学問・資格

2012年2月25日 (土)

大学生の学力のニュース

2012-02-25(土)雨、のち曇り

 昨日、NHKのニュースだったかニュースに続く番組だったかは忘れましたが、大学生の学力についての話がありました。小学生の問題も満足に解けない人が、大学生にかなりの割合でいる、、という話でした。例えば、分数の計算が満足に出来ない、、とかでしょうか。だから、そういう教育からやらないといけないのが問題になっているらしいとか、、。

 でも、計算できた人が、大学生になって遊びまくっているうちに計算できなくなった、、と言うのでは無いですよね。元々、ずっと出来なかったわけですから、考え方が逆かもしれないです。 即ち、そういう人でも高校や大学に入学できたり卒業できたりするということでしょう。入学させたんだから教育するしかないでしょう。

 昔、すなわち私たちが学校へ行っていたときだって、かなりの年になっても、上記のように計算が出来ない人はいたと思います。ただ、中学は義務教育だから無理矢理押し上げて卒業させたかもしれませんが、高校とか大学は数が少なくて狭き門になっているから、それなりに学力のある人でなければ入れなかったわけです。いまは、学校の数が多いから、入学できてしまう、、というだけでしょう。

 では、昔の時代、上の学校には入れなかった人はどうなのかというと、それも普通の事でしたから特別困ったわけでもないわけです。ちゃんと、就職して普通に暮らしていました。上の学校になるほど人数が少なかった時代ですから。今は、「大学卒業」というのが、昔の「高校卒業」とか「中学卒業」とかに相当するような、(学校数と学生年齢の人口の)関係になったということでしょうか。

 教育を受けるのには楽になった時代と言っていいのか、逆に自分で頑張って勉強しないと先まで進めないというのか、難しいですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月11日 (水)

夏休み、、難しい本を読むかな

2010-08-11(水)晴れ、のち曇り

 夏休みです。といっても、当方は生活に大きな変化があるわけではないですが、若干は変化があります。一番は、(夏休みのため)ギターサークルの練習がないとか、スイミングスクールも一週間の夏期閉館になっている、とかです。ですから、通常よりは少し時間に余裕があります。

 以前(十数年前)から、夏休みは難しい本を、気合いを入れて読むことにしていました。もっとも、気合いを入れるのは開始するときだけで、後は居眠りが出たり、仕方がないから昼寝にしたり、、としまらない状態ですが。

Dsc02990a

 以前は、この本を何回も読みました。読んでも何ヶ月かすると忘れるので、次の年も読むなどという無惨な状況でした。でも、読んでいるときは楽しいんですけどね。この本は、気合いを入れるため自費購入でした。

Dsc02991a

 今年は趣向を変えて、こんな本を図書館から借りてみました。何処まで読み進められるか、自分でも不安ではありますが、、。良いお昼寝の共になっちゃったりして、、、(笑)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

大団円、チャロ、、

2009-03-21(土)晴れ

 大団円です。

Dscx608b NHK英会話講座「リトル・チャロ」より

 以前に、テキストの最終回だけ買ったと書き、時々布団の中或いは風呂の中で聞いた、NHK英会話講座「リトル・チャロ」ですが、1年間の講座の最終回で「大団円」になりました。大団円、、、古いかな、最近ではこう書かないですね。

 でも、戦前の作家の少年冒険小説などでは、最後は必ず「大団円」で締めくくりました。しかも、98%位のページを費やして艱難辛苦を乗り越えてきて、最後の2%位、二百ページ以上の小説でもページにして数ページで急転直下に解決、みんなハッピーハッピーというのがお決まりでした。いや、それで良いんですけどね、それが楽しみで読むんですから(笑)。

 さてチャロも第49話で、すべてが歯車のように良い方へ良い方へまわり、ハッピーハッピーエンドになりました。あと1回、回想シーンの回が残っているようですが、基本的には今週で最終回です。皆さん、お疲れ様でした。

 さて、来年度(4月からまた始まるようです。)は、きちんと聞いて英語会話の力を伸ばすかなあ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)