カード、電子マネー他

2020年11月25日 (水)

マイナポイント、、というかマイナンバーカード雑感

2020-11-25(水)雨、のち曇り

 私は既にマイナポイントと、それを結びつけるキャッシュレス決済用のマネーカード会社からのポイントは貰い終えましたが、マイナポイントでの勧誘は継続しているんでしょうか。貰い終わっちゃったから興味がなくなって、どうだったか分からなくなりましたが、、。勧誘といえば、マイナポイントに限らず、色々なカードの勧誘があったりします。クレジットカードだったり、キャッシュレス決済用のカードだったり、、。加入時に付くポイントが結構大きかったりしています。勧誘する側は大きなポイントを付けても、加入してもらえればシェアも上がるし、実際使って貰える期待があります。加入する側も、クレジットカードでもキャッシュレス決済用カードでも、買いものなどのときに便利かもしれません。だから、加入するメリットがあるわけです。
 で、元へ戻って考えてしまったわけです。マイナポイントでマイナンバーカード勧誘をしていますが、(取得する側の)マイナンバーカードのメリットって何だろうというわけです。大分前から持っていますが、持っていて良かったこと、ないと困るはずだったこと、持っているとどんなことができるようになるのか、、、等々、あまり関係なかったように思います。これだと、いくら取得を勧めても取得率が上がらないでしょう。そもそも、全体像がよく見えるように説明されていません。腹の奥底までそう思っていっているのか分からないような、奥歯に物の挟まったような説明しか聞こえてこないし、現状でのメリット/デメリットが見えてきません。
 そんなことを考えながら、帰ってきました。

 

| | コメント (0)

2020年10月30日 (金)

ようやく出番が戻ってきたカード

2020-10-30(金)曇り/晴れ

 新型コロナウイルスの一日の感染者数も増えたり減ったりで、減るかと思えば微妙に増えていたり、なかなか大変です。それでも、外国に比べると、日本は少ない数字で推移しているようですね、理由は分かりませんが、、。
 そんななか、自分の生活も冬から6ヶ月近くは巣ごもり生活に近かったのですが、何点か少しずつ元に戻しつつあります。そんな中に、復活させたウオーキングルートがあります。川沿いを歩いて鉄道の駅まで行き、駅前のコーヒーショップでコーヒー、あるいは紅茶とケーキで一休み、本を読んでから戻るというものです。この、コーヒーショップでの一休みというのが楽しみで良く利用していたルートですが、今年はとんとご無沙汰でした。が、最近になって、楽しみもないとなあ、、と、復活させました。それで、やっと出番が戻ってきたのが、このカードです。
 因みに、お店の中も、新型コロナウイルス感染防止対策で改装され、随分と変わっていました。

Dscn3038a

 コーヒーショップ ドトールのバリューカード(キャッシュレス支払い用の電子マネーカード)です。チャージや支払い時にポイントが付くのと、財布から小銭を出さなくても良いので利用しています。私的には、よく使う電子マネーカードのなかの一枚でしょうか。Edy、 Pasmo、Waon、 Doutor Value が私のカードトップフォーです。世の中には、実に様々なカードがありますが、手を広げてもポイントや特典が散らばるだけなので、数を絞っています。 

 ドトールバリューカードが出てくる前は、それまでは11枚綴り券を良く利用していました。週に5日以上利用していたような気がします。そんな関係か、販売開始前に店で優先購入予約券とかを貰っていて、販売開始時に購入したら、このカード(左半分が黒いカード)でした。後で調べたら、普通に買うと白いカードですね。白いカードは年間(9月16日から次の年の9月15日かな)の購入額に応じてランクが決まり、次の一年間のポイント付与率が決まります。
  シルバーランク 5%  / 購入額年間2万円 ゴールドランク 7%  / 購入額年間5万円 プラチナランク 10% です。
ずっとプラチナランクを保つのは金額的に結構大変ですし、9月に一旦ランクが下がると、次の一年間は上がれないわけです。購入した直後の一年間も上がれません。しかし、この黒いカードは年間の額に関係なく、入手直後からいつでも10%です。
 販売開始時に入手できてラッキーだったなあと思いました。そんなことを考えながら利用しています。

 

| | コメント (0)

2020年10月27日 (火)

マイナポイント+マネーカード側のボーナスポイントを受け取った

2020-10-27(火)晴れ、夕方から曇り

 スーパーへ行ったついでに、設置してあるマネーカードサービス端末でチェックしたら、マイナポイントの受取が可能になっていました。マイナポイントに紐付けしたマネーカードはスーパーの会社のマネーカードです。このカードに紐付けすると、スーパーの会社からキャンペーンポイントとして2000ポイントがプレゼントされる事になっていました。カード保持者を増やすためのキャンペーンでしょう。従って、マイナポイント5000+カード側ポイント2000 の計7000円分のポイントが受け取れることになります。
 新たにカード類を作るのは嫌ですが、マイナンバーカードも、スーパーのマネーカードも既に持っています。だから、スーパー内の端末で、横に居るサービスカウンターのスタッフの手助けを借りて簡単に登録しました。これで、今回7000ポイント(7000円分)を受け取ることができました。それはそれで嬉しいのですが、我が身を省みながら考えると、このキャンペーンは(マイナンバーカード側もスーパーのカード側も)狙いはなんなのか、その狙った効果はあったのか?と思いました。まあ、新たにカードを作成する人もいるでしょうから効果はあると思いますが、費用に見合うのかな?とは思いました、特にマイナポイント側は、、、。
 色々と疑問はありますが、取りあえず受け取れて嬉しい、、と納得させて帰ってきました。

 

| | コメント (0)

2020年9月29日 (火)

印象が薄かった気がするキャッシュレスポイント還元

2020-09-29(火)曇り

 クレジットカード会社から、キャッシュレスポイント還元の受取期限注意のお知らせメールが来ました。期限切れになる前にポイントを受け取って下さいと言う内容です。
キャッシュレスポイントは、昨年の10月から今年の6月まで、消費税増税による消費落ち込みを支えるための施策のようですが、消費税アップの印象に比べると、還元の印象が薄かったですね。キャッシュレスという支払い方法制限と、購入先が対象か否かのケースもあるようで、使い勝手がよく分からなかった事もあるのかもしれません。キャッシュレスポイント還元には2種類あったようです。

(1)支払い時に直接還元されるケース
 これは、例えばコンビニなどでマネーカード支払いをするとポイントが付き、その分がそのまま支払額から差し引かれるケースです。消費者は何もしなくてもポイントが付いて還元されるから楽ですが、しかし多分誰も、あまり意識しないだろうと思います。コンビニだと購入額やポイント額も小さいし、レシートもろくに見ないでしょうから嬉しさとか感じにくいし、ポイント還元による消費促進効果も小さそうです。

(2)還元されたポイントを自分で受け取る処理が必要なケース
 クレジットカードなどで、対象店舗で支払ったときにポイントが付くケースです。この場合はポイントをマネーカードのポイントなどに交換処理をする必要があるみたいです。最初に書いた案内メールは、この処理を促すものでした。受取を意識するし、比較的額がまとまるから嬉しさはあります。が、今回受け取ったときにはキャッシュレスポイント還元キャンペーンは終わっていたから、消費促進の効果は(私の場合は)ありませんでした。
 受取は結構面倒でした。ポイント確認サイトにログインして、そこからリンクしたサイトでアカウントを作成してID,パスワードを作成してログインし、それからポイントを受け取って手持ちの(対象になる)マネーカードのポイントに変換し、マネーカードでポイント受取をします。まず、最初にメールを見たときに、情報取得詐欺のフィッシング詐欺かと思いました。ブックマークしてあるクレジットカード会社のWEBにも記載があり、リンク先が同じだったので手続きに入りました。面倒で、途中で挫折しそうになりましたが、何とか最後までいくことができました。結果としては、350ml缶ビール6本パック一つくらいの額でしたが、面倒くさかったという印象があります。
 そんな印象の、キャッシュレスポイント還元の受取処理でした。

 

| | コメント (0)

2020年9月 2日 (水)

マイナポイントに登録してみた

2020-09-02(水)曇り、朝いちじ雨、のち曇り/時々晴れ、深夜間欠的に激しい雨

 昨日書いたマイナポイントの登録の件です。面倒そうですが、せっかくマイナンバーカードも持っていることだし、、と、登録に出かけてみました。やり方、場所を選べば、簡単にできることが分かりました、
 WEBで調べたときには、なかなか面倒そうでした。なので、スーパーを運営している会社が発行している電子マネーカードへ紐づけることにして、そのスーパーのサービスカウンターに行ってみました。その会社の電子マネーカードへの紐付けならウエルカムでしょうから、分からなければ手助けして貰えると期待したわけです。一度行ったらサービスカウンターが混んでいてスタッフが忙しそうだったので、空いているときを狙って行きました。直ぐ脇に登録用の機械があり、横について説明してくれましたので、1分くらいで手続きが終わりました。誰もいない、機械だけが置いてある場所でやると、とまどいそうですが、、。
 実際ポイントがついてくるのは、チャージしてから2ヶ月くらいかかるようなので、ポイントがついたのが分かるのはずっと先になります。手続きしないで何もつかないよりは、多少でもつけばいいかなと思って手続きした日でした。

 

| | コメント (0)

2020年9月 1日 (火)

マイナポイント、、かなり面倒?そうだなあ

2020-09-01(火)曇り、昼いちじ晴れ/涼しい

 新聞記事で、マイナポイント制度の運用が始まったとか読みました。マイナンバーカードを持っている人が、キャッシュレスの決済を使うとポイントがついて、トータル五千円までのポイントが付与される制度ですね。新聞の特集記事を読むまで知りませんでした。
 いや、多分、以前にもニュースか新聞記事で聴いていたかもしれないのですが、運用が始まっていないとか、面倒そうとかで意識に残らなかったのかもしれません。今回、比較的わかりやすい解説(説明)が載っていましたが、はっきりいって、利用するのは、かなり手続きが面倒ですね。マイナンバーカードを既に持っている人はまだしも、これから発行申請から始める場合は、手間と時間が余計かかります。
 マイナンバーカードの発行促進と、キャッシュレス決済の推進がねらいなんだろうと思います。が、さて、手間と時間と面倒くささ、と五千円、天秤はどちらに下がるでしょうか。
 取りあえずマイナンバーカードは持っているので、どうしたものかと悩んでいます。

 

| | コメント (0)

2019年8月 2日 (金)

スマートフォン決済 雑感

2019-08-02(金)晴れ

 朝刊の一面で、スマートフォン決済(セブンペイ)の記事を読みました。セブンペイは不正アクセス問題で、開始3ヶ月で廃止するとか、、、やはり対策が大変とか、今の延長では今後の運用に不安があるのでしょうか。新聞記事を時々読んだ情報だけですし、システムのこともよく分かっていないので個人の勝手な感想ですが、色々と考えてしまいました。
 場合によっては「拙速を尊ぶ」という言葉もありますが、こういうシステム開発、運用では拙速はまずかったと思います。早く導入してシェアを確保し、業界の主導権を握りたかったかもしれませんが、裏目に出たような気がします。昔の、「性善説云々、、」が言われていたよき時代なら問題なかったのでしょうが、今の「性善説、何それ、おいしい物?」という時代では難しいでしょうか。
 しかし、3ヶ月での撤退は、開発、システム展開に徹夜、残業、、を繰り返したであろう開発部門、その他の方々には酷ですが、逆に考えると早めに問題が出て良かったかもしれません。現時点で分かっている被害は800人、3800万円のようですが、これが、もっと先へ行って、何万人、何十億円の被害とかなったら大変です。続けるも大変、撤退も大変、、と身動き取りにくくなりますから、、。
 スマートフォンを使用した色々なサービスがあります。朝から晩までスマートフォンを手放さない、今の世代の方には便利かなと思います。ただ、便利の裏には危険も潜んでいます。今回の件は、そういう危険性を、今一度知らしめる教訓になったのかもしれません(教訓として受け取ったかどうかは不明ですが、、)。
 私のスマートフォンはこういうアプリに対応できないので、現金と電子マネーカード(pasmoとかSuicaとかEdyなど、現金チャージして使う)での、今までどおりの運用です。落としたり、詐欺で現金搾取されない限りは、横から勝手に使われることは考えにくいシステムだと思います。現金なら、どこでも(国内外問わず)使えますしね、、、。

 

| | コメント (0)

2017年6月22日 (木)

SUICAを新しいカードに切り替えた

2017-06-22(木)曇り

 夕方、所用でJRの駅のあるところへ行ったときに、思い出して古いSUICAカードを新しいものに切り替えました。10年以上放置してあると無効になるとか聞いたので、まずはどういう状態か確認して貰ったのですが、一応まだ生きていました。使うなら新しいカードにした方が便利ですよというので、取りあえず更新して貰いました。

Dscn2307a

 10年以上前に定期券として使っていたのですが、定期券として使わなくなってから、暫くして使わなくなりました。当時は、バスや買いものも含めるとpasmoが便利だったからです。手持ちのSUICAカードは乗車券代わりにしか使えないものでしたから、、。
 切り替えて貰ったのですが、新しいものにするといっても、中身を書きかえて表面に印刷するだけなんですね。中の定期券情報は消して貰いましたが、表面を斜めからすかしてみると、以前印刷されていた数字の跡が少し残っています。
 さて、切り替えては見たものの、現在の使用場面を考えると、pasmoと被っているので、使用するかどうかは微妙ですね。まあ、予備のカードということで良いのかもしれません。そんなことを考えながら、帰ってきました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 3日 (水)

危うく1900円分を捨てるところだった、、

2016-02-03(水)晴れ/曇り

 きちんと調べて行動しないと、知らないうちに損をしそうだという、危うく損をしそうになった話です。

 昨年末ですが、試しにブックリーダ用の電子書籍を買ってみました。経験のために、、というと聞こえは良いのですが、「初めての方に1000円分プレゼント」というのも影響しているのは確かです。サイトの思うつぼに?はまっているわけですが、まあ、元々試してみるつもりだったから良しとします。

 で、2冊ほど買ったのですが、若干の不足金額が出たので、これも試しにとNET CASH(プリペイドのシステム)を使ってみました。インターネット上での支払いの場合、EdyやNET CASHのような、プリペイド型での支払いが、一番安心できます。
 コンビニエンス・ストアで2000円分のNET CASHのクーポンを買ってきて、サイトでの支払いの時に、NET CASHクーポンのコードを入力しました。
 ここで、思い違いをしてしまいました。コード入力時に、NET CASHのクーポン全額が電子書籍サイトのポイントに入って、もはやクーポンは不要だと思ってしまったのです。

 本日になって、残っているはずの金額(ポイント)で買ってみようと、サイトを覗いたらポイントはゼロです。色々調べた結果、やっと理解しました。支払いに必要な金額だけ電子書籍ストアから請求がでて、NET CASHサイトの該当クーポンコード口座から引き落とされるらしいのです。だから、使い切るまでクーポンコードが必要なのですが、もはやサイフの中にはクーポンがありませんでした。残っていたはずの1900円は捨ててしまったのか?と、ちょっと残念でした。

 でも、と思い返して、レシート類を放り込んである箱をかき回したら、、、、ありました。放り込んでありましたよ。何でも取っておく癖に万歳、、(って、それもゴミが溜まるから問題だけど)。今回は助かりました。

 ということで、一番の原因は自分の思い違いですが、新しいものを使うときには、きちんと調べて行動すべきだと痛感した日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月15日 (月)

ATMカード利用時の勧誘がうるさい、、

2013-04-15(月)晴れ

 まったく、、勧誘がうるさくて、、。色々な勧誘がありますが、今回話題にしているのは銀行のATMカードを使ったときの勧誘です。生活に使う口座は、以前、都市銀行から、身近に支店の多い地方銀行に変えました。それで、必要に応じてATMでお金をおろすのですが、最近ATMでお金を下ろす度に、カードへローン機能をつけませんかという勧誘が画面に出ます。

 それも、大した額ではない上限のローン機能ですから、借りて利子を払うくらいなら自分の口座から下ろした方が良いわけです。それなのに、ATMを利用する度に、その画面が出るのです。

 嫌なのは、お金をおろす手続きの流れの中にあるので、
(1)それまでの手続きの流れの通り、うっかり「はい」を押すと手続きがされてしまうことです。
(2)以前の感覚で、下ろす手続きは終わったと思って待っていても何も起きないので、画面を見たら前記の画面で止まっています。待っている後ろの人に白い目で見られてしまいます。

 勧誘したいのは分かるけど、何回かのATM利用の時に「いいえ」を押した人には、以後出さないようにするとかして欲しいわけです。仏の顔も三度、、と言いますから、2度出して駄目なら3度目以降は出さないとかの工夫が必要です。ちょっと、イラッと来ていて、延々と出るようなら、また生活口座(振り込みの受けとか公共料金の引き落としの口座)を、別の銀行に移そうかと考えています。
 勧誘も、きちんと考えないと逆効果です。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)