« 真空管アンプの製作、自作は、まだまだ続いているようだ | トップページ | 腹巻きの出番の時期かな »

2019年6月 1日 (土)

携帯電話料金プラン(新)、、やっぱり分かりにくい

2019-06-01(土)少し晴れ、のち曇り

 暫く前に携帯電話新料金プラン(ntt docomo と au)の発表があって、さらに今日の新聞には、今日から新料金が適用されるとかの記事がありました。暫く前と今回、ちょっとだけ料金プランを見たのですが、やっぱり分かりにくいですね。まあ、新たに加入するとか、新機種に変更とかで真剣に検討したわけではないから仕方がないのですが、、。携帯機種料金とは切り離されたと書かれています。以前も携帯電話を買わない回線契約もあったと思うのですが、それと比較してどうかという比較記事がないので分かりません(自分で調べるほどの情熱はない、、、)。
 分かりにくい一つが、色々な割引条件があるからかな。2年契約にするとか、家族で複数回線契約にするとか、家の光回線契約があるかどうかで割引になりますが、それらがないと結構高いような気もします。
 ところで、複数回線での割引はまだしも、光回線での割引は抱き合わせ販売みたいな側面もあるような気がします。携帯電話機種との抱き合わせに似ているような、、。そして、その割引の原資はどこに含まれているのかが気になります。たとえば、光回線があるときの割引の原資は光回線の料金に含まれているのか、携帯電話回線料金に含まれているのかなんて、、、、。
 少しだけ料金検討してみましたが、色々な割引がないと、やっぱり携帯電話料金は(通信データ量にもよるが)結構な値段になるなと思いました。

 ちなみに、私は通信データ量により料金が階段状にアップしてゆくプランも嫌なので、通話/SMS用とデータ用回線は分けて、データ用は格安SIMを使用しています。分割して契約していると分割損もありますが、トータルでそれほど高くもないし、料金が変動しないので気が楽です。

現在契約している会社での、携帯電話料金を検討してみた。
 ケース1:メイン回線1回線のみだったところの料金、パケット価格が高いのでデータは余り使えない。
 ケース2:上記に格安SIMを回線追加した
 ケース3:ケース2に更にテスト用サブ回線を追加した。(家族回線としてグループ化した割引のため
       ケース2と料金は変わらない。)     ケース3が現在の契約
 ケース4:いずれ、サブ回線相当の契約と格安SIMの2回線に減らしたときの料金

Keitairyokin
 
 これを見ると、現在の内容では、この料金で全部で3回線あって、かつメイン回線には無料通話/通信分が1,000円分あるので、当分これで良いかなと思っています。

 

|

« 真空管アンプの製作、自作は、まだまだ続いているようだ | トップページ | 腹巻きの出番の時期かな »

携帯電話」カテゴリの記事

価格、料金など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真空管アンプの製作、自作は、まだまだ続いているようだ | トップページ | 腹巻きの出番の時期かな »