電子機器、電子機器小物

2019年3月 5日 (火)

モバイルバッテリを買ってみた

2019-03-05(火)晴れ/曇り

 モバイルバッテリーを買ってきました。スマートフォン(Nokia E7-00)を比較的良く使うようになってから、バッテリー残量が気になるようになりました。夜にバッテリー表示を見ると50~60%nなっているから、つい気にしてしまいます。まあ、どうしても必要な使い方をしているわけではなく、色々な(アプリなどの)テストで使っているだけだから電源が切れても問題はないのですが、、、。
 今度、同期会で温泉に行くときに、カメラを持たずにスマートフォンで代用してみようと考えています。両方持っていると重いからです。そうすると、昼間行動中に電源不足が起きたらどうしようと気になったわけです。幾つか案を考えてみました。

(1)単3電池一本の緊急充電器を使う。

Dsc03440a Dsc03438a

これは、過去に香港でジャンク扱いで手に入れた、単3電池一本での充電器です。ケーブルがなかったのですが、秋葉原で部品を買って作成しました。今回も試したら、一応充電はします。でも、単3電池一本ずつでやると、少し非力かなと思いました。まあ、最悪のときの緊急避難にはなりそうです。

(2)単3電池4本で充電する充電器を買う。
 これは、上記(1)よりはましですが、4本となると結構大きくて重いですね。平たくなくて太い(4本を平らに並べるのではないので)から、少し使いにくそうです。

(3)モバイルバッテリーを買う。
 最初に考えてお店に見に行って、高いのでやめた案です。でも、高いのは容量が大きい物だからと思い返して、結局容量の小さな物を買いました。何時も必要なわけではなく、旅行にでも出たときの、昼間の一時的な緊急避難だから良いかなと思いました。

C2600

 平べったくて、スマートフォンと重ねて使えそうな、この製品を買ってきました。
 まずは、モバイルバッテリーの充電です。
 それにしても、隣に並んでいた、あんなに大きな容量の物が必要な方もいるんだなあと思いながら帰ってきました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月25日 (木)

古~い補聴器が出てきた

2018-10-25(木)曇り、のち晴れ

 不要品を色々と整理、処分しています。家庭用救急箱の裏側をみたら、古い補聴器が出てきました。

E52p119a
 古い補聴器:四角いのが本体、右は単3電池です。

 そのまま単3電池一本を入れて使うものです。今では耳にかけたり、耳たぶの中に入ってしまったりしますが、昔は、こんな大きなものを使っていたんですね。胸ポケットに入れたり、袋に入れて胸に下げている方もいました(袋が添付されていました)。
 父親の耳が遠くなったときに買ったものなので、どう考えても35年以上前のものでしょう。あまり使わなかった記憶がありますから、30~35年くらい放置のものです。
 試しに電池を入れてみたら、、、動きました。いくら何でも、もう動かないだろうと内心思っていましたからビックリです。持っていたら自分で使えるか?と、一瞬思いましたが、大きさとか使い勝手とか、色々な性能を考えると、必要なときは新たに購入した方が良さそうですね。
 頑丈さに、ちょっとビックリした日でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 6日 (土)

「Nokia デジタルペン」の活用を模索中

2018-10-06(土)曇り、晴れ

 本とかコミックとか家電品とか、、、色々と処分して部屋の中を整理しています。ものを減らして、さっぱりした部屋の中で暮らしてみたいと思うようになってきたからです。
 さて、随分と溜まってきたNokia携帯電話とそのアクセサリー類ですが、処分ではなく、何とか活用できないかと思っているのが、題記の「Nokia デジタルペン」(アノト ペン)です。Nokiaから出たデジタルペンは2機種有って、両方とも持っていました。ただ、最初の機種「SU-1B」は2本有りましたが、バッテリーやバッテリーまわりが駄目になったらしく、修理の見込みもないので廃棄しました。新しい方のSU-27Wは、まだ動作しています。ただ、10年以上も活用できなかったデジタルペンが、今更活用できるかという疑念はあります。しかし、専用ノートやボールペン替え芯も、英国からまとめ買いしたりしているので、なんとか活用したいわけです、

Dscn2673a
上左:英国からネット購入したノート(まとめ買いして沢山ある)
上右:同梱されているノート(小さい方のノート、他に大きいのもある)
下左:アプリケーションCD
下右:デジタルペン
ほかにボールペン替え芯が多数、、

 このSU-27Wの添付アプリケーションでは、画像からアルファベットや数字を文字に変換して取り出すことが出来ます。そのアルファベット(ローマ字書きしたもの)から漢字かな交じり文に変換するために作成したPythonスクリプトが「PyR2KKJ」でした。「PyR2KKJ」は、当時、大分力を入れて作成した、自分としては大作でした。今でも、香港版携帯電話などでは、日本語入力用に(FEP代わりに)使用しています。しかし、結局デジタルペンは活用できませんでした。活用できる用途、シチュエーションを作れなかったからです。
 今から、そんな活用法が出てくるのか?とは思っています。でも、沢山あるノートやボールペン替え芯も、単なるノートとして使ったり、単なるボールペンとして使うのは、なんか負けたような気分になるので、活用法に頭をひねっています。まあ、最後の最悪は、単なるノートとして使ったり、単なるボールペンとして使い切るしかないかなとは思いますが、、。
 そんなことで頭をひねっている昨日今日です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月20日 (月)

小物品の中古処分に行ってきた

2018-08-20(月)曇り/晴れ、いちじ雨

 使用しそうもない小物品の処分に、○ードオフへ売却に行ってきました。フィルムカメラ1台、自動巻腕時計1台、PDA(Palm Pilot 1000)、ヘッドフォンなどです。一番の大物はフィルムカメラでしょうか。25,000円で引き取って貰えました。もちろん、買うときには結構高かったし、評判の良いカメラでした。オートフォーカス、自動巻き上げ機構付きで使いやすく、ヨーロッパ旅行などにも重宝したのですが、今後は使いそうもないし、使わなければ可哀相です。使う人がいるのであれば、、と、今回思い切りました。それでも、まだフィルムカメラは残っているのですが、、、。とりあえず、特徴のあるカメラだけ残しました。電池不要の小型オートマチックカメラ(光電セル使用)と一眼レフカメラです。これも使いそうもないなあとは思いながら、、、。
 自動巻腕時計は、昔の、まあ普通のものかな。自分で使うお気に入りは毎日使っているので、何十年も使っていない一つを処分しました。これも、誰か使う人がいると良いなあと思いながら手放してきました。
 カメラ以外は、ジャンク品に近い価格しかつきませんでしたが良しとしました。こうやって、少しずつ片付けています。ものによってはオークションサイトという手もありますが、かかる手間その他を考えると、お店持ち込みでも良いかなと思っています。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月28日 (月)

誤動作の原因は髪の毛?だった

2017-08-28(月)晴れ

 WEB小説などをダウンロードしたテキストデータを縦書きPDF化して Book Reader で読んでいます。最近は根気がなくなったせいか、余りハードな本を難しい顔をして読むのは出来なくなりました(笑)。散歩の途中に休憩に、軽いラノベを喫茶店で読む、、のが楽しみになりました。
 そんな Book Reader ですが、時々おかしな動作をすることが有りました。本を読んでいると画面が揺れたり、頁が進んだり戻ったり、語彙の意味表示になったりします。「戻る」ボタンを押して操作し直せば戻るから気にしないようにしていましたが、やっと原因が分かりました。それは髪の毛のくずや、その他のくずでした。
 Book Readerの画面はタッチ操作のために静電容量タイプ?の画面になっています。ここに、髪の毛などが落ちると、それで動作してしまうようでした。誤動作したときに、たまたま画面にあった髪の毛に気がついたので、わざと落として試したら前記の動作になりました。画面周りの部分と画面の間にブリッジのようになると誤動作するようです。タッチ操作したときのように検出されてしまうんでしょうね。原因が分かって気持ちが楽になりました。
 それにしても、静電タイプだと、こんな事もあるんだなと思いました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月29日 (火)

血圧計の調子が悪い

2016-11-29(火)晴れ

 血圧計の調子が悪くなりました。血圧そのもののほうは今までどおりに近いのですが、血圧計の方が不調です。最近の家電製品の操作部分、たとえばリモコンとか、、などのボタン部分は、昔のような機械的スイッチではないものが多くなりました。押すとカチッとではなく、グニュッっという感じで押し込まれます。弾力性のある素材と導電性のある素材を使用したものかな?と考えています。
 機械的構造部分がないから故障しにくいのかな?と思ったのですが、必ずしもそうではないみたいな気がしてきました。結構、無反応になったり、無理矢理力づくで押さないと反応しなくなったりします。
 今回もそんな感じで、反応が悪くなりました。

Dscn2318a

 電源スイッチ(兼スタートスイッチ)が反応しなくなりました。全く反応しないのではなく、色々な方向に力一杯押すと動作します。測定値そのものは今まで通りの値が出ますから測定自体は良いのですが、スイッチを入れるのが大変です。
 何で機械的スイッチより弱いのかなと思ったのですが、部品寿命というものが昔と違って、製品買い換えサイクル(比較的短めに)を想定したものに設計されているのかな?とか思いました。
 さて、毎朝力一杯の操作を試行錯誤するか、買い換えるか悩みどころです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 6日 (火)

Activity Tracker(活動量計) PS-500を使ってみた

2016-09-06(火)晴れ、のち曇り

 先日、FHPPCオフ会のオークションで手首に着ける心拍計(Activity Tracker(活動量計) PS-500)を入手してきました。これは、心拍数だけではなく、歩数なども計測したり、消費カロリー数や歩いた距離なども計算してくれます。時計表示jも有り、腕時計代わりとしても使えます。
 スマートフォン、またはPCと繋いで、設定したり結果をグラフで見たりするようになっています。どちらかと繋がないと時刻の設定も出来ません。

 詳細については先人のブログがあります。
  「EPSON PULSENSEを非対応機種で使う

Dscn2271a
 普段は心拍数表示と時計表示が出ています。腕時計代わりとしても使えます。心拍数の計測は、通常時に自分でカウントしながら比較しましたが正確でした。運動時は比較していません。

Dscn2270a
 心拍の計測は裏側についているライトとカメラで、腕の血管の血流で見ています。だから、ある程度きっちりと腕に付けているのですが、腕のカメラのところの丸い跡がついたりして、はずしたときに少し格好悪いです。

 歩数計は加速度センサでやっています。手首に着けているから、手の動きで誤カウントが出るかと思ったのですが、意外と大丈夫でした。会話のときの手の動きとか、手洗いで試しましたが大丈夫でした。

 さて、2日ほど、着けっぱなし(寝るときも着けたまま)使ってみました。PCに接続して表示させると、0時~24時を横軸にして歩数などの活動をグラフ表示してくれます。ただ、PCの表示では、時間軸に対する心拍数の表示はありませんでした。24時間着けておいて、運動量(歩数とか)などを測定して健康に役立てるのには良いかもしれません。ただ、私は24時間の心拍を記録したいと思っていたので、その点は出来なくて残念でした。

 正直、これで一日中監視して健康に、、云々、、というほどの心づもりはないので、使用に飽きてしまいました。腕時計代わりに、、とも思ったのですが、アナログ時計になれていると、デジタル表示腕時計には慣れないですね。定期的に充電も必要だし、、。こういう機器は、使用目的に合致するか、使用に対するモチベーションを維持できるものか、、という点で、なかなか難しいなと思いました。
 ウオーキングの歩行量監視なら機械式の歩数計で良いかなとも思いました、電源が要らないし、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月27日 (土)

ブックリーダと紙の書籍

2016-08-27(土)雨/曇り

 WEB小説は、データをダウンロードしてブックリーダで読む事が多いです。書籍化される前だったり、書籍版で買うほどかどうか悩む場合もありますから、、。また、ブックリーダだと、沢山の書籍も持ち歩きやすいということもあります。とはいえ、気に入ったものなどは紙の書籍版で読みたいと思うことも多いですから、紙の書籍になったものを買うものもあります。
 ということで、暫く前に買いそろえてあったものを今回読み始めましたが、やはりブックリーダでの持ち歩きの便利さを痛感してしまいました。

Dscn2252a

 第一部、第二部、第三部、と続く小説の、第二部の4冊組です。一冊持ち歩くだけでも大変な厚さがあります。持ち歩きを考えるとブックリーダが良いと痛感しました。ですが、、、目に優しいとか読みやすさは、紙の方が断然良いと、改めて感じました。
 なかなか難しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月20日 (土)

地上波デジタル放送用チューナが故障した その4 部品がない

2016-02-20(土)曇り、のち雨

 大分前に故障した地上波デジタルチューナ・レコーダですが、部品が入手できたら修理を試みてみようと思っていました。
 以前の記事「地上波デジタル放送用チューナが故障した その3 設計不良か?

 本日、所用で秋葉原へ行ったので部品を探してみました。必要なのは、デュアルFETのICみたいな部品です。秋葉原も、様変わりしてしまったので、細かい部品のお店が見つかるか心配だったのですが、問題なくお店はいくつも見つかりました。
 ただ、問題は、欲しいFET IC(NチャネルMOS FET、PチャネルMOS FET各1個が入っている)が、もはや在庫販売はしておらず、どのお店でも入手できるかどうかは分からないと言われました。
 今回は、別の所用で時間が限られたので、そこで引き上げましたが、もう一度トライして注文・取り寄せで入手できないか試してみる予定です。
 それでも、駄目なら、似たような規格のFET単品部品を2個使うかと思案中です。まあ、小さい部品で、取り外しに細かい作業が必要なので、半田ゴテ作業が出来るか心配ですが、部品が揃ったら、破壊覚悟でやってみるかと思っています。とはいえ、いつのことになるやら、、。

 話は変わりますが、どのパーツショップでも、まだまだ買いに来ているお客さんがいて、買い物用のパーツ入れ箱を手に、パーツ選びしている方が多くいました。まだまだ、色々と自分でやる方がいるようで、少し安心しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月23日 (月)

久しぶりに、テスターの電池を交換した

2015-11-23(月)曇り

 昔、アンプの自作などをしていた頃に購入したテスターがあります。抵抗とメータだけのテスターではなく、オペアンプを使用したテスターです。だから、抵抗測定用電池の他に、アンプ用の電池も入っています。 今回、地上波デジタル放送チューナの故障の時に、アダプタの出力電圧をチェックするために持ち出したら電池の電圧が足りないようです。
 考えてみたら、前回交換したのは何年前だろうか、10年くらいまではないかなどと考えながら交換しました。

Dscn2042a

 アンプを作っていた時期を考えると、テスターも30~40年前のモデルではないでしょうか。今ではテスターも、片手に収まるようなものもあるのに、これはご覧のような大きな抵抗が使われているものです。電池を入れ換えると、今でも問題なく動いています

Dscn2043a

 ただ一つ問題は、単3電池2つを入れるホルダーが2つとも壊れかけていることです。電池の頭と尻の方に当たる部分のプラスティックがもろくなって欠けてしまいました。電池を入れたあと、針金で縛っています。それでも、電池を入れ換えれば、問題なく動いています。

 とりあえず、ボタン電池や単3電池、100ボルト電源、抵抗器の抵抗値などを測って、それほどの誤差がないことを見てチェックしています。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧