パソコン・インターネット

2017年10月14日 (土)

Python: WEB小説のデータ取得スクリプト PyBookGet 更新 V109_0

2017-10-14(土)雨/曇り、ちょっと寒い

  「小説家になろう」サイトからWEB小説のテキストを纏めてダウンロードするスクリプト「PyBookGet」を更新しました。これも、自分で使っているからと変更を行い、忘れないように記事にしておくものです。

変更内容:
 ・URLがhttpsのサイトのためにPython 2.0.0 を使用したときに、画面の表示更新が
  遅れるのを対策した(メッセージ表示処理にe32.ao_yield() を追加した)。
 ・<div id="novel_a"~</div>および <div id="novel_p"~</div> で記述された作者
  のコメント部分を削除するようにした。

 連載を纏めてダウンロードしたときに、各回毎などに記入されている作者のコメントを手で削除していました。作者の謝辞などが記載されているのですが、連載小説として続けて読んでゆくときには、毎回ごとに記入されていると面倒に感じます。
 ということで、今までは手で削除してましたが、スクリプト内に削除する処理を追加しました。

Webnovelgamen1

 ブラウザで見ると上図の下部の部分のように二重線で区分されているコメントは、実際に二重線が入っているわけではなく "<div " タグで区分されているテキストです。PDF変換して読むためにテキストファイルに変換すると、HTMLタグがなくなるので、本文と区別がつかなくなります。そこで、"<div "タグで記述されたコメントのテキストを削除するようにしました。

 これで、数十個とか二百個にちかい連載部分から一つずつ削除する必要がなくなり楽になりました。
 
----------------------------------------------------
 モジュール
     「PyBookGet_109_0.zip」
 
 参考記事場所 「Python スクリプト雑記」  PyBookGet 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月11日 (水)

家のPCでみると、WEBサイト表示が遅い?

2017-10-11(水)晴れ

 家のPCでWEBサイトを見ています。最近、表示が随分と遅いと感じるようになりました。画面が切り替わるのに10秒くらい待たされたり、遅いサイトは画面表示が全部終わるまで30秒~40秒くらいかかるサイトもあります。遅い部分は、最初の画面切り替わり(アドレス解決と表示開始まで)部分と、表示が始まってから画面の下方まで表示が終わるまでの部分に分かれます。
 まあ、原因は色々あるのでしょうが、同じサイトを見ても図書館のPC(1~2年くらい前?に新しくなった)では気にならないから、家のPC環境が悪いんだろうなあ。
  ・PCが古いので遅い
  ・PCが古くてプロトコル的な問題がある。
  ・家の回線(ADSL)が遅い。
など、色々と考えられるかもしれません。まあ、新たにお金を掛けたいほど困った状況でもないし当面このままです。

 それにしても、最近のWEBサイトは凝った作りというか、データ量が大きいようです。市のWEBサイトのトップページも新しくなり、以前に比べると綺麗になりました。ただ、大分凝った作りになったようでデータ量が大きいらしく、家のPCでは辛い感じです。なので、ブックマークからはトップページを削除し、中の必要な部分のURLを登録しました。トップページを避けるって、ポータルページの意味がないんだけど仕方がない、、。

 PCは問題なく動いていても、OSの問題とか、上のようなデータ量の問題とか、PCって買い換えていかないといけないみたいですね。買い換えると、PCの環境を整えないといけないから、それも面倒です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 1日 (日)

WEB小説雑感 その3

2017-10-01(日)晴れ/曇り

 この題名は定期的にとはいいませんが、何回か書いている話題です。散歩とかウオーキングで駅前に行ったときには書店に寄ってラノベの棚(ラノベの棚というかWEB小説の棚と言えるかな)を見ることが多いです。いつ頃からか、どんどんと新しい本が出ているようです、雨後の筍みたいですが、、。まあ、本で出版されれば作者も嬉しかったり励みになり、読む人も読みやすい(注1)でしょうし、何より出版社も元気になれば嬉しい限りです。紙の本離れで、最近は出版社も大変みたいですし、、。
  注1:紙の本の方が読みやすいということもありますが、何よりも出版時には
     一応見直しと校正が入るので、WEB小説で読むときのような変な漢字
     への変換ミスや間違いがないのが読みやすいと思います。

 さて、そんな本ですが題名を調べてみると、まだ余り連載が進んでいないもの、やっと本一冊くらいになった連載中のものなども多いみたいです。多分、色々な出版社が出しているので、うかうかしていると他社に取られるので早く出そうというのかなと邪推しています。ただ、あまり早く出し過ぎると弊害もあるのでは?と思ってしまいます。出版で作者のモチベーションは上がりますが、出版での作業に時間が取られるのか連載が滞ったり、内容が薄くなったりします。あと、本当にまとまるところまで到達するのか?という心配もあります。現実に、本が1~2冊出たが、連載が長期中断中とかいうのもありますしね。第一部完とか第二部完とかで中断なら良いけど、途中で中断していると気持ちがもやもやします。

 ということで、最近は完結済みの小説をWEBからダウンロードして読んでいます。ただ、完結済みということは、かなり過去の作品(年月的に、あるいは作者の初期の作品)なので、今現在のものに比べると洗練具合が少ないかもしれません。とはいえ、頑張って下さった作者の方には感謝しています。
 そんなことを考えながら探したり、ダウンロードしています。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月30日 (土)

Python: WEB小説のデータ取得スクリプト PyBookGet 使用上の注意が必要になった

2017-09-30(土)曇り

 WEB小説(基本的に「小説家になろう」サイトの小説ですが)は、読みやすくするために、テキストを纏めてダウンロードしてから読んでいます。ダウンロードして、縦書きPDFにしてブックリーダで読みます。縦書きの方が読みやすいですし、持ち歩いて読むにも、タブレットよりブックリーダの方がバッテリーの心配がないからです。ダウンロードにはPythonスクリプトの PyBookGet を使用しています。

 さて、28日の日に新たにダウンロードしようとしたら PyBookGet が動きません。真っ先に思ったのは、サイトの変更があって PyBookGet が、とうとう使えなくなったのかなと思いました。慌てて「小説家になろう」サイトのお知らせみたいな項目を見たら、28日にセキュリティ関連のメンテナンスがあったようで、普通にアクセスすると url が https になりました(今までは http でした)。但し、意図的に http にすると、それでも表示はされるようです。

 今まで PyBookGet は、各種理由から Python for S60 V.1.4.5 環境で使用していました。このバージョンは SSL 通信には対応していません。このため、新たにダウンロードしようとした小説の url が https だったことからエラーになったようです。

 ということで、 (小説家になろうサイトで)PyBookGet を使用する際には注意事項が必要になりました。

(1)ダウンロードする小説の url が https のままで使用する場合は下記の条件が
  必要です。
   ・Nokia携帯電話のOSが S60 5th のものを使用する。
   ・Python 2.0.0 で使用する。

(2)Python 1.4.5 で使用する場合は、ダウンロードを指定する PyBookGet.dat の
  中に書き込む url を https から http に書きかえて使用する。
  この場合は Nokia S60 3rd の携帯電話でも使用可能のはず(未確認)。

 以上のような条件になりました。いずれ、http では駄目になるのかな。そうすると、使用できる手持ちの携帯電話が大分限られるようになります。
 なんとか、ダウンロードできることが確認できて、ほっとしました。1話ずつ手動コピーは大変ですからね、、、。

--------------------------------------------------------
 
テスト結果メモ S60 5th 機種 (Nokia E7-00 / Nokia  5800XM)

Python Ver  url ダウンロード結果
1.4.5  http OK
1.4.5  https ×(エラーダウン)
2.0.0  http OK 若干遅い
2.0.0  https OK かなり遅い

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 9日 (土)

FHPPCオフ会_2017年に行ってきた

2017-09-09(土)晴れ

 毎年9月恒例になっている「FHPPCオフ会」に行ってきました。どうも、1995年あたりから続いているらしく(後述)22年くらいになるようです。今年も、例年どおりに代官山、花壇で行われました。参加者は大人13名、小学生2名でした。気持ち少なめの人数でしょうか。
 どうしても、HP200LXやPDAの話題は、以前と比べると少なくなりますが、それでもFHPPCオフ会らしく、HP200LX持参の方が多く会場でも使用している方もいらっしゃいました。ただ、やはりガジェットの話題は少なくなりました。
 閉会直前は、昨年?亡くなられた「きよなり」さんに関する、NORIさんの思い出話など、聞かせていただきました。

 きちんと撮れた写真がないのですが、何枚か撮影してきた写真で雰囲気が分かるかと思います。

Dscn2352a
 開始の乾杯です。(これ以上下がれなかったので右側の方が写っていません。)

Dscn2355a
 恒例のチャリティオークション(売上は寄付にまわす)です。オークションでは小学生が大張り切りです。結構、子ども向けの物などもあり、楽しそうです。子どもが手を挙げると、(極まれにしか)競り上げる人はいません(物によっては、ごく希にはいますが、、)。

Dscn2356a
 私も一つ入手してきました。第1回記念のシールです。1995年9月1日の日付が印刷されています。多分、これを逃すと入手できなさそうなので手を挙げてきました。5枚あったので5名が手を挙げたところで切り離して分ける事になりました。

 みんな、平行移動で高齢化しつつある集まりですが、集まれば楽しい、そんなオフ会でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月29日 (火)

Python: WEB小説のデータ取得スクリプト PyBookGet 更新 V108_0

2017-08-29(火)晴れ/曇り

 「小説家になろう」サイトからWEB小説のテキストを纏めてダウンロードするスクリプト「PyBookGet」を更新しました。これも、自分で使っているからと変更を行い、忘れないように記事にしておくものです。

変更内容:
 「小説家になろう」サイトの画面変更があり、テキストデータ取り出しエラーになるため対応しました。具体的にはテキストデータの最後を検出する語を変更しました。
  (前の話/次の話  → 前へ/次へ)

 先日、久しぶりにダウンロードしようとしたらエラーになって動きませんでした。なかなか原因が分からないので、例によってスクリプト内に print 文でトレースポイントを設定してテストしたら、、、サイトの画面が少し変更になっていて、テキスト部分の切りだしがエラーになっていました。即ち、小説テキストの最後を検出するのに使用していた語句が変更になっていたため検出できず検出エラーになっていました。
 余りスマートな処理のスクリプトではありませんが、自分の役に立っているから良いかなと思っています。

----------------------------------------------------
 モジュール
   「PyBookGet_108_0.zip」
 
 参考記事場所 「Python スクリプト雑記」 PyBookGet  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

WEB小説雑感 その2

2017-07-24(月)曇り

 いつ頃からか図書館の本ではなく、WEB小説をブックリーダに入れて読んでいます。ブックリーダなら纏めて持ち歩けるのが便利です。まあ、本になっているものに比べると玉石混淆ではありますが、気楽に読めるので良しとしています。
 ただ、2ヶ月くらい前にも書いたのですが、途中まで読んでそのまま、、というのが30近くにもなってきてしまいました。大きな理由は、以下の2つが最大でしょうか。

(1)連載が途中でストップしたままになってしまった。理由は不明ですが、、。
(2)連載が長く続いてきたが、最近はストーリーの進みが無くなりつまらなくなった。

 まあ、作者の方は大変だと思いますが、読む方は読む方で期待しますしね。できれば、起承転結で進んで、ある程度で完結、、というのが望ましいです。途中までで止まったままのファイルも沢山ブックリーダに入っていますが、削除したものかどうか悩んでしまいます。
 ということで、今は完結したものを探して読んでいます。本当は連載をリアルタイムで読んだ方が、作者への励ましになるのだろうとは思いますが、読書中断を30近く抱えてしまうと、完結を探してしまうのも仕方がないかなと、、。
 そんな、最近の状況です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

インターネットラジオを買い直した

2017-07-08(土)晴れ

 何日か前に、インターネットラジオを買い直しました。

Dscn2315a

 毎日のように、インターネットラジオを聴いていました。音楽を流しっぱなしにするのには都合がよいですしね。
 インターネットラジオは、Grace Digital の「GDI-IRC6000」を購入して使用していました。その時の記事 「インターネットラジオ(の受信機)を購入した」。
 しかし、昨年に一部故障していました。故障の内容は、液晶画面が見えなくなったことです。「続 インターネットラジオ GDI-IRC6000 が不調
 画面は見えないのですが、聴くことは出来ました。画面を見ずに操作できる範囲では使用できたからです。電源オン/オフ、1~10のプリセットボタンでの局切替、ボリューム操作あたりは画面を必要としませんから、何とか使用はできます。しかし、それ以上のことは出来ません。別の局を聴きたくても操作できないのです。

 ということで、買い直したわけです。機種は色々考えましたが、購入したのは、今まで使っていた物と同じ、Grace Digital の「GDI-IRC6000」です。同じものだと使い慣れていますし、この機種は概ね過不足無い機能と性能だと思います。それに、Grace Digital のWEBサイトに既にセットしてあるインターネット局のリストが使用できます。
 ○マゾンで探して、中古品(メーカー再生品)で○マゾン倉庫から即日発送可というのを選んでみました。

 設定も簡単で、直ぐに入れ替えできました。

Dscn2321a

 画面が見えると安心できます。これで、プリセットしてなかった、この時期に似合うハワイアンを聴いたり、USBメモリの局を聴くことが出来るようになりました。
 入れ換えてからは、ずっと音楽を流しっぱなしにしています。
 さて、画面が故障している方の機器をどうしたものか悩んでいます。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

各サイトの花粉情報提供は終了していた

2017-06-17(土)晴れ、のち曇り

 Nokia E7-00 でのPythonスクリプトのテストのついでに花粉情報取得用スクリプト「PyStnPollen」を動かしたらデータ取得できずに終了してしまいました。あれ?っと思ってサイトを見たら、既に花粉情報提供は終了していました。他のサイトも見てみたら終了していました。提供は2~5月の、杉、檜花粉の時期が対象みたいです。
 まあ、私としては杉花粉が苦手なので、これで良いのですが、花粉は年中飛んでいるみたいだし、色々な花粉が苦手な方もいるし、そちらの方は大変ですね。

 PyStnシリーズはサイトの作りに影響されるから、しょっちゅう改造しているような気がします。特に、花粉情報のような季節ものは次の季節には画面の作りの変更があったりして、毎年改造しています。天気予報みたいに年中無休のものは、変更が少ないようです。PyStnPollenは、来年2月にはまた変更かな。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

メインPC(ノート)のバッテリーが弱っている その後

2017-05-25(木)雨、曇り

 今週初めに書いた記事「メインPC(ノート)のバッテリーが弱っている」のバッテリーのその後です。当時、バッテリーが10分ほどしか持たなくなっていました。あれから毎回(毎日、朝晩使うので、そのたびに)、
 バッテリーで使用開始 → 強制スタンバイになる → AC電源接続で満充電 
を繰り返しています。現在、30分使用まで回復しました。が、それからの伸びは、あまり見られません。この辺が限度かなあ。が、使用法としては、今後は、上記の使用法で行く予定です。
 現状での使用状況では、30分でも充分です。突然のAC電源断のときに、データ保存できる余裕があれば良いかなと思っています。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧