パソコン・インターネット

2019年4月12日 (金)

不審な電話や迷惑メール

2019-04-12(金)曇り、いちじ晴れ

 不審な電話や迷惑メールについては、それぞれ動向が変わって来ているかなと思います。

 不審な電話は増えていますね。一番、不審なのは当方が出て「もしもし」と返事をしているの切れてしまう電話でしょうか。間違い電話なら、気がついたときに慌てるので、「あ、すみません」位の言葉が咄嗟に出てしまうと思うのですが、それもないということは詐欺に向かない、、と判断して切ってしまうのでしょうか。詐欺といわないまでも、無理な売り込みに向かないと判断したか、、、あ、無理な売り込みは詐欺に近いのかな。
 従って基本的には、家の電話は留守電にしています。用事の最中で直ぐに出られない、、ということも多いですし、「留守電/非留守電」をこまめに切り替えるのも面倒ですし、、。
 直ぐに出られる状態のときでも、知っている人の番号以外のときは、直ぐには出ません。 フリーダイアルの電話は、掛けた側は個人的な用事ではないので、セールス、お知らせ、、、等でしょう。きちんとしたところなら、何らかの録音を入れてくれます。録音もないということは、連絡が取れなくても構わないというところですから、これで良いのでしょう。実際は、留守電応答で直ぐに、あるいは時間監視で自動切断するところが多いようです。
 フリーダイヤル以外でも、一旦留守電応答が始まるまで待ちます。相手が普通の人だったり、留守録音に入れようとしたら、慌てて飛んできたという態で電話にでます。セールス、詐欺その他だと、留守電録音を入れずに切るから、やはりこれで良いのでしょう。

 迷惑メールは数が減りました。以前(数年前?)は、一日に100~200通くらい来ていましたが、最近は4~5通くらいでしょうか。まあ、100%、迷惑メールフィルターにかかっていますが、、。時々フィルターのフォルダを確認していますが、迷惑メールと一目で分かるようなものしか来ていません。こんなのを出して効果があるのか?とか思いながらチェックしています。同じメールが短時間に複数来るとか、差出人が私自身になっている(題名は自分のメールとは大幅に関係ないような)メールとかです。
 それでも、ごく希に普通のメールを装った詐欺メールがくるから気をつけないといけないなと思っています。裁判とか訴えがどうのとか書いて不安をあおって連絡させるメールです。会社時代に多少そういう関係に首を突っ込んだ経験があっても、ちょっと不安をあおられるから、ごく普通の人だと慌ててしまうのでしょう。気をつけたいものです。

 

| | コメント (0)

2019年4月 6日 (土)

Python: 天気予報を待ち受け画面に表示する PyStnWeather_0_04_0(天気予報コム版)が動かなくなった

2019-04-06(土)晴れ

 天気予報をNokia携帯電話の待ち受け画面に表示するための、天気予報コム版のスクリプト PyStnWeather_0_04_0 を起動してみたら動かなくなっていました。データを採取して調べたら、以下のような内容でした。
(1)天気予報コムのサイトのアクセスが https 化されたため、現状のままでは動かなくなった。
(2)ページのデータも少し変わったようで、天気予報データを取り出すときの検索キーワードや処理を変更する必要がありそうだ。

 今まで花粉情報とか天気情報(特に天気予報)の取得先は、色々と変えてきました。gooモバイルとか、goo PCサイト、J-Walker、天気予報コム、天気JPなどです。今回の天気予報コム版のスクリプトが動かなくなったことで、現在動いているのは天気JP版だけになりました。ということで、今後は天気JP版だけにすることにしました。
 Pythonスクリプト雑記の PyStnWeather_0_04_0(天気予報コム版)の項 「19.2 天気予報コム 天気予報版」 は取消線で消しました。

 今後は以下の3種類に集約することにして Pythonスクリプト雑記 を修正予定です。

 (1)天気予報 天気JP 待ち受け画面表示用 PyStnWeather 100_0
 (2)天気予報 天気JP ブラウザで見る版   PyStnWeather_T 005_0
 (3)花粉情報 天気JP ブラウザで見る版   PyStnPollen 007_0

 httpsアクセスなどのセキュア通信化対応は、借りているサーバに立てたプロキシ?エージェント?みたいなものを通して通信することで対策しました。これで、Python 1.4.5 でも動きます。
  「perl:プロキシ?、またはhttp変換?”のようなもの” を作る その3

 

| | コメント (0)

2019年4月 3日 (水)

WEBの機械翻訳、、便利だが気をつけないといけない点もあるなあ

2019-04-03(水)晴れ

 WEBで外国のサイトの記事(英語のサイトしか読めませんが)を読むときに、最近は面倒になって、インターネット上の機械翻訳を使わさせて貰うこともあります。さらっと、どんな内容か見当をつけるときは便利ではあります。取りあえず、ブックマークしてあるのはグーグル翻訳とエキサイト翻訳です。両者は時と場合、分野とかで一長一短かなとは思います。それぞれ、長所短所が異なるのでしょう。
 WEBで見る場合、検索から入るから、私の現状ではグーグル翻訳が便利に感じています。以前は、必要な部分だけコピーペーストして翻訳していましたが、最近は検索リストで、「このページを翻訳する」をクリックするからです。

 そんなことで、先日来RPN電卓アプリ「Calc]を弄っていたので、Calcのサイトの説明を読むときに、この機械翻訳を使用しました。さらっと読めて大体のことが分かったから凄く すくわれ(救われ)ました。ただ、気をつけないといけない点もあるなと感じたこともありました。きちんと、翻訳前後のものを見ないと、細かい点で すくわれることがあります、、、足を、、。

Manu02  

 上記翻訳結果の下の行です。Calcは多段のスタックをつかうことができ、それは画面に全て表示されます。なので、この説明からは 左 → 中 の画面のようになると思いました(スタック下段の2行の数字が追加される)。でも、実際は 左 → 右 の画面のように変わります。

Scrh000027  Scrh000028  Scrh000029  

 原文を見たら下図のようでした。

Manu01  

 即ち、原文の単語は add で、欲しかった訳としては「加算する」だったわけです。

 この省略された短い文から見ると、「追加」でも「加算」でも正しいわけです。実際、グーグル翻訳では2つの要素の「加算」も「追加」も add で出てきます。あとは、全体の説明とか、Calcがどういうアプリかという、大きなところから判断しないといけないわけです。どうしても区別したければ、原文としては calculate と言うような単語を入れるような形で、完全な文の説明文が良いのかもしれません。ちなみに、 Calc のWEBでは、おなじ要素を追加する説明では duplicate という語を使って区別しています。だから、きちんと全部読めば区別が付くだろうとは思いますが、、。
 今回は、便利だけど頼りきるのも問題かなあと思いました。

 

| | コメント (0)

2019年3月29日 (金)

処方箋転送サービス「スマホよ薬」を、自分のスマートフォンから利用した

2019-03-29(金)曇り、のち少し晴れ

 以前、処方箋転送サービス「スマホよ薬」を使ってみたことを書きました。ただ、私のスマートフォンは古くて、そのブラウザでは「スマホよ薬」との通信が出来ません。そこで、1回目は家のPCからアクセスして転送しました。で、何とか自分のスマートフォンから転送できないかと考えたのが前回でした。
  前回の記事 「処方箋転送サービス「スマホよ薬」を、自分のスマートフォンから利用する

 これは、間に入るエージェントあるいはサーバ?を介して行えば出来るかなと言うことで、Opera mini で行なってみようかという考えでした。 Opera mini ブラウザはOpera mini 用のサーバを介して通信しますから、最近のサイトとも問題なく通信できるはずです。(スマートフォンと Opera mini サーバの間は従来どおりの通信を行う。)
 今週はじめに、転送サービスを使っていない医院での診察があり処方箋が出たので、早速Opera mini で行なってみました。問題なく、さくっと転送できて、行ったときには薬の準備も終わっていました。一番大変だったのは、スマートフォンで処方箋の写真を撮ることでした。手持ちで撮影すると、綺麗に撮るのが意外と難しいんですよね。もっとも、傾いていようがどうだろうが、読めればいいわけですが、、。

 ということで、上記の懸案が一件、片付きました。

 

| | コメント (0)

2019年3月22日 (金)

フレッツADSL終了予告と光回線へのお誘いのお知らせ

2019-03-22(金)晴れ、のち曇り

 今時の方から見ると、「え、まだ光回線じゃないの?」とか言われそうですが、当宅はいまだにADSL回線です。まあ、それでも、特に困ってはいませんが、、。
 大分前に、フレッツADSL終了予告のお知らせが来ましたが、まだ4年先(2023年1月末)のことなので、そのままにしています。で、最近気がついたのですが、フレッツADSL終了予告だけではなく、光回線へのお誘いというか切替のお願いというかも一緒になったお知らせのお手紙が頻繁に届いています。3月だけで2回来ているような気が、、、。
 まあ、NTTとしては、早く光回線に切り替えて貰ってADSL回線をなくしたいでしょうし、何より、期限間近になって大量に切替依頼が来られても対応が難しくなるかもしれません。時間を掛けてぱらぱらと平均的に作業が発生してくれる方が、お互いに都合が良いでしょう。ユーザ側としても、自分の都合の良い日時が指定しやすくなるでしょうし。
 ということで検討したのですが(いや、それほど真剣に悩んでいるわけではないですが)、昨年の検討結果と変わらずです。結論は、、期限間近まで様子を見る、、、です。理由としては
 (1)わざわざ切り替えても安くはならず、むしろ高くなる。
 (2)そこまで(高くしてまで)して切り替えたいほど困っていない(ADSL回線で充分)。
 (3)4年先に、それほど使っているか分からない。(それに格安SIM回線でも充分かもしれない。)
というような点です。まあ、問題点の先送りとも言いますが、、。
 暫く前に格安SIMを入れたモバイルルータ経由でPCを使ってみましたが、短期的には問題有りませんでした。問題は月に、インターネット接続にどの位のデータ量をつかうか、ウイルス定義ファイル(200MBくらい有りそう)の更新を何回行うかでしょうか。1~2年の間に、何ヶ月かの長期テストが必要かなと考えています。

| | コメント (0)

2019年3月21日 (木)

Nokia E7-00 用に unit coverter アプリを探した

2019-03-21(木)曇り、ときどき晴れ

 今更な感のあるSymbian OS の携帯電話 E7-00 ですが、PDA代わり、メールリーダ代わりに使うかなと思っています。そこで、今回、喉が痛くて家にいる時間が多いことから、色々なアプリを探して環境整備をしようとしていました。ここで問題になるのが、やはり時代に取り残された機種の悲哀でしょうか。欲しいアプリが売っていなかったり(販売をやめている)、あるいは会社自体が無くなっていたりするわけです。モジュールそのものは手に入っても、レジストキーが購入できないのでデモ版使用しか出来ないわけです。
 そうやって探していたら、良心的な会社を見つけました。「この会社」とか「この会社」です。アプリは Android や iOS 対応にシフトしているわけですが、Symbian 用はフリーにしていました。即ち、最終バージョンをバージョンアップして「レジストキー入力チェック」をはずして、自由に使えるようにしています。記述としては
 ・フリーです。
 ・As is で使用してください。
 ・いずれ、サポートはやめます。
というわけです。こういう処置は、しつこく使用しているユーザには涙がでるほど有り難い話しです。
前述の前記の会社のアプリでは 「BestTimer」、「BestConverter」を、後者の会社のアプリでは「PhotoViewer」、「X-Plore」、「ProfiMail」をインストールしています。大分、環境が整ってきました。

 ところで、インストールしたBestConverterでは面白いことに気がつきました。BestConverterは単位変換のアプリ(1.5マイルはなんKm?というような)です。67カテゴリで1100以上の単位を内蔵しているとのことです。国によって色々な単位があったりしますから数が多くなっているようです。さすがに、日本のはないだろうと思ったら、尺貫法も入っていました、凄いですね。ただ、やはり無理をしたのか誤りや変なところがありました。

 Scrh000010a Scrh000009a 

 1 shaku(Jpanese) は0.303m で合っていますが、1 ken(Japanese) が0.0211m と良く分からない数値になっています。匁の他にhyaku-me というのもありますが、これは100匁ですから、別にして入れる必要はなかったような気がします。あと bu (多分分かな)が有ります。分は一寸の10分の1だと思いますが、1 bu が0.033m とこれも分かりませんでした。
単位を調べるのに良いアプリだと思ったのですが、少し残念なところです。

| | コメント (0)

2019年3月20日 (水)

WEB小説雑感 その11

2019-03-20(水)晴れ

 先日から喉が痛いと言って家にいる時間が長くなったので、以前にも増してWEB小説を読んでいます。で、またまた愚痴が出はじめます。題名で「その11」となっていることからも分かるとおり、今までも何回も愚痴をこぼしてきたと思うのですが、またまた言いたくなってしまいました。まあ、兼業作家というか本業が別にある訳だし、無料で読めるんだから仕方がないという言い方もありますが、、、。
 現在の問題点は、掲載更新が滞っている作品が多いということです。私のダウンロードリストも、途中経過のまま残っているものがずらーっと並び、リストを見るのが苦痛になってきました。
 更新頻度が下がり、、とか、なかなか更新されなくなり、そのうちに中断ではないかと思われるのもあります。更新頻度が下がっているのは、書籍化にも一因がありそうです。完結に近いところまで来たものを書籍化する場合はいいのですが、最近の書店のラノベ棚を見ると、ちょっと話が進んだだけのものまで並んでいます。作者が書籍化の対応に時間を取られて小説を書けないのでは?とか思ってしまいます。それと、早いうちに書籍化すると、書籍の巻数を増やすことに気を取られて、ストーリーの進みが悪くなります。なかなか、ストーリーが進まず、似たような日常の話しが続くのですが、そうなるとどうやって完結に持ってゆくのか分からなくなります。で、そのまま中断が続く、、のではないかと思っています。(本業の都合とか、病気とかの、作者の報告があるのは除きます。)
 WEB小説を読み始めて、ダウンロードアプリを自作した頃(そのときの記事)に読んでいた小説の作者は地力があったので、書籍化もしながら更新を続け、ストーリーの滞りもなく完結しました。こういうケースばかりだと安心できるのですが、最近は書籍が出ているからといっても完結するとは限らないようで、読み始めるときに心配します。
 そんな中、先日ダウンロードした小説の作者は完結まで書いて、推敲してから投稿予約して最後まで投稿するのだそうです。だから、投稿を開始したときに、投稿はいつからいつまで、と明記されていますので安心して待つことが出来ます。こういう書き方の方が、作者の精神的ストレス(追われている感)が軽減されて良いかもしれませんね。
 少し話しはずれますが、書いた後推敲やチェックをしてから投稿して欲しいと思う作者も居ます。誤字、脱字、入力ミス、日本語変換の誤変換はもとより、登場人物の人名取り違えもボロボロ、、という小説もあります。小説そのものは悪くないと思うから読んでいるのですが、興がそがれることもあります。
 そんなことを考えながら更新をチェックしています。

| | コメント (0)

2019年3月10日 (日)

携帯電話の設定、フォント置換の記録を電子ファイルにする

2019-03-10(日)晴れ、のち曇り、夜に小雨

 幾つかのNokia携帯電話を使用してきましたが、購入の後の設定のときには、必ず記録を残していました。ノートとか裏紙に書いたのですが、それでも次ぎに設定するときには参考になりました。大体、暫くすると実施した内容とか、やるべき順番、使うべきファイルなどを忘れてしまうからです。仕事時代に言われたのですが、やったことや結果を必ず記録に残す、、というのは大事なことですね、人間は忘れますから、、。
 さて、今回、Nokia E7-00 のフォント置き換えや、失敗による再設定などを行いましたので、それを記録に残そうとおもいました。で、今回は裏紙への記録ではなく、電子ファイル(テキストエディタによる文書)にしてみました。電子ファイルならば、自分の借りているサーバに入れておけば、外出先からでも見ることが出来ます。

E7setting0

 E7-00 2台の文書を作成しましたが、電子ファイルの場合はコピー、ペーストが出来るから、手で書くよりは楽に出来ました。
 今までの設定記録をどうするかが悩みどころです。沢山あるから、紙のままかなあ、、。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月28日 (木)

処方箋転送サービス「スマホよ薬」を、自分のスマートフォンから利用する

2019-02-28(木)雨

 昨日の記事で、私のスマートフォンは古いので処方箋転送サービス「スマホよ薬」を使えないと書きました。普通にスマフォのブラウザでアクセスすると下の画像のようになります。「Browser unable to connect to website」と言われてしまいます。

Scrh000005a

 それでも、何とかならないかと色々と考えていましたが、一つ思いつきました。間にサーバーというか、エージェントというか、仲介役を挟めばいいわけです。即ち、必要なセキュアな通信をしてくれるエージェントを介して通信するわけです。1往復のやり取りだけならば、以前、PyStnXXXXシリーズのために、自分が借りているサーバ上に作ったエージェント?(*1)で良いのですが、今回は何回ものやり取りが必要です。
 *1:「perl:プロキシ?、またはhttp変換?”のようなもの” を作る その2
    「perl:プロキシ?、またはhttp変換?”のようなもの” を作る その3

 で、思いついたのが、Opera mini  Browser を使うことです。このブラウザは、Opera mini サーバを介して閲覧するので、「携帯電話 - Opera mini サーバ」間は携帯電話側の仕様にしたがって貰えます。

Scrh000004a

 早速、アクセスしてみると問題なく表示されます。まだ、送信する処方箋がないので、実際の使用は今月末になりますが、使用できそうな目処がつきました。最新のスマートフォンにすれば、、?という考え方もありますが、今使っているものに未練がありますから、何とか工夫していく予定です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月27日 (水)

処方箋転送サービス「スマホよ薬」を利用してみた その2

2019-02-27(水)曇り、深夜から雨

 先週の記事で、処方箋転送サービス「スマホよ薬」を利用してみたことを書きました。このときは詳しく書かなかったのですが、このときはPCからの利用でした。私のスマートフォンは2011年頃の機種と古いので、その後の通信やWEBのセキュアな環境に対応できず、「スマホよ薬」サイトはアクセスできないのです。このため、医院から帰ってから、PCで送信しました。
 PCからの利用可否は保証されていないようですが、アクセスしてみたら利用できました。

4yakupc01

 画面がスマートフォン対応なので、画像のように真ん中に表示されるだけで見栄えは今一かもしれませんが、利用に支障はありません。考えてみれば、スマートフォンは無線LANなどでアクセスする場合もあるわけで、それで使えるとしたらPCから使えないはずはないと考えたわけです。(携帯電話のアクセスポイント経由以外を許していない場合は駄目ですが、、。)私はPCからWEBサイトをアクセスする場合も、軽く動くからという理由で、PCページでなくスマートフォン向けページを利用することがありますが、それと同じ感覚です。

 これで、当面利用したい医院の処方箋は問題なくなりました。この医院は家の近くなので、徒歩で通院して、一旦帰宅してから車で薬局へ行きます。だから、帰宅したときに家から送信しておけば良いわけです。
 ただ、帰宅の途中で薬局に寄るような位置関係では駄目ですから、何とかスマートフォンから送る手だてがないか検討を続けています。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧