« スマートフォンの設定見直しとバッテリー | トップページ | 真空管アンプの製作、自作は、まだまだ続いているようだ »

2019年5月30日 (木)

メインのステレオ装置の処分の決心がつかない

2019-05-30(木)曇り/晴れ、涼しい日になった

 暖かいというか、日によっては暑い日が続くようになりました。花粉の心配も無くなってきたので、これからは窓を開け払って風を通して、若干の風に吹かれながら本を読んでいると良い気持ちです。そんな時は、インターネットラジオでオールディーズの音楽を流しています。車どおりの多い道路は大分遠くの方なので、まあまあ静かで聞こえるのはヒヨドリ?と燕の声くらいなので穏やかです。
 音楽はインターネットラジオのスピーカーではなく、インターネットラジオからサブのステレオ(ミニコンポというのか、大分小さいステレオ)に繋いで聞いています。それで気持ち良く聴いているのですが、天気が良くて気分が乗ったときは、希にそのままメインステレオ側で聴くこともあります。音源としてはインターネットラジオですから、mp3ファイル音源と同じ感じですが、それでも、メインステレオで聴くと大分感じが違います。一番感じるのは、大きな音は出していないのですが、身体全体が包まれるような感覚があります。多分、スピーカーが(サブシステムに比べると)大きいからかなあ、、と思っています。
 メインシステムは 真空管プリアンプ → 真空管メインアンプ → スピーカー の組み合わせですが、アンプとスピーカーの相性も良さそうです。その昔、スピーカーは、お店で比較厳選しました。真空管アンプは、雑誌の作成例を色々見比べて選び、記事を参考に自作したプリアンプとメインアンプです。そんな思い入れもあるので、部屋を片付けるために処分したいと思いつつ、ずっとそのままになっています。友人にいうと、「取りあえず置けていて困っていないんだから、そのままでいいジャン」と言われます。友人の言を色々なものに適用しているので、部屋の中のものの整理が全然進みません。
 でも、ま、いいいか、、と思いながら、ステレオで音楽を聴いています。

 

|

« スマートフォンの設定見直しとバッテリー | トップページ | 真空管アンプの製作、自作は、まだまだ続いているようだ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スマートフォンの設定見直しとバッテリー | トップページ | 真空管アンプの製作、自作は、まだまだ続いているようだ »