家電製品

2017年3月 8日 (水)

湯沸かしポットが不調、、なので小さな柄杓みたいなのを購入した

2017-03-08(水)曇り/晴れ

 暫く前(大分前?)から、湯沸かし用の電気ポットが不調でした。湯を沸かす機能は大丈夫ですが、湯を出す部分が不調でした。天頂部分を押すとポンプの原理で横の口からお湯が出る形式の手動式でしたが、そのポンプ部分が空気漏れするらしく、お湯がうまく出ません。修理してみようと思いましたが、うまくいきませんでした。上の部分を細かく分解してしまうと、更に空気漏れが酷くなりそうだったからです。
 今は電動式のものもありますから、買い換えようかとホームセンターに行ってみました。でも、湯は沸くんだしなあ、、勿体ないよなあ、、と、いつもの「勿体ないお化け」がささやきます。で、結局、代わりにこんなものを買ってきました。

Dscn2210a

 先端が60ccくらいの小さな、柄の長い柄杓みたいなものです。何に使うものか分かりませんでしたが、キッチン用品売り場にあったから柄杓みたいなものでしょう。本来、柄はもっと縦方向で、梅酒の入れ物から梅酒を少しずつくみ出すときに便利そうな形でした。この柄を横方向に曲げて、電気ポットから湯をくみ出すのに使います。人前ではみっともないですが、キッチンで使うならいいか、と納得しています。
 最初は、今使っている味噌汁用お玉の兼用で、、という案もありましたが、さすがにそこまでは?、、と躊躇って、この柄杓になりました。
 これで、電気ポットも生き延びたようです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 5日 (日)

血圧計を買い換えた

2017-03-05(日)晴れ

 家庭用電子血圧計を買い換えました。今まで使っていたものが少しだけ不調になったからです。測定は問題ないのですが、電池の電圧が少し減ると、電源スイッチの動きが若干鈍くなります。何回か押したり、強くギュッと押したりしないといけないので面倒でした。

Dscn2211a

 左が古い方で、右が新しい方です。古い方は手首へ装着するのが簡単で良かったのですが、大分年数も経ったので交換する時期かもしれません。精密測定機器みたいなものですから、、。持ち歩くことも考えて手首型を使用していますが、持ち歩かないなら上腕型が良いと思います。

 家電量販店へ行ったら、何社かの製品が並んでいました。まあ、以前から使っていた製品のメーカに決めて、展示品やカタログを見て型番を決めました。面白いことに、沢山載っているカタログでみると、日本製の製品のところには、赤い文字で「日本製」と書いてあります。やはり、日本製が良いという客も多いのでしょうか。というより、私もどうせなら、、と日本製と書かれた製品にしようかと決めたのですが、、、展示品の札を見たら在庫札がありません。それらは、売れてしまっていたようです。日本製は、少しばかり高いんですけどねえ。
 「入れ替えのため放出サービス」という型落ち品(日本製)が有ったので、それを購入しました。どの部分が型落ちなのかな?と思って、仕様を見たのですが、BlueToothで携帯電話に繋いで血圧管理する部分が古いようです。対応する携帯電話の機種が少ないのですね(というか、この機種 iPhone しか対応していなかった)。まあ、私は携帯電話に繋がないから良いのですが。

 購入してきてから、新旧のもので測定して数値を比較してみました。概ね、同じような数値が出ます。古い方が若干大きめの数値が出るのですが、これは腕の位置の問題のようです。新しい方は位置の検出と注意ランプがあるので腕の高さを推奨の高さに保ちやすいのですが、古い方は若干低い位置に腕が下がるため、高めに出るようです(違いは2~3ですが)。
 ということで、血圧計の入れ替えが済みました。古い方はどうするか、、悩んでいます。暫く保管か?、市の小型家電リサイクルボックス(資源ゴミのボックス)行きかな?
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 3日 (金)

ミュージックプレーヤ検討の結論

2017-02-03(金)晴れ

 家電量販店の店内を見て回ったときに、いつもミュージックプレーヤコーナーでみるミュージックプレーヤ(ウオークマンとかiPodとか、、ですが)が格好いいな、使ってみても良さそうだな、などと思っていました。まあ、実際のところは、単に今まで持っていなかったものを使ってみたい、、というだけかもしれません。カタログを貰ってきて読んでみたり、お店でみたり、○ードオフなど中古店で探してみたり、、色々検討しました。
 結論は、、、手持ちで余っている携帯電話で良いかなとなりました。よく考えてみると、それほど大した使い方をしないし、散歩のときに携帯電話で聴きながら歩いてみても不便はないしと、段々熱が冷めてきたわけです。オーディオ/ビジュアル系に特化した携帯電話だと、殆どミュージックプレーヤみたいなものです。
 一番決定的だったのは、PCに専用のソフトをインストールして転送しないといけないことです。今では、何か買うたびにPCへ専用ソフトをインストールしないといけなくなってきました。PC環境が、どんどん圧迫されます。携帯電話なら、MicroSDにコピーして挿すだけで良いから、これで良いかな、、となりました。
 2週間ほどカタログを鞄に入れて持ち歩く、時々検討していた結論が、やっと出たかなと思います。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月29日 (日)

「機能がある」のと「使える(または使いやすい)」のは違う

2017-01-29(日)晴れ、のち曇り

 題記の感想は、サブシステムとして使っているコンポステレオのUSBメモリ再生機能についての感想です。mp3に変換した音楽はMicroSDやSDカード、USBメモリに溜めています。MicroSDは携帯電話で聴くときに、SDカードはカーオーディオで使っていますが、USBメモリはコンポステレオで使おうと思っていました。手持ちのコンポステレオにはUSBメモリやiPodからの接続口があります。
 久しぶりにmp3にしてある音楽を聴こうと、コンポステレオでUSBメモリから再生してみたのです。で、題記の感想になったわけです。機能として再生機能が有る、というのと、使えるか(使いやすいか)は別だなあ、、と。いや、音もいいし、聴くのには問題有りません。問題なのはフォルダの選択が面倒なのです。携帯電話などではファイルマネージャでフォルダを一覧して選択できます。カーオーディオではカーナビの液晶画面で同様に出来ます。が、コンポでは表示が一行しかないから、そういう選択方法がとれません。頭から順に(または逆方向に)一つずつ送ってゆくしか有りません。(階層構造に関係なく、それぞれの最下層にあたる全フォルダが順番に送られてゆきます。)フォルダが200個もあると、真ん中あたりのフォルダの音楽を聴きたいときは大変です。
 以前USBメモリを繋いでいたインターネットラジオ(画面の液晶でファイルマネージャ式に選択できた)は液晶画面が故障しているし、どうしたものかと思っています。最悪は携帯電話をステレオに繋ぐ手はありますが、、。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月25日 (水)

オーディオ装置もメインシステムの出番の季節

2017-01-25(水)晴れ

 家で何かしているときは殆ど常時、音楽を流しています。一番使っているのは「モノラルスピーカ内蔵のインターネットラジオ」でしょうか。

Dscn1605a(インターネットラジオ、購入当時の画像)

 昔でいうと、FMラジオを点けっぱなしにしているイメージでしょうか。その為、テレビの出番は殆どありません、どうしても見たい番組がある訳でもないですし、、。通常のラジオではなくインターネットラジオの出番が多くなるのは、コマーシャルやお喋りが殆どなくて、ぶつ切りイメージがないからです。

 時々はCDを聴いたり、mp3で保管してある音楽を聴きますが、大体はサブのステレオシステムを使います。機器が一つに小さなスピーカが2つの、良くあるシステムです。場所を取らないしリモコンも聴くし、通常使いには重宝しています。

 ただ、この時期になるとメインのシステムも出番が多くなります。というより、この時期にしか使えないから、なるべく使うようにしています。なぜ、この時期か、、

Dscn2177a(現用メインアンプ )

 プリアンプと、メインアンプ2台(モノラルアンプ2台)が真空管なので、発熱が結構あって夏などでは辛いものがあります。全く使わないと湿気などで故障する確率も大きくなるので、ある程度は使うようにしています。
 夜などに使用していると、上の画像のように部屋の片隅でほんのりと点灯していて、なかなかの雰囲気です。

 スピーカーも含めて40年近く前の装置になりますが、一応問題なく動いています。アンプは全部自作ですが、いまさら故障されても修理する元気が出ないので、腫れ物に触るような気持ちです。トランスなんて、もはや同じものは入手できませんし、、。因みに、余り使用していなかったもう一台のメインアンプ(真空管式)は、片チャネルの出力トランスが断線したようです。やはり、定期的に使っている方が良いようです。全部のメインアンプの出力トランスは同じものなので、断線していないもう一つは保守用部品にする予定です。もっとも、いつまで断線しないでいるかは不明ですが、、。
 そんなことを考えながら、ほんのりと点灯した真空管を見ていた夜でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月23日 (月)

ノイズキャンセル付きヘッドフォンで人の声は消える?消えない?

2017-01-23(月)晴れ

 散歩/ウオーキングのときには、時々は携帯電話で音楽を聴きながら歩いています。どうせならウオークマンなどを買おうかとも思うのですが、とりあえずは携帯電話(Nokia 5800 XM)で済んでいます。Nokia 5800 XMはXpress(Express?) Music と言う名前のとおり、オーディオなどにも向いているのだから良いのかなと思います。
 さて、音楽を聴くときにはインナーイヤータイプのイヤフォンか、ノイズキャンセル機能付きのヘッドフォンを使います。この時期は、マスクを掛けたりはずしたりする関係でイヤフォンが多いです。でも、マスクを使用しない時期はヘッドフォンのノイズキャンセル機能が便利です。もっとも、最近はノイズキャンセル機能付きのイヤフォンもあるようですが、、。

Dscn2174a(Nokia のBH-905i)

 水無川の散歩道は、場所によって近くに車道があります(散歩道は、車道や車道の歩道とは全く別ですが)。このため、車のノイズがうるさくて音楽が聴きにくいときがあります。こんなとき、ノイズキャンセル機能をオンにすると、車のノイズ(タイヤ音)は気にならなくなります。但し、車の通る道路を歩くときは気をつけるか、使用をやめないとまずいですね。
 そんなことで、この時期はしまってあるのですが、時々はヘッドフォンの保守充電をします。今回、ついでにテストをしたりしました。その時に気がついたのですが、ノイズキャンセル機能では人の声は消えませんでした。他に持ってないので、他の機種はどうか分かりませんが、、。
 室内でテストすると色々な雑音系は消えましたが、ラジオの人の声は残ります。ステレオの音楽では、楽器の部分は小さくなるが残る部分もあり、ボーカル部分は残ります。考え方によっては、人に話しかけられたときに分かるようにしてあるのかなとも思いました。すなわち、雑音帯域は高音域、低音域が多いので、音声帯域は消すのを弱くしているのかもしれません。でも、周りのお喋りがうるさいから静かに過ごしたくて使うというときは不便かもしれませんね。設計思想はどうなんだろうか。まあ、前記のように便利に使っているから良いけど、、、。
 他の機種はどんなものなのだろうか?と思ったテストでした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月18日 (水)

天井灯スイッチの自在?ひも

2017-01-18(水)晴れ/曇り

 先日の記事で天井灯の事を書きました。最近はリモコンが使えるので、リモコン機が増えることを別にすれば便利そうかなとは思います。一番使いたいシチュエーションは寝室でしょうか。布団に入って本でも読んでいて、さあ寝ようかというときに便利かなと思います。布団から出て立ってスイッチひもを引いたり、あるいは壁のスイッチまでいくとかしなくて済むからです。

 立ち上がらなくてもスイッチひもが引けるように、そして短くしたいときにも簡単にできるように、という自在ひも(本当の名称は知らないが)が有ったことを思い出しました。借家時代に使っていたから30年以上前のものです。押し入れや雑貨入れをかき回したら出てきました。

Dscn2155a Dscn2156a

 ひもの両端に球がついています。片方は引くときに持つためのもので単に固定されているだけですが、もう一方の球には穴があいていて、ひもをくぐらせてあります。
 さて、これはどうやって使っていたのか忘れました。その時の説明書もないし、同じものがあったら買おうかとホームセンターに行ってみたり、WEBで探しても見つかりません。多分、30年以上前の、ちょっとした便利雑貨だったのでしょう。あ、今なら100円ショップ雑貨かも、100円ショップにあるかな。
 ああでもない、こうでもない、とひねくり回しましたが、難しい知恵の輪と同じで何ともなりません。
 色々なキーワードで探していたら、似たような発明の公開広報を見つけました。
   「蛍光灯のスイッチを引っ張るヒモ
 こちらは球ではなくチューブを使っていますが、何となく理屈が分かる図ではあります。球の部分で摩擦が大きくなれば良いわけです。ということで、ひねくり回した結果、ループになったひもの部分に球を1回通せば良さそうなこと分かりました。

Dscn2157a

 長さ調節のときに気をつけないと元に戻ってしまいますが、直ぐに復元できるので問題なさそうです。

Dscn2170a(右の図が使用状態)

 実際のところ、これで良いのかどうかは分からないのですが使用できているので良しとしました。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月16日 (月)

天井灯あれこれ

2017-01-16(月)晴れ

 リビングの天井灯は丸形蛍光管4本の、今では古いといわれそうな天井灯です。家を建てたときに付けたものですから大分古いものではあります。何となく暗いか?と思うときもあります。これは、目の感度が衰えたことの他に、カバーが変色してきて光量ロスがあるせいかもしれません。蛍光管は取り替えるのですが、カバーの変色は拭き掃除ではどうにもならないところまで来ているようです。そっくり取り替えた方が良いのかな?、、とか思うときもありますが、面倒だと思う気持ちもあります。
 カタログやWEBで最近の照明器具を調べると、LEDとかリモコンで制御可とか進んでいますね。LED灯は明るいらしいし、リモコンも便利そうだし、、とか思ったのですが、手元のリモコン機が益々増えます。今でさえ机の上、手元に4つのリモコンがありますし、テレビ台の方の箱には4つほどリモコン機が立ててあります。リモコンも便利ですが数が増えると、一瞬どれがどの機器のものか迷うときがあります。「便利と不便」には、表裏一体の部分がついてまわることもあるようです。

 天井灯といえば、その他にトイレとか階段灯に白熱電球灯があります。以前、白熱電球が切れたときに、白熱電球も製造終了になるしLED灯にしようかと思ったのですが、価格を考えて白熱電球の予備球を買い増した。LEDが1800円くらい?、白熱電球が180円くらい?なので、3カ所用に5本くらいの予備球を買いました。長時間使う場所ではないし、明るさもほどほどで良いので予備球の方が良いと判断したものです。そんなことで、LED灯は、まだ一つも導入されていません。このまま、最後まで白熱電球と蛍光管でいくのかなあ?。
 そんなことを思いながら検索していました。さて、本当にリビングの天井灯はどうしようかな。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月22日 (木)

インターネットラジオの不調、その後

2016-12-22(木)曇り、のち雨

 大分前に購入して使用していたインターネットラジオが不調になって大分経ちます。不調の内容は液晶表示の不具合です。
 以前の記事 「インターネットラジオ GDI-IRC6000 が不調

 以前の記事の段階では液晶表示がすだれ模様でしたが、その後、全く表示されなくなり画面は暗いままです。それでも、オンオフ、プリセット局のボタンでの選局、音量調節、既にセットしてあるタイマ動作などは問題なく動くので、今まで通りに聴いている分には差し支えありません。ただ、電源を入れても画面が明るくならないから、音が出るまではオンに出来たかどうかは分かりません。
 中をチェックしてみようと、途中まで開けてみましたが、正しい開け方が分からないので、無理矢理力を入れるのも躊躇われて中止しました。壊してしまったら、再度購入して届くまで聴くことが出来なくなるからです。
 スマートフォンの中古を安く買ってきて、それを無線LANでチューナ代わりにしてステレオに繋いで聴く手もあるかもしれませんが、どうしたものか悩んでします。やはり、専用機の方が便利な面も多いですしね。
 そんな悩みを抱えながら、今日も画面表示のないラジオで音楽を聴いています。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月20日 (火)

ブックリーダーその後、、コミックは読みにくいかな

2016-12-20(火)晴れ

 最近はもっぱら、WEBからダウンロードしたデータで小説を読んでいます。メインはWEB小説です。読みやすさからいえば、書籍化されてから紙の本で読むのが一番ですが、全部購入するわけにもいかないので、ブックリーダで読んでいます。せっかく、ダウンロード用のスクリプト PyBookGet も作成してあることですし、。

 さて、そんなブックリーダーですが、ブックリーダー用WEBストアにはコミックもあることに興味を持っていました。紙のコミックは読んだあとの保管とか処分を考えると面倒なものがあります。処分したくないものは保管場所のスペースが必要ですが、ブックリーダーならば保管場所には困らないですし、。
 と思って、何冊か購入して読んでみました。結果、やはり一長一短だなと感じました。持ち歩きとか保管には良い(長所部分)ですが、読みやすさでは紙の本の方が良いと分かりました。画面が小さい(文庫サイズに近い)ので見にくいとか、紙の本に比べてコントラストなどの面ですっきりしない、、等でしょうか。
 それでも、保管とか持ち歩きの長所は捨てがたいところもあるので、コミックによって「紙の本」と「ブックリーダで購入」とに分けることにしました。
 なかなか、これなら全て良し、、とはいかないですね、難しいものです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧