« 久しぶりの夕方のウオーキング | トップページ | また、プリンタへの愚痴がでる、、、 »

2019年8月10日 (土)

海老名駅周辺の水田地帯もなくなった

2019-08-10(土)晴れ、曇り

 同級会の万年幹事団みたいな事をしています。持ち回りでやっていると途切れちゃったりすることがあるので、誰かが声掛け係をやらないと、、ということで、結局万年幹事団になっています。まあ、大した企画はしないので簡単だから構わないかなと思っています。さて、万年幹事団の二人で相談しようと小田急線海老名駅に集まりました。そのとき、海老名駅周辺の変貌に、改めて驚きました。
 海老名駅には、昔から小田急線、相鉄線、JR線の駅が集まっていますが、その割には、昔はあまり開発されているというか賑わっている感じはしませんでした。乗換の客は通過しますが、、通過しちゃうわけです。しかし、10年くらい前から変わり始め、今では昔の面影はありません。小田急線から見てJR駅の側は、耕地整理の関係で開発制限がかかっていたらしく水田地帯が続いていました。しかし、それも無くなったのか、今ではビルが建ち並び水田は見えません。マンションがどんどん建てられ、若い人が多くなったからか大きなショッピングモールや、沢山のレストランや飲み屋が入っているビルも出来たりしています。夕方となると、若い人の流れが凄い感じです。
 マンションがどんどん建てられ、売れ行きも良いらしく、中古マンションも含めても価格は高止まりしているとか聞きました。神奈川県のなかでも、住みたい街の上位に位置しているようです。市としては、こうやって若い人達が増えてくれると人口も増え、税収も増えるから喜んでいるでしょう。賑やかになる方向で変わっていますが、反面、あれだけの水田が無くなったけど、日本はあるいは地方は大丈夫なのかなとかも考えてしまいます。では、お前が農業をやるのか?と問われると、それは難しいですが、身の回りからどんどんと田や畑が消えると心配になるときもあります。
 そんなことも、改めて感じた、海老名駅周辺の変貌でした。

 

|

« 久しぶりの夕方のウオーキング | トップページ | また、プリンタへの愚痴がでる、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりの夕方のウオーキング | トップページ | また、プリンタへの愚痴がでる、、、 »