時計、クロック

2015年12月11日 (金)

腕時計の広告

2015-12-11(金)未明は大雨、のち曇り/晴れ、風強く生暖かい

 新聞下段の大きめの広告ですが、いつ頃からか腕時計の広告が多く目につくような気がします。それも、高額の腕時計の広告です。考えてみれば、安価な腕時計は商売が難しいかもしれませんね。大体の方が携帯電話を持っていて、正確な時刻が携帯電話で分かりますから。今更、腕時計を持つのは、それなりの趣味で持つケースが多いのかもしれません。
 だから、そういう層を狙った高額の商品のビジネスになるのだろうと思います。1万円以下のものを大量に売るのではなく、数十万円~数百万円のものを売るわけです。新聞広告では数十万円台が多いでしょうか。
 機械式のもの、クオーツで多機能のもの、シンプルデザイン、凝ったデザイン、、、など色々です。人それぞれで好みが分かれると思いますが、私はもつなら機械式で、表のデザインがシンプルなものが好きです。敢えて言えば、グランドセイコー自動巻には心ひかれます。すっきりしたデザインですし、。
 ただ、今から50万円くらい出して買うことはないでしょう。現在、古い、文字盤が少し汚れたキングセイコーを使っていますが、動いている限りは、このままでいくと思います。今まで、60年くらい動いてきた時計ですが、多分、私より後まで動いていそうですし。それに、いちどきにいくつも使うわけではないですし、、。
 そんなことを思いながら広告を見ていますが、やはりどこかで言われていたとおり、腕時計の広告の写真では、10時8分~10時10分くらいの時刻を指している写真だけですね。これが一番、広告に向く写真になるのだそうです。
 なるほど、と思いながらみています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年11月12日 (木)

機械式腕時計の保守をどうするか

2015-11-12(木)曇り、のち晴れ

 昨日は、クオーツ式腕時計の保守について書きました。面倒なので、まとめて電池交換した話です。クオーツ式の場合は、とりあえず電池交換して動かしておけば、ある程度は大丈夫でしょう。精度は発信器部分で決まるから、機械部分の油の変化などの影響は少ないと思います。2年~5年に1回、止まったら電池交換かな。でも、こうして保守しておいても、使うのかなあ。

 さて、次は機械式腕時計の保守が問題です。自動巻、手巻きで4個あります。多分、そのうちの2個は使いそうもないのですが、のこり2個が問題です。使っている方は良いのですが、使っていない方は、そのままでは止まったままになり、オイルなどの変化などの影響が出てくるかもしれません。世の中には、自動巻腕時計の保管用オートワインダーなどもあります。10分廻って20分休みを、ずっと繰り返すとか、、。とはいえ、そこまでのものではないしな、、と思案投げ首です。
 あと、何年かに1回は保守清掃をして貰う必要があります。これも、結構費用がかかります。

Dscn2033a(比較的使いそうな自動巻腕時計2つ)

 右は父からのお古で、60年くらい前のキングセイコーです。こちらがお気に入りで、現在は毎日使っています。

 眼鏡のことでお店に行ったときに、雑談がてら相談してみました。まあ、色々案はありますが、結局は、一番お気に入り(右のもの)を使って、そちらをきちんとメンテナンスしてゆくのがいいのではないかということになりました。もう片方も、時々は動かしてやりますが、その程度で行くことにしました。
 高価なコレクション品という物はないので、気軽に使ってゆく程度でいいのではないかと結論づけました。
 ただし、保管場所の湿度対策だけはしておくことにして、引き出し用除湿剤を買ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 2日 (月)

Grace Digital インターネットラジオが冬時間になった

2015-11-02(月)雨/曇り

 外国の家電製品は、内蔵の時計のセットなどには注意が必要だと思いました。

 もう、大分前に購入した「Grace Digital インターネットラジオ」ですが、タイマをセットして、朝の目覚まし時計代わりに鳴らしています。そのラジオの音楽が流れ出すと、時計を見なくても布団の中で時刻が分かるので重宝していました。
 ところが、今朝気がついたのですが、普通の時計を見る限り、時刻を過ぎているはずなのに音楽が鳴りません。起きてからチェックしたら、いつもより時計の時刻が1時間、遅れています。あれっと思った後、気がつきました。この製品は米国製なので、夏時間/冬時間の機能があるのですね。昨日の朝は石和温泉でしたので、今朝気がついたわけです。

 最初の時刻セットの時に、あまり気にせず現在時刻だけ合わせて使用していました。今回、時刻設定の中を見たら、東海岸からハワイまでの標準時刻の違いやら、夏時間/冬時間の機能設定までありました。とりあえず、自動での切り替えはオフにしました。
 きちんと詳細まで見て使用しないと駄目ですね。まあ、会社に出かける時刻を知らせるためのタイマとかではなかったので、特別問題はありませんでしたが、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月14日 (木)

バッテリーと腕時計

2013-11-14(木)晴れ

 先日、デジタルカメラや携帯電話などで専用の充電式バッテリーを使用しているものは、いつまでバッテリーが供給されるのか心配と書きました。で、それらの予備を買っておこうと考えています。それでも、いつかは駄目になるわけですが、バッテリーが先か本体が先か、あるいは、気持ちが新機種に移ってしまうのが早いかですね。

 でバッテリーで思い出したのが、クォーツ腕時計のバッテリーです。こちらは汎用タイプの電池ですから、比較的長く供給されるだろうと楽観視しています。ただ、いつでも使えるようにと電池を入れ換えて、保守しておくのが面倒です。今手持ちのクォーツ腕時計は、殆どが止まっています。本当は、電池を入れ換えて動かしておかないと故障が早くなりそうです。
 故障したときに修理できるかというと、電子部品部分に問題があります。部品が、いつまであるかです。以前、お気に入りの音叉時計が故障したときに、部品が無くて修理できなくなりました。機械部分は、すり減るとしても、そんなに早くには駄目にならないと思うのですが、、。

 そんなこともあり、今お気に入りで使っているのは、機械式の自動巻の腕時計(キングセイコー)です。父親の代から使っていますから、50年以上前のものです。時計屋に持ってゆくと、そこの親父さんが、「手入れして、ずっと使いなさいよ、、」と言います。そのお店で、定期清掃して貰って使っています。清掃保守費用を出すより、安い時計を使う手もありますが、こういうものは思い出とも絡んでいるから難しいですね。
 多分ずっと、この腕時計を使っていくだろうと思った日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月12日 (水)

横並びの数字の日

2012-12-12(水)晴れ

 どうでもよい話ですが、偶然なので雑談です。出かけようと思って、時間確認のためにクロックを見たら、、、

 12-12-12 12:12

2012年12月12日12時12分で、数字が横並びでした。年号のところには、クロックによっては頭に20がついていますが、それを無視すると上記になります。誰にでも訪れる時刻ですが、偶然見たというのも、、、今年の宝くじは当たるかも、、、(笑)。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土)

おおたかどや山の標準電波が再開された

2011-05-14(土)晴れ

 先ほど、ふとFMチューナを見たら、東局の標準電波受信のインジケータが点灯していました。WEBで見たら、、おおたかどや山標準電波送信所が、13日に暫定開始したとのニュースがありました。色々と苦労されているようです。

 数少ない局でカバーできるというのは、動いているときは良いけど、故障すると数が少ないというのは短所になるわけで諸刃の剣ですね。
 電波航法とか通信衛星なんかでもそうで、昔は沢山作らないとカバーできなかったから、一つや二つ故障しても影響は少なかったわけです。新しいのは数局で全世界がカバーできるから、、といっても、数を極端に少なくすることが難しいのが信頼性、冗長度の問題ですよね。

 一局しかないなら、頑張って運用率を高めて貰うしかないです。駄目だったら無いと思ってねっていうことになると、始めから全然ない方が金がかからなくて良いのでは、、なんて言われてしまうかもしれません。はてさて、FMチューナの設定はオート、手動、どちらにしておくなあ。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月30日 (土)

おおたかどや山標準電波送信所がまた停波

2011-04-30(土)晴れ、ときどき曇り

 FMチューナの自動時計合わせ(標準電波による自動合わせ)の表示が消えていることに気がつきました。アンテナを天井につけて強制的に時計合わせを指示したのですが、結局のところ標準電波はキャッチできませんでした。

 WEBで調べたら、、、原子力発電所事故の避難で停波し、先日送信が再開された福島県のおおたかどや山標準電波送信所ですが、またまた停波していました。落雷による停波だそうです。
 今まで落雷による停波なんてなかったと思うのですが、原発避難での停波に続いて、直ぐ起きるなんて、なんか良くないことは続く、、みたいな迷信をなぞっているみたいです。
 ま、そんな感想を述べるしかないですけど、、、。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月27日 (水)

ネットワーク時刻情報による携帯電話の自動時計合わせ

2011-04-27(水)晴れ、曇り

 SBMでも、ネットワークでの時刻情報配信がサポートされ、携帯電話の時計の自動更新ができるようになりました。

 SBMの「時刻情報(GMM Information)の配信開始について

 私のメイン回線はSBM(携帯電話はX02NK)です。今まで、時刻合わせはPython s60で作成したPySetClockをHiisiさんのPyTaskServerで起動して行っていました。で、上記の情報と、某巨大掲示板で自動更新が動いたという情報を読んだことから実験してみました。

 X02NKの「時計」アプリで時刻を10分進めてセットした後、「時計」の オプション(左ソフトキー) → 設定 →ネットワーク時刻 をオンにセットしました。そのまま、放っておいたら、いつの間にか時刻が正しく設定されていました。どういうタイミングで更新されるのかテストしたところ、3G通信が発生(MMS受信、受信通知などが発生したとき、あるいはメール送受信などを行ったときなど)すると、そのタイミングで更新されました。

 これで、PySetClockの出番はなくなりそうです。現在のところ、PyTaskServerでの起動を止めています。

 ちなみに、NTT docomoはどうかとテストしたところ、こちらもサポートされていて、設定を変えると、殆ど即時に更新されました。テストは、Nokia5700XM、Nokia E52の2機種と香港「3」のSIMでのローミン後状態で行いました。

これで、やっと外国並みに自動更新が使えるようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月21日 (木)

標準電波局・福島局も電波が出はじめたようです

2011-04-21(木)曇り

 本日の午後くらいから、標準電波局・福島局も電波が出はじめたようです。WEBによると、「本日14時頃まで停波でご迷惑を、、云々」と書いてあったのと、現実に受信できたので確かなようです。

 以前、3月19日の記事「福島の標準電波が止まっている、電波時計は、、」で、電波が止まっていて、FMチューナの時計を計画停電毎に手動セットするのが面倒、、と書きました。
 今まで、アンテナはチューナの機器の上に置いていたのですが、天井に付けたら佐賀の局を受信するかなと思い、天井に付けて時計をオートに切り替えたら受信しました、、福島局を、、!!!。で、WEBを見たら、上記のような記述を見つけたわけです。

 これで、電波時計も色々な機器も、時計合わせができるようになりました。
局の関係者に感謝します。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

福島の標準電波が止まっている、電波時計は、、

2011-03-19(土)

 計画停電で停電すると、電機機器の時計が問題になる物があります。わたしのFM/AMチューナは、交流電源が切れると時計がリセットされ、交流電源が復帰すると、標準電波を受信して時刻セットを自動で行います。
 この、標準電波を利用するというのは、電波時計(置き時計とか腕時計にありますね)と同じです。でも、電波時計はクォーツ時計として動いていますから、標準電波が無くても大きく狂うことはありません。

 FM/AMチューナも、交流が切れたときも時計が動いていれば今回の問題は出なかったでしょう。でも、どちらにしろ交流が切れているときは(表示もされないから)時計としては動かない仕様です。それ自身は、私としては問題はありません。安い機種ですから、そこまで求めるのは酷でしょう。それに、今までは電源が復帰すると、自動でセットされていましたから問題有りませんでした。

 でも、今回は交流電源が復帰しても時刻がセットされません。WEBで調べたら、、東日本にある標準電波発射局がとまっています。標準電波の発射は
 (1)おおたかどや山(福島県)
 (2)はがね山(佐賀県/福岡県の境)
です。当地は、(1)からは250km圏内、(2)からは1000km圏より外でしょうか。従って、残念ながら電波が受信できないようです。
(1)の発射局は、原発の避難区域のため停止しているようです。

 と言うことで、関東以北の電波時計(や標準電波を利用したもの)は、電波で時刻校正されない可能性があります(機器の電波感度によります)。私のチューナは、手動でセットしましたが、毎日のようにやるのは苦痛ですね。 
 九州、中部、東北(青森あたり)の3局体制だと良かったのにね。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧