« 「市民の日」 こども野外造形展 続き | トップページ | また一つ、腕時計を処分した »

2019年11月 5日 (火)

テープデッキ台のキャスターの車輪が変形している

2019-11-05(火)晴れ

 テレビとかステレオテープデッキなどの下には、自作のキャスター付きの板を入れていました。後ろ側の接続を変えるときなど、引き出しやすくするためです。ただ、20~30年前に作成したもので、あまり動かしていないから動きが悪くなっています。大きなテープデッキを処分したので、その下に敷いていた板のキャスターを修理して流用することにしました。重いものを載せて、長いこと動かしていないから車輪が変形していました。

Dscn2840a  Dscn2841a   

 左;合板に4つの車輪を付けて使用していました。最初は動きも良くて問題ありませんでしたが、10年以上経ったときから動きが悪くなりました。
 右:床に付いていたところが完全に平たく変形して、車輪自体も堅くなっているので、元に戻ることはありません。新しく買ってきた車輪に取り替えました。
4つの車輪にポイント的に力が加わるから、余計に変形しやすいのですね。
 テレビ(とHDDレコーダなど)の下の板のキャスターも交換したいのですが、一度接続をはずして下ろさないといけないので、面倒だなと放置しています。

 

|

« 「市民の日」 こども野外造形展 続き | トップページ | また一つ、腕時計を処分した »

故障、修理等」カテゴリの記事

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「市民の日」 こども野外造形展 続き | トップページ | また一つ、腕時計を処分した »