« 玄関チャイムのスイッチ側を修理(スイッチユニットを交換)した。 | トップページ | 大型客船クルーズの憧れと怖さ »

2020年2月 9日 (日)

家計簿纏めは、、、古いPCの出番

2020-02-09(日)晴れ

 昨日は、2019年の家計簿データの纏めを行うため、古いPCを持って図書館へ行ってきました。家計簿というか、お金の出入りは全て、HP200LXの会計ソフト「Pocket Quiken」に入力しています。なので、ここからエクスポートで、全データをテキストファイルで取り出すと、後は色々と処理することが出来ます。SEDでデータ整形をしてEXCELに読み込ませたり、Accessで集計したり、PerlやAWKで年間集計を取ったりします。このときに、古いPCの出番があります。このPCは、Windows 2000 とOffice 2000 Pro を入れた、今では時代遅れの機種です。なにせ、モバイルセレロン 366MHz位の機種です。しかし、「Windows 2000 とOffice 2000 Pro」だと、サクサク動きますし、Office Pro はこれしか持っていないので、今でも活用しているわけです。これで、年間予算、実算の表を纏めたりします。あと、テキスト入力用の機器としても活用しています。一つにはキーボードが打ちやすいという点もあるからです。もちろん、これらのOSやソフトはサポート外ですから、セキュリティ的には外部とは接続しない、、というやり方です。HP200LXと、このPCには無線LANもその他の外部接続も用意していません。完全にオフラインのデータ処理機器となっています。
 なかなか、PC、もこれ一台で、、と行かないですね、それぞれ、一長一短があるようです。

 

|

« 玄関チャイムのスイッチ側を修理(スイッチユニットを交換)した。 | トップページ | 大型客船クルーズの憧れと怖さ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 玄関チャイムのスイッチ側を修理(スイッチユニットを交換)した。 | トップページ | 大型客船クルーズの憧れと怖さ »