アマチュア無線

2020年11月20日 (金)

アマチュア無線局の閉局を決断した

2020-11-20(金)曇り/ときどき小雨、暖かい、風強い

 途中で一時休止期間はありましたが、学生頃からアマチュア無線局を開局しています。アマチュア無線局の免許状は5年ごとの更新で、現在の免許状は今年末で期限切れになります。更新するかどうか、昨年頃から考えていましたが、今回の期限切れでアマチュア無線局を閉局(廃止)することにしました。それは、無線設備のスプリアス発射強度に関する新規格に対応する必要があることと、運用実績を考えてのことです。

 2015年頃、電波を発射する無線機器(携帯電話も含む)のスプリアス発射強度の規格が話題になったことがありました。それは、ソフトバンクモバイルから出ていたNokia の携帯電話が使えなくなるとか、いや使えるんだとかいうことで取り上げたことがありました。私の記事では、Nokia 705NK に絡んで、何回か書いたことがあります。まあ、705NK については、新規格での技適認証を受けているので問題ないと言うことで落ち着きました。

 で、今年初め頃からまた、この技適認証と、旧規格での技適認証の経過処置などを見始めました。それは、アマチュア無線局の機器も電波発射機器であり、規格に適合する必要があるからです。

Giteki02
 これは、旧規格での技適適合設備の、経過処置の説明図です。私の設備は凄く古い機器(トリオのTS-520V HF帯トランシーバ)なので、2022年11月には経過処置による使用許可が切れます。
 従って、いずれ機器を更新して2022年以降も続けるのか、2022年11月までの期限で免許状を更新するのか、ここでやめるか、の3択で考えていました。結論として、今回の免許状期限切れでやめることにしました。一番の問題は、機器を更新したり再免許手続きを取りたいほどには、無線局の運用実績がなくなってきたからです。たまにモールス符号通信を受信することはあっても、電波を発射することはなくなっています。一つには、混み合った住宅地で電波を出して電波障害を出すのが恐いのと、昔の時代と違って通信することに喜びを感じなくなったからです。電話もろくにない時代、遠くの人とやり取りするのは手紙、ペンフレンドが流行った時代なら、片言でも電信でも通信できることが嬉しかったわけですが、今はそういう嬉しさは感じられなくなりました。機器も、自作が多かった昔と違って、昔ならスーパープロ級の高性能機器が簡単に入手できますしね。
 そういうわけで、今回の期限切れで終わることにしました。まあ、聞くだけなら免許状は要らないですし、、免許を取る前にやったSWLに戻るわけです。ここに長々と書いたのは、自分の決心を固めるためと、その経緯を記録しておくためです。まあ、日記の一ページに書いた決意文でしょうか。

 

 

| | コメント (0)

2020年11月 6日 (金)

無線設備のスプリアス規格改正の影響

2020-11-06(金)曇り/晴れ

 無線設備のスプリアス規格は、たしか2005年に改正、2015年から施行だったかと思います。携帯電話も無線設備に入りますから影響を受けることになります。それで、2015年頃だったか、Nokia 705NK が使えなくなるとか、使っても良いんだとか、色々と話題になり、このブログでも色々と書いたことがあります。
 その時の記事例 「Mokia携帯電話の使用終了時期 その2
 なお、705NKについての結論は、たしか、新規格での適合証明を取得しているので使っても良い、という結論で落ち着いたと思います。

 さて、それ以外は関係ない話しだと思っていたのですが、大きな盲点がありました。免許を受けているアマチュア無線局の機器は無線設備そのものです。従って、随分昔に購入した無線機器は旧規格の適合証明なので、2022年11月で使用できなくなります。その為、何らかの処置が必要になります。
(1)フィルター等を挿入する。
(2)認定機関の確認と保証を受ける。
(3)自身で測定確認、届け出をする。
(4)いっそのこと、新しい機器に交換して設備変更認可を受ける。
なとなどです。
 3月頃に総務省からお手紙が来ていました。今まで何となく目を背けてきましたが、そろそろ検討して結論を出さないといけなくなりました。

 

| | コメント (0)

2019年12月30日 (月)

電波利用料納付

2019-12-30(月)曇り

 電波利用料関係の書類が届きました。

Dscn2898a  

 電波を発射して通信を行うなど、電波を発射する(電波を利用する)無線局は電波利用料を総務省に納付する必要があります。携帯電話も電波を利用していますが、これは携帯電話会社が基地局を無線局として支払っているかたちになると思うので、一般に電波利用料を意識するケースは無いと思います。我々(個人)が関係してくるのはアマチュア無線局など(簡易無線局も?)を開局したときです。開局の免許申請が通り、開局完了したときから支払うことになります。 電波利用料は、局あたり年額で、数百円から数億円です。億円の使用料は例えば衛星局のような場合です。小さな局は数百円から数千円、あるいは数万円くらいでしょうか。アマチュア無線局は 300円/年 です。
 通常ですと年ごとに請求が来ますが、面倒なので私は免許更新時に、免許期間(5年)分を纏めて支払っています。なので、上記の通知は支払い済みですという通知です。この通知は毎年来るのではなく、免許期間満了の一年前に1回だけ来たような気がします。来年末に期限切れになるが、更新するか廃止するか悩みどころです。

 

| | コメント (0)

2019年9月 3日 (火)

結局、ハムフェア2019に行かなかった

2019-09-03(火)曇り/薄晴れ、夜半に小雨

 先日の土曜日、日曜日(8月31日、9月1日)には、東京有明の東京ビッグサイトで「ハムフェア2019」(アマチュア無線フェア)が開催されました。アマチュア無線の機器メーカー、販売店、クラブ、そしてアマチュア無線家の集まりとしては最大の行事です。

Ham2019  

 最近数年は行っていなかったので、今年こそは行ってみようかなと予定表には記入してありました。が、結局過ぎてみると、今年も参加しませんでした。当日の朝になると、何となく腰が上がりませんでした。
 第一の理由は、行き帰りの時間の長さでしょうか。家からですとうまく乗り繋いで片道2時間半くらいです。2時間半くらいなら、昔は毎日通勤していましたが、最近は気力体力が無くなりました。乗換も大変ですし、、。
 第二の理由は、自分のアマチュア無線における目的、目標がはっきりしなくなったことです。昔のように個人的な通信手段があまりない時代に、手作り機器で(既製品は高くて手が出なかったし)通信する、何とかつながった喜び、、、みたいなものは無くなりました。現在では各自が持っているスマートフォンで、通話でもネット経由でも、いつでもつながります。無線機器も高性能機器が、ちょっと頑張れば自分の財布で買えます。自分の興味のがんばりどころが分からないわけです。第一、第二の理由が相まって、暑い中を出て行く気力が湧きませんでした。
 ということで、YOUYUBE、機器メーカー、個人ブログなどで開催の状況を見させていただきました。画像を見ていたら、一時的には大分混雑したようでした。あの中で見て回るのは大変かな、自分では体力が持たなかったかも、、と思いながら見ていました。何はともあれ、フェアは盛況だったようで何よりです。
 来年こそは行ってみようかと、鬼も笑うことを考えながら、この記事を書いています。

 

| | コメント (0)

2019年7月 8日 (月)

次の遠出は「ハムフェア2019」かな

2019-07-08(月)曇り、ときどき薄い日差し有り

 最近は、電車で一時間を超える場所へ出かけるのが億劫になってきました。出かける時間は選べるから電車でも座っていられますが、それでも面倒に感じるのは年のせいでしょうか。
 さて、そんなことで次のイベントは?と考えて、アマチュア無線フェスティバル(ハムフェア)が、毎年8月にあることを思い出しました。
今年は「ハムフェア2019」ですね。
   8月31日、9月1日 東京ビッグサイト南展示棟3・4ホール
    「ハムフェア2019」案内へのリンク

 私は最近、アマチュア無線の活動を殆どしていません(全く、、ではない)。たまに、無線機の湿気を飛ばすために電源を入れて、ついでに7MHzのモールス通信を聴くぐらいです。余り聞かないから、最近は速いモールス信号が理解しにくくなってきました。始めた頃(50年くらい前?)のような、通信手段が少ない時代に遠くの人と通信できるんだ、、という楽しみが無くなってからは、自分から電波を出すことはなくなりました。もっぱら、モールス通信を聴くのが楽しみくらいです。それでも、年に1回くらいはお祭り気分の中に入っても良いかなと思います。昨年は、つい行きそびれてしまいましたが、今年はどうするか考え中です。来年はオリンピックの影響で開催されないかも、、、なんて噂も流れているようなので、今年は行ってみておこうかなとも思っています。書籍や手続き書類なんかも、纏めて入手できますしね。

 

| | コメント (0)

2018年12月27日 (木)

不要物の整理、使ってなかった交信証明書を処分した

2018-12-27(木)晴れ

 時々、押し入れとか荷物入れの場所をかき回しては不要なものを処分しています。今回、押し入れの奥から、50年近く前に作成した、アマチュア無線の交信証明書(アマチュア無線家はQSLカードと呼ぶ)の未使用カードが出てきました。学生時代に1000枚作成したものですが、900枚以上残っていたようです。自分で書いた絵を使ったものなので、古き良き時代の香りがぷんぷんするカードです(素朴、または洗練されていないともいう)。今から使うこともないので、何かのときのために若干残して、大部分は処分することにしました。

Dscn2683a

 私製葉書みたいなものですし、しっかりした紙で作成されているので、900枚もあるとかなりの重さになります。若干だけ残して処分しました。実は、押し入れの隅にあることは昔から分かっていて、ずっと気になっていたので、少しすっきりとしました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月25日 (土)

ハムフェア 2018  に行・・・かなかった

2018-08-25(土)晴れ

 今日と明日(8月25日、26日)は東京ビッグサイトで「ハムフェア 2018」が開催されています。ハムフェアは、アマチュア無線を楽しんでいる人や業界などの集まり、お祭りみたいなものです。
 詳細はこちら 「ハムフェア2018 インフォーメーション

 以前は毎年のように行っていたのですが、最近はご無沙汰していました。そこで、今年は行ってみようと予定表に入れていたのですが、、、朝食の後、準備しようとしているうちに気持ちが萎えて、結局ハムフェア行きは中止してしまいました。

 中止の理由は、遠いというのも有りますが、一番の理由は行ったときの明確な目的、楽しみが見いだせなかったということでしょうか。一応、アマチュア無線局も開局して保持していますが、何を楽しむかという明確な楽しみが見いだせない状態です。
 人とのつながり、会話、情報の交換ということでいえば、昔のように電話もままならない時代と違って、今では電話でも、ネットでも、いつでも何処でもできる状態です。無線の機器も、昔のように真空管数本の手作り機器でも良かったのとは変わって、もはや手の出しようもない凄い機器が手に入ります。何処に楽しみを見いだしてゆくか難しいところです。
 どんどんと先端技術を試行してゆく技術派、とにかく手作りを楽しむ派、のんびりとお喋りを楽しむ派、モールス通信のように特殊な技術を楽しむ派、、、、色々な方がいますが、自分自身としては決めかねているところです。
 そんなことを考えながら、出発する時刻を逃した日でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月11日 (水)

マーカー発振器の図面を探した

2018-04-11(水)晴れ、いちじ雨、のち曇り/風が強い

 昨日チェックして動かなかったマーカー発振器ですが、簡単に部品交換して治らるなら実行してみようかなと思っています。一番の難点は14ピンICの取り外しかなと思いますが、、ソルダープルトでしたか?ICの足部分のハンダ抜き器もないし、、。ニッパーで切り離して一本ずつ取り外すかな。
 WEBで見る限り、部品の入手は問題なさそうです。秋葉原まで買いに行くのが大変そうですが。通販という手もありますが、色々と買うものや見て回るものもあるから、久しぶりに秋葉原まで足を伸ばすのも良いかもしれません。
 あとは、製作したときの図面を探してみました。ごちゃごちゃとファイルしてある所を探してみました。幸い、製作時には図面を作成する癖がついているので、最低限の図面は見つかりました。論理図、部品実装図、プリント基板のエッチングパターン作成用の元図面でした。

Dscn2538a

 論理図と簡単な部品実装図です。ちゃんと、トレーシングペーパーのグラフ用紙に記入していました。今更ながら、自分でもビックリです。20~30年くらい前の図面でしょうか。
 まあ、簡単な回路だから問題ないとは思いますが、若いときのようにちゃきちゃきと動かないから、いつ頃の事になるか?、、と自分でも首をかしげています。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月10日 (火)

久しぶりにアマチュア無線機器の電源を入れた 続き2

2018-04-10(火)晴れ

 先日から行っていたアマチュア無線機器のチェックをの延長で、自作の小物機器のチェックも行うことにしました。動かないなら廃棄とかして、少し整理しようかなと言うわけです。
 まずは、アマチュア無線機の周波数-ダイアル校正用のマーカー発信器 発振器です。メインのアマチュア無線機には内蔵のマーカー発振器がありますので、サブの機器(ヒース社のキットで作った電信用トランシーバ)用の校正用に作成したものです。もう、20年くらい使っていない気がします。

Dscn2534a

 2入力NANDゲート2つと1MHzの水晶発振子で発振させ、4つのD-Type フリップフロップで(1/5)*(1/2)にカウントダウンさせて、1MHz と 100KHzの出力を出すものです。
 電源を繋いでみましたが発振していないようで、メインの受信機で信号受けることが出来ません。オシロスコープをもち出してチェックしてみましたが、発振していないという事実以外、何が悪いかは分かりませんでした。コンデンサが容量抜けしていたり、ICの半導体が駄目になっているのか、、、。
 動かすならば、新たに作成するしかないかもしれません。再度、両面基板でプリント板を作成する気力はありませんから、部品を全部取りはずして交換してみようかなと思うのですが、14ピンICを取り外すのが大変かもしれません。
 WEBで部品について調べたら、2入力NANDゲートやD-Type フリップフロップのICは、昔使った物と同じ品名のものがあるので大丈夫そうです。
 ちゃんと使っていないと故障するなあと思いながらチェックしています。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 6日 (金)

久しぶりにアマチュア無線機器の電源を入れた 続き

2018-04-06(金)曇り/晴れ、のち雨、風強い

 先日から、アマチュア無線機器の電源をいれてチェック、テストを行っています。内部の湿気を飛ばした方が良いのかなと、なるべく、長時間電源をオンにしたまま放置したり、受信のテストをしたりしています。概ね問題なく動いていますが、内蔵されている発信器ユニットのダイアルのずれが大きいです。コンデンサの容量抜けとかあるのでしょうか。回路とかダイアル機構の詳細が分からないので、何とも言えないところですが、、。ちょっと、上蓋をはずしてみました。

Dscn2532a

Dscn2533a

 殆どディスクリート部品で組まれているようですが、ぎっちりと詰まっていて調べようもないですね。
 送信ユニットの最終段とその全段は真空管が使われていますが、最近の機器では全部半導体になっているのかな。そんなことを思いながら内部を眺めていました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)