携帯電話

2018年11月16日 (金)

香港「3」プリペイドSIM(3G Inter.. SIM)のリチャージを行った

2018-11-16(金)晴れ、のち曇り

 香港「3」プリペイドSIM 「3G International Roaming Rechargeable SIM」 の期限(6ヶ月)が来ました。このSIMは、テスト用として最後まで残した一枚でした。明日が期限切れの日なので、インターネットからチャージを行いました。今では通話用と言うよりテスト用ですが、慣れた番号のままの方が良いかなと、今回もチャージすることにしました。残高は十分あったのですが、今回も自動延長はされませんでした(*1)。
 *1:前回の記事 「香港「3」プリペイドSIMのリチャージ 3G Inter.. SIM

 今後は6ヶ月毎の毎回チャージが必要なようです。いつまでチャージを続けて保持してゆくか悩みどころです。
 チャージ後の残高は422.42HKDになりました。約6,300円です。溜まるばかりというのも精神衛生上良くないですね。どう使うかも悩みです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月13日 (火)

電話番号をWEBで調べてみた

2018-11-13(火)曇り、深夜に雨がぱらついた

 車を運転しているときに、携帯電話に着信がありました。運転中ですから、取りあえず無視しました。というより、携帯電話を入れたバッグが後ろの席にあるので、止まって出ようとしても無理なわけです。必要があれば再度掛けて来るでしょうし、知人ならこちらから掛け直しても良いわけです。
 帰宅してから見たら、知らない番号です。といって、掛け直してこないし、、と気になってWEBで検索してみたら出てきました。どこかの会社が使っている番号でした。あちこちに出てきましたが、概ねクチコミサイトとかブログみたいなところの情報で、「普通の用件だった」「迷惑な電話だった」など色々でした。その情報で、どんな会社か、どんな用件か見た限りでは、私の場合は間違い電話のようでした。留守電メッセージは自作メッセージで名字を入れてますから、間違い電話だと分かったらしく、録音もなく、かけ直しも来ませんでしたし、、。
 携帯電話とか電話会社のデフォルトのメッセージでは、着信側の名前が分かりません。だから、掛けた側の人には間違った人に掛けてしまったということが分からす、掛け直してきたり、用件を録音してしまったりするわけです。何回かありましたが、重要そうな用件の録音がされていたときには、どうしたものか悩みました。わざわざ、間違った先に電話しましたよと掛け直すのも変な気もするし、かといって放っておいて大丈夫かと悩むし、、。結論としては、消去して忘れることにしました。当事者から見ても、それが一番良いんだろうなと思ったからです。掛けたかった人から返事がなければ掛け直すでしょうしね。
 こんな事が有ってから、留守電メッセージは自作のメッセージに切り替えています。その後、間違い電話はあっても、間違い電話の留守電録音はなくなりました。もっとも、電話帳などからの発信になって、間違い番号のダイヤリングがなくなっただけかもしれませんが、、。
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年10月 6日 (土)

「Nokia デジタルペン」の活用を模索中

2018-10-06(土)曇り、晴れ

 本とかコミックとか家電品とか、、、色々と処分して部屋の中を整理しています。ものを減らして、さっぱりした部屋の中で暮らしてみたいと思うようになってきたからです。
 さて、随分と溜まってきたNokia携帯電話とそのアクセサリー類ですが、処分ではなく、何とか活用できないかと思っているのが、題記の「Nokia デジタルペン」(アノト ペン)です。Nokiaから出たデジタルペンは2機種有って、両方とも持っていました。ただ、最初の機種「SU-1B」は2本有りましたが、バッテリーやバッテリーまわりが駄目になったらしく、修理の見込みもないので廃棄しました。新しい方のSU-27Wは、まだ動作しています。ただ、10年以上も活用できなかったデジタルペンが、今更活用できるかという疑念はあります。しかし、専用ノートやボールペン替え芯も、英国からまとめ買いしたりしているので、なんとか活用したいわけです、

Dscn2673a
上左:英国からネット購入したノート(まとめ買いして沢山ある)
上右:同梱されているノート(小さい方のノート、他に大きいのもある)
下左:アプリケーションCD
下右:デジタルペン
ほかにボールペン替え芯が多数、、

 このSU-27Wの添付アプリケーションでは、画像からアルファベットや数字を文字に変換して取り出すことが出来ます。そのアルファベット(ローマ字書きしたもの)から漢字かな交じり文に変換するために作成したPythonスクリプトが「PyR2KKJ」でした。「PyR2KKJ」は、当時、大分力を入れて作成した、自分としては大作でした。今でも、香港版携帯電話などでは、日本語入力用に(FEP代わりに)使用しています。しかし、結局デジタルペンは活用できませんでした。活用できる用途、シチュエーションを作れなかったからです。
 今から、そんな活用法が出てくるのか?とは思っています。でも、沢山あるノートやボールペン替え芯も、単なるノートとして使ったり、単なるボールペンとして使うのは、なんか負けたような気分になるので、活用法に頭をひねっています。まあ、最後の最悪は、単なるノートとして使ったり、単なるボールペンとして使い切るしかないかなとは思いますが、、。
 そんなことで頭をひねっている昨日今日です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月14日 (火)

オフ会雑感 MMClub

2018-08-14(火)晴れ、ときどき少し曇り

 先日、パソコン通信時代のフォーラム「FHPPC」のオフ会参加申し込みをしました。それに関連して、もう一つのグループのオフ会が、最近ないことを思い出しました。FHPPCの他に、足繁くオフ会に参加していたグループに MMClub (松本モバイルクラブ)がありました。
  MMClubは、信州 松本市在住のガジェット好きの方の集まりでスタートしたようです。 Psion (サイオン)のPDA等が話題になっていたようでした。段々とNokia携帯電話も加わり、その関係だと思いますが、香港在住の携帯電話研究家「山根康宏」氏が加わり、以後は山根さんを中心とした Nokia 携帯電話好きの集まりのようになりました。その頃から松本在住以外の方も加わりました。私も、Nokia携帯電話関係で参加し、神奈川から参加していました。
  オフ会の様子の例 「昨日のMMClubオフ会の様子
  前回のオフ会    「2016年3月 MMClubオフ会に参加 その1

 そんな MMClubですが、Nokiaが携帯電話をやめてからは動きがなくなってしまいました。携帯電話もPDAも、面白みのあるものがなくなったからという感じです。
Nokiaの携帯電話(Symbian S60 OS の機種)は、2010年が最後だったような気がします。その頃の機種も、いつまで動くか心配です。
 そんな MMClub の事を思い出していました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月11日 (土)

FHPPCオフ会雑記

2018-08-11(土)晴れ、いちじ曇り/雨

 旧パソコン通信時代のフォーラム「FHPPC」(HP社のHP95LX、HP100LX、HP200LX関連の集まり)は、今でも年1回のオフ会は続いています。先日、オフ会の申し込みをしました。「FHPPC オフ会に参加申し込みした
 その時はまだ、申し込みは1名しかいませんでしたが、その後、例年のメンバーの申し込みが続いています。今年も10名プラスアルファくらいは集まりそうです。ただ、今回は(恵梨沙フォントの)恵梨沙さんは都合で欠席のようです。
 HP200LXも発売から二十数年経ちます。

Dscn2266a

 まだ、現役で使用している方は多いようですが、オフ会での話題もHP200LXの話題は少なくなっています。それでも、(私も含めて)HP200LXを使っている方がいるうちは、FHPPCオフ会も長く続くと良いなと思います。それにしても、色々なチェックポイントから見て、代わりになるマシンがなくて、こんなに息長く使われている機器(PC)も少ないでしょうね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 1日 (水)

perl:プロキシ?、またはhttp変換?”のようなもの” を作る その2

2018-07-31(火)晴れ/曇り

 題記の第二回目です。
  前回の記事「perl:プロキシ?、またはhttp変換?”のようなもの” を作る その1

 これは、携帯電話とWEBサイトの間に立って、古くなったNokia携帯電話からはアクセスできなくなったサイトのデータを取得するためのスクリプトです。Perlの本を読み始めましたが、よく分かりませんのでWEBで検索したら、情報というか、殆ど流用できるスクリプトが有りました。
 参考にしたページ「簡単!たった13行のコードでHTML取得&解析をするPerlスクリプト
 上記のソースを手直しして目的の動作をさせることが出来ました。

 今回具体的な対象WEBサイトはtenki.jp ですので、それを前提にした書き方をします。
・花粉情報用のスクリプトは「pollen.cgi」、天気予報情報のスクリプトは「weather.cgi」とします。それぞれに分けたのは、スクリプトから https:// で送出する url を中に書き込こむことにしたからです。
・レンタルサーバの自分のエリアは xxx.server.jp、上記スクリプトはこのサーバの testproxy ディレクトリへ入れるとします。

対策前と対策後の関係図を示すと次のようになります。
  (図が中途半端な大きさで文字がにじんでいます。文字を読むなら図をクリックして普通に画像表示して下さい。)

Weather2
 対策前の動作イメージ


Weather1
 今回の対策後の動作イメージ

 アクセス方法とか動作イメージは上図で分かると思います(説明の手抜きです)。取りあえず、これで、7月に入って取得できなかった tenki.jp の天気予報のデータが取得できるようになりました。
---------------------------------------------------------
 ソースリスト
  weather.cgi」 ソースリスト   tenki.jp の天気予報データ取得用

  「pollen.cgi」 ソースリスト    tenki.jp の花粉予報データ取得用
---------------------------------------------------------
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月28日 (土)

perl:プロキシ?、またはhttp変換?”のようなもの” を作る その1

2018-07-28(土)小雨、のち晴れ/曇り、夕方から暴風雨(台風12号の影響)

 Nokia携帯電話のPythonスクリプトで、WEBサイトのデータを取得して、必要な部分だけ取りだして待ち受け画面に表示したり、WEBブラウザで見たりしています。WEBブラウザで見る場合も、直接WEBサイトをみるとデータ量が多くて(宣伝なども含めた画像データが多い?)大変なので、htmlテキストから必要部分だけ取りだしてから見ています。

 さて、そんな環境ですが、最近は見られないサイトも出てきました。携帯電話(のソフトやPython)が古いので、WEBサイト側のセキュア環境に追随できなくなってきたのです。
例えば
(1)許可されるアクセスは「https」のみで、「http」でアクセスできなくなった件
  この場合、Python 1.4.5ではアクセスできなくなりました。Python 2.0.0 ならば大丈夫ですが、私の場合、Python 2.0.0では、インストール用のSISファイルに出来ないので不都合なのです。

(2)TLS 1.0とTLS 1.1が無効化され、TLS 1.2のみの対応になった件
  これについては、(旧Nokia)携帯電話のソフトのアップデートがない現状では、どうしようもないみたいです。

 ということで色々考えたのですが、携帯電話とWEBサイトの間に入って、代理でWEBサイトへアクセスして、取得したhtmlテキストを携帯電話に返してくれるスクリプトをperl等で作ったらどうかと考えました。すなわち、WEBサイトからの取得の代理をしてくれる、そういう意味でのプロキシ?、あるいはhttp変換”のようなもの”です。このcgiファイルをレンタルサーバのエリアにおいて、間に立って貰うわけです。
 取りあえずは、一番お世話になっていた「tenki.jp」の天気予報と花粉情報のサイトで考えてみることにしました。下記のようなイメージです。WEBブラウザで見てリンクをたどるようなことは無理そうですが、urlの分かっている対象ページを取得することは出来そうな気がします。

携帯電話        →     perlで作ったcgi      →       WEBサイト
    (http://xxx.xxx.jp/xxx.cgi)       (https://tenki.jp/xxxxxxx)

携帯電話       ←      perlで作ったcgi       ←      WEBサイト
        (HTMLテキスト)            (HTMLテキスト)


 ということで、perlの本を取り出しましたが、二つの意味で手こずっています。一つめは、以前触ったperlも、すっかり忘れていることです。二つめは、以前買ったperlの本にはWEBサイトアクセスのような事が載っていないことです。
 ということで、先日からWEBサイト検索で調べたり、図書館でperlの本を探しています。
 (続く)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月10日 (火)

暑い時期はスマートフォンの祖画面操作がしにくい

2018-07-10(火)晴れ

 WEBアクセスとかには、格安SIMを入れたスマートフォンを使用しています。こういう、今風のキー無し画面操作タイプのスマートフォンは、今の時期には使いにくいです。何が、、というと、指が汗で湿って画面での滑りが良くないのです。すーっと長く滑らせないといけない操作などがやりにくいですね。
 昔の感圧タイプの画面ですと、ストラップにつけたギター用ピックとか、ボールペンなどの後ろの角などで操作ができました。しかし、今の静電タイプだとそういうわけにはいきません。そこで、静電タイプ用のペンを買ってみました。いろいろあって千差万別ですが、たまたま買ってきたものは反応が良くありません。線がとぎれとぎれになります。かなり強く押しつけると大丈夫なのですが、細いワイヤを輪にして束ねたような構造なので、液晶の表面が心配になります。
 色々試した結果、指の腹側ではなく爪の側で操作すると良いことが分かりました。指の腹側で操作するように、爪をびたっとつけて操作すると、滑りも良く普通に操作できました。なかなか、工夫が要るものです。
 通話用のメイン携帯電話は、昔風に入力キーがついたストレートタイプを使用しています。キーの場合は、前記のような心配がないので、基本的にはキー付きの携帯電話が好きです。キー有りは段々と少なくなりそうですが、(あと10年くらいは)無くなることはないかな、、とか思っています。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 6日 (金)

Python: 天気予報をみるスクリプト PyStnWeather_T が動かなくなった

2018-07-06(金)未明は激しい雨、のち雨/曇り、夜は断続的に激しい雨

 Nokia携帯電話で天気予報サイトからデータを取得して、必要部分だけ切り出して見るためのPythonスクリプトを使っていますが、その一つが動かなくなりました。天気予報関連のスクリプトは、最近まで動いていたものは二つあります。

(1)PyStnWeather ( ← こちらはまだ動いている)
  これは、天気予報コムのサイトから、今日、明日の天気予報データを取得して、携帯電話の待ち受け画面に表示するものです。

(2)PyStnWeather_T ( ← こちらが動かなくなった)
  これは、日本気象協会の天気JPのサイトから、10日間の天気予報データを取得して、不要部分を切り落としてからブラウザで見るためのものです。

 ここのところ雨模様で、しかも各地で天候がおかしいので、上記(2)のスクリプトで少し詳細な天気予報を見ようとしたら動かなくなっていました。先日見たときは動いていたのに、、と、首をひねりながら調べていました。天気JPのサイトのヘルプで、最近の変更などを見ていて分かりました(多分)。
 天気JPのサイトではセキュリティ対策として、6月30日で TLS1.0、TLS1.1 を無効化して TLS1.2 以降でないと動かないようにしたとのことでした。Nokia携帯電話は多分TLS1.0/TLS1.1 なので、動かなくなったのだと思います。Pythonでも、WEBブラウザでも見られませんでした。
 段々と取り残されてゆくようです。SIMフリースマートフォンを買おうかと、一瞬考えましたが、それほど必要でもないかと思い返しました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月19日 (火)

スマートフォン、専用アプリでのサービスが増えてきた?

2018-06-19(火)晴れ

 スーパーとか、大手ドラッグストアとか、家電量販店とかで、色々なサービス(通販とかポイントサービスなど)を導入しています。そして、スマートフォンに専用アプリを入れると便利なようになっています。汎用アプリ(WEBブラウザなど)でも利用できるのか否かまでは知らないのですが。SNS等でもそういうのが増えているのでしょうか。スマートフォン(のOS)もAndroidやiOSに収斂してきているから、ますますそういう傾向が進むのかもしれません。ただ、それらの機種を使っていないと、そういうサービスには乗り遅れそうです。私自身は、今のところ必要性を感じていないから良いのですが、いずれ必要になったときは、嫌でも新しい機種を入手しないといけないのかなとか思っています。できれば、ずっとNokia携帯電話を使っていきたいなと思っているのですが、、。
 配布されて持ち帰った「専用アプリ無料ダウンロード」とかのチラシを見ながら、そんなことを思いました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧