動物・自然

2019年7月27日 (土)

今シーズンのセミの声が聞こえてきた

2019-07-27(土)未明に大雨、のち晴れ/曇り/いちじ雨、暑い

 ここの2~3日は、曇りも多いですが合間をぬって強い日差しが出てきたり、ぐっと暑くなってきました。そんな気候になったからか、今シーズン初めてのミンミンゼミの鳴き声を聴きました。水無川沿いを歩きに出かけたら、水無川沿いにある古墳公園の方から聞こえてきました。古墳公園とか、その周りの道路脇、工場の敷地内には大きな木が沢山あるので、セミにとって住みやすいところなのでしょう。以前は、運動公園もそんな感じでしたが、何年か前からの改装工事で木や土の部分が殆ど無くなってしまいました。これからは古墳公園や水無川沿いの木のあたりがセミの生息地になるのかなとか考えながら歩いてきました。
 ミンミンゼミの声を聴くと夏になったなあと思うと共に、暑いなあとも今更に実感します。

 

| | コメント (0)

2019年7月23日 (火)

雀も砂浴び場所が無くて困っていそう、、

2019-07-23(火)曇り/ときどき少し晴れ、深夜に激しい雨

 当地は梅雨とは言っても、それほど多くの雨が降ってはいません。が、さりとて晴れもせず、どんよりとした空で時々若干の雨が降るような状況です。ただ、湿度は80%以上の日が続いていて、エアコンか除湿器で除湿しないと、夜も寝にくいですね、布団も干せないし、、、。
 そんな日が続いていますが、庭を眺めたら、乾燥しない日が続くから雀も砂浴びの場所確保に困っていそうでした。以前から、庭のあちこちの乾いた場所は雀の砂浴び場になっていて、小さな穴が出来ていました。でも、ずっと、乾く時間がないような日が続いていますから、砂浴び場になりません。それでも、何とかなりそうな場所を見つけては砂浴びしているようです。

Dscn2809a  

 庭先のコンクリート台のところを見たら、丁度左右からの雨が当たりにくくて乾いているところがありましたが、そこを使っているようでした。穴2つが何とか出来るくらいのスペースですが、とりあえず利用できているようです。残念ながら、利用しているところを見ることが出来ていないのですが、、。

 

| | コメント (0)

2019年7月22日 (月)

庭/庭木の蜘蛛の巣

2019-07-22(月)曇り

 庭のあちこち(庭木の間とか、庭木とフェンスの間とか、物干しの柱の間とか、、、)に、沢山の蜘蛛の巣が張られています。これらは、いかにも蜘蛛の巣という感じの普通の蜘蛛の巣です。10数年前から、これらの蜘蛛の巣は掃除しないことにしています。多分、庭で発生する蚊や、外の道路の側溝の砂溜まりかで発生して庭に入ってくる蚊など、小さな虫を退治してくれることを期待しています。以前、庭木に発生したカイガラムシや、木の葉を食べ尽くす小さな毛虫などの発生が無くなりました。蜘蛛の巣があると、多分、卵を産みにくる虫が嫌がるのではないかと思います。まあ、これらは蜘蛛のおかげかどうかは分かりませんが、それでも、少なくとも蚊などは退治されていると思います。

 今朝、体操のため庭に出て眺めたら、霧/霧雨がついて、庭木に出来ている小さな蜘蛛の巣(蜘蛛の巣だと思うのですが、、)がくっきりと浮かび上がっています。

E52p203a  

 白く見えるのが蜘蛛の巣だと思うのですが、庭木をすっぽりと覆っているのが見えます。一見、日本丸だったかの帆船の帆が張られている光景に見えて綺麗でした。たぶん、これも蚊、蠅などの虫の駆除に役立つかと、そのままにしてます。図鑑などで調べてはいませんが、庭木に影響が出ていないから、多分問題ないかなと思っています。

 

| | コメント (0)

2019年7月19日 (金)

雀の子ども達かな

2019-07-19(金)曇り

 最近、水無川沿いの散歩道を歩いていると道路脇に小さな雀たちがたむろっていたりします。近づいていくと、ちょんちょんと逃げますが、あまり飛ばずにあちこちへと動き回ります。かなり小さいから、考えてみたら巣立ちしたばかりの子ども達でしょうか。広場の木の下に座っていたりすると、食べ物が落ちていないかと近づいてきます。近づいては来ますが、本当に近くには来ませんね。あと、近づいては離れ、近づいては離れ、しています。家の庭の片隅にも来ますが、水無川沿いの道路脇は過ごしやすいのかもしれません。草の実などもたくさんあるでしょうし、、、。
 雀はもともと小さいですが、巣立ったばかりの子ども達は更に小さくて可愛いですね。家の周りには他に鳩やムクドリ(?かな)が来ますが、大きいし、うるさいし、図々しい感じです。小さい、イコール可愛い、、、小さいは正義です(笑)。
 そんな雀たちを横目に見ながら歩いています。

 

| | コメント (0)

2019年7月 6日 (土)

放棄された燕の巣作り

2019-07-06(土)曇り、夜に雨

 3~4週間ほど前だったか、玄関ポーチの上の壁のところで燕が巣作りをしていました。泥?を運んできては壁に貼り付けています。下に、泥が沢山落ちているので分かりました。スズメバチの巣では困りますが、燕の巣なので、どうぞ御勝手に、、という方針で見ていました。
 ただ、この巣作りには心配もあります。ひとつめは、時期的に巣作りがかなり遅くないかという点です。以前だと五月連休の後くらいに作っていたような気がします。間に合うんでしょうかね。
 ふたつめは場所の問題です。十何年か前にも、同じ場所に巣作りをして卵を抱き始めた事がありましたが、結局、巣が落ちて駄目になった事があったからです。巣が落ちた原因はよく分かりませんが、第一番目に考えられるのは多分猫にやられたのだろうと思います。というのは、巣を狙って玄関ポーチの柱をよじ登っていた猫を、しっぽを引っ張って下ろしたことがあるからです。何か対策を、、と考えた矢先に事件が起きてしまいました。この点に関しては、巣作りが終わって住み始めたら、早めに柱へ対策をしようかと思いました。
 第二番目に考えられるのは、自然に落ちてしまったかもしれないということです。昔の土壁とか表面に細かな隙間のあるモルタル塗りのままなら、巣作りの泥の接着も問題ないのでしょうが、科学塗装材料で塗装された壁だとどうなのかなと心配です。表面が防水で泥の接着力も弱いとか、表面が酸化して粉が吹いたようになっていて接着力が弱いとか、そういうことがありそうです。当面は見守るしかないかなと思います。
 ということで、見守っていましたが、一週間ほど前から来なくなりました。この場所での巣作りを諦めたようです。やはり、下に泥が沢山落ちていたということは作りにくかったのかもしれません。来年のために、下に板の支えを作ってみておこうかな。

 

| | コメント (0)

2019年4月20日 (土)

うぐいすの声が聞こえる

2019-04-20(土)曇り

 最近は弘法山方面へ歩いて行かなくなったので、専ら家の近くを歩くことが多くなりました。それでも、途中の畑の中を流れる沢の両岸には、岸の土が崩れるのを防ぐために木が植えられて林のようになっているので鳥の声が賑やかなときもあります。散歩のときにウグイスの声が聞こえてきました。綺麗に鳴く声もあれば、まだ練習中みたいで「ホー、ホー、、ホキョ」みたいな声もあります。もうそんな時期か、、とか思いながら聞いています。つい先頃年賀状の整理をしたような気がするのに、もう一年の三分の一が過ぎようとしています。年のせいか、時の過ぎるのは速いなあと実感しています。

| | コメント (0)

2019年4月 2日 (火)

とあるカラスの恨み?、、は大丈夫そうだった

2019-04-02(火)晴れ

 先日の記事で、ゴミ出し場所の掃除をめぐって、とあるカラスの恨みをかったかなと書きました。(「とあるカラスに恨まれてしまったかな」) その後、ゴミ出しの日とかゴミ出しのない日とかが過ぎましたが、カラスはあれ以来ゴミ出し場に来ていないようです。また、庭に置いてある箒をつっつきにも来ていません。取りあえずは、あれで終わったようです(多分)。これからは皆さんのゴミ出しにも気をつけて貰って、カラスが来ないような状態が続くようにと願っています。あまり、住宅街の中でカラスと敵対関係にはなりたくないですしね、カラスは頭が良いから、、、。

 さて、そんなところで落ち着いた感じで、取りあえずはほっとしました。因みに、こういう点を除けば、カラスは嫌いではありません。それは、多分、子どもの頃にカラスの子どもを育てて離してやったことがあるからです。父親が山仕事のときに小さなカラスの子どもを拾ってきました。放っておくと死んでしまうかもしれない小さなカラスの子どもでした。水田の間の川でドジョウとか蛙を捕っては食べさせて育てました。良く懐いて、水田に行くときには、かごや紐もなく連れて行きましたが後をついてきました。ある程度大きくなってから、近くにいたカラスの群れのところに行きましたが、兄が行って呼んだら一度は戻ってきました。しかし、群れに入るのが良いかなということで、あまり構わないようにしていたら、群れと一緒に山へ戻ったようでした。
 そんな昔のカラスのことも思い出しました。

| | コメント (0)

2019年3月30日 (土)

とあるカラスに恨まれてしまったかな

2019-03-30(土)曇り、いちじ少し晴れ、夜は雨

 どうも、ゴミ出しをめぐって、とあるカラスに恨まれてしまったかもしれません。先日の(燃える)ゴミの日からの、とある出来事です。来週のゴミの日が心配かな、、、。

 朝のゴミ出しのときに見たら、カラスが生ゴミの袋を引っ張り出して散らかしていました。このゴミ出し場は、最近そういうことがなかったのですが、捨てられるゴミの内容が少し変わったからなのか、網の掛け具合が甘くなったからか、、、。カラスが何か咥えて逃げていった後の袋を見たら、確かに餌になりそうな、おいしそうなものが沢山入っていたようでした。散らかっていたので、箒とちり取りで掃除して袋に入れ直し、ゴミ置き場の網もかけ直しておきました。
 2時間ほどして庭を見たら、カラスが箒を引きだして毛先の部分をつついています。生ゴミが付いていたのかと思いましたが、そうでもないようです。何しろ、掃除の後には綺麗に洗ったし、なにより掃除に使った毛先の堅い方ではなく柔らかい方をつついていました(箒は二本とも同じタイプ、毛先の堅さが違うだけ)。
 どうも、「良い餌を片付けてくれやがって、この、この、、、」、と、箒、憎い、憎い、、という感じでしょうか。堅い方はクチバシが立たないから、柔らかい方に八つ当たりでしょうか。20分ほどでいなくなりました。
 その日は、それで終わりました。夕方、箒を軒下に片付けました。

 さて、次の日の朝、軒下でカタンという音がしました。みると、片付けてあった箒の一本が、少し引き出されています。昨日のカラスが来たようです。ただ、今日は少し引きだしただけでいなくなりました。カラスは物覚えが良くて執念深いと聞きましたが、その片鱗を少し見たような気がします。その後は、来ていませんが、来週のゴミ出しの日はどうでしょうか。あまり、正面から争いたくはありません。自分のこともありますが、この道路は、朝子ども達が通学で通るからです。
 ゴミ出し、網掛けをきちんとしてくれれば、そもそもカラスが来ないのですが、その辺の処置に甘い人が一人でもいるゴミ出し場は集中的に狙われます。昔と違って、今はどこも網掛けしたりしているから、餌場が少ないからです。
 気をつけないといけないなと思った日でした。

| | コメント (0)

2019年2月11日 (月)

図書館の柿の木は大賑わい

2019-02-11(月)曇り、のち曇り/晴れ

 ここのところ、寒い日が続いています。先日の雪の日も、当地では雪は殆ど降らなかったのですが、寒さはかなり厳しいです(当地比)。そういう時期だから食べるものが少ないのでしょう、図書館前の柿の木は小鳥で大賑わいです。沢山の小鳥が群がってうるさいくらいの声です。1月半ば頃まで?は、どの木も沢山の実が残っていましたが、現在では全部の木で実が殆ど残っていない状態です。全くなくなったら今度はどこで探すのかな、と心配にもなります。まあ、雪で埋もれていないから、畑や林で何か見つけられるのでしょう。
 少し大きいからムクドリかなと思います。図書館の中にいると、それほど気になりませんが、外に出るとちょっとうるさくて、柿の木の方向に向かって騒音だぞ~と言いたいくらいです。
 そんな日が続いています。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月10日 (土)

図書館の窓に鳥が激突した?

2018-11-10(土)晴れ

 夕方、図書館によって2Fの資料室の窓際で本を読んでいたら、突然ドスンという大きな音がしました。私もビックリしましたが、他の方もビックリしたようです。何が?、、と思ったのですが、直ぐに推測できました。大きなガラス窓に鳥が衝突したわけです。大きなガラス窓を外から見ると空が映ってしまうので、鳥は何もないと思って速い速度で飛んできて激突してしまうわけです。図書館にいて、何度か遭遇したことがあります。周りには木が多いので鳥も多く、激突事故が多いようです。雀より大きい(鳩に近い大きさの)鳥で、勢いよく飛んでいるから衝撃も大きいですね。

E52p131a
 
 ちょっと可哀相な事故でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧