« 少し寒いが向日葵は頑張って、次々と咲いている | トップページ | FHPPC 東京オフ会 2019 の開催案内が出てきた »

2019年7月11日 (木)

便利さと危険は隣り合わせか

2019-07-11(木)曇り、夜から雨

 「スマートフォンで簡単決済」がうたい文句のセブンペイで問題が出て、大きな話題になっていますね。それにしても、随分と簡単に情報漏れ(ID、PW)や、他人からの利用ができたものです。利用開始からすぐに問題が出たのは、関係者には大変ですが、逆に良かったかもしれません。利用が本格的になって、何万人、あるいは何十万人が被害を受けてからでは対応も補償も大変でしょう。今なら、まだ利用を制限とか延期して対策を取ることも可能です。対応も小手先、取りあえずではなく、じっくりと腰を据えてきちんとした対応を取って貰いたいと思います。今回、利用者には「スマートフォン決済は危険かも、、」という思いを持たせてしまいました。小手先対応で、たとえちょっとしたことでも問題が再発したら、利用者の足を一斉に止めさせてしまうかもしれないからです。他社の決済システムでも、今一度検討、見直しが行われれば幸いです。

 便利さと危険は隣り合わせかもしれません。預金口座と結びついていると、ATMに行って、預金を下ろして、チャージして、、という手順は不要になりますが、いざというときの被害は、口座残高にまで及びます。ということで、私は電子マネーカード(物理的にカードがあるもの、EdyとかPasmoとか、、)を、オートチャージ無しで使用しています。あくまで、自分でチャージして使う方式です。これですと、盗難とか落下紛失で悪用されても、いまチャージしてある金額までですし、カードは諦めて新たに入手するだけで済みます。当面は、この方式でいく予定です(もっとも、私のスマートフォンでは決済システムのアプリが入らないということもありますが、、、)。
 もし、口座と結びつけるスマートフォン決済を使うようにするときは、結びつける銀行口座は専用の口座を設けるつもりです。自分が通常使う程度にしか金額を入れておかなければ、悪用されて口座にアクセスされてきたときに、残高がなくてアラームが出るでしょう。もっとも、携帯電話は気分によって入れ換えて使うこともあるので、当分は電子マネーカード(物理的にカードがあるもの)を使用してゆくことでしょう。

 

|

« 少し寒いが向日葵は頑張って、次々と咲いている | トップページ | FHPPC 東京オフ会 2019 の開催案内が出てきた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 少し寒いが向日葵は頑張って、次々と咲いている | トップページ | FHPPC 東京オフ会 2019 の開催案内が出てきた »