« 台風10号の影響か、断続的に激しい雨が降る | トップページ | 夏の風鈴、見かけなくなった »

2019年8月15日 (木)

家計簿と預金簿

2019-08-15(木)曇り/雨(断続的に激しい雨)

 断続的に雨が降るので、おとなしく家にいましたが、家計簿に未入力のレシートが机の上に貯まっているのが目に入りました。最近は、10日くらい纏めてからでないと入力しなくなってしまいました。まあ、毎日のようにチェックするわけではないし、いつも財布の中身との帳尻もあうから困ることはない、とついさぼりがちです。家計簿というか金銭の入出は PDA (HP200LX) の Pocket Quicken に入力しています。 で、レシートを見ながら、先日聴いた預金簿の話しを思い出しました。

 暫く前に、老後は「年金の他に2000万円が必要」とか、「いや、その指摘はおかしい」とか、「内容が気に入らないから報告は受け取らない」とか、色々とニュースになっていました。まあ、いくら必要なのか数字はさておき、年金だけで、、というのは現実的には難しいでしょうか。定年が目の前に見えてきた会社の同僚仲間との会話では、年金が満額出るようになった時点で3000万円は用意したいよねと話していました(出来るかとかは別にして計画値、または希望値ですね)。最終的に余るのは問題ないけど、生きている間に不足するのは嫌ですから、、。自分では、EXCELで未来に向かっての年間収支の表を作って検討していました。そういう意味では、2000万円が必要、、という報告は、常識に沿ったまともな内容のような気がします。

 ということで、2000万円のニュース以後、投資とかお金の管理の話しを良く聴くようになりました。先日、いつも朝の布団の中で聴くラジオで、預金簿を作りましょうという話しがありました。どのお宅でも家計簿はつけていると思いますが、家計簿では各月の給与収入(手取りの生活費用分)を入力として、生活の支出を記入していると思います。これだと、各月の支出の分析や赤字黒字は分かりますが、一家の手持ち財産(お金)の総額や増減がわかりません。そこで、預金簿を作りましょうと言う話しです。全部の預金口座や証券口座などの帳簿を作れば、財産状況が分かるわけです。

 こういうときに便利なのが、前記のPcket Quickenです。これには、全ての項目、たとえば財布とか預金口座とかクレジットカードとかマネーカードなど、お金の入出力に関する全てを口座として入力できます。そして、お金の動き(収入、支出、口座間の金銭の移動)は全て入力します。こうすると、色々なレポート出力で支出の分析や現在の財産総額とか、色々な状況が分かります。もしあれば、家とか車のローンなどもそれぞれの口座としてマイナス残高で入れておけば、ある時点での手持ち資金状況が、さらに分かりやすいかもしれません。
 ということで、溜まったレシート類を入力しないといけないなと思った日でした。

 

|

« 台風10号の影響か、断続的に激しい雨が降る | トップページ | 夏の風鈴、見かけなくなった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台風10号の影響か、断続的に激しい雨が降る | トップページ | 夏の風鈴、見かけなくなった »