パソコン・インターネット

2019年11月19日 (火)

ADSL回線サービス廃止後の検討 その2

2019-11-19(火)未明は雨、朝から晴れ

 昨日は、ADSL回線サービス廃止後の検討について書きました。検討結果を纏めながら、実際にテスト運用もしてみています。スマートフォン用に持っているデータ専用格安SIMと、以前に買ってあったモバイルルータを使用して、家のADSL回線のルータは止めています。このモバイルルータは、図書館へPCを持っていって使用するときのためのものでした。が、最近は図書館のPCを使うので出番がありませんでしたから、ちょうど良い機会でした。
 モバイルルータで使用して、毎朝、格安SIMのアカウントで毎日の使用量を調べて記録します。これで、使用感とデータ量を調べるわけです。

Dscn2885a  Dscn2884a

 左:モバイルルータ、本格運用するなら、いずれは据え置き型にした方が良いのかもしれません。
 右:データ量の記録です。

(1)データ量
 まだ10日間くらいですが、通常の使用量であれば、格安SIM最低額プランのバンドルクーポン(3GB/月)で充分そうです。WEBアクセスはもっとバンバンデータ量が必要かなと思ったのですが、動画を見ることは殆どないから平均50MB/日くらいでしょうか。これなら30日でも1.5GBくらいです。しかし、インターネットラジオを長時間使用するとそうもいかないようです。128Kbpsストリーミングで57MB/時、192Kbpsで86MB/時 くらいですから、一日に5時間くらい掛けっぱなしにすると300~400MB/日 になります(月30日、毎日聴いたとして 9~12GB)。格安SIMの低速通信と高速クーポンをうまく使わないといけないようです。それでも、バンドルクーポン12GB/月のコースなら、毎日平均5時間くらいは聴けるわけです。実際は毎日(月30日)聴くわけではないから大丈夫でしょう。昨日の料金比較表によると、このコースだと光回線にするより、トータル月額(電話、ネット接続、スマートフォンのSIM)が安くなります。それほどの差ではありませんが、、、。

(2)使用感
 速度的な体感では、ADSL回線で使用したときと変わらない感じです。ネックは回線よりも、他の色々なところ(自分のPCとか、サイト側サーバの負荷とか)にもありそうですしね。ただ、ある時間データのやり取りがないと、回線側のリンクが切れているらしく次のWEBページ更新の頭で、ちょっと息継ぎするような感じはします。ただし、私としては余り気にはなりません。

 ということで、当面はこの使用法でテスト継続する予定です。

 

 

| | コメント (0)

2019年11月18日 (月)

ADSL回線サービス廃止後の検討 その1

2019-11-18(月)未明は雨、朝から晴れ、深夜に雨

 ネット接続の回線には、現在フレッツADSL回線8Mbps契約を使用しています。8Mbpsなんて今では遅い回線ですが、動画をバンバン見るとかしないので、不自由は感じていません。さて、1年ほど前から、フレッツADSL回線サービス廃止の予告のお知らせが来ています。2023年1月31日でサービス廃止になります。使えるのはあと3年です。そこで時々、光回線への切替案内が来ます。光回線も、以前に比べると大分安くはなりましたし、現時点での切替ではNTTの都合という面が大きいから工事費無料のキャンペーンが続いています。
 で、どうしたものかなと考えるわけです。一番簡単なのは、電話も込みで光回線にすることです。しかし、光回線も安くなったと言っても、まだADSL回線の方が安い気がします。まあ、そこは光回線にすると速度が速くなるという点があるわけですが、ADSL 8Mbpsで済んでいるから、私の場合はメリットになりません。なにより、家の内外の配線工事をやりたくないのです。パテと塗装で固めて防水している引き込み口を開けたりしたくないですし、別ルートにする場合は家の内外に別に線(光回線)を引き回さないといけないですし、現在電話線に相乗りしているガスリモート検針の接続を考えた接続にしないといけないし、、と面倒だなあと思っています。
 ということで、光回線を引かないやり方を試行しています。それは、データ通信専用の格安SIMとモバイルルータを使った接続です。電話回線は今のまま銅線のままにして、ADSL回線サービスが無くなったら、家の中にあるADSLモデムとスプリッタをはずして返却するだけにします。ネット接続は格安SIMとモバイルルータにします。ただ、格安SIM接続の場合、通常のネット接続だけですと問題なさそうなのですが、問題はインターネットラジオです。必要な回線速度は遅いですが、一日に何時間も接続するとなるとデータ量が問題になります。

 ということで、色々検討をしています。裏紙や紙の切れ端に走り書きしていた検討結果を、図書館でノートに纏めました。 

Dscn2878a Dscn2880a
 左:まず、検討結果の走り書きを整理して目次を作成します。会社のドキュメント、論文などでも目次案を先に作りますよね。そうすると纏めやすくなりますし、抜けとか追加が必要な項目も分かりやすいわけです。
 こういうノートを書くときは鉛筆を使うのが好きです。鉛筆と鉛筆削りを持っていきました。
 右:格安SIMの料金プラン、SIM枚数による料金、高速通信クーポン量を一覧にして見やすくしました。
 

Dscn2881a Dscn2883a
 左:電話、格安SIMの料金プランの契約組み合わせで、月額の支払いがいくらになるか、色々なケースで算出して一覧にしました。
 右、インターネットラジオのデータ量、SIMの高速クーポン量における一日あたり接続可能時間などを一覧にしました。

 これらを見ながら、実際にテストして運用可能性を試してみています。もっとも、3年後にネット環境がどうなっているかとか、ネット接続をしているのか、とかの問題もありますが、多分今の延長かなと考えています。

 

| | コメント (2)

2019年11月 7日 (木)

データ専用の格安SIMを追加購入した

2019-11-07(木)晴れ

 データ専用の格安SIMを追加購入しました。

E52p276a  

 今回は、今持っているSIMの追加SIM(2枚目SIM)として追加しました。2枚目SIMとして追加した場合は、SIMは2枚になりますが1契約扱いなので、バンドルクーポンは増えません(毎月付いてくるクーポンは1契約分のみ)。その代わり、2枚目のSIMの月額は安くなり、1枚目の半分以下です。テスト用にSIMの枚数が必要な場合は便利です。バンドルクーポンが多い方がよい場合は、2枚目SIMとせず、普通に1枚目として追加する予定です。

 さて、SIMを追加した理由ですが、そろそろADSL回線が無くなったあとの(PCの)インターネット接続をどうするか検討/テストしようと思ったからです。定期的にというほどではありませんが、光回線への切替推進キャンペーンが行われるたびに、案内/勧誘電話がきます。
 電話とADSL接続を、そのまま光回線に置き換えれば簡単ですが、色々な切替などが面倒です。だから、光回線に切り替えなくて済まないかなと、ADSLの代わりにデータ専用格安SIMで代用運用してみようと思うわけです。ADSLが無くなるのは3年先なので、色々とテストしてみようと思っています。

 

| | コメント (0)

2019年9月20日 (金)

PC用データなどの置き場所に悩む

2019-09-20(金)晴れ

 そろそろWindows 10のPCに乗り換えないとまずくなってきました。自分のPCの中でやっているだけのことならば、今のPCでも問題ないですが、外部サイトが使えなくなりそうなものもありそうです。例えば、年明けに始まる確定申告作成コーナーなども、古いOSは段々と対象外になっていきますし、、。今使っているPCのOSをアップデートするというのは、PCの機能/性能が大丈夫かという点を除いても悩みどころです。OSのアップデートを掛けて、今使っているアプリや環境が動かないものが出てくると、その日から困る事もあるわけです。動かなくて困ると分かったときに100%戻せればいいのですが、それも大丈夫???と思ってしまうからです。
 ということで、今までOS更新は、今までのPCを使いつつ別のPCを用意して少しずつ環境構築、乗換を行ってきました。いつも新規で高いPCを、、なんて入手できませんから中古購入だったり、兄弟のお古だったりを貰って乗り換えてきました。今回は、さすがに買わないと乗換PCがなさそうです。安いPCを探さないと、、。
 この乗換方法だと、いつも悩んだり面倒なのがデータの置き場所と、場合によってはコピーです。データの置き場所としては次の3種類かなと思います。
  (1)メインPCのなか
  (2)USB接続外部HDD
  (3)PC外のデータサーバ(無線LAN接続)
  (4)ネットワーク上のクラウドサービス 

 現在まで、ずっと(1)の方法でした。PCを使う上では楽ですが、乗換時にPC間でコピーする必要があり面倒です。
(2)ですとコピーの必要はないですが、ノートPCに紐付き機器がつながって面倒なときもあります。
(3)はPCが紐付きになりませんが、サーバの設置と使い方(24時間動かしておくのか?)とか、セキュリティは大丈夫かなどの面倒さがあります。
(4)は設備準備の面倒はありませんが、サービスが廃止されたり変更になったりしないかという心配があります(特に無料サービスなど)。また、PC内とか外部HDDのデータを直接アクセスするような使いかたのアプリなどでは、一旦ダウンロードしないといけないかもしれません。それでも、乗換時のコピーとかバックアップの手間は無くて楽ですが、、。もっとも、一番の心配は、ネットワークがつながらないときはデータが参照できないという点かもしれません。
 今後、どれを採用してゆくか、次のPCの機種選定と共に悩んでいます。

 

| | コメント (0)

2019年9月 8日 (日)

FHPPCオフ会(2019年)に行ってきた(続き)

2019-09-08(日)晴れ、のち曇り/ときどき雨(台風15号が接近している)

 昨日のFHPPCオフ会の話題の続きです。オフ会では、持ち寄ったもののオークションが行われ、ワイワイ言いながら入札したりします。品物は様々です。オークション用にと出かけた先で買ってきた土産のお菓子とか行列して買うお菓子とかから、携帯電話小物、イヤフォン、携帯電話で制御するロボットの玩具やタブレットまであります。以前は欲しい人がぶつかって高値が付いたものも有りましたが、今回は比較的おとなしいオークションでした。
 さて、そんなことで私も一点、入手してきました。これから必要になるわけではないものですが、皆さんもそうだとみえて応札がなさそうだったので、場のにぎわかしに入手しました。開始金額のままの、最低価格での入手でした、昔は入手難だったり、高かったりしたものですが、、、。

Dscn2830a  

 これはHP200LX倍速化のためのものです。倍速化の為の水晶発振子はありません。ネームプレートや(廃)シール、ドライバFD等です。

Dscn2831a  

 こちらはHP200LXのメモリ拡張キットです。拡張用メモリ基板、ドライバFD、(廃)シール等です。
 手持ちのHP200LX予備機などは、概ね倍速、メモリ拡張済みなので、いずれも、これから使用することはありませんが、シールやネームプレートなど、話題用に入手してきました。まあ、オークションに応札がないのも寂しいですし、、。
 また、戸棚の肥やしが増えてしまったかもしれません。

 

| | コメント (0)

2019年9月 7日 (土)

FHPPCオフ会(2019年)に行ってきた

2019-09-07(土)晴れ

 今日は、旧ニフティサーブ パソコン通信時代のフォーラム「FHPPC」のオフ会が、代官山「花壇」で行われたので参加してきました。FHPPCも、取りあえずは続いています。まあ、年1回のオフ会だけみたいな感じではあります。が、それでも、集まって会話するのは楽しいものです。HP200LXの活用方法などの話しは余りでないですが、変わりに(後継機として)何を使いたいかなどの話しは出ます。ただ、決定打はないようです。各人が何をしたいのかで変わるようです。今ではHP200LXは使わないとか、スマートフォンとクラウドサービスで足りるという方もいらっしゃいますし、、。
 雑談と恒例のオークションで、楽しいひとときを過ごしてきました。
 参加者は大人12名、子ども2名でした。

Dscn2826a (開会の乾杯) 

Fhppc2019b (オークション用に持ち寄った品物)

Fhppc2019a (閉会前の集合写真) 

 

| | コメント (0)

2019年8月22日 (木)

古いソフトのパッケージを処分した。

2019-08-22(木)曇り/朝方はときどき薄晴れ、夜に雨

 パソコンのある一角と押し入れの一角が片付かないのは、古いソフトウエアのパッケージが場所を取っているからです。もう、10年単位で使っていないし、これからも使うことの無いであろうソフトですが、何となくパッケージが捨てられなくていました。もしかしたら使う?、あるいはライセンスの証拠として?、、とか考えて、まあ今捨てなくても良いか、、と目をつむってきました。今回、腰をあげて少し処分しました。昔のソフトのパッケージは厚いマニュアルが添付されているから、重いし場所を取るんですよね、処分して少しすっきりした感じがします。
 Macのソフトとか、古いOffice、古いOSの一部などを処分しました。CD ROMならまだしも、FDのパッケージなどもありました。

Dscn2815a  

 Macではツールアプリののほか、クラリスインパクト、クラリスワークスなどを処分しました。これらは買った後も本格的に使った訳ではなく、ドキュメントファイルも残っていないからです。マックドロープロ、マックライトⅡはよく使って、ドキュメントファイルも残っているので、もう少し残しておくことにしました。当時、マックドロープロとマックライトⅡの組み合わせはMS-Officeより格段に使いやすく感じたため、会社支給のWindows PCはロッカーに入れてしまい、Macノートを自分で買って仕事に使っていました。セキュリティ上こんな事は今では無理ですが、当時はPC使用の黎明期(黎明期は言い過ぎかな、初期というくらいか)だから出来たわけです。
 そういういきさつもあるので、マックドロープロ、マックライトⅡは、取りあえず残しました。こうやって、片付かないものが出てくるわけです。

 

 

| | コメント (0)

2019年8月18日 (日)

WEB小説をブックリーダで読む:画面の見やすさって難しい その6

2019-08-18(日)晴れ/曇り

 WEBサイトに掲載されたWEB小説は、テキストをダウンロードして、縦書きPDFファイルに変換してブックリーダで読んでいます。このPDFファイルへの変換のときに、どのフォントファイルを使えばみやすいか、過去に大分悩みました。二十数種類のフォントファイルを試して、ここ2~3年は「Kokin明朝体Medium」を使用させていただいています。「Kokin明朝体Medium」は、Kobo やKindle 等で見やすいように、明朝体の横線を若干太くしたものです。
  過去の記事 「WEB小説をブックリーダで読む:画面の見やすさって難しい その5

 明朝体系を使うと文庫本的な雰囲気になって良いのですが、視力がおぼつかなくなってくると、若干辛いときがあります。多分、明朝体は横線が細くなっているからだと思います。ということで、Kokin明朝体にする前に使用していた「KB丸ゴシック」に戻ってきました。
 KB丸ゴシック体 23ポイント → Kokin明朝体 25ポイント → KB丸ゴシック体 25ポイント と変遷してきました。ゴシック体は縦線と横線の太さの差がないから、弱った目には見やすいような気がします。過去には23ポイントだったのに現在は25ポイントと大きくなっているのは、さらに見やすさを求めてです。わずかな差ですが見やすくなりました。
 そういえば先日の何かの記事で 見やすくて目に優しいユニバーサルデザインのフォントの話しを読みました。たしかモリサワという会社のUDフォントだったかと思います。一例の写真をみたら、確かに視認性が良くて見やすいです。一部のフォントは無料で使用できるものもあるようなので、一度試してみたい気はします。ユーザ登録とかダウンロード、インストールとか面倒そうで二の足を踏んでいますが、、。
 ゴシック体フォントだと、文庫本的な雰囲気からは離れますが、弱った目のために「KB丸ゴシック体」で行くかと、読みかけのファイルを再度PDF変換しました。

 

| | コメント (0)

2019年8月12日 (月)

ID、パスワードやセキュリティコード、、やらが沢山になってわからなくなりそう

2019-08-12(月)晴れ、のち曇り

 インターネット上でログインしないといけないものが増えています。ブログやメールはもちろん、クレジットカードや色々な支払いの引き落としや残高状態などなど、あるいはポイントカードのマイページなどです。各サイトとも、最初はID、パスワードだけでしたが、セキュリティ強化のために、さらにセキュリティコード入力とか、WEBパスワード入力とかが追加されています。セキュリティ強化は必要なことなので仕方がないのですが、余りにも色々ありすぎたり、ログイン先が多かったりして、それぞれのID、パスワード、セキュリティコード、WEBパスワードなどが分からなくなりつつあります。いずれにしても、どこかに記録しておかないと分からなくなります。
 仕方がないので、それらを管理するデータベースファイルを作成していますが、それを開くID、パスワードを忘れそうになります。パスワードは、しばしば変更した方が良いのですが、IDパスワード管理データベース(正、副を作成して別保管などが必要)の更新、管理などを考えると、頻繁には変更したくなくなります。どうしたものか悩みの種です。ログインする対象を、どんどん減らすのが一番かなとか思う、今日この頃です。

 

| | コメント (0)

2019年8月11日 (日)

また、プリンタへの愚痴がでる、、、

2019-08-11(日)晴れ、いちじ薄曇り

 昨日は友人との打ち合わせで出かけましたが、その打ち合わせ資料として3枚ほど印刷 (地図もあるのでカラー印刷) しました。通常はプログラムのリスト印刷くらいしかしないので、モノクロ設定でモノクロ印刷しかしていません。カラー印刷なんて、年賀状以来でしょうか。
 で、ここで愚痴が出るわけです。全然、カラー印刷なんてしていないのにカラーインクのカートリッジが空になっているわけです。印刷しようと電源を入れるたびに、あるいは電源を切ろうとするたびにガーガーと3分くらいやっていますが、そのときにクリーニングとかインクヘッドメンテとかでインクを使っているようです。
 2台前のプリンタは1カートリッジ式でしたから、モノクロ印刷だけならモノクロカートリッジだけ買っていれば済みました。カラー印刷したいときだけカラーカートリッジに替えるのです。本当は、こののプリンタで問題なかったのですが、インクカートリッジの供給が無くなったので買い換えたわけです。再生品のカートリッジも入手が出来なくなったので仕方なく買い換えです。
 今のは5カートリッジ式で、モノクロ印刷しかしていなくてもカラーカートリッジが、どんどんと減ってゆきます。モノクロ印刷用?の大きいブラックインクカートリッジが付いているのに、、、、です。なんか勘ぐれば、ユーザには知りようがないからと、無駄にインクを消費させているのでは?とか思ってしまいます。ところで、モノクロ印刷しかしないのであれば、カラーインクのカートリッジが空になっても放っておいて、ブラックインクカートリッジだけ補充していたら印刷できるのかな?。もちろん、アラームは出ますが、アラームが出ても「取りあえず続行」ボタンを押せば印刷できないかなと思うわけです。カラー印刷なんて、年賀状以外は殆どしないですし、、。
 今まで試したことはないけれど、今度やってみようかなと、そんなことを考えているプリンタ事情です。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧