オーディオ

2017年11月 6日 (月)

メインのステレオ機器の手入れ

2017-11-06(月)晴れ

 最近は良い天気が続いています。雨が続いていた頃に比べて、空気もさらっとして爽やかです。家中の窓を開けて風を通しています。で、そのついでに、普段余り使わないメインのステレオ機器の手入れをしました。埃を払ったり、毎日何時間か使ってやります。
 電気機器やスピーカーなど、あまり使わないのも不具合が出る原因になるような気がします。真空管式プリアンプ、真空管式メインアンプは時々は使って温度で湿気を払ったり、スピーカーは使うことでコーン紙を動かしてやった方が良いと考えています。
 ということで毎日のように、開け払った家の中で本を読みながら音楽を聴きました。スピーカーの前面サランネットをはずしたら、コーン紙に埃が溜まっていました。そっと埃を除去するところから始まりました。

Dscn2416a   Dscn2417a

 メインスピーカーのHS-500は30年以上前の日立Lo D のスピーカーです。当時、他メーカーのスピーカーに比べるとおとなしい音かなと思ったのですが、クラシックの小編成のアンサンブルを聴くのに良さそうで買ったものです。今でも気に入っています。コーン紙に厚く埃が溜まっていましたので、掃除から始まりました。
 久しぶりにメインの機器で聴きました。音源はインターネットラジオで、たいした音源ではないのですが、それでも手持ちのメインのシステムとサブのシステムでは、聴いた感じに大きな差があります。メインのシステムの方が、身体を包み込むというか、余裕がある音で聞こえます。因みに、前面サランネットをはずした方が更に良いのですが、コーン紙の保護のために付けたままで聴いていました。
 そんな、爽やかな秋の何日かでした。
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 4日 (月)

懐かしい、、ソノシート

2017-09-04(月)曇り、夜に雨

 昨日、色々と不要品や散らかしてあるCDなどの片付けを行ったのですが、懐かしいものが出てきました。

Dscn2338a

 怪物くん音頭のソノシートです。以前にも話題にしたような気もするので、捨てられないでCD等と一緒に保管してあったようです(ブログを検索してもソノシートの記事は見つからないので記憶違いかもしれませんが)。怪物くん音頭、、いつごろのものでしょうか。わざわざソノシートで聞くことはないから不要なのですが、何かのときに、話題づくりに使うかも、、と捨てられないでいたようです。
 いまになると、更に話題作りのために捨てられないかもしれません。こうやって、古い物が雑然と溜まってゆくわけです。 
 まあ、ゴミ屋敷(屋敷と言うほど大きくないが)と言われないだけいいかなと思います。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

インターネットラジオを買い直した

2017-07-08(土)晴れ

 何日か前に、インターネットラジオを買い直しました。

Dscn2315a

 毎日のように、インターネットラジオを聴いていました。音楽を流しっぱなしにするのには都合がよいですしね。
 インターネットラジオは、Grace Digital の「GDI-IRC6000」を購入して使用していました。その時の記事 「インターネットラジオ(の受信機)を購入した」。
 しかし、昨年に一部故障していました。故障の内容は、液晶画面が見えなくなったことです。「続 インターネットラジオ GDI-IRC6000 が不調
 画面は見えないのですが、聴くことは出来ました。画面を見ずに操作できる範囲では使用できたからです。電源オン/オフ、1~10のプリセットボタンでの局切替、ボリューム操作あたりは画面を必要としませんから、何とか使用はできます。しかし、それ以上のことは出来ません。別の局を聴きたくても操作できないのです。

 ということで、買い直したわけです。機種は色々考えましたが、購入したのは、今まで使っていた物と同じ、Grace Digital の「GDI-IRC6000」です。同じものだと使い慣れていますし、この機種は概ね過不足無い機能と性能だと思います。それに、Grace Digital のWEBサイトに既にセットしてあるインターネット局のリストが使用できます。
 ○マゾンで探して、中古品(メーカー再生品)で○マゾン倉庫から即日発送可というのを選んでみました。

 設定も簡単で、直ぐに入れ替えできました。

Dscn2321a

 画面が見えると安心できます。これで、プリセットしてなかった、この時期に似合うハワイアンを聴いたり、USBメモリの局を聴くことが出来るようになりました。
 入れ換えてからは、ずっと音楽を流しっぱなしにしています。
 さて、画面が故障している方の機器をどうしたものか悩んでいます。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 3日 (金)

ミュージックプレーヤ検討の結論

2017-02-03(金)晴れ

 家電量販店の店内を見て回ったときに、いつもミュージックプレーヤコーナーでみるミュージックプレーヤ(ウオークマンとかiPodとか、、ですが)が格好いいな、使ってみても良さそうだな、などと思っていました。まあ、実際のところは、単に今まで持っていなかったものを使ってみたい、、というだけかもしれません。カタログを貰ってきて読んでみたり、お店でみたり、○ードオフなど中古店で探してみたり、、色々検討しました。
 結論は、、、手持ちで余っている携帯電話で良いかなとなりました。よく考えてみると、それほど大した使い方をしないし、散歩のときに携帯電話で聴きながら歩いてみても不便はないしと、段々熱が冷めてきたわけです。オーディオ/ビジュアル系に特化した携帯電話だと、殆どミュージックプレーヤみたいなものです。
 一番決定的だったのは、PCに専用のソフトをインストールして転送しないといけないことです。今では、何か買うたびにPCへ専用ソフトをインストールしないといけなくなってきました。PC環境が、どんどん圧迫されます。携帯電話なら、MicroSDにコピーして挿すだけで良いから、これで良いかな、、となりました。
 2週間ほどカタログを鞄に入れて持ち歩く、時々検討していた結論が、やっと出たかなと思います。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月29日 (日)

「機能がある」のと「使える(または使いやすい)」のは違う

2017-01-29(日)晴れ、のち曇り

 題記の感想は、サブシステムとして使っているコンポステレオのUSBメモリ再生機能についての感想です。mp3に変換した音楽はMicroSDやSDカード、USBメモリに溜めています。MicroSDは携帯電話で聴くときに、SDカードはカーオーディオで使っていますが、USBメモリはコンポステレオで使おうと思っていました。手持ちのコンポステレオにはUSBメモリやiPodからの接続口があります。
 久しぶりにmp3にしてある音楽を聴こうと、コンポステレオでUSBメモリから再生してみたのです。で、題記の感想になったわけです。機能として再生機能が有る、というのと、使えるか(使いやすいか)は別だなあ、、と。いや、音もいいし、聴くのには問題有りません。問題なのはフォルダの選択が面倒なのです。携帯電話などではファイルマネージャでフォルダを一覧して選択できます。カーオーディオではカーナビの液晶画面で同様に出来ます。が、コンポでは表示が一行しかないから、そういう選択方法がとれません。頭から順に(または逆方向に)一つずつ送ってゆくしか有りません。(階層構造に関係なく、それぞれの最下層にあたる全フォルダが順番に送られてゆきます。)フォルダが200個もあると、真ん中あたりのフォルダの音楽を聴きたいときは大変です。
 以前USBメモリを繋いでいたインターネットラジオ(画面の液晶でファイルマネージャ式に選択できた)は液晶画面が故障しているし、どうしたものかと思っています。最悪は携帯電話をステレオに繋ぐ手はありますが、、。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月25日 (水)

オーディオ装置もメインシステムの出番の季節

2017-01-25(水)晴れ

 家で何かしているときは殆ど常時、音楽を流しています。一番使っているのは「モノラルスピーカ内蔵のインターネットラジオ」でしょうか。

Dscn1605a(インターネットラジオ、購入当時の画像)

 昔でいうと、FMラジオを点けっぱなしにしているイメージでしょうか。その為、テレビの出番は殆どありません、どうしても見たい番組がある訳でもないですし、、。通常のラジオではなくインターネットラジオの出番が多くなるのは、コマーシャルやお喋りが殆どなくて、ぶつ切りイメージがないからです。

 時々はCDを聴いたり、mp3で保管してある音楽を聴きますが、大体はサブのステレオシステムを使います。機器が一つに小さなスピーカが2つの、良くあるシステムです。場所を取らないしリモコンも聴くし、通常使いには重宝しています。

 ただ、この時期になるとメインのシステムも出番が多くなります。というより、この時期にしか使えないから、なるべく使うようにしています。なぜ、この時期か、、

Dscn2177a(現用メインアンプ )

 プリアンプと、メインアンプ2台(モノラルアンプ2台)が真空管なので、発熱が結構あって夏などでは辛いものがあります。全く使わないと湿気などで故障する確率も大きくなるので、ある程度は使うようにしています。
 夜などに使用していると、上の画像のように部屋の片隅でほんのりと点灯していて、なかなかの雰囲気です。

 スピーカーも含めて40年近く前の装置になりますが、一応問題なく動いています。アンプは全部自作ですが、いまさら故障されても修理する元気が出ないので、腫れ物に触るような気持ちです。トランスなんて、もはや同じものは入手できませんし、、。因みに、余り使用していなかったもう一台のメインアンプ(真空管式)は、片チャネルの出力トランスが断線したようです。やはり、定期的に使っている方が良いようです。全部のメインアンプの出力トランスは同じものなので、断線していないもう一つは保守用部品にする予定です。もっとも、いつまで断線しないでいるかは不明ですが、、。
 そんなことを考えながら、ほんのりと点灯した真空管を見ていた夜でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月23日 (月)

ノイズキャンセル付きヘッドフォンで人の声は消える?消えない?

2017-01-23(月)晴れ

 散歩/ウオーキングのときには、時々は携帯電話で音楽を聴きながら歩いています。どうせならウオークマンなどを買おうかとも思うのですが、とりあえずは携帯電話(Nokia 5800 XM)で済んでいます。Nokia 5800 XMはXpress(Express?) Music と言う名前のとおり、オーディオなどにも向いているのだから良いのかなと思います。
 さて、音楽を聴くときにはインナーイヤータイプのイヤフォンか、ノイズキャンセル機能付きのヘッドフォンを使います。この時期は、マスクを掛けたりはずしたりする関係でイヤフォンが多いです。でも、マスクを使用しない時期はヘッドフォンのノイズキャンセル機能が便利です。もっとも、最近はノイズキャンセル機能付きのイヤフォンもあるようですが、、。

Dscn2174a(Nokia のBH-905i)

 水無川の散歩道は、場所によって近くに車道があります(散歩道は、車道や車道の歩道とは全く別ですが)。このため、車のノイズがうるさくて音楽が聴きにくいときがあります。こんなとき、ノイズキャンセル機能をオンにすると、車のノイズ(タイヤ音)は気にならなくなります。但し、車の通る道路を歩くときは気をつけるか、使用をやめないとまずいですね。
 そんなことで、この時期はしまってあるのですが、時々はヘッドフォンの保守充電をします。今回、ついでにテストをしたりしました。その時に気がついたのですが、ノイズキャンセル機能では人の声は消えませんでした。他に持ってないので、他の機種はどうか分かりませんが、、。
 室内でテストすると色々な雑音系は消えましたが、ラジオの人の声は残ります。ステレオの音楽では、楽器の部分は小さくなるが残る部分もあり、ボーカル部分は残ります。考え方によっては、人に話しかけられたときに分かるようにしてあるのかなとも思いました。すなわち、雑音帯域は高音域、低音域が多いので、音声帯域は消すのを弱くしているのかもしれません。でも、周りのお喋りがうるさいから静かに過ごしたくて使うというときは不便かもしれませんね。設計思想はどうなんだろうか。まあ、前記のように便利に使っているから良いけど、、、。
 他の機種はどんなものなのだろうか?と思ったテストでした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 2日 (月)

そろそろ、真空管アンプを使うと暑い

2016-05-02(月)曇り

 昨日は、朝から午後中頃までは晴れて良い天気でした。窓を開け払い大がかりに掃除をしました。窓を開けてハタキをかけると、埃が流れ出るので最適です。あとは、化学雑巾で床の埃をとります。これで、室内がさっぱりとした状態で、気持ちもゆったりとします。
 あとは、お茶をすすりながら、、、、で、何をしようかと考えたのですが、久しぶりに音楽を聴くことにしました。緑茶をすすりながら洋楽を聴く、、何とも良いですねえ、、、コーヒーでないところが!!。

 いつもは手軽にと、小さなミニコンポで聴いているのですが、たまには電源を入れないとまずいと言うことで、メインのシステムを使ってみました。メイン、サブどちらのシステムも悪くないのですが、やはりメインシステムの方がゆったりと音が出ているようです、特に低音などは、、。
 1時間ほど、CD1枚を聴きましたが、、実は、これからの時期は、これ以上はメインシステムは使いたくないです。何故かというと、暑くなるのです、真空管アンプ3台で、、。プリアンプ1台、メインアンプ2台は、結構な電熱器になります。

Dscn2195a(メインアンプ2台)

 メインアンプ2台です。この上にプリアンプがあります。 もう、サブのミニコンポだけでも良いかな、とは思うのですが、35年近く前に、ゼロから手作りしたアンプには愛着があって、なかなか離れられません。

 久しぶりにゆったりと音楽を聴きました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月18日 (木)

インターネットラジオその後、、

2016-02-18(木)晴れ、のち曇り

 大分前に購入して、当時は色々とブログのネタになったインターネットラジオですが、その後、ブログに登場していません。

Dscn1605a(当時の画像)

 全然使わないから、、ではなくて、当然のように普通のラジオのように使っているからです。普通に使いすぎて、特別な話題がない、というところです。目覚まし時計代わりの音楽から、部屋での作業中は流しっぱなしになっています。通常のラジオのように細切れの番組でない(局毎に音楽ジャンルが決まっているから)ところが好きです。別のが聞きたければ、局を変えればいいわけですし。

 先日、見慣れない画面が出ていました。何かなと思ったら、ファームウエアバージョンアップのお勧めでした。Yesを押すと、インターネット経由で直にバージョンアップするようです。若干の不安もありましたが、バージョンアップしました。何が変わったかは不明ですが、気がつかないところで良くなっているのでしょう。

 プリセット局は10カ所、中のメモリには25局くらい入れてあるのですが、実際に聴いているのは4局くらいでしょうか。何でも聴けるといっても、以外と範囲が狭くなるようです、良いのか悪いのかは別ですが、、。
 そんな、インターネットラジオの状況です。
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 2日 (月)

Grace Digital インターネットラジオが冬時間になった

2015-11-02(月)雨/曇り

 外国の家電製品は、内蔵の時計のセットなどには注意が必要だと思いました。

 もう、大分前に購入した「Grace Digital インターネットラジオ」ですが、タイマをセットして、朝の目覚まし時計代わりに鳴らしています。そのラジオの音楽が流れ出すと、時計を見なくても布団の中で時刻が分かるので重宝していました。
 ところが、今朝気がついたのですが、普通の時計を見る限り、時刻を過ぎているはずなのに音楽が鳴りません。起きてからチェックしたら、いつもより時計の時刻が1時間、遅れています。あれっと思った後、気がつきました。この製品は米国製なので、夏時間/冬時間の機能があるのですね。昨日の朝は石和温泉でしたので、今朝気がついたわけです。

 最初の時刻セットの時に、あまり気にせず現在時刻だけ合わせて使用していました。今回、時刻設定の中を見たら、東海岸からハワイまでの標準時刻の違いやら、夏時間/冬時間の機能設定までありました。とりあえず、自動での切り替えはオフにしました。
 きちんと詳細まで見て使用しないと駄目ですね。まあ、会社に出かける時刻を知らせるためのタイマとかではなかったので、特別問題はありませんでしたが、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧