« 庭のタンポポ | トップページ | 久しぶりに窓を開け払ってみた »

2019年5月 3日 (金)

漢字の書き方 「令」など

2019-05-03(金)晴れ

 一昨日の ”「令和」最初の日” の話題の続きですが、、。

「令和」が発表になったとき、ふと疑問に思ったことがありました。それは、漢字の書き方です。

Reimoji  

 ・左:発表の文字や新聞の文字
 ・右:義務教育で教育されて宿題で涙目になりながら書き取りをした文字

どちらが正しいのでしょうと言うわけです。WEBのあちこちで調べて、結論としてはどちらも正しいという結果を得ました。国で決めた常用漢字表に依れば、どちらも良いことになっているようです。

 ・左:印刷文字(明朝体)
 ・右:手書き文字(楷書体)

ということらしいです(他人任せな情報ですが、、)。やっとすっきりしました。
 でも、この2つ、見た目が随分と違うから、色々なところでトラブルというか摩擦が出そうな気もします。そんなことが出ないことを祈りたいと思います。

 少し内容が違いますが、一般と教育文字などの規則の違いでは、私も1回問題になったことがありました。私の名前の中に「道」の文字があります。生まれたときにつけられ、教えられた漢字は二点しんにょうの「道」です。

Mitimoji  

  左:二点しんにょう
  右:一点しんにょう
 でも、小学校2年くらい?から、ずっと右で教えられているうちに、何時しか名前も右の文字で書くようになってしまいました。それで問題なかったから、本来の名前の文字が意識の中から薄れました。その後、大きくなってから、役所に出す書類を、うっかり右の文字で書いてしまいました。違いますから、当然受け付けられませんでした。まあ、うっかりした当方が悪いわけですが、、。
 色々な経緯があって、今は登録上の名前が一点しんにょうの「道」に変更になっています。親からの申請での改名扱いかな。
 規則は統一されているのが重要だなと思ったことでした。

 

|

« 庭のタンポポ | トップページ | 久しぶりに窓を開け払ってみた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 庭のタンポポ | トップページ | 久しぶりに窓を開け払ってみた »