食べ物など

2019年6月13日 (木)

ウイスキーに始まり、ウイスキーに還る? その5

2019-06-13(木)晴れ、のち曇り

 1~2年前から?は、晩酌は専らウイスキーになっています。以前は同じ銘柄を購入していましたが、最近は色々買ってみていると暫く前の記事で書きました。
   前回の記事 「ウイスキーに始まり、ウイスキーに還る? その4

 また、瓶が空になったのでリカーショップへ行きました。前回までは、ぱっと見て目についたものを検討して買っていましたが、今回はウイスキーの棚を端から眺めてみました。すると、色々なところ(色々な土地)の地名を押し出したウイスキーが、色々な銘柄で出ていることに気がつきました。以前の地ビールならぬ地ウイスキーですね。色々な土地に思いを馳せながら眺めて、今回はこれを選んでみました。

Dscn2791a  

 御殿場の蒸留所産です。私の感覚からすると、御殿場といえば富士山です。富士山に思いを馳せながら飲むことにしましょう。

 

| | コメント (0)

2019年6月 7日 (金)

ワインの効用? 認知機能の差異

2019-06-07(金)曇り、午後いちじ雨

 1~2日ほど前の新聞記事で、ワインを飲む人と飲んでいない人のグループ間で認知機能に差異が見られたという研究結果の記事がありました。ワインを飲んでいるグループの人のほうが認知機能が高いとのことでした。こういう研究結果から、認知機能改善や機能低下予防の物質が見つかったり薬が出来たりするのでしょうから地道な研究ではあります。
 さて、とはいえ、この差異はワインを飲むことが理由かどうかは、さらなる吟味、研究が必要です。ワイン内の物質が理由なのか、ワインを飲むことを選択する人の生活スタイルとか、ワインを選択する人の食事とかが原因ではないかとか、いろいろ考えられますから、、。
 何はともあれ、ワイン製造、販売関係の方には朗報でしょう。多分、規模は分かりませんが、販売量が上がるような気がします。健康に良さそうだとワインに切り替える人や、父の日を前にプレゼントに選ぶ人が増えそうです。
 飲んでいるものの種類が変わるだけで量が増えないなら問題ないと思います。が、次のようなケースは、健康にはむしろマイナス効果だと思うので気をつけないといけません。
・今まで飲んでいる物の上に更に、健康のためと称してワインを飲む人、、、単にもっと飲みたいだけの人だな。
・今まで飲んでいなかったのにワインを飲み出す人、、、今までどうり飲まない方が良いと思う。

 以前、味噌汁を飲んでいる人の癌の率が低いとか、ワインを飲む人が癌にかかりにくい?とか、言われたときも、何が要因かと関係なく味噌汁やワインに飛びついたことがあったような気がします。
 研究の今後の結果に期待したいと思います。

 

| | コメント (0)

2019年5月17日 (金)

ウイスキーに始まり、ウイスキーに還る? その4

2019-05-17(金)晴れ

 最近は、家で飲むお酒は専らウイスキーになっていて、色々な銘柄を買ってみています。その経緯は、以前の記事でも書いたことがあります。
   前回の記事 「ウイスキーに始まり、ウイスキーに還る? その3
 以前の記事の頃は少し背伸び(価格的に)をしたものを試していましたが、毎日のような晩酌に、あまり高いのは大変なので、最近は1000~2000円あたりのものをみています。さて、最近気がつきましたが、以前から知っている大手酒造会社のものではないものが目につくようになりました。ビールとかワインだと、地ビールとか地場ワイナリーのワインとかが話題になり知られるようになりましたが、ウイスキーにもあると初めて知りました。もっとも、大手流通ルートに乗っていなかったとか、自分の身の回りに出回っていなかったとかで知らないだけで、ずっと昔から有ったのだろうと思います。話題作りとか販路拡大とか販売品の拡大とか、色々なところの思惑が一致して、目につくところに出てきたのかもしれません。
 ということで、目についたら、取りあえず試してみています。

Yamazakuraa    Dscn2785a  

 左:先日買ってみた「山桜」
 右:今日買ってきた「みさご」

 飲んでみて味云々というほど分かっているわけではないので、そちらはやめておきますが、どれもおいしく飲めます。あちこちのを買って、色々思いを馳せながら飲むのも楽しいかなと思いました。

 

| | コメント (0)

2019年5月10日 (金)

豆腐パックも、段々小さなものが出てきているなあ

2019-05-10(金)晴れ

 2~3日前に、「ご飯パックの売れ筋が、少量パックの方にシフトしている?」という題で、段々量の少ないご飯パックが出てきていると書きました。同じ目でスーパーの棚を見ると、豆腐パックも段々と小さなパックが並び、売れ筋になって来ているようです。一丁のパックのあと半丁のパックが出て、少し便利かなと思っていたら、最近は4分の1のパックが沢山並んでいます。コンビニエンスストアには、冷や奴一人前のパックがありましたが、スーパーも小分け販売ものが伸びてゆくのでしょう。といいながら、便利だなと思って買うのですが、プラスティックゴミが増えるのが難点です。
 お鍋を持って豆腐を買う時代から、4分の1のパックを買う時代まで経験してきましたが、変わったなあというのが実感です。プラスティックゴミを捨てるときには、いくらリサイクルとはいっても心が痛みますが直ぐに薄れます。便利な方には直ぐになれますし、良心の痛みも直ぐに薄れます。気をつけたいと思っています。

 

| | コメント (0)

2019年5月 7日 (火)

ご飯パックの売れ筋が、少量パックの方にシフトしている?

2019-05-07(火)晴れ/曇り

 最近は(いや、大分前から?)一人/1食分にパックされた調理済み食品があって便利ではあります。そんな中で、ご飯パックがありますがスーパーで見る度に1回に食べるご飯の量って減っているのかなと思います。昔ですと、一人分は200グラムだったと思います。200グラムパックが1番、目に付いたのですが、その後180グラムパックが沢山置いてありました。さらに最近は、160グラムパックが良く入れ替わっている(よく売れている?)ようです。そういう私自身が、最近は買うとしたら160グラムパックですし、沢山ご飯を炊いて冷凍するときも165グラムずつに小分けしています。
 一食の量が減り、パン食の方も増えているからお米の総消費量は減っているのかな。まあ、私自身としては、1回の量は微減しても、基本はお米のご飯を食べ続けると思います。ちゃんと何回も研いで炊けば、どのお米もおいしいです、炊飯器も良くなっているし、、。

 

| | コメント (0)

2019年4月18日 (木)

チョコレートがおいしい

2019-04-18(木)晴れ、のち曇り

 最近チョコレートを買ってきて食べることが多くなりました。チョコレートにはまったというわけではありませんが、おやつの時間になると何粒か食べたくなります。きっかけが何だったか忘れました。ひょっとしたら、カカオが健康に良い云々、、とかいう話しからかなあ。
 あとは、子どもの頃はチョコレートなんて食べられなかったから、その反動でやみつきになったのかもしれません。もっとも当時はチョコレートどころか、買ったお菓子を食べるなんてこと自体が少ない時代でした。おやつは家で作ったものとか、そういうものでした。何も無ければおむすびでしたが、学校で目一杯「遊び」回り、帰ってからも「遊び」回る時代は、お菓子よりおむすびの方が元気が出ました。
 話がそれましたが、そんなわけでスーパーに行くたびにチョコレートを買ってきます。普通のチョコレートで甘さ控えめの種類が気に入っています。一度、「カカオは身体によい、カカオ80%配合」とかいううたい文句に釣られて、それを買ってみました。が、糖分が少なくて健康にはよいかもしれませんが、「おいしい」と感じるかどうかが微妙でした。でも、健康のためには、そちらがよいのかな? そんな事を考えながら、緑茶を飲みつつチョコを舐めています。

 

| | コメント (0)

2018年10月19日 (金)

製造販売側と買う側の、思いの相違 続き

2018-10-19(金)晴れ/曇り、のち曇り、夕方に小雨

 ずいぶん前に、題記の記事で皮なしウインナの本数の事を書いたことがあります。
   以前の記事 「製造販売側と買う側の、思いの相違

 随分と前の記事です。その内容は、袋詰めのウインナで「標準10本」と書かれているが重量管理なので9本のこともある。重量上は問題ないから売る側としては問題ないとおもうのだろうが、買う側としては困る。料理で5人に2本ずつ付け合わせしようと思ったら一本足りなくなるから、、というものでした。こういう食品を使う側は、重量の他に本数も問題になるわけです。

 最近も良く買うようになって気がつきました。最近は10本、あるいは11本のものしかないみたいです。9本のものに当たったことがありません。むしろ、多くの場合が11本です。これは、製造販売側も買う側の都合に気がついたのか、ご意見が寄せられたからなのかは分かりませんが、、。
 以前は10本基準だが重量的に9本になることもあるという設定に対し、その後は11本基準だが重量的に10本になることもある、という設定になったのかもしれません (あるいは10本基準だが、重量的に少ない場合は11本になるという設定かも)。 これなら少なくとも、表示されている10本(実際は”標準”10本と書かれているわけですが)という数字をとらえられても問題にはならないわけです。
 そんなことに気がついた日でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月15日 (月)

今年の新米を購入、食べてみた

2018-10-15(月)曇り

 涼しくなって(寒いくらいですが)秋を感じるほかにも、秋を感じる場面が多くなりました。お店に行くと、柿や林檎やミカンなど、季節の(今年の)ものが出回っています。今は柿が良いかな、その先は林檎で、ミカンは12月に入ってからにしようかなとか思いながら見ています。
 さて、お米が切れたので買いにいったら、新米が出ていました。最近のお米は、何時のものでもおいしいので、特に新米にこだわってもいません。が、やはり見てしまうと、こちらにしようかなと思って買ってみました。何となく、いつもより1割くらいは高いかなあとは思いました。

E52p113a

 色々な品種や産地がありますが、今まで何となく買い続けているものを買ってきました。色々言えるほど分かるわけではありませんが、炊きあがりのときの感じとか、食べたときの食感が良いような感じがします。
 大分前になりますが、お米不足で騒ぎになったときに、随分と古いお米や、タイ産/中国産などのお米を炊いて食べたことを経験していると、今普通に売られている日本のお米は、どれもおいしいと感じています。だから、それほど産地や銘柄にはこだわりません。ただ、炊くときは無洗米でも無洗米以外でも、良く研いでから炊くようにしています。
 そんなことを考えながら食べました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 8日 (月)

保存するか、早く消費するか、、

2018-10-08(月)曇り/晴れ

 スーパーに行ったときに、生鮮食品売り場のバナナの棚の前を通ったら、おいしそうなバナナが目に入りました。つい、小さな房を買ってしまいました。そのときに、何日か前だったかのラジオのコメントを思い出しました。
 朝起きる前に、いつものようにぼんやりとラジオを聴いていたら、聴取者のお便りをきっかけにしてバナナの保存方法について話していました。置いておくと黒くなりすぎて食べられなくなるのを防ぐ方法でした。45~50度くらいのお湯に4~5分?つけておいてから、一本ずつラップして野菜室に入れるのだったかな?これで、かなり長持ちするようでした。
 でも、、、バナナを見ながら思いました。そのままのバナナでも野菜室に入れておくと、5日くらいは、あまり影響がないから数日(長くても一週間くらい?)で食べきる量で買えばいいのではないか?と、素朴な疑問を抱きました。
 そういえば、落語家の小話にもありました。
 「師匠、お餅って、どうしてかびるんですかね?」
 「馬鹿野郎、早く食わねえからだ。」
おいしいうちに食べきるほうが良いかなと、、。まあ、自分で買うのでなく、もらい物で、数日では食べきれないほど集まってしまったときは、保存するかお裾分けするしかないですが、、。
 そんなことを思い出しながら買ってきました(3日分を、、)。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月10日 (日)

直売所?の良さ

2018-06-10(日)曇り、のち雨/曇り

 毎朝歩く散歩ルートの途中、農家の脇に農家の直売所(無人販売スポット、どれでも100円というあれです)が有ります。おばあさんが脇の畑で作って出しているようでした。市場へも出しているのか、それとも市場まで持ってゆくのも大変だから、ここだけなのかは不明ですが。
 さて、そういえば最近は購入していないなあと気がつきました。理由を考えてみたら、良く購入する野菜のシーズンではないからでした。たとえば、冬なら大根とか冬によく食べる野菜、夏ならキュウリとかトマトとか、、。考えてみたら、この農家の畑では温室栽培はしていないから、旬のものだけが出てくるわけです。
 家の近くには大きな温室が並んだファームもあり、大型エアコンがうなりを上げています。こういう所では年中栽培できるので、スーパーでは季節を問わず何でも販売されています。この野菜って、いつが旬だっけ?と分からなくなりそうです。街のお店やスーパーで、旬の時期だけ出てくるものって、、、今考えると筍、松茸くらいしか思いつきませんでした。
 その点、この直売所で見ていると、旬のものが出てくるので分かります(筍や松茸は出てこないけど)。その季節のものが食べられるわけです。そういう意味でも販売棚を良く見ています。それに、旬の露地栽培のものの方が、味がしっかりしているように感じます。
 もちろん、自分の料理の種類の少なさと食事のメニューのことを考えると、年中入手できるスーパーの野菜も重宝していることは確かですが、、。
 いつも、そんなことを考えながら見ています。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧