« どんど焼きを逃してしまったか | トップページ | HP200LXのリカバリー作業 »

2020年1月14日 (火)

本、、シリーズものは難しい?

2020-01-14(火)晴れ

 昨日、ウオーキングを兼ねて図書館まで行ったときに検索機で本を検索して、以前良く呼んでいたシリーズものの新しい巻(最新刊ではないですが)を見つけました。そろそろ借りる人が途切れたようで本棚にありましたので、借りて読み始めました。江戸時代の大店を舞台にした、妖怪が沢山出てくる、比較的軽い感じの小説です。シリーズものになっていて、あるところまではかなり気を入れて読んでいました。ただ、シリーズで10巻に近づいた頃から、ストーリーに無理矢理感が漂うような気がし始めました。そのシリーズの雰囲気の中で、どんどんと新たなストーリーを作るのは大変なんだろうなと思います。だから、最初の頃に比べると無理矢理感が出てくるのでしょうか。こういう傾向は他の作家の小説でも、人気が出てシリーズが長くなっているものには多かれ少なかれ感じられるような気がします。何巻目くらいからそう感じるかは千差万別ですが、、。だから、本当はある程度のところでうまく纏めて「完」としていただいた方がすっきりするのですが、出版社や作家からするとそうもいかないんでしょうね。ある程度売れることが分かっている、実績あるシリーズですし、、。まあ、読む方は気楽に言いたいことを言いますが、作家の方は大変でしょうね。 そんな事を考えながら読んでいます。

 

|

« どんど焼きを逃してしまったか | トップページ | HP200LXのリカバリー作業 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どんど焼きを逃してしまったか | トップページ | HP200LXのリカバリー作業 »