パソコン・インターネット

2019年8月18日 (日)

WEB小説をブックリーダで読む:画面の見やすさって難しい その6

2019-08-18(日)晴れ/曇り

 WEBサイトに掲載されたWEB小説は、テキストをダウンロードして、縦書きPDFファイルに変換してブックリーダで読んでいます。このPDFファイルへの変換のときに、どのフォントファイルを使えばみやすいか、過去に大分悩みました。二十数種類のフォントファイルを試して、ここ2~3年は「Kokin明朝体Medium」を使用させていただいています。「Kokin明朝体Medium」は、Kobo やKindle 等で見やすいように、明朝体の横線を若干太くしたものです。
  過去の記事 「WEB小説をブックリーダで読む:画面の見やすさって難しい その5

 明朝体系を使うと文庫本的な雰囲気になって良いのですが、視力がおぼつかなくなってくると、若干辛いときがあります。多分、明朝体は横線が細くなっているからだと思います。ということで、Kokin明朝体にする前に使用していた「KB丸ゴシック」に戻ってきました。
 KB丸ゴシック体 23ポイント → Kokin明朝体 25ポイント → KB丸ゴシック体 25ポイント と変遷してきました。ゴシック体は縦線と横線の太さの差がないから、弱った目には見やすいような気がします。過去には23ポイントだったのに現在は25ポイントと大きくなっているのは、さらに見やすさを求めてです。わずかな差ですが見やすくなりました。
 そういえば先日の何かの記事で 見やすくて目に優しいユニバーサルデザインのフォントの話しを読みました。たしかモリサワという会社のUDフォントだったかと思います。一例の写真をみたら、確かに視認性が良くて見やすいです。一部のフォントは無料で使用できるものもあるようなので、一度試してみたい気はします。ユーザ登録とかダウンロード、インストールとか面倒そうで二の足を踏んでいますが、、。
 ゴシック体フォントだと、文庫本的な雰囲気からは離れますが、弱った目のために「KB丸ゴシック体」で行くかと、読みかけのファイルを再度PDF変換しました。

 

| | コメント (0)

2019年8月12日 (月)

ID、パスワードやセキュリティコード、、やらが沢山になってわからなくなりそう

2019-08-12(月)晴れ、のち曇り

 インターネット上でログインしないといけないものが増えています。ブログやメールはもちろん、クレジットカードや色々な支払いの引き落としや残高状態などなど、あるいはポイントカードのマイページなどです。各サイトとも、最初はID、パスワードだけでしたが、セキュリティ強化のために、さらにセキュリティコード入力とか、WEBパスワード入力とかが追加されています。セキュリティ強化は必要なことなので仕方がないのですが、余りにも色々ありすぎたり、ログイン先が多かったりして、それぞれのID、パスワード、セキュリティコード、WEBパスワードなどが分からなくなりつつあります。いずれにしても、どこかに記録しておかないと分からなくなります。
 仕方がないので、それらを管理するデータベースファイルを作成していますが、それを開くID、パスワードを忘れそうになります。パスワードは、しばしば変更した方が良いのですが、IDパスワード管理データベース(正、副を作成して別保管などが必要)の更新、管理などを考えると、頻繁には変更したくなくなります。どうしたものか悩みの種です。ログインする対象を、どんどん減らすのが一番かなとか思う、今日この頃です。

 

| | コメント (0)

2019年8月11日 (日)

また、プリンタへの愚痴がでる、、、

2019-08-11(日)晴れ、いちじ薄曇り

 昨日は友人との打ち合わせで出かけましたが、その打ち合わせ資料として3枚ほど印刷 (地図もあるのでカラー印刷) しました。通常はプログラムのリスト印刷くらいしかしないので、モノクロ設定でモノクロ印刷しかしていません。カラー印刷なんて、年賀状以来でしょうか。
 で、ここで愚痴が出るわけです。全然、カラー印刷なんてしていないのにカラーインクのカートリッジが空になっているわけです。印刷しようと電源を入れるたびに、あるいは電源を切ろうとするたびにガーガーと3分くらいやっていますが、そのときにクリーニングとかインクヘッドメンテとかでインクを使っているようです。
 2台前のプリンタは1カートリッジ式でしたから、モノクロ印刷だけならモノクロカートリッジだけ買っていれば済みました。カラー印刷したいときだけカラーカートリッジに替えるのです。本当は、こののプリンタで問題なかったのですが、インクカートリッジの供給が無くなったので買い換えたわけです。再生品のカートリッジも入手が出来なくなったので仕方なく買い換えです。
 今のは5カートリッジ式で、モノクロ印刷しかしていなくてもカラーカートリッジが、どんどんと減ってゆきます。モノクロ印刷用?の大きいブラックインクカートリッジが付いているのに、、、、です。なんか勘ぐれば、ユーザには知りようがないからと、無駄にインクを消費させているのでは?とか思ってしまいます。ところで、モノクロ印刷しかしないのであれば、カラーインクのカートリッジが空になっても放っておいて、ブラックインクカートリッジだけ補充していたら印刷できるのかな?。もちろん、アラームは出ますが、アラームが出ても「取りあえず続行」ボタンを押せば印刷できないかなと思うわけです。カラー印刷なんて、年賀状以外は殆どしないですし、、。
 今まで試したことはないけれど、今度やってみようかなと、そんなことを考えているプリンタ事情です。

 

| | コメント (0)

2019年7月18日 (木)

インターネットラジオ雑感

2019-07-18(木)曇り、ときどき日差しあり、夜から雨

 2年くらい?前からは、家の中で殆ど常時スイッチオンにしているのはインターネットラジオです。テレビは見ていないといけないですし、通常のラジオ放送も、特別に聴きたいものがある場合以外は、プログラムが細かくて面倒です。インターネットラジオの音楽を、有線放送の音楽みたいにBGMとして流しています。一番良く聴くのは{60’s」(1960年代のヒット曲、おもにロックンロールが多いか)、「70’s」とかカントリー・ブルーグラスのチャネルでしょうか。希にジャズのチャンネルを聴いたりします。チャンネル毎にジャンルが別れているので、BGMとしては聴きやすいですね。
 インターネットラジオはGrace Digital社の「GDI-IRC6000」 Mondo です。

Dscn1605a  

 既に一台目は液晶がおかしくなったので、2台目です。なかなか気に入っている機種です。
 さて、ずっと聴いていると(局によるのかもしれませんが)、プログラムはある程度決まっていて、ある周期で繰り返しになるようです。まあ、これは仕方がないかなとは思います。でも、同じ「60’s」でも、いくつもチャンネルがありますから、何日か経ったら別のチャンネルに切り替えたりします。

 そんなことをしていたら、中には聴いているときにブツ切れになる局があります。どうも、音楽ファイルの転送が間に合っていないようです。ある程度のバッファーリングメモリはあるのですが、そのバッファーリングが0%になってしまうので、暫く待ってから再生が再開されるわけです。前回聴いたときはそんなことはなかったはずなのですが、原因が分かりません。無線LANルータやADSLモデムのランプを見ていると、データ転送が止まって応答待ちになっているような感じです。私の家の回線容量が不足しているのかなと思ったのですが、他の局にすると問題なく聴くことが出来ます。人気のあるジャンルでアクセスが多くて、サーバがビジーになるのでしょうかね。
 局は沢山あるから特に困ってはいませんので、様子を見ながら聴いていこうと思います。

 

| | コメント (0)

2019年7月17日 (水)

WEB小説、、完結を見通せないものが積み上がってきた

2019-07-17(水)雨、のち曇り、ときどき薄日有り

 電車内とか病院の待合いとか、時間があるときの暇つぶしにもなるので、WEB小説をテキストでダウンロードしてPDF化し、ブックリーダで読んでいます。最初の頃は既に完結した物を読んでいたのですが、段々と新しい連載中のものなども読むようになりました。ある程度期間をおいて追っていれば、いずれ完結したから良かったのですが、最近は完結するのか?、どういう風に完結に持ってゆくのか?分からないものが増えてきました。というのも、連載開始初期の頃は、主人公の成長や環境の変化でストーリーが進んでゆくのですが、ある程度進んだところからはストーリーの進展が遅くなり、日々のエピソードの積み重ねになります。たとえて言えば(例に使用して申し訳ありませんが他意はありません、、)、NHK大河ドラマのようにストーリーが進展していたものが、夏くらいになってサザエさんのアニメのように日常のエピソードの積み重ねが続いて完結はなさそう、、みたいに感じるわけです。
 どうも、これは書籍化の悪い面が出ているのでは?と勘ぐっています。ある程度売れる目処がついたので、なるべく続けたい、巻数を増やしていきたい、、と言うわけではないかと、、。この場合、完結するかどうかは分かりません。現に、続いていたが、いつの間にか連載が進まなくなり、中段のままフェードアウトというのも増えてきました。書籍化は、その段階で見直し、間違いの訂正、校正が入るので、誤字/脱字/間違いが無くなり読みやすくなりますが、悪い面もありそうです。
 そういうものが、自分のリスト中に増えてきました。待ちが続いている、そういう小説を「読書中」リストから、「読書中断」「監視終了」リストに移すか悩んでいるものが沢山あります。最近は又、WEB上で検索するときに「完結済み」を条件に入れたりしています。

| | コメント (0)

2019年7月12日 (金)

FHPPC 東京オフ会 2019 の開催案内が出てきた

2019-07-12(金)小雨、のち曇り

 随分と昔の、ニフティサーブのパソコン通信時代のフォーラム「FHPPC」(*1)は、細々とですが続いています。今では、年1回のオフ会のみになり、オフ会での話題もHP200LX等などの話題以外のものが多くなりましたが、、。
   *1:HP95LX、HP100LX、HP200LX等や、HP社のPC、RPN電卓などを使っていた方々のフォーラムと思えばいいかな。

 FHPPCオフ会は、毎年、初秋に行われていますが、今年も開催案内が出る時期になりました。先日、フォーラムのSNSに第一報がでました。

 FHPPC 東京オフ会 2019
    2019年9月7日(土)
  代官山 花壇  
  多分、25周年オフ会のようです。

 良く続いているなあと思います。こういうのは、参加する人が存在することも重要ですが、面倒を見る幹事の方の存在が必須です。概ね、万年幹事という形になります。当時のシスオペのNORIさんが毎回開催しています。
 一番新しいはずの機種HP200LXも販売から二十数年になります。機器個体の不具合(おもに、筐体プラスティックや液晶の不具合)が多くなり、使用している方も色々工夫して使用しているようです。私も、新品、中古で入手した5台で何とか使用継続できている状態です。考えてみれば、今でも使用していることや、代替機種が見つけきらないところが凄い機種だなと思います。
 HP200LXは、まだまだ使用継続するでしょうから、今年もオフ会には参加しようと思っています。

  

| | コメント (0)

2019年6月15日 (土)

インターネットラジオの時計が動いていなかった

2019-06-15(土)雨

 家にいるときは毎日のように、インターネットラジオで音楽を流しています。部屋でパソコンを使ったり、色々なことをやるのに、インターネットラジオの音楽は都合がよいです。お喋りがないからです。ときどき、PRの為のアナウンスが入るが(言葉もよく分からないので)余り気にならないかな、、。それにCDのようにかけ直しも要らないですしね。使っているインターネットラジオは、米国 Grace Digital の GDI-IRC6000 です。

Dscn2792a  

 2014年に買った一台目は液晶画面の表示が出なくなり操作ができないため、2017年に買った二台目が現用で動いています。一台目も表示は出来なくても、そのままの設定で使う(電源をオンして、プリセット済みのラジオ局を聴く)事は出来ましたが、画面をみての操作ができないと不便です。時計機能での時刻表示も見えませんし、アラームも使えません。また、USBメモリフォルダの曲の再生も出来ません。なので、買い直した二台目を使っています。

 ところが、ふと気がつくと時計機能の時刻表示が変です。表示が 「16:00 31 Dec 1969」 のまま動いていません。Settingメニューから時計の設定を何回かしなおしても駄目、電源オフオンし直したり、リセットをしても駄目でした。Settingメニューで何度設定しても、設定画面から抜けると上記時刻が表示されます。これは、時計機能が壊れたかな?と半ば諦めかけました。その他の動作は出来ていますし、音楽も聴かれるから我慢して使うしかないかなと思ったわけです。それか、また新たに買い直すか?、、とも悩みました。因みに上記時刻は設定してある米国のタイムゾーンの時刻で、UTCに直すと 00:00 1 Jan 1970 です。多分、時計機能のカウンタ部分が初期値のまま(またはゼロのまま)動いていないのかなと推測しました。
 それでも、諦めきれず、電源アダプタのコネクタを抜いて少し放置し電源を入れて最初の起動から何度かやり直したら、設定した時刻が表示され、時刻も進んでいくようになりました。
 インターネットラジオはラジオとは言っても、考えてみるとパソコンとかスマートフォンと同じで、殆どの動きをプロセッサチップとソフトで制御しているわけで、時計機能もソフトの動作と思います。どうも、ソフトのどこかが、何かの設定内容か記憶のために誤動作していたのかなと思います。電源アダプタ抜きを繰り返したことで、スマートフォンの電池抜き初期化みたいな感じで元に戻ったのかな。まあ、実際のところは分かりませんが、元に戻ったから良いかなとは思ったのですが、色々なものがソフト制御で高機能化、多機能化して行きますが、誤動作の機会も増えて恐いなとは思っています。

 

| | コメント (0)

2019年5月18日 (土)

ADSLから光回線への切替の勧誘

2019-05-18(土)曇り、ときどき少し晴れ

 NTTのADSL回線も3年半後には無くなりますが、出来れば早めに無くしたいのでしょう。時々、光回線にしませんかと勧誘があります。ま、現状でも困っていないし、色々な選択肢を考慮しても、まだ決心が固まっていないから暫くはこのままで、、、というと、すんなり引き下がるから気にはなりませんが、、。今までは電話勧誘でしたが、先日、戸別訪問で勧誘に来ました。ついでだから雑談ついでに色々聞きましたが、近所というか当宅の区域でみてもADSL利用者は凄く少なくなっているようです。この近辺だと3~4軒くらいしかなさそうな感じでした(雑談の中から推測した)。確かに、散歩のときに近所のお宅の、電柱からの電話線引き込み部分をみても、以前は光ではなかったのに今は光回線だなと感じます。
 ADSL回線が無くなった後の電話とインターネット接続回線をどうするか、まだ決心がつかないので当面は現状のADSL回線を使用するつもりです。最悪、担当局舎エリアで一軒になっても仕方がありません。NTTのADSL回線としては、後3年半はサポートすることを明言していますから、気にしなくても良いでしょう。サービスや機器を提供する側の仕事をしてきましたから、余分なものは早くなくしたい気持ちは理解できますが、、。

 ADSL回線が無くなった後としては
  (1)電話とインターネット接続を光回線にする
  (2)電話は銅線回線、インターネット接続は光回線
  (3)電話は銅線回線、インターネット接続は格安SIMの電話回線
 ま、価格的に(2)はないでしょうから、選択肢は(1)か(3)です。(3)は速度的にも問題ないし価格的に最善なのですが、インターネットラジオを一日中掛けっぱなしにすることを考えると決めかねています。インターネットラジオの件が無ければ、格安SIMとモバイルルータで大丈夫そうなことはテスト済みです。来年あたりに格安SIMを買い増しして、何ヶ月かランニングテストをしてみる予定です。
そんな検討を時々しています。

 

| | コメント (0)

2019年4月12日 (金)

不審な電話や迷惑メール

2019-04-12(金)曇り、いちじ晴れ

 不審な電話や迷惑メールについては、それぞれ動向が変わって来ているかなと思います。

 不審な電話は増えていますね。一番、不審なのは当方が出て「もしもし」と返事をしているの切れてしまう電話でしょうか。間違い電話なら、気がついたときに慌てるので、「あ、すみません」位の言葉が咄嗟に出てしまうと思うのですが、それもないということは詐欺に向かない、、と判断して切ってしまうのでしょうか。詐欺といわないまでも、無理な売り込みに向かないと判断したか、、、あ、無理な売り込みは詐欺に近いのかな。
 従って基本的には、家の電話は留守電にしています。用事の最中で直ぐに出られない、、ということも多いですし、「留守電/非留守電」をこまめに切り替えるのも面倒ですし、、。
 直ぐに出られる状態のときでも、知っている人の番号以外のときは、直ぐには出ません。 フリーダイアルの電話は、掛けた側は個人的な用事ではないので、セールス、お知らせ、、、等でしょう。きちんとしたところなら、何らかの録音を入れてくれます。録音もないということは、連絡が取れなくても構わないというところですから、これで良いのでしょう。実際は、留守電応答で直ぐに、あるいは時間監視で自動切断するところが多いようです。
 フリーダイヤル以外でも、一旦留守電応答が始まるまで待ちます。相手が普通の人だったり、留守録音に入れようとしたら、慌てて飛んできたという態で電話にでます。セールス、詐欺その他だと、留守電録音を入れずに切るから、やはりこれで良いのでしょう。

 迷惑メールは数が減りました。以前(数年前?)は、一日に100~200通くらい来ていましたが、最近は4~5通くらいでしょうか。まあ、100%、迷惑メールフィルターにかかっていますが、、。時々フィルターのフォルダを確認していますが、迷惑メールと一目で分かるようなものしか来ていません。こんなのを出して効果があるのか?とか思いながらチェックしています。同じメールが短時間に複数来るとか、差出人が私自身になっている(題名は自分のメールとは大幅に関係ないような)メールとかです。
 それでも、ごく希に普通のメールを装った詐欺メールがくるから気をつけないといけないなと思っています。裁判とか訴えがどうのとか書いて不安をあおって連絡させるメールです。会社時代に多少そういう関係に首を突っ込んだ経験があっても、ちょっと不安をあおられるから、ごく普通の人だと慌ててしまうのでしょう。気をつけたいものです。

 

| | コメント (0)

2019年4月 6日 (土)

Python: 天気予報を待ち受け画面に表示する PyStnWeather_0_04_0(天気予報コム版)が動かなくなった

2019-04-06(土)晴れ

 天気予報をNokia携帯電話の待ち受け画面に表示するための、天気予報コム版のスクリプト PyStnWeather_0_04_0 を起動してみたら動かなくなっていました。データを採取して調べたら、以下のような内容でした。
(1)天気予報コムのサイトのアクセスが https 化されたため、現状のままでは動かなくなった。
(2)ページのデータも少し変わったようで、天気予報データを取り出すときの検索キーワードや処理を変更する必要がありそうだ。

 今まで花粉情報とか天気情報(特に天気予報)の取得先は、色々と変えてきました。gooモバイルとか、goo PCサイト、J-Walker、天気予報コム、天気JPなどです。今回の天気予報コム版のスクリプトが動かなくなったことで、現在動いているのは天気JP版だけになりました。ということで、今後は天気JP版だけにすることにしました。
 Pythonスクリプト雑記の PyStnWeather_0_04_0(天気予報コム版)の項 「19.2 天気予報コム 天気予報版」 は取消線で消しました。

 今後は以下の3種類に集約することにして Pythonスクリプト雑記 を修正予定です。

 (1)天気予報 天気JP 待ち受け画面表示用 PyStnWeather 100_0
 (2)天気予報 天気JP ブラウザで見る版   PyStnWeather_T 005_0
 (3)花粉情報 天気JP ブラウザで見る版   PyStnPollen 007_0

 httpsアクセスなどのセキュア通信化対応は、借りているサーバに立てたプロキシ?エージェント?みたいなものを通して通信することで対策しました。これで、Python 1.4.5 でも動きます。
  「perl:プロキシ?、またはhttp変換?”のようなもの” を作る その3

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧