« イチョウの葉も散り始めたかな | トップページ | ADSL回線サービス廃止後の検討 その3 »

2019年12月15日 (日)

神奈川県行政文書HDD、盗難転売の件、雑感

2019-12-15(日)曇り、のち晴れ

 神奈川県の行政文書が入ったHDDが盗難転売されていた件は、その漏洩データ量の多さから大きな問題になっているようです。ただ、情報の最終処理とかその過程での漏洩は、紙の文書の時代から問題になっていたと思います。最終処分場での立ち会いとかもありましたが、紙の場合は物理的な体積も大きいから盗難は考えにくかったですが、HDDの場合はそうも言えません。
 処分量の拡大と共に、自前処理から契約しての処理依頼になってきたと思うのですが、いずれにしても問題は人間絡みで起きますね。契約すれば契約通りに処理されるはず、報告書が上がってくれば報告書通りに処理されているはず、、、と考えるわけです。人間は良識に従って行動して(契約を実行して)いるはずという訳です。ただ、心の奥底では、その通りになっているかどうかについては疑問を抱いている人も多いはずです、そうじゃない人間だって関係しているかも、、と。でも、きちんとした契約を結んでいれば、責任は契約先に移るから口をつぐんでいたのでしょうか。でも、今回はデータ量の多さによる衝撃が大きかったから、今後はそんなことを言っていられなくなりますね。契約先の責任、、と知らん顔は出来ないでしょう。それにしても、盗難も数個だけでなく1000個単位の数になるとのことですが、それだけに処理会社では処理依頼と完了報告に差異が出る(実物と書類の数の差異)はずのケースも多かったはずですが、分からなかったと言うことは、かなりザルの書類処理だったように見えます。今後、どういうやり方にしていくのでしょう。
 今回はリース会社とか最終処理会社の信用を大きく落としてしまいました。今回の関係した会社だけの問題では済まなくなりそうです。こういう対策を取っています、、と有効な内容を示せないと入札できなくなるかもしれません。各社、慌てて見直しているのではないでしょうか。そんなことを思った日でした。

 

|

« イチョウの葉も散り始めたかな | トップページ | ADSL回線サービス廃止後の検討 その3 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

当方はイカレたHDDは蓋を開けて円盤を割ってからゴミに出しました
ついでに強力な磁石も得られます
 ところで
 PCを自治体は回収しない決まりですが
 先々代のNotePCはHDDを取り出す序に筐体や基板や端子類にバラして
 プラスチックゴミや燃やさないゴミや金属ゴミに分別して出したので
 ちゃんと回収されました
[594]

投稿: 伍玖肆 | 2019年12月16日 (月) 18時11分

PCも新しいOSが動くような仕様のものに何度も買い換えを余儀なくされてきたわけですが、買うときは良いけど処分は困りますね。

投稿: masa | 2019年12月17日 (火) 09時29分

バラして自治体のゴミ回収基準に合わせれば大丈夫な筈だ
と思いついたので販売店に持ってって金子(きんす)を払う手間が省けました
[594]

投稿: 伍玖肆 | 2019年12月17日 (火) 11時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イチョウの葉も散り始めたかな | トップページ | ADSL回線サービス廃止後の検討 その3 »