アプリケーション

2021年2月 9日 (火)

Pythonスクリプト:やはり、その時にドキュメント化しておかないと、後で大変

2021-02-09(火)晴れ

 何日か前だったか、今日明日の天気予報や花粉情報のチェックに使っている、Nokia 携帯電話のPyhtonスクリプト(PySynWeather、  PyStnPollen)が動きませんでした。天気JPのサイトのデータを使わさせていただいているのですが、携帯電話、回線や家のルータ、サイトがメンテ中?、サイトのページのレイアウトが変わった?とか、どの部分が原因かわかりませんが、データが取得できないようでした。サイトからデータが取得できないのか、データの中から必要なフォーマットのデータが抽出できないのか、わかりません。これは、新年度に向けてリニューアルで、ページのレイアウトが変わったかな?と思いました。そうならば、また、スクリプトを修正しないといけません。
 スクリプトがどうなっていたか見ようとしたのですが、考えてみたら、一昨年に修正したときに仮モジュールで動かしたまま、そのままで使っていて、ドキュメントに記述しておくのをさぼっていました。しかも、1年以上たっているので、すっかり忘れています、モジュールのことも、Pythonのことも、、。
 幸い、いろいろ調べているうちに、何もしなくても動くようになりました。一時的な問題だったようです。それにしても、修正したら、きちんとまとめて記述しておかないと後で困るのはわかっていたのにさぼっていて、今回慌てることになりました。今回まとめておこうと思っているのですが、腰が上がっていません。やはり、スクリプト自身を修正するくらい気分がのっているときにやらないと、結局やらないことになりそうです。
 そんなことを考えながら、これを書いています。

 

| | コメント (0)

2021年2月 4日 (木)

ノート代わりにブログ記事

2021-02-04(木)晴れ

 昨日の記事(「古いアプリの問題?「Adobe Photoshop 5.0 LE」)で、随分と古いアプリで遭遇した現象と対策について書きました。随分と細かく中身まで書いたのは、ノート代わりに書いているからです。自分のメモとして書いていて、後で参照できるようにしています(記憶を頼りにしていると、忘れてしまい役に立たないことが多いからです)。ノートのほうには、項目名とブログ参照の旨」だけ書いています。
 なぜ、今更なような古いアプリの話をブログ側に書くかというと、それでも、何かの折に参考になった、、という方がいるかもしれないからです。私もあれから色々と検索して参考になる記述などもありましたから、逆に、書いておけば役に立つかもしれないと思うからです。今までも、WEB上の情報で色々と助かったことも多くありました。だから、困ったときの、溺れる人のわらくらいにでもなればいいなあとか思って書いています。

 

| | コメント (0)

2021年2月 3日 (水)

古いアプリの問題?「Adobe Photoshop 5.0 LE」

2021-02-03(水)晴れ

 メインPCは、今年に入ってからの乗り換え作業で新しいPC(Windows 10)に替えることができました。毎日のPC作業も新しいPCだけでできるようになり、前のPC(随分と古いOS)の電源を入れなくても済むようになりました。しかし、ここで一件、問題が起きました。
 PCやOS、プレインストールされているMS-Office以外など、自分持ちのアプリでは、かなり古いアプリも使用しています。セキュリティなどの面から考えると、最新にバージョンアップしたほうがいいのでしょうが、ちょっと使っている程度なのに高額の出費は、、二の足を踏んでいます。

 さて、そんなアプリの中の一つに「Adobe Photoshop 5.0 LE」(5.0J Limited edition)があります。ブログ用の写真のリサイズとか、個人情報部分のモザイク掛けとかに使用しています。入手した時期とか考えると、多分 indows98 時代のアプリではないかと思いますが、WindowsXP、Windows Vistaなどでも動き、(私の使用範囲では)今回も問題なく動きました。が、今回は編集したファイルが上書き保存できないのです。

 上書き保存しようとすると、下の画面のエラーが出て保存できません。
Filelock01

 元ファイルがロックされていて上書き保存できないといわれてしまいます。 エラーメッセージに従って、エクスプローラでファイルのプロパティを見ても、それらしい問題はありません。
 何回も試していた時、下の画面のメッセージもでることに気が付きました。
Filelock02 

 どうも、上書き処理が、ウイルス対策ソフト(Norton Anti Virus  NAV)に疑わしいと思われているようです。アプリが古すぎて、何かインタフェースが合わないところがあるのでしょうか。
 いろいろと試して
  (1)保存する名前を変えて、単なる保存指定にすると保存できる。
  (2)上書き保存を押す前に、エクスプローラで元ファイルを削除すると保存できる。
 これらから、2つ目の画像にある「photosle.exe」がファイルを書き換えようとするとブロックされるのでエラーになるようです。

 対策としては
 (1)元ファイルとは別名で保存する。後で、元ファイルを削除した後リネームする。
 (2)上書き保存を押す前に、エクスプローラで元ファイルを削除する。
 (3)NAVの設定に、photosle.exe を除外アプリとして登録する。(注1)
 上記(1)~(3)とも保存できますが、(3)はウイルス対策上あまりよくないかなと思い、当面は(2)で実施することにしました。
 とりあえず、いったんは解決しましたが、アプリをいつ新しくするか、、悩みどころです。

------
(注1)とりあえず、設定場所のメモです。
NAVの設定タブ → ウイルス対策 → データプロテクタ → プロセスの除外 で、Adobe フォルダの中の photosle.exe を追加する。

 

| | コメント (0)

2021年1月11日 (月)

Python: スクリプト「PyStnWeather」でアイコン表示できない天気予報が出てきた

2021-01-11(月)曇り、一時少し晴れ

 Nokia 携帯電話で、天気予報を待ち受け画面に表示する自作のPythonスクリプト「PyStnWeather」を、しつこく使っています。このスクリプトは、天気JPサイトの天気予報データをみて、待ち受け画面に画像表示します。まあ、現状のスマートフォンでは、その都度、直接サイトを見ても良いわけですが、フィーチャーフォンタイプなので、速度アップとデータ量削減のために今でも使用しているわけです。今のバージョンにしてからも、大分長いこと使用しています。
 で、今日のことですが、明日の分の天気予報がアイコン表示されません。いや、アイコンは出るのですが、それが「対応するデータがありません」というアイコンなのです。

Ssce0760a

 明日の部分を赤丸で囲んでありますが、2本線(〓)になっています。これは、想定していないデータのときに出ます。最近、少し天気が変だから、そんな天気予報が出ているのでしょうか。、、、と思って、直接サイトを見たら、「曇り、時々雨か雪」でした。「曇り、時々雨」とか「曇り、時々雪」というのは想定していましたが、「曇り、時々雨か雪」は想定していませんでした。
 今までですと、ここで修正してレビジョンアップ、、とかするのですが、めったに出ない予報であることと、もう一つのスクリプトで直接サイトの予報を見れば済むので、修正の士気が上がらず、そのままで使うことにしました。
 殆ど変更も出ないで、安定使用しているPythonスクリプト群ですが、このように希に「っん?」というような事もありますが、各スクリプト内容をすっかり忘れている今日この頃です。

 

| | コメント (0)

2020年10月 6日 (火)

Nokia 2720 Flip を使ってみた 続10 「Store アプリ編」

2020-10-06(火)曇り/晴れ

 Nokia 2720 Flip はOSにKaiOS を使っています。そのKaiOSサイト(KaiOS APPサイト)には、色々なアプリがあります。ここのアプリは(少なくとも今は)無料です。なので、便利そうなアプリを探してテストしたりしていました。先日も Free Text Reader をインストールしてテストしていました。 Free Text Reader以外にも、暫く前から色々とインストールしています。
 で、気がついたのですが、この無料アプリは起動すると、必ず広告というか何らかのPRの画面が出ます。キャンセルするか、そのサイトを見に行くか聞かれるわけです。無料アプリだから、これで(スポンサーから)何らか回収しようと言うことかもしれません。詐欺PRとかウイルスではないようですし、キャンセルボタンを押せば済むのですが、起動するたびに出ると鬱陶しくなります。そこで、ないと絶対に困るアプリ(殆どないが)以外はアンインストールしました。PCの場合のように画面の一部に表示されるのではなく、全面に出て来るわけで、キャンセルボタンを押さないと先に進めないから鬱陶しいんです。
 結局、ユーザ離れを起こさせているやり方かも、、と思ってしまいました。なお、携帯電話そのものは悪くないんですがね。

 

| | コメント (0)

2020年10月 4日 (日)

接触通知アプリ、その後は、、?

2020-10-04(日)朝は小雨、のち曇り/ときどき薄日あり

 良い意味でも悪い意味でも、色々と話題に上った接触通知アプリですが、最初随分と話題になりましたが、その後話題を聞かなくなりました。今はどうなっているのでしょう、大分役に立っているのでしょうか。ちらっと聞いたニュースによると、一応通知は来るようですが、通知が来ても困るだけみたいな話しもしていました。感染の確認をしようと考えても、検査にうまく結びつけるような相談にのってくれる所もないみたいだし。一応相談窓口はあるわけですが、うまく連携していないみたいですし、、。それにアプリを使えない人(対応スマフォを持っていない人)、アプリを入れていない人、も多そうですし、感染結果をきちんと入力していない人もいるかもしれません。トータルなシステムとして閉じていないから、一応作ってやってみました的なところで留まっていそうです。
 今現在、どうしようとしているのか、ちょっと気になっているところです。

 

| | コメント (0)

2020年9月30日 (水)

Nokia 2720 Flip を使ってみた 続9 「Store アプリ編」

2020-09-30(水)晴れ、夕方から曇り

 今年最初の頃に購入したNokiaの携帯電話 Nokia 2720 Flip ですが、テスト用、遊びようとして、結構触っています。今時のスマートフォンではなく、フィーチャーフォンに近いので、それほど色々とできるわけではないですが、香港SIMとデータ通信専用格安SIMの2枚入れ(同時待ち受け可)で、テスト/遊びに使っています。
 OSはKaiOSなので、以前、KaiOSアプリストアにある面白そうなものをテストしました。その時に、日本語テキストファイルを読もうとすると文字化けしてしまったので、テキストファイルを直接読むのは諦めていました。使ったアプリは「Free Text Reader」でした。
   (その時の記事: Nokia 2720 Flip を使ってみた 続7 「Store アプリ編」
 
 しかし、ふと文字コードを変えたらどうなるかと思いついて試してみました。前回のファイルを見たら「Shift-JIS」コードのファイルになっていました。これを「UTF-8」に変えたら、無事読むことができました。販売対象国/エリアに日本は入っていない製品なので、「Shift-JIS」サポートはさすがにないのでしょう。しかし、最近は殆どUTF-8コードを使っているので、うっかりとShift-JISコードにしてしまうことに気をつければ大丈夫そうだなと思いました。
 相変わらず、実用というより遊びで弄ることが多い携帯電話事情です。

 

| | コメント (0)

2020年6月24日 (水)

接触確認アプリ 雑感3

2020-06-24(水)曇り、ときどき日差しあり

 先日、接触確認アプリがリリースされましたが、問題が出たので一旦通知機能をとめたと、今朝の新聞で読みました。頭で考えたり、急いでテストした範囲ではつぶしきれない問題はあるから、通常はある程度のベータテストを経て、正式リリースにするのがベストだとは思います。そんな時間的余裕は無いのかもしれませんが、、。みんな効果を期待してインストールしていると思うので、正式サービスイン後に何回も問題が出ると、やっぱり要らないか、、となりかねなません。そうなると適用率が上がらなくなり、効果が上がりません。そういう意味では今回は、いついつまではベータテスト、とはっきり言ってしまった方が良かった気もします。ところで、ユーザ側から見て問題点が出たときに、それを吸い上げるルートは存在しているのかな?
 記事を見ながら、そんなことを思いました。

 

| | コメント (0)

2020年6月20日 (土)

接触確認アプリ 雑感2

2020-06-20(土)晴れ、夕方から曇り

 新型コロナウイルス感染拡大防止の一環として、昨日「接触確認アプリ」がリリースされて使用が始まったようです。もっとも、まだベータテストフェーズみたいな感じはしますけれど、、。どの位有効か、どの位当てに出来るか、当てにして良いのか、、など、まだ不明な点は多くありそうです。でも、有効な手段になって、感染拡大防止に役だって欲しいと思います。

 あちこちで指摘されていますが、やはり利用者の拡大がキーというか、ネックというか、どの位の人が活用するかが問題みたいですね。あちこちのWEBの解説記事を見ました。利用は簡単と書かれていましたが、それは記事を書くようなITリテラシーの高い人の場合?だからかなと思いました。導入、使用方法、感染時の登録操作など、私のような年寄りには結構、大変そうに見えました。面倒そうだから入れなくてもいいや、、となりそうな気もします。それに、スマフォを使っていない人もいるから、利用者の割合がどの位伸びるかですね。 あと、システムは国毎だから、今後外国から入ってくる人が増えた場合、その方達が利用できるか、利用するかも問題です。

 あちこち見たのですが、どういう場合接触が検知されるのかが、よく分かりませんでした。政府のWEBの「接触確認アプリ及び関連システム仕様書」も見ましたが、これはシステムの上層の仕様なので、検知の詳細は分かりませんでした。この辺はOSに組み込まれたあたりで処理されるのかな。
 約1m以内で15分程度で検知されるようですが、この15分というのがどういうものか分かりませんでした。たとえば一例として、10分近くにいて、5分~10分くらい離れて、また10分くらい近くにいて、、と断続した場合、検知されるのか(すなわち接近していた時間が加算されるのか)が分かりませんでした。
 今後、利用者を拡大すると共に、それにともなって判明する問題点の改善が必要かなと思いました。

 

| | コメント (0)

2020年6月15日 (月)

濃厚接触確認アプリ? 雑感

2020-06-15(月)晴れ/曇り

 先日のニュースで、新型コロナウイルス感染の拡散防止の一つとして、濃厚接触確認アプリ?の開発、適用を国が進めていると聞きました。で、WEBで説明を読んでみました。色々な対策をとるのは良いことだと思うので、良いもの、使いやすいもの、問題の穴が出ないもの、、を作って欲しいと思います。実際に作成するのはどこなのでしょうか。きちんとしたところに発注されていると良いなあ、、莫大な中抜き手数料が発生していないと良いなあ、、とかも思いました。

 さて、実際適用したとして、どの程度効果があるのかという点については、若干疑問に思うところもあります。色々と他力本願的なところもあるからです。
 このアプリをインストールできるスマフォを使っている人が多くないといけないですね。フィーチャーフォンを使っている人も結構いますし、スマフォを使っていても、面倒だから、分からないからとインストールしない人もいるでしょう。それと私のように、スマフォに分類される機種でも、違うOSだからインストールできないケースもあります。対象からこぼれる人が沢山出そうです。
 また、アプリを入れてあっても、うっかり起動してないとか、ブルートゥースをオフにしてあったとかも考えられます。私などは、バッテリー節約のため、無意識にBluetoothや無線LANをオフにしています。
 3点めは、登録作業です。いたずらで感染登録はできないように考えられていますが、逆に感染事実の登録は本人に任されています。感染した場合、パニックになったり、あるいは具合が悪くなって、感染登録などしていられないというケースもあるかもしれません。この場合は、感染登録されないと通知が出ないので効果がありません。概要説明を見たのですが、登録する場合なども結構、大変そうです。感染でショックを受けているときに、そんな方に頭が回らないかもしれません。開発している人や説明書を作っている人は、若いし元気な人が考えているから、この位は大丈夫だろうと思うかもしれません。が、逆の立場になると、それはないだろう、、と思うものです。昔、病気になったときに、元気なときと病気になったときには、考え方が正反対になるものだと感じた事があります。

 昔、Bluetoothのついた携帯電話が出てきたときに、お友達検出アプリを入れてBluetoothをオンにしてある携帯電話が近づくと、互いに知らせてくれるアプリがありました。これなどは、お遊びに近いから、たとえオフにしてあっても、検出できなくても問題にはなりません。しかし、今度のものは切実な問題ですから、他力本願部分が多すぎるのはどんなものかなと、そんなことを考えてしまいました。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧