« 日没頃の景色は寂しい | トップページ | 電子レンジで調理も、やってみれば便利だった »

2020年12月16日 (水)

携帯電話の下方向カーソルキーの使用を減らす

2020-12-16(水)晴れ、午後一時雪が舞った/初雪か、寒い

 私のメイン回線の携帯電話は、キー付きストレートタイプのものです。機能的には、いわゆるスマートフォンと呼んで良いと思いますが、世間一般で見ると、いわゆるフィーチャーフォン、さらに一般的に見ればガラケーですか。ガラケー、、、今ではガラクタケータイ?の略かな、、3G方式になってからガラパゴスケータイでは無くなったはずだし、、。
 さて、そんなキー付きケータイは、集中して使うことになるキーはへたってくる心配があります。キーをチェックしてみると、やはりへたり気味のキーがあります。それが、下方向のカーソルキーです。何を見るにも、まず先頭が表示されますから、必然的に下方向キーを連打して、画面を見ることになるわけです。私の携帯電話は2010年に入手したものなので、もう10年経ちます。へたり気味になるのも仕方がないかもしれません。気に入っている携帯電話なので、長く使えるようにと、なるべく下カーソルキーを使わない使用法を心がけるようになりました。
 テキスト系の内容を見るときは仕方がありませんが、リストから選択するときとかは、先頭から下方向へスクロールするのではなく、上カーソルキーでリストをローテートさせて一番下へ移り、そこから上カーソルキーで選んでゆきます。また、自作のアプリは、左右カーソルキーでリスト内を数個ごとにジャンプさせるようにしたので、下カーソルキーの使用頻度を減らすことができます。
 こうやって、なるべく長持ちさせるように扱っています。しかし、3G携帯電話なので、長くても3年後には使えなくなりそうです。私の契約先のSBMからは、2024年1月に3Gサービス廃止する旨ののアナウンスが出ているからです。かつて、1Gから2Gへ、2Gから3Gへという切替変遷を見てきましたが、更に4G、5Gへの切替も見ることになりそうです。

 

|

« 日没頃の景色は寂しい | トップページ | 電子レンジで調理も、やってみれば便利だった »

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日没頃の景色は寂しい | トップページ | 電子レンジで調理も、やってみれば便利だった »