« 新型コロナウイルスの影響についての雑感 | トップページ | 季節外れといわれそうな暖かい日が続いてる? »

2020年11月18日 (水)

久しぶりに夜空の月と惑星を見上げた

2020-11-18(水)晴れ

 大分暗くなってから庭で体操をしたときに、ふと南西の空を見ると三日月が出ていました。国立天文台のWEBでみると、月齢3日、ちょうど三日月です。近くに惑星が見えます。携帯電話のプラネタリウムアプリで見ると、三日月、木星、土星が近くに並んでいるのだそうです。うっすらと霞がかかったような空ですし、街の明かりで空が明るいから、(私の)肉眼では土星は無理でした。それでも、単眼鏡を持ち出して探したら土星も見えました。位置的に土星と判断するだけでリングが見えるわけではありませんが、、。

Dscn3052a

 散歩に持ち歩く小さなデジタルカメラで撮ると、右下の月と左上の木星はかろうじて写りました。簡易なデジカメで手持ち撮影だからぼけていますが、、。 更に左上の土星は無理ですね。東の空には火星が出ていました。プラネタリウムアプリによると、天王星と海王星も出ていますが、さすがに肉眼では無理です。

 学校の寮生活の頃、たまたまベランダに置いてあった20cm口径?の反射望遠鏡を勝手に使って、空に見えていた星を見たら、それが土星でリングが見えました。たまたま向けた先の星が土星で、リングが綺麗に見えたのは凄い偶然だと感激して、その後望遠鏡で星空を見るのも好きになりました。ところで、後で考えると、あの望遠鏡は天文クラブのメンバーが土星観測をするために学校から持って帰って設置していたんだろうなと思いました。寮は学校の敷地内で、校舎の近くなので、寮に置いて観測なんて事もできたわけです。
 久しぶりに空を見上げた日でした。携帯電話に入れておいたプラネタリウムアプリも、久々に役だった日でもありました。

 

|

« 新型コロナウイルスの影響についての雑感 | トップページ | 季節外れといわれそうな暖かい日が続いてる? »

天文、星空、星座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新型コロナウイルスの影響についての雑感 | トップページ | 季節外れといわれそうな暖かい日が続いてる? »