裕福な市だから安いんですと言われたので、なら、工事ばかりしている場合じゃないだろうに、、と思いました。口の悪い友人は、選挙もあるし、公共工事はある程度やってないと、、いう都合もあるんじゃないの?と言ってましたが、本当に口の悪い、、(笑)。たしかに、整備されていないところで、必要性の高い整備も多いことは確かですが、、。

 ということで、駐車難なのですが、出来れば2つ一緒ではなく、1つずつやって欲しかったなとは思いつつ、今日も10分先の駐車場に駐めてきました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月20日 (月)

ようやく表示された、、「逆走禁止」

2014-01-20(月)晴れ
 過日、文化会館横の道路の自転車専用レーンの逆走が危険、、との話を書きました。昨年末からの道路交通法改正適用?に従って、ようやく逆走禁止の標識が立てられました。

Dscn1175a

 余り沢山は立っていませんが、一本では見逃す人もいるので、もう少し本数を立てて欲しいところです。

 運動公園内の歩道/散歩道/ジョギングコースも、自転車走行禁止なのですが、立て札の数が少ないから知らないのか、見て見ぬふりをしているのか 、自転車で凄いスピードで走っていく人がいます。もっとひどいのは、通り抜けるだけだから、、と言いたげな人が、バイク(小さいやつね)で走り抜ける人もいます。注意しようにも間に合わないし、注意して逆ギレされても怖いし、、。立て札増設の提案を、市にしてみよう。

 いつぞやは、小学生3人組が、ここは降りないといけないんだよといって、降りて押してゆくのをみました。ああ、この子の親たちはしっかりしているなあ、しっかり教えているなあ、、と思いました。親が何度も繰り返して、しっかり教えれば、こどもはきちんと覚えるものです。反発して逆らっても、少なくとも頭の中には残るはずです。そういうことの積み重ねが大事なんだろうなと、昨今の状況を見て思います。

 そんな感想を抱いた日でした。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)