« セミの声、ツクツクホーシ | トップページ | 4Kテレビの画面が暗い問題 »

2019年8月18日 (日)

WEB小説をブックリーダで読む:画面の見やすさって難しい その6

2019-08-18(日)晴れ/曇り

 WEBサイトに掲載されたWEB小説は、テキストをダウンロードして、縦書きPDFファイルに変換してブックリーダで読んでいます。このPDFファイルへの変換のときに、どのフォントファイルを使えばみやすいか、過去に大分悩みました。二十数種類のフォントファイルを試して、ここ2~3年は「Kokin明朝体Medium」を使用させていただいています。「Kokin明朝体Medium」は、Kobo やKindle 等で見やすいように、明朝体の横線を若干太くしたものです。
  過去の記事 「WEB小説をブックリーダで読む:画面の見やすさって難しい その5

 明朝体系を使うと文庫本的な雰囲気になって良いのですが、視力がおぼつかなくなってくると、若干辛いときがあります。多分、明朝体は横線が細くなっているからだと思います。ということで、Kokin明朝体にする前に使用していた「KB丸ゴシック」に戻ってきました。
 KB丸ゴシック体 23ポイント → Kokin明朝体 25ポイント → KB丸ゴシック体 25ポイント と変遷してきました。ゴシック体は縦線と横線の太さの差がないから、弱った目には見やすいような気がします。過去には23ポイントだったのに現在は25ポイントと大きくなっているのは、さらに見やすさを求めてです。わずかな差ですが見やすくなりました。
 そういえば先日の何かの記事で 見やすくて目に優しいユニバーサルデザインのフォントの話しを読みました。たしかモリサワという会社のUDフォントだったかと思います。一例の写真をみたら、確かに視認性が良くて見やすいです。一部のフォントは無料で使用できるものもあるようなので、一度試してみたい気はします。ユーザ登録とかダウンロード、インストールとか面倒そうで二の足を踏んでいますが、、。
 ゴシック体フォントだと、文庫本的な雰囲気からは離れますが、弱った目のために「KB丸ゴシック体」で行くかと、読みかけのファイルを再度PDF変換しました。

 

|

« セミの声、ツクツクホーシ | トップページ | 4Kテレビの画面が暗い問題 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セミの声、ツクツクホーシ | トップページ | 4Kテレビの画面が暗い問題 »