« オリーブオイルが固まる | トップページ | そろそろ花粉の影響が?? »

2019年1月18日 (金)

柿の種類が違うのか、熟し具合が違うのか

2019-01-18(金)晴れ

 本を探したり、一休みしながら本でも読もうかと図書館に寄ったときに、ふと窓から柿の木を見たときに気がつきました。5本ほどある柿の木の、実の付き方が随分と偏っています。

E52p161a
 こちらは窓の真ん前にある柿の木ですが、殆ど実がないくらいに食べられています。確かに、以前来たときも小鳥が枝から枝へと飛び歩いていました。実を食べていたのでしょう。

E52p162a  
 こちらは、上の写真の木の直ぐ横にある4本の柿の木ですが、昨年末と変わりないまま実が残っています。
 沢山の小鳥が来るから、喧嘩しないで食べるなら全部の木にバラバラになって食べればいいと思うのですが、実際は集中しているようです。時間差で分かれているのかな。
 よーくみると、上の写真の柿の木の実は少し大きいように見えます。種類が違って、一番おいしいのでしょうか。あるいは、種類が違って熟し方に差があるのでしょうか。遠目に見ているだけなので詳細は分かりませんが、そんな違いが目につきました。
 人間だと目の前の食べ物で、一番好きなもの/一番おいしいと思っているものから食べる人と、逆にそれを後の楽しみにして後回しにする人がいるようです。でも、小鳥たちは多分、正直に一番おいしいもの、一番食べやすいものから食べるのでしょう。だから、偏るんですね、きっと。
 そんなことを思いながら見ていた光景でした。
 

|

« オリーブオイルが固まる | トップページ | そろそろ花粉の影響が?? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柿の種類が違うのか、熟し具合が違うのか:

« オリーブオイルが固まる | トップページ | そろそろ花粉の影響が?? »