« 老い、衰えを感じるとき | トップページ | 今年も赤い羽根募金の時期が来た »

2019年9月18日 (水)

老い、衰えを感じるとき 続き

2019-09-18(水)曇り/小雨、のち曇り

 題記の件、昨日の記事は身体の運動能力的な面から、衰えを感じる話しでした。同じようなことは精神面でも有るだろうなと思いました。ただ、運動能力的なものと違って、頭の中身の方については、(徐々に変わることもあり)自分では認識しにくいかもしれないとも思いました。
 自分を振り返ってみると、これは頭の中身の衰えかなと思う変化もあります。ある時期(年齢的な)以降、昔に比べて頑固になった、怒りっぽくなったなどは、老いて精神的な柔軟性が失われてせいかもしれません。もう一つ、小説でもドラマでも定型、マンネリ、そして100%のハッピーエンドが好きになりました。精神的に老いて柔軟性を失い、ストーリーの冒険というか、受け入れる幅が狭まったのかなと思います。
 小説などで(完)になったとき100%のハッピーエンドではなく、この先どうなるんだろうと思わせる終わり方も、以前は終わった後の余韻があって良いかも、、とか思いましたが、今では100%のハッピーエンドで終わってすっきり、、という形が好きです。ハッピーエンド成分が95%、いや98%を下回るのは放り捨てたくなります(笑)。テレビドラマでも定型、マンネリ、そしてお決まりのハッピーエンド、というのが見ていて楽になりました。以前、某縮緬問屋のご隠居さまが出てくるもので、40分だか45分になるとお決まりの解決策が出てきてハッピーエンドというような定型ドラマも、結構な率の視聴者がいるといわれていましたが、今では確かにそうかもと納得できます。
 ふと、そんなことを考える昨今です。

 

|

« 老い、衰えを感じるとき | トップページ | 今年も赤い羽根募金の時期が来た »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 老い、衰えを感じるとき | トップページ | 今年も赤い羽根募金の時期が来た »