« ノート代わりにブログ記事 | トップページ | 本格的に花粉飛散に注意かな »

2021年2月 5日 (金)

下弦の月かな

2021-02-05(金)晴れ、夕方から少し曇り

 今、夜明け頃に朝の体操をしていると、頭上には白い半分の月が見えています。月齢を見ると、今日あたりが下弦の月(新月に向かう時の半月の状態?)でしょうか。まだ太陽は山から顔を出していませんが、周りは明るくなっています。そんななかで、頭上の大きな(*1)白い月をみると不思議な感覚を覚えます。真夜中の黄色い月とは違った感じです。文才はないから、うまく言い表せませんが、、。
   *1:頭上の空高い場所ですが、周りの家の屋根などの間から見るから、比較的大きく感じます。
 子供のころまでは、月や惑星はSF/冒険/ファンタスティック、、な小説に登場しましたが、その後、探査が進むと登場のさせ方が難しくなった気がします。最近、新作を読んでいないからわからないのですが、どういう風に扱われているのかな。まあ、リアル側←--→ファンタスティック側 どちらに寄っているかでも変わるとは思いますが、、。
 現在の小・中学校の図書館の書棚には、どんな本が並んでいるのか見てみたい気もします。私たちのころは、宇宙冒険小説とか密林探検小説とかもたくさんありました。沢山の宇宙冒険小説を読んで、興味が、宇宙→星→ロケット→推進剤(固体燃料、火薬)→電気→ 通信、、と移り(少しずつ身近な項目、具体的になり)、最終的に仕事に進む方向になりました。今に比べると単純ではあるが、幸せな時代だったのかもしれません。
 体操をしながら下弦の月を眺めて、そんなことを考えました。

 

|

« ノート代わりにブログ記事 | トップページ | 本格的に花粉飛散に注意かな »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

天文、星空、星座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノート代わりにブログ記事 | トップページ | 本格的に花粉飛散に注意かな »