« 消費税、、随分と複雑なのことを実感する | トップページ | 庭の片隅の名も知らぬ草の花 »

2019年10月 9日 (水)

散歩道のクルミも実りはじめた

2019-10-09(水)曇り、のち晴れ

 散歩とかウオーキングのときには、周りの木や草などをみるようにしています。その中には色々と実のなるものも多かったりします。途中の川岸などにはクルミの木も、あちこちにあります。多分、低い崖になっている川岸が崩れないように残されている木があって、その木の実が流されて下流で根付いて増えたのかもしれません。
 そんな、クルミの木ですが、ついている実も実りはじめたようです。ただ、鬼グルミのようで、堅いし小さいし実も少ないから食用には難しいかもしれません。何より、崖になっている川岸なので、取るのが難しいですね。それでも、風で川岸に落とされたらしい実を拾って来ました。

E52p259a  
 洗って乾かして写真を撮ってみました。ズシッとした感じがするから、実はちゃんとしているようです。

 台風とか秋とかいうとクルミの事を思い出します。子どもの頃、台風の後にクルミの実を拾いにいったからです。その頃のクルミの木はカシクルミ(樫胡桃?、菓子胡桃と書かれているのも見かけるが、、)でした。近所の家に一本だけ姫胡桃の木がありました。綺麗なハート型のすべすべした実だったので、磨いて飾りにしたり、根付けのように紐につけたりしました。
 そういえば、運動公園に生えていた木は、鬼胡桃と姫胡桃の実があったような気がします。今度拾いにいってみるかな、とか思った日でした。

 

|

« 消費税、、随分と複雑なのことを実感する | トップページ | 庭の片隅の名も知らぬ草の花 »

散歩」カテゴリの記事

植物・自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 消費税、、随分と複雑なのことを実感する | トップページ | 庭の片隅の名も知らぬ草の花 »