携帯電話

2020年11月13日 (金)

保管してある携帯電話の充電を行った。

2020-11-13(金)晴れ

 過去にNokiaが色々な携帯電話を開発、販売していたころ(GSM/2Gから3Gの時代)にマニア的に買い集めていた携帯電話ですが、現実に毎日使うのは多くて2台くらいです。他の電話機は、戸棚に保管されてたままになります。そんな購入熱も、Nokiaが携帯電話部門を手放したときに終わりました。結果として、36台購入し、現在は22台が手元にあります。多くのものは保管されたままになるわけです。もはや使いようもない(注1)かなと思うものもありますから、処分しようかとも思うのですが、そういうのに限って思い出がまとわりついている電話機なので、結局、保管したままになっています。
 注1:GSM専用機は、もはや外国旅行も難しい現状や、GSM機でなく3G機で済むことを考えると、今後使うことは考えられない。

 そんな保管してある携帯電話も、年に1~2回位は充電してやらないとまずいかなと、思いついたときに充電してやります。今回、一通り充電しました。充電器を3台(コネクタが太い丸形のもの、細い丸形のもの、マイクロUSBのもの)を並べ、順に充電します。

Img_0046a(充電中)

 充電したついでに懐かしい機種にSIMを入れて電源を入れてみました。下の機種は木の葉形の携帯電話 Nokia 7600 日本版です。3Gなので、まだ、電波は掴みます。しかし、もはやコレクション以上の意味はないかなあ、、。

Dscn3045a

 思い入れが少ない、あるいは思いでがまとわりついていない機種から処分するしかないかなと思う、昨今です。


 

| | コメント (0)

2020年11月 6日 (金)

無線設備のスプリアス規格改正の影響

2020-11-06(金)曇り/晴れ

 無線設備のスプリアス規格は、たしか2005年に改正、2015年から施行だったかと思います。携帯電話も無線設備に入りますから影響を受けることになります。それで、2015年頃だったか、Nokia 705NK が使えなくなるとか、使っても良いんだとか、色々と話題になり、このブログでも色々と書いたことがあります。
 その時の記事例 「Mokia携帯電話の使用終了時期 その2
 なお、705NKについての結論は、たしか、新規格での適合証明を取得しているので使っても良い、という結論で落ち着いたと思います。

 さて、それ以外は関係ない話しだと思っていたのですが、大きな盲点がありました。免許を受けているアマチュア無線局の機器は無線設備そのものです。従って、随分昔に購入した無線機器は旧規格の適合証明なので、2022年11月で使用できなくなります。その為、何らかの処置が必要になります。
(1)フィルター等を挿入する。
(2)認定機関の確認と保証を受ける。
(3)自身で測定確認、届け出をする。
(4)いっそのこと、新しい機器に交換して設備変更認可を受ける。
なとなどです。
 3月頃に総務省からお手紙が来ていました。今まで何となく目を背けてきましたが、そろそろ検討して結論を出さないといけなくなりました。

 

| | コメント (0)

2020年10月31日 (土)

香港「Three」のプリペイドSIMのオンラインリチャージをした

2020-10-31(土)晴れ

 テスト用として持っているけれど、最近では殆ど(全く?)使っていない香港「Three」のプリペイドSIMカードの期限がきました。半年に1回リチャージしないと期限切れになります。
 前回も、「もう不要かな?、リチャージをやめて期限切れにしようかな」とか思いながら、それでもテストに使うかもしれないから、、とリチャージしていました。必要なときに新たに買えば、、という考えもありますが、テストしたいその時に手元にないと嫌だと思う気持ちもあります。そんなSIMカード(3G International Roaming Rechargeable SIM)ですが、今回も悩んだすえに、結局、今回は取りあえずリチャージしておくかということでリチャージを行いました。

3grecharge20201031
 最近はテストにも使っていないから、チャージした金額はそのまま積み上がっています(残額579HK$)。

 昔みたいに、香港にいったときに使うことがあるかも??とか一瞬思いましたが、現状を考えると、さすがにそれはなさそうです。新型コロナウイルスの件もあるし、政情の関係も有るし、、。
 さすがに、次回あたりには諦めようかなとかも思っていますが、、。チャージ金額は半年に1回 100HK$(1400円位)です。高いと考えるか、遊びの費用だから安いとみるか、、、悩ましいところです。

 

| | コメント (0)

2020年10月 6日 (火)

Nokia 2720 Flip を使ってみた 続10 「Store アプリ編」

2020-10-06(火)曇り/晴れ

 Nokia 2720 Flip はOSにKaiOS を使っています。そのKaiOSサイト(KaiOS APPサイト)には、色々なアプリがあります。ここのアプリは(少なくとも今は)無料です。なので、便利そうなアプリを探してテストしたりしていました。先日も Free Text Reader をインストールしてテストしていました。 Free Text Reader以外にも、暫く前から色々とインストールしています。
 で、気がついたのですが、この無料アプリは起動すると、必ず広告というか何らかのPRの画面が出ます。キャンセルするか、そのサイトを見に行くか聞かれるわけです。無料アプリだから、これで(スポンサーから)何らか回収しようと言うことかもしれません。詐欺PRとかウイルスではないようですし、キャンセルボタンを押せば済むのですが、起動するたびに出ると鬱陶しくなります。そこで、ないと絶対に困るアプリ(殆どないが)以外はアンインストールしました。PCの場合のように画面の一部に表示されるのではなく、全面に出て来るわけで、キャンセルボタンを押さないと先に進めないから鬱陶しいんです。
 結局、ユーザ離れを起こさせているやり方かも、、と思ってしまいました。なお、携帯電話そのものは悪くないんですがね。

 

| | コメント (0)

2020年9月30日 (水)

Nokia 2720 Flip を使ってみた 続9 「Store アプリ編」

2020-09-30(水)晴れ、夕方から曇り

 今年最初の頃に購入したNokiaの携帯電話 Nokia 2720 Flip ですが、テスト用、遊びようとして、結構触っています。今時のスマートフォンではなく、フィーチャーフォンに近いので、それほど色々とできるわけではないですが、香港SIMとデータ通信専用格安SIMの2枚入れ(同時待ち受け可)で、テスト/遊びに使っています。
 OSはKaiOSなので、以前、KaiOSアプリストアにある面白そうなものをテストしました。その時に、日本語テキストファイルを読もうとすると文字化けしてしまったので、テキストファイルを直接読むのは諦めていました。使ったアプリは「Free Text Reader」でした。
   (その時の記事: Nokia 2720 Flip を使ってみた 続7 「Store アプリ編」
 
 しかし、ふと文字コードを変えたらどうなるかと思いついて試してみました。前回のファイルを見たら「Shift-JIS」コードのファイルになっていました。これを「UTF-8」に変えたら、無事読むことができました。販売対象国/エリアに日本は入っていない製品なので、「Shift-JIS」サポートはさすがにないのでしょう。しかし、最近は殆どUTF-8コードを使っているので、うっかりとShift-JISコードにしてしまうことに気をつければ大丈夫そうだなと思いました。
 相変わらず、実用というより遊びで弄ることが多い携帯電話事情です。

 

| | コメント (0)

2020年8月 8日 (土)

3Gサービスの停止、、大分先だが急かされる

2020-08-08(土)晴れ/曇り

 携帯電話サービスも3G(第3世代)から4Gに、大分移って来ているようです。次は5Gだ、さらに大容量データだ、、とはやし立てられています。とはいえ、かなりの人は、3Gで問題ないんだけど、、と言うところでしょうか。しかしながら、技術とかビジネスの世界で言うと、立ち止まっていたら置いてきぼりにされます。そして、先に行った人達の良い狩り場になってしまうのでしょう。だから走り続けなければならないわけです。
 そして、早くも3Gサービス終了予定のお知らせが定期的に届きます。

Dscn3033a

 私の契約しているキャリアは、2024年1月(3年半後?)に3Gサービスを終了するらしく、現在の(古い)機種の機種変更と、それにともなう料金プラン変更のお勧めが来ています。まあ、4G、5Gに切り替わってゆくならば、いずれは切替が必要ですね。しかし、今現在困っていないので、3年後あたりに変えようかなと思っています。3年も経てば、機種も大分変わっているだろうし、現在の料金プランも、直ぐには変えたくないし、、というわけです。
 とおもったら、現在使っているNokia機種は、もっと前に使用できなくなる(スプリアス輻射の規則か何かの関係で)ので、2年後ぐらいには変えないとまずそうです。

 

| | コメント (0)

2020年7月30日 (木)

ようやく、緊急地震速報が受信できる携帯電話環境になった

2020-07-30(木)曇り、夕方に小雨

 今朝、部屋の中で緊急地震速報の音が鳴り響きました。テレビ、ラジオもオフだったので探したら、今年購入したNokia のKai OS 機種(Nokia 2720 Flip)でした。

Dscn3031a   Dscn3029a
 左:表のサブディスプレイ
 右:メインディスプレイ
 これで、ようやく世間並みの環境になりました。なお、今回の速報の後、揺れはなかったので、ホッとしました。

 今までは、メイン回線として、2010年頃かそれ以前のの古いNokia機種(3G機種)にSoftbankのSIMを入れた物だけ使っていました。この携帯電話では緊急受信速報が受信できませんでした。機種が古いか、メインとしてのターゲットが日本向け機種(又はメーカ)ではないからかなと思っていました。なので、受信できる環境としては
 (1)比較的新しい携帯電話、しかも国内で(国内向けとして)発売された機種である。
 (2)上記機種に国内キャリアのSIMを入れている。
という、条件が必要だと思っていました。

 しかし、今回は以下の条件の携帯電話で受信できました。
 (1)昨年発売の、4GまでサポートのNokia機種(Nokia 2720 Flip) この機種は日本語も表示だけはできるが、日本向けではない。
 (2)回線(SIM)は2回線同時サポートなので、下記2回線を入れている。
    ・NTT docomo のデータ専用SIM
    ・香港「Three」 通話SIM をSBMのローミングで使用
 この条件で受信できたので、新しい機種であれば日本国内の機種でなくても受信は出来ることが分かりました。回線の条件は、上記2回線のどちらが必要なのか(有効になっているのか)、またはどちらでも良いのかは不明です。が、推測するに、多分どちらでも良いのだろうと思います。ローミングで使用している方にも情報提供するという観点では有益だからです。ただ、文面は日本語メインですが、、、。

 

| | コメント (0)

2020年6月24日 (水)

接触確認アプリ 雑感3

2020-06-24(水)曇り、ときどき日差しあり

 先日、接触確認アプリがリリースされましたが、問題が出たので一旦通知機能をとめたと、今朝の新聞で読みました。頭で考えたり、急いでテストした範囲ではつぶしきれない問題はあるから、通常はある程度のベータテストを経て、正式リリースにするのがベストだとは思います。そんな時間的余裕は無いのかもしれませんが、、。みんな効果を期待してインストールしていると思うので、正式サービスイン後に何回も問題が出ると、やっぱり要らないか、、となりかねなません。そうなると適用率が上がらなくなり、効果が上がりません。そういう意味では今回は、いついつまではベータテスト、とはっきり言ってしまった方が良かった気もします。ところで、ユーザ側から見て問題点が出たときに、それを吸い上げるルートは存在しているのかな?
 記事を見ながら、そんなことを思いました。

 

| | コメント (0)

2020年6月20日 (土)

接触確認アプリ 雑感2

2020-06-20(土)晴れ、夕方から曇り

 新型コロナウイルス感染拡大防止の一環として、昨日「接触確認アプリ」がリリースされて使用が始まったようです。もっとも、まだベータテストフェーズみたいな感じはしますけれど、、。どの位有効か、どの位当てに出来るか、当てにして良いのか、、など、まだ不明な点は多くありそうです。でも、有効な手段になって、感染拡大防止に役だって欲しいと思います。

 あちこちで指摘されていますが、やはり利用者の拡大がキーというか、ネックというか、どの位の人が活用するかが問題みたいですね。あちこちのWEBの解説記事を見ました。利用は簡単と書かれていましたが、それは記事を書くようなITリテラシーの高い人の場合?だからかなと思いました。導入、使用方法、感染時の登録操作など、私のような年寄りには結構、大変そうに見えました。面倒そうだから入れなくてもいいや、、となりそうな気もします。それに、スマフォを使っていない人もいるから、利用者の割合がどの位伸びるかですね。 あと、システムは国毎だから、今後外国から入ってくる人が増えた場合、その方達が利用できるか、利用するかも問題です。

 あちこち見たのですが、どういう場合接触が検知されるのかが、よく分かりませんでした。政府のWEBの「接触確認アプリ及び関連システム仕様書」も見ましたが、これはシステムの上層の仕様なので、検知の詳細は分かりませんでした。この辺はOSに組み込まれたあたりで処理されるのかな。
 約1m以内で15分程度で検知されるようですが、この15分というのがどういうものか分かりませんでした。たとえば一例として、10分近くにいて、5分~10分くらい離れて、また10分くらい近くにいて、、と断続した場合、検知されるのか(すなわち接近していた時間が加算されるのか)が分かりませんでした。
 今後、利用者を拡大すると共に、それにともなって判明する問題点の改善が必要かなと思いました。

 

| | コメント (0)

2020年6月16日 (火)

Bluetoothヘッドフォンの音が途切れる

2020-06-16(火)曇り/晴れ

 最近は散歩やウオーキングも、家から出発して歩くコースばかりなので似たようなルートばかりになります。飽きて歩かなくなるといけないので、音楽を聴きながら歩いて気を紛らわせています。機材は、専用でミュージックプレイヤー代わりにしている携帯電話とヘッドフォンです。イヤフォンではなくヘッドフォンを持ち出したのは、このヘッドフォンはBluetoothで接続できることと、アクティブノイズキャンセラーがついているからです。ケーブルがないとすっきりしますし、歩いている歩道の脇を車が通るようなルートの場合、アクティブノイズキャンセラーがついていないと音楽が聴きにくいからです。昔から溜めてあった音楽、主にカントリー、ブルーグラス、ロックンロールなどの音楽を聴きながら歩きました。
 で、しばらく調子よく使っていましたが、ときどき、音がぶちぶちと切れることがあります。Bluetoothの接続、データの転送がおかしくなる事があるのかなと思いました。WEBで調べると、他の電波機器との相互干渉、あるいは自分の機器どうしの相性不具合など、色々出てきました。私の場合はどうなのかなと、考えてみました。毎回出るわけではないですが、このルートではこの辺、あのルートではあの辺、、と、比較的出やすい場所が有るようです。その点から考えると、そのあたりにある電波機器との相互干渉説も有力かなと思います。それ以上は調べようがないので、ここ暫くはイヤフォンに変えています。このイヤフォンにはアクティブノイズキャンセラーがついていないので、なるべく車道の近くを通ることが少ないコースを選択して歩いています。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧