植物・自然

2018年5月29日 (火)

そろそろ紫陽花の季節かな、戸川公園

2018-05-29(火)曇り

 少しでも沢山歩かないとまずいかなと、県立秦野戸川公園方面へ歩いてみました。曇りですが、逆に暑くなくていいかなと思いました。戸川公園の近くは第二東名のサービスエリアになる予定ですが、まだ遺跡発掘調査段階なので静かです。サービスエリアが出来るとどうなるかですが、、。

Dscn2586a
 風の吊り橋も、すっかり緑に埋まっています。


Dscn2584a
 4月に行ったときはチューリップでしたが、そろそろ紫陽花の季節のようです。場所によりますが、綺麗に咲いていました。

Dscn2585a
 少し離れた場所ですが、こちらはまだまだのようです。
 歩くには今頃が良いかもしれません。もう少しすると梅雨入り、雨の季節になりますね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月24日 (木)

散歩雑感 たわわに実ったグミの木

2018-05-24(木)曇り、のち雨、のち曇り/晴れ

 午前中から昼過ぎくらいまで降ったりやんだりしていた雨も、午後後半からは曇り/晴れに変わりました。歩くには、ちょうど良いくらいだったでしょうか。今日も水無川沿いを歩きに出かけました。水無川沿いのウオーキングロード?では、歩いたり犬の散歩をしたりしています。水無川沿いも、運動公園から下流側(運動公園~市役所~秦野駅)は川岸も芝生化されていたりしますが、上流側(戸川公園へ向かう側)は、砂防工事は行われましたが、まだまだ自然の風景を残しています。

E52p042a

 ウオーキングロードも、こうやって撮影してみると森か林の中を通っているように見えます。実際はそこまででは無いですが、、。それでも、木が多いから、これからの暑い季節には良いルートです。

E52p046a

 その途中には、川岸の低灌木にするため、グミの木が沢山植えられています。ボランティアが、少しずつ植樹しているようです。そのグミの実も、たわわに実っています。雨で洗われて綺麗な色をしています。黄色みを帯びた実を食べると舌先に渋が残りますが、完熟トマトレベルに赤く色づいた実を食べてみると、なかなかおいしいです。
 幾つか食べてみてから戻ってきました。勝手に食べたけど、いくつかくらいなら良いですよね、多分、、。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月16日 (水)

散歩途中のグミの木

2018-05-16(水)晴れ/暑いくらい

 先日の記事で書いた散歩途中のグミの木ですが、前回は未だ青かった実が、早いものは赤くなっています。

E52p032a

 子どもの頃の記憶では、もっと先の時期だったような気もします。が、そこは寒い地方だったし、こちらの、しかも温暖化が進んだ今では普通なのかなとも思いました。一粒、囓ってみましたが、子どもの頃感じたような渋みを感じました。ちょうど、渋柿をちょっと囓ったような感じです。もうちょっと、時間が経ってからの方が渋みが無くなるのかな。
 そんなことを考えながら歩いてきました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月12日 (土)

桑の木とグミの木

2018-05-12(土)晴れ

 散歩とかウオーキングのときに花とか草とか木とかを見ています。観察して云々とか、名前を調べて云々ではなく、ただ見て来るだけですが、、。そんな中で連続して見ている箇所が2つ有ります。
 一つ目は、大きな桑の木が何本かあるところです。子どもの頃済んでいた土地は養蚕が盛んで、周りの畑は桑畑、忙しい時期には近所のお手伝いをした、、なんて経験があります。だから、蚕ならうねうねしているのを指にのせて頬ずりするくらいです、、が、同じ形状でも芋虫?は見た瞬間、2~3メートルは飛び退ってしまいます。
 話がそれましたが、だから桑の木があると懐かしいなと見てしまいます。ここで何時も見ている木は大きくなっていますから、時期になると実がなって紫色になってきます。ただ、土地の養分の関係か、大きく綺麗な紫の実になることは少ないようです。今年は大きく綺麗な紫の実になるといいなと思っています。
 ふたつめはグミの木です。まだ、あまり大きくなってはいないのですが、何本か植えられて育っています。グミの木は低灌木だと思うのですが、子どもの頃に庭に生えていたグミの木は随分と大きな木でした。幹が直径20cmくらいありました。小中学生が何人も登って遊びましたから、大きく丈夫に育っていたようです。散歩の時に見ているグミの木は、まだ幹が親指の太さくらいでしょうか。

E52p029a

 昨年は余り実がついていなかったような気がしますが、今年は沢山の実がついています。綺麗な赤色になると良いなと思って写真を撮っています。
 そんな楽しみを見つけながら歩いています。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月24日 (火)

花粉も収束してきたようだ

2018-04-24(火)深夜に小雨、のち曇り/晴れ

 暫く前に杉花粉から檜花粉に変わっていたようですが、ようやくそれらもおさまってきたようです。2月、3月は毎日1~2回鼻洗浄をしていましたが、ここのところは殆どしていないのですが問題ありません。花粉飛散予報の情報でも、ずっと「少ない」が続いています。

Scre000081(PyStnPollenでみた花粉飛散情報)

 もっとも、薬は毎日1錠飲んでいたのですが、今日から中止しました。残りは密封袋に入れて冷暗所に保管し、来年のシーズンに同じ薬が処方されたら使うことにします。診察、処方していただいている耳鼻科の先生に、そういわれています。期限切れにならないから、勿体ないから捨てなくて良いよ、、という訳です。
 梅雨が始まるまでは、爽やかな季節が続きそうです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月14日 (土)

桜の木も、すっかり緑になった。

2018-04-14(土)晴れ、のち曇り

 ここのところ、風が強かったり空模様がはっきりしない日も多くなっています。今日も若干風が強い時間帯もありましたが、久しぶりに図書館まで歩いてみました。途中の水無川沿いの桜の木も、すっかりと緑一色になっています。

Dscn2556a

 右側の岸辺の桜がこんもりとした緑の木になっています。5月連休の話題も飛び交うような時期になりました、それが過ぎると、いよいよ初夏に突入の暑い日が来るのでしょうか。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月12日 (木)

庭のムラサキシキブにも緑の芽が出てきた

2018-04-12(木)晴れ/午前中は風が強かった

 いつの間にか庭の片隅に生えてきたムラサキシキブも、毎年紫の実をつけていました。生えてきたのは随分と前になりますが、近所ではみかけなかったから、鳥の糞にでも入って、遠くから運ばれてきた種から生えたのでしょうか。
 下のサツキが陰になって生育が悪くなるので、昨年ムラサキシキブを大幅に切り詰めました。先日までは枯れ枝ばかりのような感じでしたが、2~3日前から緑の芽が出てきました。

Dscn2554a

 緑の芽が見え始めると、増えるのは早いです。鉢植えではなく庭に直に生えているから、水もやらずに放っておいても大丈夫のようです。
 そんな、庭や周りの緑の変化をみながら季節の移り変わりを感じています。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 8日 (日)

今日も、県立秦野戸川公園へ行ってみた

2018-04-08(日)晴れときどき曇り/少し寒い

 今日は、朝方は凄く良く晴れた日でした。ときどき雲が太陽を隠すとはいえ、雲から顔を出すときもあり、まあまあの天候でした。ということで、今日も戸川公園の方へ歩いていってみました。昨日も歩いたからか、坂道も比較的楽でした。
 上記のような天候ですし、出歩くのに良い季節ですし、チューリップフェアでもあるし、、なのか、いずれにしても日曜日だからなのか、子ども連れの方達で賑わっていました。もちろん、カップルなんかも多いようですが、、。

Dscn2551a
 中央花壇です。チューリップフェア会場という矢印の看板が出ていたから、午前中には何か催し物があったのかな。それとも、単に中央のメイン花壇を案内していたのかな。午後に行ったから分かりませんでした。


Dscn2548a
 色々なところにチューリップの花壇があります。

Dscn2549a
 同上

Dscn2550a
 (上の写真の花)周りの花は、満開になっている花も多いのですが、この辺は見頃かもしれません。

Dscn2552a
 中央広場には色々な露店が出ています。竹を切って色々作ってくれる露店は子ども達に人気のようでした。色々というのは、(昔なら缶で作った)ぽっくりとか、花挿しとか、ペン立てとか、、、ETC。


Dscn2553a
 風の吊り橋も、今日は人通りが多くなっています。

 戸川公園までの往復は、良い運動になりました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 7日 (土)

県立秦野戸川公園のチューリップは満開を過ぎたようだった

2018-04-07(土)晴れ、のち曇り/寒い

 先日までの暖かさと変わって、少し寒いくらいの風がふいています。もっとも、気温的には、これが平年並みらしいですが、、。ただ、曇り空な上に強く冷たい風がふくので、体感的には随分と寒く感じます。
 そんななか、久しぶりに県立秦野戸川公園方面へ歩いてみました。家から真っ直ぐ丹沢方面へ歩いて登ってゆくと、30分強くらいで到着です。かなりの上り坂なので、久しぶりに歩くと少ししんどいです。

Dscn2539a(第二東名サービスエリアの工事現場)

 公園の手前あたりでは第二東名のサービスエリアの工事と、工事前の遺跡発掘調査が行われています。いずれは、自然に囲まれた戸川公園、、、ではなく、広い駐車場に群がる車に囲まれた戸川公園になりそうです。

Dscn2545a(風の吊り橋)

 中央の広場(バス停やセンターのあるところ)からみた風の吊り橋です。

Dscn2541a(チューリップ、菜の花、さくら)

 おなじく中央の広場のわきにあるチューリップ花壇です。チューリップとさくらの間の黄色は菜の花です。さくらはソメイヨシノと八重桜のようです。公園内を歩き回ると、あちこちのかなりの花壇があるのですが、疲れたので歩き回るのはやめました。チューリップは、満開を過ぎたようです。たしか、明日からチューリップフェアだったような、、、。

Dscn2542a

 (同上)

 晴れていると花の色も、もっと映えると思うのですが、少し残念でした。花をバックに自撮り写真を撮っている人や、絵を描いている人などがいました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 4日 (水)

この時期はチューリップが目につく

2018-04-04(水)晴れ

 この時期は、散歩であちこち見ていてもチューリップが目につきます。花も大きくて華やかだし、現代の風潮では春の定番なのかもしれません。華やかでいいですが、清楚とか奥ゆかしさ、と言う感じではなく、もう少し自己主張が強いのかな。まあ、単なる感想ですが、、。
 散歩で歩いていると、庭や家の近くに花壇を作っている方とか、プランターで育てている方とか色々です。と思ったら、畑の片隅にも咲いていました。

E52p021a(大きな畑の一角)
(撮影:Nokia E52)

 今年は暖かいので、予定より開花が早いというのは桜だけではないようです。県立戸川公園のチューリップフェアは4月7日からのようですが、もう、満開に近いと、戸川公園のブログに書かれています。見に行こうか、、と思ったら、週末に向けて天候は下り坂です。桜もチューリップもそうですが、花は青空の下で見るのが色も映えると思います。さて、どうしたものかな。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧