« 今日から3月か、暖かい穏やかな日だった | トップページ | 昔懐かしい感じのするラーメンを食べた »

2020年3月 2日 (月)

レーザーディスクプレーヤを修理した

2020-03-02(月)雨、のち曇り

 新型コロナウイルスの件が騒ぎになっています。そんな中、わざわざ人混みの中に出かけるのもなんですから、今日は家で、懸案だったレーザーディスクプレーヤの修理をしました。LD(レーザーディスク)は、20枚くらいが残っています。これは、売り払う決心がつかずに残ったものです。これがあるので、取りあえず一台はプレーヤを残してあるのですが少し不調です。ディスクトレイを開けると、カタカタカタ、、、と音がします。読み取り用のヘッドユニットを動かすモーターが止まらずに空回りしているようです。以前に1回、可動部分を清掃して動くようになったのですが、また駄目になったようです。

Dscn2932a  
 古いLDプレーヤです。殆ど初期のモデルだと思います。多分30年は経つような気がします。パイオニアが各社へOEMで供給していたと思います。

Dscn2937a  
 あちらをつついたり、こちらを押したり叩いたりしてチェックして、何とか対応出来そうなポイントを見つけました。ヘッドユニットの移動を、ラック・ピニオン歯車でボリュームを動かして位置検出をしているのですが、この位置検出が狂っているようです。多分、回路の部品などの劣化で、判定電圧などがずれてきているのかもしれません。歯車固定をゆるめて、かみ合わせを少しずらして、位置を調整しました。歯車をゆるめて調整できるように作られているから、その辺は設計範囲内なのでしょう。

 

Dscn2938a
 修理後、適当に出したLDを再生してみました。問題なく再生できました。

 それにしても、出てきたのが「モスラ」とは、、、、懐かしいですね。この後、色々な怪獣ものが出てきました、「モスラ」が一番好きです。後のものになるとバトルものみたいになりましたから、ちょっと、、好みではないかな。それと、幼い時代、家で蚕を飼っていたから形に親近感があります。爬虫類系?の様相のものは駄目です。
 そんなことを考えながら、上蓋、底蓋を取り付けました。

 

 

|

« 今日から3月か、暖かい穏やかな日だった | トップページ | 昔懐かしい感じのするラーメンを食べた »

故障、修理等」カテゴリの記事

家電製品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日から3月か、暖かい穏やかな日だった | トップページ | 昔懐かしい感じのするラーメンを食べた »