« 身体が寒さに慣れたのかな | トップページ | 図書館周りの柿の木の実が少なくなってきた »

2019年1月11日 (金)

今年最初の声楽レッスンクラスに行ってきた

2019-01-11(金)晴れ

 正月気分も抜けたところで、声楽クラスの今年最初のレッスンに行ってきました。「正月気分も抜けたところで、、」と書きましたが、実際のところは年末年始とも、最近はあまり正月という感じはないですね。たんなる休日の延長みたいな感じです。正月!という区切りが感じられていたのは、田舎の実家に帰省していた頃位まででしょうか。
 さて、話がそれましたが、今年初のレッスンに行ってきました。昨年末のレッスン後、さぼって全く練習していないことと、最近の乾燥で喉の調子が今ひとつで、声の出が良くありませんでした。でも、健康のため、、と割り切って通っています。周りを気にせず大きな声を出して、すっきりして帰ってくることにしています。
 今年の6月には、隔年に実施されている発表会があります。いくつかの市のカルチャー教室のクラスの生徒さんが出場します。今回のテーマは「日本語の美しさ」だそうです。レッスンなどでは、通常イタリア語の歌(イタリア歌曲集やイタリアオペラ)を歌うのですが、今回は日本語の歌をメインテーマにするとの事でした。歌そのものは、必ずしも日本の歌とは限らないのでしょうが、ごまかしのきかない日本語にチャレンジ、、と言うことのようです。
 ということで、何にするか悩みましたが、先生のアドバイスで「ゴンドラの歌」(イタリアのゴンドラ漕ぎの歌ではなく、中山晋平作曲の歌の方ですよ)を候補にしました。ただ、通常の楽譜よりは3度くらい上げて(ド→ミ か ド→ミ♭ の感じ)歌うことになりそうです。私の音域だと通常の楽譜では低すぎて、朗々と歌えないからです(もっとも、もともと朗々とは歌えないのですが、、)
 前々回の歌も2度上げて歌いましたが、その時と同じで楽譜作成に苦労しそうです。
 そんなことを考えながら帰ってきました。
 

|

« 身体が寒さに慣れたのかな | トップページ | 図書館周りの柿の木の実が少なくなってきた »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年最初の声楽レッスンクラスに行ってきた:

« 身体が寒さに慣れたのかな | トップページ | 図書館周りの柿の木の実が少なくなってきた »