動物・自然

2020年5月30日 (土)

なかなか抜け目のない?、、雀

2020-05-30(土)晴れ、夕方から曇り

 以前、賞味期限が何年も前に切れたビスケットを砕いて庭先に出していたら、雀が来て食べていました。その後、ビスケットが無くなったので、お米を少し砕いて出していました。最初の頃は四十雀やムクドリも来ていましたが、最近は雀だけのようです。
  前回の記事「庭先の雀たち
 その雀たちですが、頭がよいのかパターンを覚えたのか、なかなか抜け目のない動きをします。最近は、庭でラジオ体操をしたあとに、砕いたお米を少し庭先の灰皿にいれていました。最近、ふと気がついたのですが、ラジオ体操を始めると2羽の雀が、前の家の屋根に飛んできて歩きまわっています。どうも、待っているとしか思えません。パブロフの犬?ではないですが、私のラジオ体操と餌出しが結びついてしまったのでしょうか。
 あと、夜のあいだにも出しているので、朝明るくなってくると雨戸の外がピイピイと賑やかです。朝食の餌探しルートに入ってしまったようです。ムクドリは大きくて五月蠅いので嫌ですが、庭先の雀は可愛いかなとか思っています。
 でも、時と場所によっては、そんなことも言ってられないかもしれません。子どもの頃は水田地帯で育ったので、秋になると雀追いが持ち回りの仕事にありました。空き缶を叩いて回ったり、猟銃の空砲を撃つ大人もいました。あと、カーバイドを使った空砲の大砲みたいなのを撃って回ったこともあります。子どもでも、そんなのをズドーン、ズドーンとやっていたのですから、古き良き時代ですね。その後、自動で定期的に爆音を出す爆音機が普及しましたが、設置されていて定期的に音を出すでけだと効果はどうだったんだろうな。
 そんなことを思いながら雀たちを見ていました。

 

| | コメント (0)

2020年5月19日 (火)

どんどん深く大きくなる、、雀の砂浴びの跡

2020-05-19(火)雨、のち曇り

 最近見ないなと思っていた雀の砂浴びの跡(穴)ですが、暫く前に一つだけ見つけたことを書きました。
   先日の記事「雀の砂浴びの跡
 その砂浴びの跡ですが、その後、どんどんと深く大きくなっているような気がしていました。

Dscn3007a
 どうも、何羽も、ちょこちょこと、ここを狙って来ているようです。小雨の中で見たのですが、ちょうど、ここだけが雨にも当たらず、湿度が高くても土が湿らない場所の真ん中なのでした(左側は湿度が高いと湿りやすい場所、右は雨が吹き込んで湿っている)。そんなことで、一番適した場所のようです。しかも、画面の上の方に見える灰皿に、ときどき砕いた米を入れているので、餌場と砂浴び場が並んでいるようなものですね。
 レースのカーテン越しにだと見ていても逃げない(気がつかれない)ので、雀の観察ができて楽しいです。

 

| | コメント (0)

2020年5月 3日 (日)

雀の砂浴びの跡

2020-05-03(日)晴れ、のち曇り、夜に雨

 以前は庭で沢山見られた雀の砂浴びの跡ですが、最近はあまり見かけないようです。ちょうど都合の良かった場所に雑草が生えてしまったりして、さらさらの土が露出していなかったりするからでしょうか。そんなことを思っていたら、砂浴びの跡らしき一カ所を見つけました。

Dscn2998a

 くぼみの中は、さらさらの土になっています。画面の一番上にちょっとだけ見えているのがガラスの灰皿で、ここに餌になりそうな物を日に1~2回入れていました。最初は賞味期限切れ(年単位で切れていた)のプレーンビスケットでしたが、無くなったので最近は1~2まみのお米を砕いて入れていました。食べに来たついでに砂浴びをしたのかなと思います。餌を食べているところを写真に撮るのは難しかったのですが、レースのカーテン越しに見られたので、そろそろ餌を出すのも終わりかなと考えています。

 

| | コメント (0)

2020年4月24日 (金)

庭先の雀たち

2020-04-24(金)晴れ/曇り

 以前の記事で何回か、賞味期限切れのビスケットの処分として、砕いて庭先に出していた話しをしました。
   前回の記事 「ずいぶん前に賞味期限が切れたビスケットの行き先 続3
 最初の頃は雀、ムクドリ、四十雀?たちがきていました。ビスケットが無くなってからは、ときどき、お米を砕いて細かくして出していました。最近は、専ら雀だけが来ているようです。カップルで来たり、一羽で来たり、三羽くらいで来たり色々です。でも、そんなに沢山は出していないから、彼らからすると物足りないかな。

Dscn2975a
 写真を撮ろうとしているのですが、室内からはなかなか難しいです。こちらが動いたり、レースのカーテンが揺れると気配を感じるのか、逃げてしまいます。最初からカーテンを少し開けておいて、しかもカメラを持って動かないように立ったまま、雀がくるのを待って、やっと撮れました。でも、ガラスと、写り込んだカーテンの影越しだから解像度は今一です。

 

| | コメント (0)

2020年4月18日 (土)

ずいぶん前に賞味期限が切れたビスケットの行き先 続3

2020-04-18(土)激しい雨(大雨警報)、夕方から晴れ

 暫く前の記事で、大分前に賞味期限が切れたビスケットを砕いて、灰皿に入れて庭に置くと小鳥たち(主に雀)がきて食べていると書きました。あの後、とうとうビスケットが無くなりました。
     前回の記事 「ずいぶん前に賞味期限が切れたビスケットの行き先 続2
 小鳥たちが来なくなるのも寂しいので、ときどきほんの少しのお米を砕いて、灰皿に入れて置いています。大体半日以内には来て食べているようです。不定期に置くだけだし、ちょっと有るだけなのに、良く見つけて来るなあと感心します。まあ、餌付けになっちゃうから控えた方が良いのでしょうが、時々だから良いかなと目をつぶっています。たまたま、こぼれていたものを、運良く見つけた雀が食べている、、、ということですね、他の餌と同じです、、(強引なこじつけ)。
 写真を撮りたいのですが、カメラのレンズを出そうとすると、カーテンの揺れで気配を感じるのか逃げられてしまいます。まあ、目視はできるから、見るだけで良いか、、と、写真は諦め気味です。

 

| | コメント (0)

2020年3月23日 (月)

ずいぶん前に賞味期限が切れたビスケットの行き先 続2

2020-03-23(月)曇り

 先日から古いビスケットを砕いて、使っていない灰皿に入れて小鳥用に出してみています(題記の題名で先日書いた記事の続きです)。朝晩に砕いて出していますが、何とか雀とかムクドリが来ているようです。本当は、近くに水飲み場を設ければいいのでしょうが、、さすがにそこまでは出来ていません。
  前回の記事 「ずいぶん前に賞味期限が切れたビスケットの行き先 続1

Dscn2951a  
 雀とムクドリをよく見かけますが、何となく雀の方が可愛いです。ただ、勘が良いというのか逃げ足が速いので、なかなか良い写真を撮れないのが悩みです。

 

| | コメント (0)

2020年3月19日 (木)

ずいぶん前に賞味期限が切れたビスケットの行き先 続1

2020-03-19(木)晴れ

 昨日書いた題記の件の続きです。時々、気をつけてみているのですが観察結果が少し出ました。ビスケットを砕いて出すと、半日後には綺麗になくなっています。灰皿の外に飛び散らしたものも、綺麗についばんでいるようです。庭に出ると逃げてゆく鳥も、私が家に引き込むと、また来て食べているから、古いビスケットですが食べるのには支障がなさそうです。来ているのは、昨日の段階で気がついたのは雀と四十雀(だと思う)です。今日見たのは、雀とムクドリですね。

Dscn2945a
 やっと一枚、写真が撮れました。レースカーテンの隙間から撮したものです。もっと、綺麗に撮したいのですが、カーテンが揺れたり、少しでも気配を見せると逃げてしまうので難しいのです。外で遠くから望遠で、、と思っても、良い場所が無いんですよね。
 まあ、この位でも良いかな、ビスケットが残っているうちは、また機会があるかもしれません。

 

| | コメント (0)

2020年3月18日 (水)

ずいぶん前に賞味期限が切れたビスケットの行き先

2020-03-18(水)晴れ

 いざというときの一時しのぎの食べ物として、乾パン代わりに買ったビスケットがあります。ずいぶん前に賞味期限切れになっています。買い直したときに食べれば良かったのですが、うっかりしているうちに随分と経ってしまいました。賞味期限は何年も前です(ここで書くのも恥ずかしいほどの年数です)。消費期限は書いてありません。開けてみると、それなりの良い匂いがして食べられそうな気もしますが、さすがに食べるのはやめた方が良いだろうなあとは思うくらいの年数が経っています。真空封入とか不活性ガス充填などの梱包なら良いですが、そうではないですし、、。
 さて、いよいよ処分となったときに、処分方法に悩みました。食べないのですが、かといって昭和20年代を経験している身としては、食べ物を捨てるという動作には(精神的な)抵抗があります。ということで考えた末に、砕いて容器に入れて庭に出してみることにしました。小鳥が食べるなら提供しようというわけです。彼ら・彼女ら?は、自然の中で食べられるものを判別しているわけで、人間よりは感覚が優れているだろうと思ったわけです。

Dscn2944a
 砕いたものを、使わない灰皿に入れて庭に置いてみました。最初の内は無視?または気づかれなかった?ようですが、その後は出すたびに小鳥が食べに来ています。雀とか、名前は知らない小鳥(黒か濃い青っぽい色で、羽の所に筋が見えるような、雀と同じ大きさ 注:シジュウカラかもしれない)が何羽かずつ来て、容器の中に入って食べています。縁に留まって食べると思っていたのですが、中に入ってしまいました。
 これで、暫くは、砕いては庭に出し、、の毎日になりそうです。庭に出て行っても気にしないで食べていてくれると嬉しいのですが、さすがにそれは難しそうです。 

 

| | コメント (0)

2019年7月27日 (土)

今シーズンのセミの声が聞こえてきた

2019-07-27(土)未明に大雨、のち晴れ/曇り/いちじ雨、暑い

 ここの2~3日は、曇りも多いですが合間をぬって強い日差しが出てきたり、ぐっと暑くなってきました。そんな気候になったからか、今シーズン初めてのミンミンゼミの鳴き声を聴きました。水無川沿いを歩きに出かけたら、水無川沿いにある古墳公園の方から聞こえてきました。古墳公園とか、その周りの道路脇、工場の敷地内には大きな木が沢山あるので、セミにとって住みやすいところなのでしょう。以前は、運動公園もそんな感じでしたが、何年か前からの改装工事で木や土の部分が殆ど無くなってしまいました。これからは古墳公園や水無川沿いの木のあたりがセミの生息地になるのかなとか考えながら歩いてきました。
 ミンミンゼミの声を聴くと夏になったなあと思うと共に、暑いなあとも今更に実感します。

 

| | コメント (0)

2019年7月23日 (火)

雀も砂浴び場所が無くて困っていそう、、

2019-07-23(火)曇り/ときどき少し晴れ、深夜に激しい雨

 当地は梅雨とは言っても、それほど多くの雨が降ってはいません。が、さりとて晴れもせず、どんよりとした空で時々若干の雨が降るような状況です。ただ、湿度は80%以上の日が続いていて、エアコンか除湿器で除湿しないと、夜も寝にくいですね、布団も干せないし、、、。
 そんな日が続いていますが、庭を眺めたら、乾燥しない日が続くから雀も砂浴びの場所確保に困っていそうでした。以前から、庭のあちこちの乾いた場所は雀の砂浴び場になっていて、小さな穴が出来ていました。でも、ずっと、乾く時間がないような日が続いていますから、砂浴び場になりません。それでも、何とかなりそうな場所を見つけては砂浴びしているようです。

Dscn2809a  

 庭先のコンクリート台のところを見たら、丁度左右からの雨が当たりにくくて乾いているところがありましたが、そこを使っているようでした。穴2つが何とか出来るくらいのスペースですが、とりあえず利用できているようです。残念ながら、利用しているところを見ることが出来ていないのですが、、。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧