« 水無川の岸の低灌木がなくなっている | トップページ | 松の木も冬支度 »

2018年11月25日 (日)

年末が近いことを実感する花

2018-11-25(日)晴れ

 日曜日で何となくのんびりした気分で、かつ天気が良かったので、駅までの約1時間のルートで歩きに出かけました。駅前ビルの1階は、2階までの吹き抜けみたいになっていてベンチが置いてあるので、いつも休憩に立ち寄ります。入って、とあるものを見て「ああ、年末も近いんだなあ」と思いました。

Dscn2678a

 いつもは別のものが飾られている場所に、この花がおいてあります。ポインセチアでしょうか? この後、台の上に大きなクリスマスツリーが置かれて、そのまわりに、この鉢植えの花が飾られます。まず、花が納入されたのでしょう。直ぐにクリスマスツリーの設置が始まるはずです。
 私の意識の中では、いつの間にかクリスマスツリーと花がセットになってしまったため、この花を見ると年末が近いことを思い出すのです。
ポインセチア? → クリスマスツリー → ああ、年末が、、
という訳です。
 さて、そろそろ年賀状の心配をしないといけないなあ、、と思いながら帰ってきました。
 

|

« 水無川の岸の低灌木がなくなっている | トップページ | 松の木も冬支度 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

天候、気象、季節感」カテゴリの記事

植物・自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年末が近いことを実感する花:

« 水無川の岸の低灌木がなくなっている | トップページ | 松の木も冬支度 »