« SIM のサイズ変換アダプタを探してみた | トップページ | Fwd: テスト投稿 続続続 »

2019年2月14日 (木)

確定申告(還付申告)書類作成を行った

2019-02-14(木)曇り

 いよいよ、今週の週末から、2018年分の確定申告の受付が始まります。ということで、確定申告の書類作成を行いました。もっとも、私のような還付申告だけであれば1月から受け付けています。しかし、添付する証明書類が1月中旬頃に来るものもあるので、毎年今頃作成を行っています。書類作成は大分前から、国税庁WEBの「確定申告書作成コーナー」で行っています。自分で細かい計算をしなくて良いから楽ではあります。ただ、時々、選択肢があるところで、どちらを選択すればよいのか悩むこともありました。いたる所にヘルプがあるから分かりやすいようなものですが、なかなか難しいところでもあります。ヘルプの説明も良くできているのでしょうが、私のような全くの素人からすると、「読んではみたが、で、どうすればいいのかな?」と言う感じです。正しく説明されていることが、即分かりやすい訳ではなさそうです。分かっている人には分かりやすい、当たり前な説明なんでしょうけれど、、。具体的なケースを入れた説明が良いのでしょうが、色々なケースがあるから説明が膨大になりそうだし、、、難しいところです。だから、相談会があって、盛況なのか。
 何はともあれ、作成が終わりました。あとは、添付書類のコピーをとって、来週あたりに提出するだけです。先日は、昨年の収支纏めと今年の予算作成も出来たので、ようやく2018年の締めくくりになりそうです。
 

|

« SIM のサイズ変換アダプタを探してみた | トップページ | Fwd: テスト投稿 続続続 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お尋ねいたしますが
全ての数字の根拠を手元に置いておいて国税庁のWebサイトで逐一入力することで作成して
それを印刷したのを所轄の税務署に郵送するっていう手順なのですか?

個人番号カードやカードリーダーなしでもe-TAXが可能なのだとかいう説もあります
だとすれば所定の手順を踏めば国税側が掴んでいる数字で埋まっている自分の確定申告書が取り敢えず表示されてもよさそうな気がしますが??

[594]

投稿: 伍玖肆 | 2019年2月16日 (土) 12時43分

作成については、その通りです。
国税庁のWebサイトで逐一入力すると、最終的に提出するシートを印刷することが出来ます。これを、郵送とか市の相談窓口に提出します。
(以前やっていた、紙の用紙に記入しながら計算しては記入、、の手順がパソコン上で出来るし、計算は自動でやってくれるというものです。)
作成結果をそのままe-TAXで電子送付するにはカードやカードリーダが必要なはずです。(カードリーダを用意しても、これ以外に利用することがなさそうなので、印刷して紙で提出しています。)

収入とかの個人の情報とは直接リンクさせていないと思いますので、数値は全部、自分で入力することになります。

投稿: masa | 2019年2月17日 (日) 09時07分

なるほど
以前は歩いて行けるところにある公民館で相談会が開かれてたのですが
その時はPCで書式に算式がリンクしてましたが
それと同じなんですね

こっちでは公民館での相談会が廃止されたので止むなくカードを取得しカードリーダーを購入したです
そのカードも当初は「住民基本台帳カード」だったが
その有効期間が余ってるのに「個人番号カード」に移行させられたので取得し直すのに手間暇が掛かりました
e-TAXは番号やパスワードが幾つもあって物凄く面倒ですよ
証憑の別送は不要ですが手元に五年間も保持してなきゃならないので煩わしいです
[594]

投稿: 伍玖肆 | 2019年2月17日 (日) 21時16分

電子送付は色々な面で面倒そうだったのでやめて、印刷してからの提出にしています。
個人の申告で言うと、電子送付でメリットがあるのは国税庁側だと思います。
我々の側は、作成部分はともかく、提出作業部分は繁雑になるだけみたいに感じています。

投稿: masa | 2019年2月18日 (月) 09時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 確定申告(還付申告)書類作成を行った:

« SIM のサイズ変換アダプタを探してみた | トップページ | Fwd: テスト投稿 続続続 »