家電製品

2018年5月26日 (土)

スマートスピーカの話題

2018-05-26(土)曇り/晴れ

 朝刊の新聞記事で、スマートスピーカの話題を読みました。スマートスピーカが設置されていた部屋で、会話の中の言葉を命令と(誤)認識して、会話を録音して送信して問題になったというものでした。これを読んだときに、ああ、やっぱり出たかという印象はありました。人間とスマートスピーカとの間のインタフェースが曖昧な感じもあるからです。例えば携帯電話での音声指示による発信みたいな、意識して操作、発声するようなケースだと、これは指示の言葉であるという事が明確です。しかし、常時、音声を取り込んでいる形だと、人間が意図していない部分が認識されてしまう可能性が有るからです。意図していない部分で認識されてしまうと、その後の動作確認行動が入るはずもないでしょうし、。
 今回の動作では、最初の音声認識が間違った部分以外は、仕様どおりの動作でしょう。そういう意味では、人間とスマートスピーカとの間のインタフェースについては、まだまだ発展途上というか、ベータテスト、あるいはアルファテストの段階かなと思います。
 使ってみるのも面白いと思っていますが、まだ、音楽のオンオフやボリューム調整以外の、重要動作の制御には嫌かなとは思います。まあ、別に手で操作しても大変ではないということも有りますが、、。
 そんなことを考えた記事でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月15日 (火)

高いなあ、蛍光管代わりのLEDランプ

2018-05-15(火)晴れ/暑いくらい

 昨日、洗面所の天井についている小さめの蛍光管の予備を買っておこうかなと、馴染みの電気店に行きました。蛍光管とグローランプを、、と言ったら、「今はこれだよ、グローランプは不要」と言われました。要はLEDランプになっているわけです。しかし、、、、高い、、6000円以上で、蛍光管に比べると5倍以上?の値段がします。「予備に買おうと思ったけど、この値段は、、」と絶句したら、「予備は要らないよ、その日は洗面台のランプで我慢しておけば、次の日届けるよ」と言われました。ランプ寿命も長いから値段的にはトントンだ、とかいう記事も見た事があります。しかし、家やこちらの寿命のほうが圧倒的に短くなる時期には、長く使えるから高くても、、というわけにもいきません。
 白熱電球のときにも、150円くらいの電球の代わりに2000円以上のはなあ、、と思ったこともあります。結局、白熱電球のときには、探して何本かの買いだめをしました。白熱電球といっても、昔に比べれば品質が良くなっていて、そうそう断線することはありません。家の中で、それほど沢山使っているわけでもないので、何本か有れば済みます。
 ということで、蛍光管も大手家電量販店などで探して買っておくかなと考えています。使用電力とか明るさとか、色々あるから、どちらが良いのかは一概に言えませんが、、。
 そんなことを考えながら帰ってきました。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年4月10日 (火)

久しぶりにアマチュア無線機器の電源を入れた 続き2

2018-04-10(火)晴れ

 先日から行っていたアマチュア無線機器のチェックをの延長で、自作の小物機器のチェックも行うことにしました。動かないなら廃棄とかして、少し整理しようかなと言うわけです。
 まずは、アマチュア無線機の周波数-ダイアル校正用のマーカー発信器 発振器です。メインのアマチュア無線機には内蔵のマーカー発振器がありますので、サブの機器(ヒース社のキットで作った電信用トランシーバ)用の校正用に作成したものです。もう、20年くらい使っていない気がします。

Dscn2534a

 2入力NANDゲート2つと1MHzの水晶発振子で発振させ、4つのD-Type フリップフロップで(1/5)*(1/2)にカウントダウンさせて、1MHz と 100KHzの出力を出すものです。
 電源を繋いでみましたが発振していないようで、メインの受信機で信号受けることが出来ません。オシロスコープをもち出してチェックしてみましたが、発振していないという事実以外、何が悪いかは分かりませんでした。コンデンサが容量抜けしていたり、ICの半導体が駄目になっているのか、、、。
 動かすならば、新たに作成するしかないかもしれません。再度、両面基板でプリント板を作成する気力はありませんから、部品を全部取りはずして交換してみようかなと思うのですが、14ピンICを取り外すのが大変かもしれません。
 WEBで部品について調べたら、2入力NANDゲートやD-Type フリップフロップのICは、昔使った物と同じ品名のものがあるので大丈夫そうです。
 ちゃんと使っていないと故障するなあと思いながらチェックしています。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 6日 (金)

久しぶりにアマチュア無線機器の電源を入れた 続き

2018-04-06(金)曇り/晴れ、のち雨、風強い

 先日から、アマチュア無線機器の電源をいれてチェック、テストを行っています。内部の湿気を飛ばした方が良いのかなと、なるべく、長時間電源をオンにしたまま放置したり、受信のテストをしたりしています。概ね問題なく動いていますが、内蔵されている発信器ユニットのダイアルのずれが大きいです。コンデンサの容量抜けとかあるのでしょうか。回路とかダイアル機構の詳細が分からないので、何とも言えないところですが、、。ちょっと、上蓋をはずしてみました。

Dscn2532a

Dscn2533a

 殆どディスクリート部品で組まれているようですが、ぎっちりと詰まっていて調べようもないですね。
 送信ユニットの最終段とその全段は真空管が使われていますが、最近の機器では全部半導体になっているのかな。そんなことを思いながら内部を眺めていました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 3日 (火)

久しぶりにアマチュア無線機器の電源を入れた

2018-04-03(火)晴れ

 余り使わないので、かなりの期間電源を入れないという家電品も結構ありますね。LPプレーヤ、カセットデッキ、ビデオカセットデッキ、レーザーディスクプレーヤ、、、ETC。長い間電源を入れなかったり、動かさなかったりすると故障するので、思い出したように電源を入れてみています。一昨年だったか、レーザーディスクプレーヤのヘッド移動機構のガイドバーの油が粘りついて動かなくなっていました。無理矢理動かしながら清掃とグリース塗りをしたことを思い出しました。

 さて、家の片隅、アマチュア無線機器が置いてあるところを久しぶりに整理、掃除をしたついでに、アマチュア無線機器の電源を入れてみました。

Dscn2530a

 以前はVHF帯の機器なども持っていてごちゃごちゃしていました。前回の無線局免許更新前に機器の廃止手続きをして、今ではHF帯のメイントランシーバ1台で、かなりすっきりしました。
 写真を見て機器のモデル名がでてくる方は、かなり古いアマチュア無線家だろうと思います。購入は、多分、30年くらい前になるかなと記憶を探っています。今でも何とか動いています。
 久しぶりに電源を入れて、アンテナを繋いでみました。7MHzで、電信で交信しているのを聴くことが出来ました。コンテストでもやっているのか、次々とレポート交換をしているようです。因みに、普段は余り聞かないので、モールス符号の記憶も大分怪しくなっていました。和文モールス符号は、多分全滅かもしれません。英文モールス符号は大丈夫だと思っていたのですが、交信を聴いていると、ぽろぽろと抜けてしまいます。それでも、久しぶりに受信して一生懸命聴いてみました。すこし、モールス符号のおさらいをしないといけないなと思った日でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

タッチパネルの反応が悪い時期

2018-01-07(日)晴れ、曇り

 最近は携帯電話をはじめとした各種家電製品や、街中や店舗での機器にもタッチパネル式の操作部分が増えました。で、この時期になると、何となく反応が悪い機器があると感じます。銀行ATMでの処理のときとか、スーパーの買いものカードのチャージのときとか、自分のブックリーダとか、、、。
 多分、乾燥した時期だからだろうと思います。空気が乾燥しているからというより、そのために手指の先も乾燥して、”生体の一部で操作した”というより、”枯れ枝が触った”というような感じに見えているのかもしれません。若い人はともかく、年をとると手足も乾燥しやすいからだろうなあ、、と、納得気味です。手だけでなく、鏡を見たら顔もかさかさとしています。
 乾燥防止のクリームを買ってあるから、きちんと塗った方が良いと再認識している今日この頃です。因みに、クリームの他には、椿油を頭髪に使ったときに、ついでに両手を擦り合わせて椿油をつけておくこともあります。これも、結構効果があります。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月21日 (木)

電気使用量の推移

2017-12-21(木)晴れ

 ここ2~3週間、喉の調子が良くありません。熱とか鼻水とかはなく、咳も普段は出ませんので、いつもの風邪ではないと思うのですが、、。朝起きたときの声が風邪の時のようなガラガラ声/低音になっていて、喉も少し痛い感じです。昼間に大分戻るのですが、寝て起きるとまた駄目になっているという繰り返しです。風邪の一種かもしれませんね。 風邪の一種なら悪化させてもいけないので、寒くないように暖房して、乾燥するので加湿して、、と気を使います。

 家にいるときには、ずっとエアコン暖房を使うので電気料が増加していて、先日来た電気検針票によると、前年同期比で4%の増加になっていました。
 月ごとの電気使用量はHP200LXのLotus 1-2-3 に表にして入れているので眺めてみました。年間使用量の推移をみると、2011年が東日本大震災の影響で凄く減っていて、それを底としたカーブになっています。2012年以降は少しずつ増えて、以前と同じになりました。昨年や今年は、昔より多いようです。
 一年の中の月別推移では、当然ながら真冬(暖房で)、梅雨どき(除湿で)、真夏(冷房で)が多くなっています。
 以前より、近年の方が多くなっているのは年齢と共に暑さ寒さに弱くなっているからだと思います。相対的に増えた減ったといっても、絶対量は少ないので、無理して健康に障ってもいけないので、ある程度は我慢しないで使うことにしています。
 幸いなことに、関東ではこの時期は晴れの日が多く、窓から日の光が入ると暖かく暖房無しでもいけます。だから、なるべくカーテンも開けて日光を取り入れるようにしています。太陽の力は凄いですね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月20日 (水)

ブックリーダの予備機を買った

2017-12-20(水)晴れ

 普段使っているブックリーダの予備機を購入しました。色々考えた末に、現在使っているものと同じ物を購入しました。

Dscn2444a
左:ブックリーダ本体  右:画面に被さるブックカバー

 現用機が駄目になったときに買えば良いはずなのですが、現用機の後継の様子を見たら、なんかフェードアウトしそうな感じです。必要になったときに買えないかもしれませんね。
 まあ、必要になった時に存在する機種(他メーカの)でも良いんですが、既に購入した書籍やコミックがリーダでは読めなくなります(PCでは読めるはずですが、、)。 もっとも、同じ機種でも登録機器変更(または入れ換え)処理が出来るのかどうかは確認していません。
 それに、PDF変換して読んでいるWEB小説の変換アプリの設定も変わりますし、リーダの使用環境や操作方法も変わります。その辺が面倒なので、買えるうちに用意しておくことにしました。今後、出番があるかどうか不明ですが、その時に後悔しないように準備しておくことにしました。
 後は定期的にメンテナンス(充電とかテスト使用とか)を忘れないようにする必要があります。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 5日 (木)

ゲーム機(Super -NES)が売れた、、捨てないでおいて良かった

2017-10-05(木)曇り/晴れ

 Super -NES というゲーム機があります。スーパー ニンテンドー エンターテインメント システム、略して Super -NES です。はやい話が、スーパーファミコンの輸出版です。買ったのは米国向け仕様でした(アダプタの入力電圧が117ボルト対応です)。
 十数年前でしょうか、当時、人気があったのとクリスマス前だったことから、スーパーファミコンが品薄で買えませんでした。そこで、秋葉原のデューティフリーショップにあったSuper -NESを買ったわけです。スーパーファミコンの品薄解消まで待てなかったのは、同時期に買ったシューティングゲーム機、スーパースコープを早くプレイしたかったからです。 (それについての写真がある記事「古いゲーム機を保守・整備した」)

Dsc03885a

 Super -NESのセットは、この箱のセットを買って帰ると、取りあえず問題なく遊べるという、全て入りです。ケーブルから何から、ゲームそのものまで入っていて、買って遠くまで帰る人向けでした。日本で使うときのためか100V → 117V変換トランスまで入っています。

 さて、このセットですが、暫くしてスーパーファミコンを安く入手したので使わなくなりました。アダプターの電源電圧が違うし(変換トランスは入ってますが)面倒だったからです。
 ということで、使わないので捨てようかと思いながらも持っていました。今回、不要品を見直したときに処分することにしました。さすがに輸出仕様では資源ゴミ値段だろうと、市の「小型家電の資源リサイクルボックス」に入れようかと思ったのですが、それでもと思い○ード○フに持って行ってみました。そしてら、なんと8000円で引き取って貰えました。綺麗ですし、全て揃ってきちんと箱入りセットになっていたからでしょうか。当方が不要でも、必要と思う人がいる可能性があるんですね。
 安易に判断しないで、持って行ってみて良かったと思いました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

インターネットラジオを買い直した

2017-07-08(土)晴れ

 何日か前に、インターネットラジオを買い直しました。

Dscn2315a

 毎日のように、インターネットラジオを聴いていました。音楽を流しっぱなしにするのには都合がよいですしね。
 インターネットラジオは、Grace Digital の「GDI-IRC6000」を購入して使用していました。その時の記事 「インターネットラジオ(の受信機)を購入した」。
 しかし、昨年に一部故障していました。故障の内容は、液晶画面が見えなくなったことです。「続 インターネットラジオ GDI-IRC6000 が不調
 画面は見えないのですが、聴くことは出来ました。画面を見ずに操作できる範囲では使用できたからです。電源オン/オフ、1~10のプリセットボタンでの局切替、ボリューム操作あたりは画面を必要としませんから、何とか使用はできます。しかし、それ以上のことは出来ません。別の局を聴きたくても操作できないのです。

 ということで、買い直したわけです。機種は色々考えましたが、購入したのは、今まで使っていた物と同じ、Grace Digital の「GDI-IRC6000」です。同じものだと使い慣れていますし、この機種は概ね過不足無い機能と性能だと思います。それに、Grace Digital のWEBサイトに既にセットしてあるインターネット局のリストが使用できます。
 ○マゾンで探して、中古品(メーカー再生品)で○マゾン倉庫から即日発送可というのを選んでみました。

 設定も簡単で、直ぐに入れ替えできました。

Dscn2321a

 画面が見えると安心できます。これで、プリセットしてなかった、この時期に似合うハワイアンを聴いたり、USBメモリの局を聴くことが出来るようになりました。
 入れ換えてからは、ずっと音楽を流しっぱなしにしています。
 さて、画面が故障している方の機器をどうしたものか悩んでいます。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧