« (家によっては)お盆が始まっているようだ | トップページ | 向日葵 その後も次々と咲いてはいるが、、 »

2019年7月14日 (日)

蚊の種類も変わってきたのかな、痒いのは一緒だが、、

2019-07-14(日)雨、のち曇り/雨

 雨が降ったりして水気があるから、庭の片隅の木や草の陰、あるいは道路側溝へ雨水を流すところの砂溜まりなどで発生するのか、時々蚊が入ってきます。どうも、玄関ドアの近くにいて、人が入るときに一緒に入ってくるようです。一匹くらいしかいないのですが、なかなか退治できなくて鬱陶しいときがあります。ずっと、蚊取り線香を焚いておくときもあります。
 その蚊を見て思ったのですが、いつ頃からか、地域の差か分かりませんが、昔の蚊と今の蚊は随分と違うなと思いました。
(1)昔の蚊は夏の一時期だったが、今は3シーズン、場合によっては冬にも出てくることがある。これは種類のせいか気象の変化によるのかは不明ですが、、。
(2)今の蚊は蚊のサイズも、ぷいーんという音も小さい。
(3)昔は刺されたところの中心に血が出て固まったが、今のは血が出ない。でもふくれるのと痒さは同じで辛い。

 家の周りの道路の側溝へ水を流す砂溜まりに水が溜まっているようなら、殺虫剤か灯油を少し入れるかなとか思っています。水たまりのボウフラ対策です。

 

|

« (家によっては)お盆が始まっているようだ | トップページ | 向日葵 その後も次々と咲いてはいるが、、 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (家によっては)お盆が始まっているようだ | トップページ | 向日葵 その後も次々と咲いてはいるが、、 »