天文、星空、星座

2016年10月14日 (金)

Python: 太陽と月の出入り時刻、月齢表示のスクリプト PySunMoon

2016-10-14(金)晴れ
              (画像1枚とモジュールを差し替えました2016-10-15)
 「BitClockで遊ぼう! 自分用スクリプトをPythonで書き直し」という、「あやち」さんのブログを見ていたら、日の出/日の入り/月の出/月の入りの時刻や月齢データを提供してるサイトのことを知りました。国立天文台のサイトでした。WEB上には探せば有るはずで、今まで知らなかっただけですが、今回は良い機会でした。

 今まで上記のデータは、計算してくれる携帯電話アプリで見ていました。しかし、上記データを1画面で見られるアプリはなくて、いくつか入れていました。
 今回、あやちさんのブログに触発されて、上記サイトからデータを取得して、1画面に表示するスクリプトを作成しました。データを見るだけなら、国立天文台のWEBをブラウザで見るだけで済みますが、せっかくなのでデータを取得して表示するスクリプトにして見ました。今まで作成したPyStnシリーズ(*1)とか、PyBookシリーズのスクリプトがありますので、それのルーチンを再利用すれば、比較的簡単に出来上がります。
   *1:Pythonスクリプト雑記

 ということで、作成した「PySunMoon」スクリプトの画面表示では下のような画面になります。

Ssce0707a Ssce0709a

 もっとも、WEBサイトをブラウザで見ると下の画面です。

Ssce0708a

 これでは作成した意味は感じられないかもしれませんね。実際はPyStnシリーズのように、取得した時刻や月齢数値を、携帯電話の待ち受け画面に表示するときに利用できるように作成しておこうかと思って作った次第です。もっとも、そこまでの必要性を感じて改造するかどうかは不明ですが。

 久しぶりにPythonスクリプトを弄りました。そして、すっかり忘れていることに気がつきました。for文が書けなくなっていて、思い出すのに時間がかかりました。覚えるのには時間がかかりましたが、忘れるのは速いものです。
 そんなPythonスクリプトでした。

------------------------------------------------------
モジュール
   「PySunMoon_0_01_0.py」   
   「PySunMoon_0_01_0.py」  差し替え版(2016-10-15)
   「PySunMoon_0_01_0.py」  差し替え版(2016-10-27)(IPアドレスを
              ドメイン名に修正しました。動作は変わりません。)
------------------------------------------------------
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 8日 (金)

七夕だったけど星空はどうだっただろうか

2016-07-08(金)曇り、夕方から小雨

 昨日は七夕でしたか。昼間はよい天気で、日の光がきつく暑い日でした。昼間は青空でしたが、夜空(の星)はどうだったのでしょうか、残念ながら、夜空を見上げずに終わってしまいましたが、、。この時期は天気が良くても、湿気が多いせいか(または当地の空気が汚れているからか)、星空が綺麗、という気がしません。市街地の明かりの反射とか、あるいは自分の目の衰えのせいかもしれません。
 ただ、やはり、この時期の七夕は辛いような気がします。梅雨の最中ですしね。旧暦だといつだろうかとみたら、8月9日ですね。このころなら、梅雨も明けて細空も綺麗で、夏の大三角も綺麗に見えるでしょう。夏の大三角のうちの2つが「織り姫、彦星」だったかな。後は、白鳥の尾っぽだったかなあ、、。

 毎年、七夕になると同じようなことを思い出します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月27日 (日)

お月様とたばこ祭りと、、雑記

2015-09-27(日)

  今日はたばこ祭りの2日目です。雨は降りませんでしたが曇りで、祭りとしては今一の日でした。でも、雨が降らなかったから、主催者も子どもさん方も嬉しかったことでしょう。
 今日はギターサークルの練習日だったので、祭りの会場には行かれませんでした。今、この記事を書いている時に、弘法山で上げる花火の音が聞こえています。家の二階の窓からは花火が見えるのですが、3kmくらいあるので音が遅れてきて、迫力は今一です。そのうえ、今日は間にある雲に邪魔されて、半分くらいは隠れてしまっています。

 で、ちょうどその方向に月が少し見えます。考えてみたら、そろそろお月見の時期です。暦を見たら、今日が十五夜です。今まで、十五夜の月が満月だと思いこんでいたのですが、十五夜の月と満月は、必ずしも一緒ではないのですね。今月の満月は明日のようです。明日も、お月見には難しそうではありますが、、。
 そんな、旧八月十五日の夜です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月14日 (木)

そういえばペルセウス座流星群は、、、

2014-08-14(木)曇り/雨

 今日は、2ヶ月に1回やっている兄弟との飲み会で、町田の方まで行ってきました。2ヶ月に1回なのですが、この年になると時間の経つのが早くて、つい先日にもやったような気がします。今日は、途中の駅で図書館へ行くために早く出たのですが、それで助かりました。駅に着くまでは何とか曇りでしたが、ホームに入ったとたんに大雨です。電車の間中雨で、降りたら小降りになっていました。

 そんな空を見ながら、ふと思い出しました。そういえば、ペルセウス座流星群のピーク(の予定)が昨日あたりでしたね。どうだったんでしょうね、、と思いながら、日記を見たら、ここのところはずっと、曇りと雨がメインの空模様でした。ま、多分、期待に答えられなかったという結果でしょうか。自然現象は、なかなか手強いですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月26日 (水)

月齢10日あたりの月

2012-09-26(水)晴れ

 夕方、水無川沿いを歩いていて、ふと空を見上げると東の空60度のあたりに、半月より丸くなった月が白く見えます。この時間に、この方向に見えるのだから上弦の月で、概ね月齢10日あたりの月みたいです。あと5日もしたら満月になって、中秋の名月と言うことになるのでしょう。さっき,Lunar Calendarで見たら、中秋節は30日でした。少なくとも、中国の農歴では30日のようです(中国の農歴と日本の旧暦(?)では、一日位ずれるのもあるから要注意です)。

Dscn0684a

 横を見ると、土手にはススキ、、、?ではないみたいですが、似たのが風に揺れていました。ススキは、穂の部分があっさりしていてはかなげですよね。これは、車の掃除に使うはね箒みたいに賑やかです。でも、ま、いいかと思って写真を撮りました。

Dscn0686a

 その近くには、そろそろ季節も終わりかと思いますが、曼珠沙華の花が咲いていました。見るのは、今年初めてかな。昔は家の周りでも沢山見たのに、最近は見ることがありません。何故かと考えてみたら、畑や空き地が、どんどん宅地になり、庭など家の周りも舗装した家や、砂利を敷き詰めた家が増えたからみたいです。

 住むのに必要な家は建てるしか有りませんが、こんなに農地がなくなって大丈夫か?と思いながら歩いた日でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月14日 (火)

金星蝕は見られなかった

2012-08-14(火)未明は雨/曇り、晴れ

 今朝、未明は金星蝕がある日でした。が、見られませんでした。その時間あたりには目が覚めたのですが、布団から起き出してゆきませんでした。というか、布団から様子を見たところ、雨が降っていたような音がしていましたので、早々に眠り込んでしまいました。

 ま、その程度の天文ファンです(ファンといえないか)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 8日 (日)

七夕はいつだ、、新暦と旧暦と、

2012-07-08(日)曇り

 昨日は七夕ですね。いつものように曇り空です。元々は昔の暦の7月7日にやっていたはずのを新暦の7月7日にしたから、梅雨の真っ最中で、「笹の葉さーらさら、、、、、お星様でたぞ、金銀砂子」という訳にはいかないですね。七夕は、昔と同じ頃にやった方が良いように思うのですが、、。

 で、昔だとすると、今の8月の何日が七夕(昔の暦の7月7日)になるのかと思い、携帯電話のLunar calendarで調べてみました。Lunar calendarは、以前、香港へ良く行っていたときに、現地の祝日に当たらないように調べるときに重宝していたアプリです。

Scxx0016

 で、8月23日が(昔の)七夕(7月7日)でした。ところが、家のカレンダーを見たら8月24日が七夕です。アプリの間違いかと、WEBでも調べてみて初めて知った事実がありました。

 Lunar calendarは農歴(中国の昔の暦)で、家のカレンダーのは日本の(昔の)暦の日付です。
  農歴では、中国の新暦の8月23日が七夕(旧の7月7日)
  日本の旧暦では、日本の新暦の8月24日が七夕(旧の7月7日)
だそうです。

 天文事象を対象にしたものは、新暦の現地日時でいうとずれる事があるというのです。確かに、有る事象のとき、新暦の現地日時は土地によって違うわけです。微妙な時間のときは、向こうとこちらでは日付が違うかもしれないわけです。

 ということで、Lunar calendarは、中国へ行くときの調べ物には良いけど、日本の昔の暦の日付を調べるのには適さないんだということが分かりました。
 まだ、理解できていなかったり、上記の内容も間違っているかもしれないのですが、いずれにしても相違しているいうことは、初めて知ったことでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

金環日食は見られなかった

2012-05-21(月)未明は雨、曇り、のち晴れ/曇り

 今朝は、金環日食の日だというので、ラジオやテレビや新聞が賑やかでした。結論は、私自身は、金環の形を見ることはできませんでした。
 皆さんはいかがでしたか。

 さて、朝方未明は、かなりの雨が降っており、家の中からも凄い雨の音が聞こえたのであきらめていました。が、7時ごろには曇りで、雲も薄くなってきました。7時半近くには、近所の奥さんが何人か、道路で見ながら話をしているらしい声が聞こえてきましたので、2Fの窓から見たのですが、、、。
 見えそうで見えない、、見えないけど見えそうな雰囲気もあり、、ちらちらと、、という、雲に邪魔された、何ともはっきりしない状態でした。結局、金環が見えたのか見えなかったのかは不明でした。(私自身は見えませんでした。) 雲がない状態でないと、あのフィルター越しでは、ほとんど真っ暗ですね。

 それから暫くして、かなり雲が切れてきて、時々太陽が顔を出しました。ですから、直系の半分くらいまで隠れた状態は、何度か見ることができました。まあ、これで良しとします。どんな状態かは、テレビや新聞の画像で分かったし、、。

 25年後の北海道?、またはこの地方だと300年後に期待しますか(笑)。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月17日 (木)

太陽観測用サングラス

2012-05-17(木)晴れ、のち曇り、夕方いちじ雨

 5月も半ばになり、5月21日が近づくにつれて日食の話題や観測用サングラスの話題が多くなったように思います。新聞によると、観測用サングラスにも不良品が出回っていたりして、注意が必要とか書いてありました。点灯した蛍光灯ランプの、裸のランプそのものをみて、ランプが見えるものは、不良品で使えないと書いてありました。最近では色々なところで売っている反面、色々なところのものが出回っているようです。

 私は正月明けに買ったことと、カメラ用品(レンズとかフィルターとか)を出している昔からのメーカーのものを買ったので安心しているのですが、本日テストをしてみました。

Dsc03599a

 蛍光灯を見たら、(ちょっとした明かりすら)全く見えません。表が銀色に見えるので、剥がさないといけないシールが貼ってあるのかと思ってしまうくらいです。でも、太陽を見たら、丸い形がくっきりと見えました。

Dsc03600a

 デジタルカメラのレンズの前に装着して撮影してみました。点にしか見えませんが、それでも当日は観測できそうな明るさには見えていますよね。

 これで、準備は万端ですが、問題点が2点あります。それは、、当日の天候と、朝寝坊しないかといういう点です(笑)。まあ、目覚まし時計をいくつも用意しておきましょうか。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月29日 (木)

天体の話題

2012-03-29(木)

 今年は5月に日食があるせいか、天体の話題が出ることが多いです。先日も、ギター練習の後に何人かでファミリーレストランによったのですが、帰り際の会計の時に、横にかかっていた日食グラスを見つけて買った友人がいました。いやー、こんなところにまで置いてあるんですね。

 昨日の練習は集まりが悪かったのでお喋りに終始してしまったのですが、帰るときに夜空を見上げて星の話になりました。そういえば、今は一週間(日~土)が全て見えるんだそうですね(時間帯は同時ではないが)。
 一週間とは日(太陽)、月(月)から始まって火星、水星、木星、金星、土星です。確かに、携帯電話のアプリでよし空を調べてみたら惑星が沢山表示されてました。帰るときには月と金星と木星が綺麗に見えてました。ただ、他の惑星は見えるかどうかは分かりません。当地の空の澄み具合とか晴れ具合、あとは視力の問題もありますので。

 今夜も月と金星はよく見えました。木星は近所の家に隠れて見えないみたいですが、、。

 世の中では、5月の日食を頂点に、今年は色々と天体の話題が多くなるかもしれませんね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)