携帯電話

2018年2月15日 (木)

Python: 花粉情報をみるスクリプトを改造した PyStnPollen V.0.05.1

2018-02-15(木)晴れ/曇り

  Nokia携帯電話で花粉情報を簡単にみるためのスクリプト「PyStnPollen」を更新しました。
 今回の修正は、花粉状況や天気を表すアイコン画像を表示 する/しない のオプション指定を設けました。
 現在のバージョンでは、花粉状況や天気を表すアイコン画像データはWEBサイトから取得するので、表示までに若干時間がかかります。以前は画像ファイルを予め取得して携帯電話のメモリに予め用意していたのですが、面倒なので毎回WEBサイトから取得するようにしました。しかし、花粉状況の情報ならテキスト表示だけでも充分です。そこで、画像を表示 する/しない のオプションを設けました。

Scre000073a   Scre000074a

左:画像表示有り       右:画像表示無し

 今更なスクリプトですが、自分で使っているので毎年使えるように更新しています。先月の更新で 天気.JP 用と yahoo.jp 用 の両方を用意したのですが、 yahoo.jp  用は、今回の修正を入れるのは面倒なので実際に使用している 天気.JP 用だけを更新しました。

 先月の更新記事「Python: 花粉情報をみるスクリプトを改造した PyStnPollen V.0.05.0

--------------------------------------------------------------
モジュール 「PyStnPollen_005_1.zip」 (天気.JP 用)  
 
 
  関連記事 「Python スクリプト 雑記」「32.花粉飛散情報をみるアプリ」 
--------------------------------------------------------------
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月29日 (月)

Python: 花粉情報をみるスクリプトを改造した PyStnPollen V.0.05.0

2018-01-29(月)曇り

 Nokia携帯電話で花粉情報を簡単にみるためのスクリプト「PyStnPollen」が動かなくなったので更新しました。
 現状のスマートフォンではサイトをそのまま見ても良さそうですが、PCサイトは花粉情報の画面でも色々な画像や情報があって、表示に時間がかかることが多いです。なので、そういうものを切り落として表示する「PyStnPollen」 の使用を考えているわけです。

 「PyStnPollen」 は、花粉情報を取得する際、http で受信しています。昨年は、何とか yahoo サイトが http で花粉情報データを取得できたので、天気.JPサイトから yahoo サイトに変更して使用しましたが、今年からは何処も https でないと動かなくなりました。そこで、思い切って https への対応を入れました。
 
 https 対応にすると、Nokia携帯電話での使用環境が制限されますが、仕方がありません。
 (1)携帯電話のOS は S60 5th が必要
 (2)Python 2.0.0が必要
以上の2つが環境条件になります。

 来年のためにと、今までの流れから「天気.JP」サイト用と「yahoo」サイト用を修正しておくことにしました(来年、各サイトのデータがどうなるか分からないので)。

 ・「PyStnPollen」  天気.JPサイト用
 ・「PyStnPollenY」 yahoo サイト用

Scre000072a_2   Scre000071a
(PyStnPollen 天気.JP)    (PyStnPollenY yahoo) 

 取りあえず、やっつけ仕事で修正してみたら、上の画面のようになりました。データ整形がいい加減なので、綺麗な画面フォーマット(表形式)で表示されませんが、これで良いことにしました。情報は分かりますし、どうせ春になれば使わなくなります。そして、各サイトのデータが来年も同じとは限りませんし、、。ここのところ、毎年修正が必要になっています。

 無くても済む程度のスクリプトですが、一応自分が使っていることと、惚け防止に頭を使うために変更を入れています。

---------------------------------------------------------------
 モジュール
    「PyStnPollen_005_0.zip」  

    「PyStnPollenY_005_0.zip」  
---------------------------------------------------------------
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月29日 (金)

WEB小説を沢山ダウンロードした (PyBookGetの活用)

2017-12-29(金)晴れ/曇り

 WEB小説サイトで色々と立ち読みをしながら小説探しをして、沢山の小説をダウンロードしました。気楽に読めるものが多いから、色々な待ち時間などで読むには最適です。WEB小説はサイトに連載投稿されますから、読むのが追いついてしまうと次の投稿を待たないといけません。新聞の連載小説は毎日掲載されますが、WEB小説の場合は、作者によって連載間隔がまちまちです。不定期の小説もあったりします。まあ、これはプロではない作者の、仕事とか生活の関係もあるから仕方がありません。とはいえ待つのが嫌なので、最近は完結した物を探すようにしています。12月に入って、完結したものが大分出てきたので、そこから立ち読みで探しました。

 さて、これらの小説をPCで読むのも大変なので、テキストファイルとして纏めてダウンロードして、縦書きPDFに変換してブックリーダで読んでいます。このためのダウンロードツールが「PyBookGet」という、Nokia 携帯電話で動かすPythonスクリプトです。
 以前は、ダウンロードした後、連載の各回に書かれていたりする前書きや後書きを、手で編集/削除していました。場合によっては、例えば1~150話の連載の小説の場合、ダウンロードはPyBookGetで一括ダウンロードできますが、1~150話の各々の前後のコメントを、手で編集削除していました。これが地味に面倒でした。前回の 「PyBookGet]改造 で <div .....> タグで囲まれたコメントを、ダウンロード時に自動削除する処理を入れたところ、今回の10数個の小説のダウンロード後は、手での編集削除作業は必要ありませんでした。ダウンロード ~ PDF化 ~ ブックリーダへコピー、の作業が楽になりました。
 これで、正月明けの外出先でのコーヒー休憩に読む本が準備できました。といいつつ、実は未読の物が大分溜まってきています。図書館でぬくぬくとしながら読むのも良さそうです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月28日 (木)

スマフォへのお誘いが良く来る

2017-12-28(木)晴れ

 通話とSMS用に契約しているメイン回線の電話会社から、よくスマフォへのお誘いEメールやダイレクトメールが来ます。私の契約は10数年?前の基本契約+データ通信を可能とする契約のみです。また、登録機種も10年以上前の、いわゆる普通の携帯電話です。ですから、「簡単スマフォにしませんか」とか「スマフォデビュー」とか「今ならスマフォが安い」といったお誘いが来るわけです。

 今時のスマフォが欲しいなら良い機会かなとは思いましたが、今一乗り気にはなりません。大きな理由は料金が高くなりそう、、だからです。
 お誘いの内容に変更するには新しく機種を買わないといけないし、料金コースも今までのままではだめで新しくする必要があります。(*1)その、料金体系が分かりにくく、良く検討してみると、料金は今より高くなりそうだからです。

 現在もっている契約は、SBMの基本料金2000円(2000円の無料通信付き)(*2)と、データ通信用の格安SIM 1040円です。これを新たにスマフォ契約に纏めると基本料金1980円 +パケット定額 +機種代金 になるわけですが、このパケット定額が 1040円よりは高いし、上限も使い方によって高くなりそうな注意書きもあったりします。格安SIMなら、どう使っても料金は変わらないので安心感があります。
 もっとも、なんと言っても使いたい機種が昨今のAndroid機とかiOS機ではなくSymbian機というのが一番の理由かもしれません。それに自作のPythonスクリプトで環境を整えてしまっているので、無闇に替えられないというのもあります。
 そんな現状の、自分の携帯電話事情です。

*1、*2: 元は月額3900円(無料通信2000円つき)ですが、長期使用の割引で半分になっています。無料通信分は通話でもパケット通信にも適用されます。なので、格安SIMと組み合わせると、人によっては(2台持ちが嫌でなければ)結構お得コースと言える場合もあります。一旦、この契約から離れると戻れないので、そういう意味でもそっとしたまま継続しています。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 5日 (火)

懐かしい表示に気がついた

2017-12-05(火)晴れ

 通話用のメイン携帯のSIMはSBM(現在、契約当時はvodafone japan )のものです。それを、大分前になりますが別の携帯に入れ換えました。パケット通信を使う携帯電話は、通話用とは別の携帯電話に格安SIMをいれています。もっぱら、後者を使うことが多く、通話が少ないので前者の携帯電話はあまり気をつけてみることがありませんでした。で、今日、ふと懐かしい表示があることに気がつきました。

Ssce0727a

 一番上の行のキャリア名表示です。懐かしい「vodafone」の表示が出ています。このSIMはvodafone japan 時代に契約した赤いSIMですが、契約内容の変更などもないので、そのまま赤いSIMです。(料金プランも十何年か前のままです。)それでも、キャリアから(SBMになってから)買ったX02NKではSoftbankの表示が出ていたと思うのですが、今回はキャリアの携帯電話ではないからSIM内のデータで表示されているようです。
 今頃気がつくなんて如何に画面をいい加減に見ているかということと、懐かしい表示だなと思った日でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 1日 (金)

Nokia E7-00 楽曲検索アプリを使ってみた Shazam

2017-12-01(金)曇り

 Nokia E7-00 のメールアプリを色々と弄っているときに、プレインストールされているアプリ「Shazam」に気がつきました。もちろん、以前からアイコンには気がついていましたが、メッセージ(またはメールとかSNS)関係かと思って放置していました。Emozeと間違えていたようです。
 起動してみたら、設定などもしないでそのまま動くようなので動かしてみたら、楽曲検索のアプリでしたね(今更、何をいっているかと言われそうですが)。
 iPhoneだったかで話題になったときに、そういうアプリもあるんだなとは思いましたが、どの位使えるのか?、必要性があるのか?などと思っていました。今回、「Shazam」を動かしてみたら、部屋のラジオで流していた曲が一発で検索、表示されました。なるほど、これなら「あ、今流れている曲は何かな?」というときに便利かも、、と認識を新たにしました。何かのときには便利かなと思います。
 ただ、Nokia携帯電話だと、アプリのレジスト(あるいはライセンス購入?)は難しそうです。「Register Now」や、メニューからの「Registration Status」を実行しても、接続先のサーバが見つからないようでした。

Scre000068a   Scre000069a
(メイン 画面)        Registration Status 実行できず)

 試用版状態?で使用してみるしかないようです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月30日 (木)

Nokia 携帯電話 内蔵メールアプリと Mailbox Creator

2017-11-30(木)曇り

  (副題:Nokia's email configuration serverがなくなってからの、内蔵メールへの新メールボックス追加方法)

 昨日は Nokia E7-00 で色々なメールアプリを探してみた話しで ProfiMail の事を書きました。他にも色々ありましたが ProfiMailが一番素直な感じで、使いやすかったのでインストールしておくことにしました。 しかし、Gmail IMAP接続が成功していません。そこで、 内蔵メールアプリも何とか使えないかと試行錯誤していました。
 (取り消し線部分 2017/12/01 再設定でテストして動いたので削除・訂正しました。)

 Symbian ^3のOSになってからの内蔵メールアプリの問題は、昨日書いたとおり、Nokia's email configuration server が無くなったために、メールアプリで新たにアカウント(またはメールボックス?)が追加できなくなったことです。メニューから新しいアカウントを追加しようとすると、Configration Serverへのアクセスでエラーになってしまいます。この動作をスキップできません。
 そこで、色々と調べていたら、やはり解決策はありました。それが、「Mailbox Creator」というアプリです。このアプリで強制的に、内蔵メールアプリの中にアカウントを追加します。
 見つけた記事「How to set up a new mailbox in 2015 on Symbian/S60
  (Mailbox Creatorのモジュールも上記記事の中のリンクから入手しました。)

Scre000066a  Scre000067a

 Mailbox Creatorを実行すると、左の画面のように素っ気ない表示が出て終了します。メールアプリの中には右の画面のように、ダミーのアカウント(必ずGmailの名称のアカウント)が出来ます。あとは、これを編集して必要なアカウントにします。
 この方法で追加してからGmail IMAPの設定をしたら、GmailをIMAPでアクセスすることが出来ました。WEBブラウザ経由でのアクセスより簡単になりました。ただし、WEBブラウザ経由でのアクセスより、Gmail設定でセキュリティレベルを下げないといけないので一長一短です。
 取りあえず、内蔵メールアプリへのメールボックス追加が出来るようになったことでほっとしました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月29日 (水)

Nokia携帯電話用メールアプリ ProfiMail を使ってみた

2017-11-29(水)晴れ

 携帯電話といえば、何処を見ても iPhone、Android Phone 、そして少ないがWindows Phone 、お年寄り向けの楽々フォンの宣伝しか見られなくなりました。そんな中で、相変わらずNokiaのSymbian OSの携帯電話を弄っています。
 E7-00用のメールアプリを探していたのですが、良さそうなメールアプリを見つけました。「ProfiMail」というアプリですが、なかなか良さそうです。このアプリはV3.3x、V.3.4x のバージョンでは有料だったのですが、2016年、V3.58では無料になりました。NokiaのSymbian OSの携帯電話の新機種が出なくなったからだろうと思います。
 ProfiMailをE7-00にインストールしてみました。

Scre000062a

 特に問題なく動きました。見た目も良くて使いやすそうです。ただし、通常のPOP3サーバを使っているプロバイダメールは問題ありませんでしたが、IMAP方式でGmailを見るのは駄目でした。セキュリティ云々のエラーで弾かれました。Gmail側のセキュリティ設定を(簡易な方に)変更してみましたが駄目でした。まあ、Gmailは今まで通りWEBブラウザ経由で見ることにします。
 (2017/12/01 GmailのIMAPも再設定テストで動いたため削除・訂正しました。ただし、Gmail側のセキュリティ設定を簡易な方に変える必要があります。) 

 さて、何故E7-00の内蔵メールアプリではだめで、別のアプリを探していたかというと、内蔵メールアプリには2点ほど、弱点があったからです。
 第1に、メール本文が表示されないメールがあることです。

Scre000063a  Scre000065a_2
 (左)内蔵メールアプリ
 (右)ProfiMail

 左のように本文が表示されないメールがあります。右はProfiMailで受信したものですが、きちんと表示されます。どうも、本文が Untitle という名前の添付ファイル形式になっていると駄目なようです。これは、携帯電話メールのデコメールのときにも苦労した現象だったような気がします。

 第2に、2016年?にNokiaのメール設定サポートサーバが無くなってから、E7-00ではメールアプリの中で新たなアカウント設定が出来なくなりました。Symbian ^3の機種ではアカウントの設定はサポートサーバを参照して、設定を楽にする方式だったのですが、これが災いしてサポートサーバがなくなってから設定できなくなりました。
 こういう、サーバを参照する形式は良い面と悪い面があります。サーバが無くなることは想定していませんでした。
 この問題は、アプリのライセンスをサーバに参照に行くケースでも発生しました。携帯電話をリセットしてから再インストールすることが出来なくなります。ライセンスが確認できないから、未購入版と同じにしか動かないからです。
 そんな、ことでメールアプリを、色々試しているところです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月28日 (火)

またRPN電卓を使用するようになった

2017-11-28(火)曇り/晴れ

 以前、携帯電話のアプリでRPN電卓(逆ポーランド記法による入力操作の電卓)を使用していました。これは、タッチパネルの携帯電話ではなかったので、画面にキーメニューを表示して操作するものでした。そういう意味では操作性の問題で、何となく使用しなくなっていました。本来は、ちゃんと電卓を購入すれば良いのでしょうが、そこまでの必要性は感じていなかったということでしょうか。
 そこで、E7-00にEasy RPNというアプリを入れて使用を開始しました。

Scre000061a

 RPN電卓は、ある範囲の方々の中では熱狂的に支持されています。私は、そこまで使用しているわけではありませんし、熱く語る知識も技術もありません。でも、使ってみると私の感触では意外と使いやすい気がします。まあ、通常の電卓でも、自然表示式入力の電卓でも、RPN電卓でも問題ない程度の計算しかしていないのですけれど、、。どの電卓でも、ばりばり使うなら電卓そのものを購入した方がいいですね。液晶に表示されたキーより、本当のキーがあった方が使いやすいと思います。
 RPN電卓の場合はスタックを使用するわけですが、その数によって扱える括弧の深さや式の複雑さが変わります。上記のアプリでは、X、Yの上に15段のスタックメモリがあります。はっきり言って、ここまであっても使い切れない気はします。
 使い続けてみる予定です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月24日 (金)

香港「3」プリペイドSIMのリチャージ 3G Inter.. SIM

2017-11-24(金)晴れ

 香港「3」プリペイドSIMは、色々な理由をつけて何枚か保持してきましたが、現在では最後の一枚だけ保持して、他は期限切れにして終了させてきました。残った一枚が 「3G International Roaming Rechargeable SIM」 ですが、昨日期限切れの日がきたので、インターネットからチャージを行いました。プリペイドSIMの期限はチャージから180日なので、必要がなければ期限切れにしてしまって、必要になったとき新たに(安いのを)買うという手もあります。しかし、その時に手間と時間がかかりますし、チャージは半年ごとに100HKDで月にして250円、コーヒー1杯くらいなので保持したままにしました。趣味の話しなので、コーヒー1杯くらいなら良いか、という無駄遣い屋の理論です。

 さて、その期限の話しですが、前回と前々回は残高が充分だったからか、チャージしなくても自動延長されていました(前前々回は駄目だった)。今回は当日になっても延長されていないので、やむなくチャージしました。この辺の動きがよく分かりません。
 前回の記事 「香港「3」プリペイドSIMの期限が来た 3G Inter.. SIM

 まあ、自動延長されたら「ラッキー」くらいで見ていようと思います。
 テスト用SIMですが、あまりPythonスクリプトも弄らなくなった今では、何のテストに使うのか?必要性が見えないSIMではあります。ただ、電話番号は同じまま保持しておきたいかなと思ってチャージしています。

--------------------------------
以下は、自分のメモのためのデータ

 過去の状況自動延長状況
    時期      残高    自動延長
  2016年 5月    88      ×
  2016年11月   174      ○
  2017年 5月   159      ○
  2017年11月   138      ×

残高推移

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       
 残高チェック日   有効期限    残高(HKD)  引かれているAdmin Fee 注1
2016/11/12 2017/05/15 174.12
2017/03/22 2017/05/15 161.62 11月~3月の5ヶ月分 
2017/05/12 2017/11/23 159.12 4月分
2017/05/25 2017/11/23 156.62 5月分
2017/11/04 2017/11/23 144.12 6~10月の5ヶ月分
2017/11/17 2017/11/23 141.62 11月分
2017/11/23 2017/11/23 138.42 SMS に3.2HKD 使用した
2017/11/23 2018/05/22 248.42 100HKD チャージ、10 ボーナス

  Admin Fee は2.5HKD/月
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧