動物・自然

2019年4月20日 (土)

うぐいすの声が聞こえる

2019-04-20(土)曇り

 最近は弘法山方面へ歩いて行かなくなったので、専ら家の近くを歩くことが多くなりました。それでも、途中の畑の中を流れる沢の両岸には、岸の土が崩れるのを防ぐために木が植えられて林のようになっているので鳥の声が賑やかなときもあります。散歩のときにウグイスの声が聞こえてきました。綺麗に鳴く声もあれば、まだ練習中みたいで「ホー、ホー、、ホキョ」みたいな声もあります。もうそんな時期か、、とか思いながら聞いています。つい先頃年賀状の整理をしたような気がするのに、もう一年の三分の一が過ぎようとしています。年のせいか、時の過ぎるのは速いなあと実感しています。

| | コメント (0)

2019年4月 2日 (火)

とあるカラスの恨み?、、は大丈夫そうだった

2019-04-02(火)晴れ

 先日の記事で、ゴミ出し場所の掃除をめぐって、とあるカラスの恨みをかったかなと書きました。(「とあるカラスに恨まれてしまったかな」) その後、ゴミ出しの日とかゴミ出しのない日とかが過ぎましたが、カラスはあれ以来ゴミ出し場に来ていないようです。また、庭に置いてある箒をつっつきにも来ていません。取りあえずは、あれで終わったようです(多分)。これからは皆さんのゴミ出しにも気をつけて貰って、カラスが来ないような状態が続くようにと願っています。あまり、住宅街の中でカラスと敵対関係にはなりたくないですしね、カラスは頭が良いから、、、。

 さて、そんなところで落ち着いた感じで、取りあえずはほっとしました。因みに、こういう点を除けば、カラスは嫌いではありません。それは、多分、子どもの頃にカラスの子どもを育てて離してやったことがあるからです。父親が山仕事のときに小さなカラスの子どもを拾ってきました。放っておくと死んでしまうかもしれない小さなカラスの子どもでした。水田の間の川でドジョウとか蛙を捕っては食べさせて育てました。良く懐いて、水田に行くときには、かごや紐もなく連れて行きましたが後をついてきました。ある程度大きくなってから、近くにいたカラスの群れのところに行きましたが、兄が行って呼んだら一度は戻ってきました。しかし、群れに入るのが良いかなということで、あまり構わないようにしていたら、群れと一緒に山へ戻ったようでした。
 そんな昔のカラスのことも思い出しました。

| | コメント (0)

2019年3月30日 (土)

とあるカラスに恨まれてしまったかな

2019-03-30(土)曇り、いちじ少し晴れ、夜は雨

 どうも、ゴミ出しをめぐって、とあるカラスに恨まれてしまったかもしれません。先日の(燃える)ゴミの日からの、とある出来事です。来週のゴミの日が心配かな、、、。

 朝のゴミ出しのときに見たら、カラスが生ゴミの袋を引っ張り出して散らかしていました。このゴミ出し場は、最近そういうことがなかったのですが、捨てられるゴミの内容が少し変わったからなのか、網の掛け具合が甘くなったからか、、、。カラスが何か咥えて逃げていった後の袋を見たら、確かに餌になりそうな、おいしそうなものが沢山入っていたようでした。散らかっていたので、箒とちり取りで掃除して袋に入れ直し、ゴミ置き場の網もかけ直しておきました。
 2時間ほどして庭を見たら、カラスが箒を引きだして毛先の部分をつついています。生ゴミが付いていたのかと思いましたが、そうでもないようです。何しろ、掃除の後には綺麗に洗ったし、なにより掃除に使った毛先の堅い方ではなく柔らかい方をつついていました(箒は二本とも同じタイプ、毛先の堅さが違うだけ)。
 どうも、「良い餌を片付けてくれやがって、この、この、、、」、と、箒、憎い、憎い、、という感じでしょうか。堅い方はクチバシが立たないから、柔らかい方に八つ当たりでしょうか。20分ほどでいなくなりました。
 その日は、それで終わりました。夕方、箒を軒下に片付けました。

 さて、次の日の朝、軒下でカタンという音がしました。みると、片付けてあった箒の一本が、少し引き出されています。昨日のカラスが来たようです。ただ、今日は少し引きだしただけでいなくなりました。カラスは物覚えが良くて執念深いと聞きましたが、その片鱗を少し見たような気がします。その後は、来ていませんが、来週のゴミ出しの日はどうでしょうか。あまり、正面から争いたくはありません。自分のこともありますが、この道路は、朝子ども達が通学で通るからです。
 ゴミ出し、網掛けをきちんとしてくれれば、そもそもカラスが来ないのですが、その辺の処置に甘い人が一人でもいるゴミ出し場は集中的に狙われます。昔と違って、今はどこも網掛けしたりしているから、餌場が少ないからです。
 気をつけないといけないなと思った日でした。

| | コメント (0)

2019年2月11日 (月)

図書館の柿の木は大賑わい

2019-02-11(月)曇り、のち曇り/晴れ

 ここのところ、寒い日が続いています。先日の雪の日も、当地では雪は殆ど降らなかったのですが、寒さはかなり厳しいです(当地比)。そういう時期だから食べるものが少ないのでしょう、図書館前の柿の木は小鳥で大賑わいです。沢山の小鳥が群がってうるさいくらいの声です。1月半ば頃まで?は、どの木も沢山の実が残っていましたが、現在では全部の木で実が殆ど残っていない状態です。全くなくなったら今度はどこで探すのかな、と心配にもなります。まあ、雪で埋もれていないから、畑や林で何か見つけられるのでしょう。
 少し大きいからムクドリかなと思います。図書館の中にいると、それほど気になりませんが、外に出るとちょっとうるさくて、柿の木の方向に向かって騒音だぞ~と言いたいくらいです。
 そんな日が続いています。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月10日 (土)

図書館の窓に鳥が激突した?

2018-11-10(土)晴れ

 夕方、図書館によって2Fの資料室の窓際で本を読んでいたら、突然ドスンという大きな音がしました。私もビックリしましたが、他の方もビックリしたようです。何が?、、と思ったのですが、直ぐに推測できました。大きなガラス窓に鳥が衝突したわけです。大きなガラス窓を外から見ると空が映ってしまうので、鳥は何もないと思って速い速度で飛んできて激突してしまうわけです。図書館にいて、何度か遭遇したことがあります。周りには木が多いので鳥も多く、激突事故が多いようです。雀より大きい(鳩に近い大きさの)鳥で、勢いよく飛んでいるから衝撃も大きいですね。

E52p131a
 
 ちょっと可哀相な事故でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月12日 (金)

飛び降りてしまったらしい鹿

2018-10-12(金)曇り/晴れ、朝方に小雨

 丹沢の山が近い当地では、いつ頃からか鹿が多いというような話を聞いたことがあります。生息数が増えて、人里近くに出てきたりとか、食害が、とかいう話題をきいたことがあります。そんななか、こんなところまできているのかと驚いた出来事に遭遇しました。結末は悲しい話しですが、、。

 午後後半に、用事があって市街中心部にあるスーパーへ行きました。下へ降りて歩道を歩いていたら、何やら落ちているところで何人かの人が集まって話しをしています。近づいてみたら、鹿が倒れていてました。頭のあたりには血も流れているようでした。

E52p112a

 スーパーの警備員らしき人が、どこかへ電話していました。目撃者の方の話しでは、どさっと音がしたら鹿が倒れていたというような話しをしていました(ちらっと耳にした話しの内容ですが)。車道からは少し離れているし、階上駐車場へ上がる道路(空中道路みたいになっている)の下あたりなので、階上駐車場への道路に入ってしまった鹿が、車から逃げようとしてして飛び降りてしまったようです。
 いくら山が近いとはいえ、山から出てかなり街中にあるところまでいていることにビックリしました。どういう理由で、市中心部のほうまで来てしまったのかは分かりませんが、ちょっと可哀相に思った光景でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月25日 (火)

ギターサークルの合宿練習 追加雑トピック「山ヒル」

2018-09-25(火)曇り/雨

 合宿で利用した建物に、「山ヒルに注意」のポスターが張ってありました。そういえば、丹沢などでも最近、山ヒルが問題になっています。山歩きする方にとりついたり、とりついたまま里に下りてきたりするのだそうです。だから、以前は山の上の方だけの問題だったのですが、最近では里の方でも問題になっているようです。ここでも、山歩き(やハイキング?)などをする方が立ち寄りそうなところに、注意ポスターが貼ってあったわけです。
 でも、我々には関係ないよね、、と思っていたら、、宿泊場所の壁で一匹見つけました。ライターの火を近づけて落とし、使い終わった紙コップにいれて、宿泊場所の方に処理をお願いしました。もの凄くしぶとくて、少し踏んだくらいでは死にません。ポスターには、見つけたら、きちんと処理して下さいと書いてありました。見ていると、みよーんと伸びて気持ちが悪かったです。

 ちなみに、皮膚に吸い付かれたら無理に払い落とすのではなく、煙草の火を近づけるとか、塩を掛けるとか、アルコールを掛ける?とかして、ヒルのほうから離れるようにするとよいと書いてありました。無理に払うと口の部分?が残って、傷の回復が遅くなるようです。なお、傷口は2~3日、血が止まらない事も多いと書いてありました。心配なら医療機関で受診して下さいとのことでした。
 あと、上記方法で落としたヒルは、確実に処分して下さいと書いてありました。実際、かなりしぶといので、きちんと処理するよう要注意です。
 今後、ウオーキングに山の上の方に行くのが嫌だなとか思った日でした(少し大げさですが)。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月17日 (火)

セミの声が賑やかになってきた

2018-07-17(火)晴れ/曇り

 家の周りには、以前は昔からの農家の大きな家があり、林のようになっていたのでセミの声も多く聴かれました。最近は整地されて宅地になって分譲販売されたりしてしまい、大きな木が無くなりました。土が露出している土地も少なくなりました。それで、あまりセミの声が聴かれないため、まだそういう時期ではないのかと思っていました。でも、散歩ででかけて、林の近くを通るとセミの声が賑やかです。7月も後半で、これだけ暑くなってきているので当然ですね。昔からあった自然の状態が変わると、季節感を感じるきっかけも変わります。それでも、猛暑日で夏を感じるより、セミの声で夏を感じたかったかなと思います。
 そんなことで、暑い日が続いています。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 6日 (水)

続1: 燕の巣

2018-06-06(水)雨

 一週間ほど前に燕の巣の話題を書きました。それは、家の玄関ポーチのところに燕が巣を作り、7~8割出来上がったが、あまり燕の姿が見えない、というものでした。  前回の記事 「燕が巣を作り始めたが、、」 
 2~3日前から、朝晩にみると燕が巣に入っているようになりました。昼間にいないこともあるから、まだ抱卵しているわけではなさそうです。子どもの頃は周り中が水田、、みたいな農村育ちなので、燕は今よりも更に身近な鳥でした。なので、今後が楽しみです。猫による被害の心配をしていますが、以前の巣よりは猫の手が届きにくい場所かなと思いながら見守っています。
 頭の上 2.5mの場所と書きましたが、2.5mというのはポーチの床からの高さです。手を伸ばせば届きそう、、でも無理かな?くらいのところです。だから、玄関ドアを出入りするときには、必然的に燕と目があいそうになりますが、なるべく凝視しないようにしています。
 そんな日々が続いています。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 2日 (土)

今シーズンの花粉予報も終わったようだ

2018-06-02(土)晴れ、ときどき少し曇り

 花粉症持ちとして、Pythonスクリプト「PyStnPollen」でtenki.jpサイトの花粉情報を見ていましたが、5月末日で花粉情報の更新が終わりました。

Scre000088a  Scre000089a

 先週頃だったか、何回かくしゃみと鼻水が出た日が何日かあったのですが、それ以後は無くなりました。体感的にも、当方の花粉症の季節が終わったようです。次の更新は来年の一月です。その時にも、今の「PyStnPollen」が使えるか気になります。htmlの記述でページのフォーマットが変われば手直しが必要になります。どうなるのか興味を持って待ってみようと思います。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧