音楽

2019年8月25日 (日)

ギターサークルの練習に行ってきた(2019-08-25)

2019-08-25(日)曇り/晴れ

 ギターサークルの休日練習に行ってきました。月1回の集合練習だと、私も含めて普段の練習が少なくなるらしく、合奏もなかなかつながりません。キリの良い段落毎に切りながらの練習になります。家での個人の練習も、やろうやろうと思っても、なかなかやらないんですよね。フォークグループを結成している友人達のグループの各メンバーは、多分毎日とか3日に2回くらい練習していそうで凄いなと思っています。思うだけで、なかなか自分の腰は上がらないのですが、、。
 昨年に比べると、メンバーが都合で2名抜けた状態でメンバーが少なく、パート的にピンチです。最悪は指導の先生にも入っていただくか?などと相談していました。が、以前在籍していいたが都合で離れていた人を、助っ人としてお願いしました。何とか、今年も秋のギター合奏フェスティバル本番に参加できそうです。ただ、演奏の仕上がりはまだまだ(仕上がり云々より、全部通して弾けていない、、、orz)です。来月の一泊二日の合宿練習に期待です。
 そんな状況を確認した練習日でした。

 

| | コメント (0)

2019年7月21日 (日)

ギターサークルの練習に行ってきた(2019-07-21)

2019-07-21(日)曇り

 今日はギターサークルの休日練習に行ってきました。集まっての練習は月に一回なので、前回は6月の終わりでした。前回の練習日の前は3週間ほど、1~2日に1回くらいの頻度で練習しておいたので弾けましたが、その練習日の後は個人練習をさぼっていたので今回はボロボロでした。他の方も忙しかったりして練習できていないみたいで、なかなか合わなくて大変でした。やはり、普段からの地道な練習が大切だなと実感しました(毎回、同じ感想を抱いていますが、、)。
 まあ、今回大変だったのは、都合で休みの人が多くて、パートが抜けてしまっていたりするからです。合奏で、部分部分でキーとなるパートの音が聞こえてこないと、いつもと勝手が違って弾きにくくなります。自分のパートですが、ずーっと音符があれば良いのですが、途中途中で音符のない小説があったりすると、頭の中で拍をカウントしないと分からなくなります。
 休日練習もあと3回くらいで本番が来ます。もう、今年も半分を大幅に過ぎているわけで、時の過ぎるのは早いものです。

 

| | コメント (0)

2019年7月18日 (木)

インターネットラジオ雑感

2019-07-18(木)曇り、ときどき日差しあり、夜から雨

 2年くらい?前からは、家の中で殆ど常時スイッチオンにしているのはインターネットラジオです。テレビは見ていないといけないですし、通常のラジオ放送も、特別に聴きたいものがある場合以外は、プログラムが細かくて面倒です。インターネットラジオの音楽を、有線放送の音楽みたいにBGMとして流しています。一番良く聴くのは{60’s」(1960年代のヒット曲、おもにロックンロールが多いか)、「70’s」とかカントリー・ブルーグラスのチャネルでしょうか。希にジャズのチャンネルを聴いたりします。チャンネル毎にジャンルが別れているので、BGMとしては聴きやすいですね。
 インターネットラジオはGrace Digital社の「GDI-IRC6000」 Mondo です。

Dscn1605a  

 既に一台目は液晶がおかしくなったので、2台目です。なかなか気に入っている機種です。
 さて、ずっと聴いていると(局によるのかもしれませんが)、プログラムはある程度決まっていて、ある周期で繰り返しになるようです。まあ、これは仕方がないかなとは思います。でも、同じ「60’s」でも、いくつもチャンネルがありますから、何日か経ったら別のチャンネルに切り替えたりします。

 そんなことをしていたら、中には聴いているときにブツ切れになる局があります。どうも、音楽ファイルの転送が間に合っていないようです。ある程度のバッファーリングメモリはあるのですが、そのバッファーリングが0%になってしまうので、暫く待ってから再生が再開されるわけです。前回聴いたときはそんなことはなかったはずなのですが、原因が分かりません。無線LANルータやADSLモデムのランプを見ていると、データ転送が止まって応答待ちになっているような感じです。私の家の回線容量が不足しているのかなと思ったのですが、他の局にすると問題なく聴くことが出来ます。人気のあるジャンルでアクセスが多くて、サーバがビジーになるのでしょうかね。
 局は沢山あるから特に困ってはいませんので、様子を見ながら聴いていこうと思います。

 

| | コメント (0)

2019年6月30日 (日)

第7回 雨宮門下生演奏会 が終わった

2019-06-30(日)雨/曇り

 今日は、「第7回 雨宮門下生演奏会」本番の日でした。大雨とかの天気予報があったりして心配しましたが、時々小降り程度で助かりました(出演者も、出演者に頼まれて聴きに来る方も、、)。演奏会としても、出演者全員も、問題なく終了してほっとした日でした。今回は、「日本語の美しさ再発見」というテーマで、ごく一部を除き日本語の歌です。日本語の歌ということは、さらに殆どの曲が日本の曲でした。日本の曲と言っても、オペラから動揺、歌謡曲に近いものもありました。身近な曲は覚えやすい反面、皆さんも知っているから逆に難しい面もあります。荒城の月、赤とんぼ、落葉松などは、郷愁もあって、しんみりと聴き入ってしまいました。
 さて、自分の出来はどうだったか、、、総合的な出来としては、レッスン、ピアノ合わせ、前日リハに比べて一番良かったと思っています(声の出具合とか、盛り上がり部分の盛り上げ具合とか)。最後の締めの前で少し間違えて危ないところでしたが、その後の盛り上がりをいつも以上に出来たので、リカバリできたと胸をなでおろしています。何より、止まらずに普通に進めたので良しとしました。何とか、打ち上げ会のビールをおいしく呑むことが出来ました。
 ということで、今年の課題の一つが終わりました。
(自分では写真は撮れないので、カメラマンが撮影した写真が来ないと画像が有りません、残念、、。)

 

| | コメント (0)

2019年6月29日 (土)

雨宮門下生演奏会の、現地会場リハーサルに行ってきた

2019-06-29(土)雨/曇り

 明日は、いよいよ「第7回 雨宮門下生演奏会」(声楽レッスンクラスの生徒さんの歌です)の本番です。会場は「大和市文化創造拠点シリウス サブホール」です。ということで、本日の夕方に、ホールでのリハーサルが行われました。やはり、一度実際の場所を経験しておくのは力になります。大和市文化創造拠点シリウスには初めて入りましたが、色々あるし、綺麗でなかなか凄い施設です。今回は時間がなくて1階のサブホール近辺しか見られませんでしたが、こういうのがあると、なかなか良いなあと思いました。

E52p195a (シリウス サブホール) 

 今回使用するサブホールです。この演奏会(発表会)も、色々な場所でやっていますが、使いやすい感じで良いホールです。こういう所でやると、気分が乗りますね。リハーサルということで、概ねプログラム順に一度歌いました。私は早めの順番なので早々に終わりました。帰路に時間がかかるので、半分ほどのtころで帰ってきました。
 さて、明日はどうなることか、、、(天候と、自分の出来具合が)

 

| | コメント (0)

2019年6月23日 (日)

ギターサークルの練習に行ってきた(2019-06-23)

2019-06-23(日)曇り、午後いちじ雨

 今日はギターサークルの休日練習に参加してきました。何年か前から集合しての練習は月1回になっていることと、先月は都合で欠席したため、凄く久しぶりの感じがしました。実際、メンバーには2ヶ月会っていない事になりますから久しぶりなのは当然でしょうか。
 今年の合奏の楽器編成は試行錯誤していましたが、何とか先月の練習のときに固まったようで、今日はその構成で練習しました。昨年まではアルトギター(パート1、2)、プライムギター(パート1、2)、バスギター、コントラバスギターのような、幅広い楽器、パート編成でした。今年は(来年以降も?)プライムギターをメインにするという方針で、冬から試行錯誤していましたが、先月の練習のときに概ね決まりました。楽器を変えると楽譜の修正が必要なので、楽譜を変えながら試していました。今回は、プライムギター(パート1、2、3)、バスギターの構成になりました。どんな演奏になるか、本番が楽しみです。
 プライムギターをメインにしたのは、各自が徐々に個人的にプライムギターを購入して、合奏用のサークル所有の楽器より質の良いものが揃ってきたことも関係しています。音も良くなりますし、何より慣れ親しんだ自分の楽器を使えるのが大きいです。
 ただ、アルトギターやコントラバスギターのパートが無いと、柔らかい感じではありますが華やかな感じとか重厚感が若干感じにくくなります。その辺が、心配ではあります。
 今回はフォスターの曲とバッハの曲ですが、バッハの曲は速い音符が沢山並ぶ曲なので弾くのが大変でした。それでも、6月に入ってから毎日のように練習した甲斐があり、何とかついていくことが出来ました。とはいえ、まだまだ演奏が不安定なので、今後も地道に練習しないといけないなと思いました。そんなこと考えながら練習した日でした。

 

| | コメント (0)

2019年6月18日 (火)

久しぶりに昔のメトロノームを取りだした、、やはり大きいな

2019-06-18(火)晴れ

 先々週あたりからギター合奏の曲の練習を始めました。楽譜を見ての音拾いから始めて、何とか音拾いは終わりました。まだ、まともには演奏できませんが、楽譜の何段か毎に区切れば、少しは弾けるようになってきました。しかし、短い音符が沢山並ぶ速い曲は、テンポが安定しません。たとえば、8分音符が並ぶところから16分音符が並ぶところへうつると、8分音符の長さからみた16分音符より速くなります。こうやって、徐々に引っ張ってしまうので速くなり、最終的に苦しくなるのです。
 ということで、感覚を掴むためにメトロノームを取りだしてきました。これは35年くらい前に購入したものです。放っておく期間が長くても壊れもせず動いています、本当に丈夫です。

 Dscn2794a  

 下がメトロノームで、上はサイズ比較の携帯電話です。このメトロノームは大きくて持ち歩きには不便ですが、テンポ(速度)、ビート(拍)、電源と音量のスイッチが個別になっていて設定が楽です。最近のは随分と小型ですが、設定をアップダウンキーで行ったりするので、手数がかかったりして面倒です。
 さて、とりあえずメトロノームを聴きながら弾けば、8分音符の連続と16分音符の連続での速度のズレはよく分かりますので、これで感覚を身につけておきます。機械に頼るのは邪道だ、そんなのは要らない、、とかの意見もありますが、やはり基本を押さえて出来るようになってからやるのも大切かなと思います。
 そうやって練習を進めています。

 

| | コメント (0)

2019年5月27日 (月)

暑い日が続いている、、ハワイアン音楽が良いかな

2019-05-27(月)晴れ

 5月としては記録的な暑さとかで、あちこちで猛暑日になるような暑い日が続いています。当地では、そこまで気温は上がっていないと思いますが、室内の寒暖計が30度近くになっています。外は、直射日光に当たると辛いですが、日光を遮れば湿度の低さもあって、まあまあ我慢できる範囲でしょうか。
 さて、花粉の時期は窓を開け放てなかったのですが、今は家中の窓を開け払って風をとおしていると良い気分です。そんな部屋でインターネットラジオを聴き、お茶を飲みながら本を読むと穏やかな日だなと感じます。聴く音楽は、、、先日までは1960年代、1970年代のロックンロールとかカントリーでしたが、こんな陽気の日はハワイアン音楽が良いかもしれません。久しぶりに、インターネットラジオに繋いであるUSBメモリからハワイアン音楽を流しっぱなしにした日でした。

 

| | コメント (0)

2019年5月26日 (日)

声楽レッスンクラスの発表会(演奏会)

2019-05-26(日)晴れ

 健康のためにと声楽レッスンクラスに通って大きな声を出しています。普段は声を出す機会は少ないので、良い健康法になっています。私の第一目的はそういうものですが、一応歌も習います。
 さて、同じ講師の方が幾つかの市のカルチャー教室で教えていますので、そのクラスが集まっての発表会(演奏会といいなさいと言われますが、、)が6月の末にあります(下にパンフレットなどを載せました)。演奏会は、隔年で実施されています。今日は、伴奏のピアニストの方とのピアノ合わせ2回目が行われました。講師の方のレッスンでの練習の他は、2回のピアノ合わせと前日のリハーサルがあって、その後は本番です。今回は、その2回目のピアノ合わせでした。出来上がり程度は、各自色々のようでした。私は、、、、仕上がりは悪く、途中で歌詞を間違えてしまいました。ま、いいか、、、。

 パンフレットを受け取りましたので、せっかくなので掲載します。自分のメモ/電子ファイルの保管庫代わりでもあります。

--------------------------------ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第7回 雨宮門下生 演奏会

 隔年で実施しています。
 今年のテーマは「日本語の美しさ再発見」  基本的に日本語の歌を歌います。

 日時 2019年6月30日(日)
     開場 12:30 / 開演:13:00 / 終演17:00(予定)

 場所 大和市文化創造拠点シリウス サブホール
     小田急江ノ島線・相鉄本線 大和駅から徒歩3分

 入場無料 全席自由席

Dscn2786a  Siriusmap

  パンフレット                     シリウスの地図

 本番は間違えないと良いなあ、、、。

 

| | コメント (0)

2019年4月29日 (月)

声楽レッスンクラス発表会のためのピアノ合わせ(1回目)に行ってきた

2019-04-29(月)曇り、深夜から雨

 自分としては健康の為に大きな声を出そうという目的で、カルチャー教室の声楽レッスンクラスに通っています。このカルチャー教室のクラスは、近隣のいくつかの市にもあって、一緒になって隔年の6月に発表会が実施されます。生徒さんは、基本的に全員出ましょうとのことで、私も一曲歌うことになっています。今年のテーマは、日本語の歌を、、ということになっています。
 今日は、伴奏を務めて下さるピアニストの方とのピアノ合わせに行ってきました。13時から18時まで、20数名が、ピアニストの伴奏で歌ってみて、ああしたい、こうしたら、、と相談したりアドバイスを戴いたりします。来月に2回目があって、6月の本番を迎えます。
 他のメンバーの方は歌うことが好きで長くやっているし、実力のある方なので、聴いているとなかなか素敵です。自分は、、、、まあ、止まらずに最後まで歌えましたから良しとします。3月~4月は喉が痛かったり風邪気味だったりしてレッスンを休んだりして、まだ、2回くらいしかレッスンで練習していないので、まあ、仕方がないでしょう。これから追い込みです。
 それに自分の当初の目的から、歌への力の入れ方が他のメンバーより温度が低いと思います。多くのメンバーはクラス以外でも指導を受けていますし、歌劇団を結成して練習したりしていますから、、。
 それでも、通い始めた頃に比べれば、音域も(主に高い方に)広がって歌も歌いやすくなりましたし、声も出るようになりました。昔は掠れたような小さな声で、会話でも聞きにくかったようですが随分と改善しました。飲み会のようなうるさいところで長い時間会話すると、昔は次の日に喉が痛かったのですが、ある程度クラスに通ってからは無くなりました。
 声を出すようになりましたから、健康のためには次は大いに笑うことでしょうか。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧