« 日本ギター合奏フェスティバル2018のチラシがきた | トップページ | 電力節減意識育成には不適な、、 »

2018年10月 4日 (木)

有効期限が平成32年になっていた

2018-10-04(木)曇り

 先日送られてきた保険証と古い保険証を入れ換えていて気がつきました。有効期限の日付が平成32年になっています。

Dscn2672a

 考えてみたら、平成32年は来ないことが確定しましたが、元号も決まっていないし、システム改修も未だだから仕方がないんですね。プログラム作成などに携わった側としては、こういう年号は通算年号(例えば西暦など)にすれば良いと思うのですが、官公庁に絡むものは元号使用が決められているようで無理なんでしょう。
 それに、システム改修の仕事が発生するから、システム会社としては嬉しいかもしれません(社員はハードスケジュールが発生してブラック職場になりかねないから嫌かもしれませんが、、、)。

 元号も文化の一つと言えるかもしれませんが、歴史を考える上で現在からの距離(時間的な)を考えるとき、元号は不便です。私が元号で言われて、その順番とか、現在からの距離が分かるのは明治までです。江戸時代は多すぎて分かりません。元禄、寛永、天保とか言われても、前後関係やいつ頃のことか、さっぱりです。この辺が分かるのは歴史学者か、時代劇小説の超マニアくらいのような気がします。
 仕方がないので、元号のリストと変換を兼ねたアプリを作成して携帯電話に入れています。(PyNengou

Ssce0741a

 最近は西暦は覚えていても元号での年は忘れがちなので、密かに重宝しています。
 そんなことを思った日でした。
 

|

« 日本ギター合奏フェスティバル2018のチラシがきた | トップページ | 電力節減意識育成には不適な、、 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そちらの組織では保険証の有効期間が二箇年なんですね
こっちは一箇年です
国民健康保険と言いながら保組織も険料も都道府県単位ですから期間が違うのも当然なんでせう
[594]

投稿: 伍玖肆 | 2018年10月 5日 (金) 20時37分

ありゃ
 保組織も険料も → 組織も保険料も
見直しを省略したらこの始末...
[594]

投稿: | 2018年10月 5日 (金) 20時40分

保険料は市によっても違うようです。同時にリタイヤして県内の別の市にいた友人と
比較してみて違うので、市役所に聴きに言ったら、そういっていました。
計算式の中には色々な項がありますが、そのなかで掛け率が違う部分があるのでしょう。

投稿: masa | 2018年10月 6日 (土) 09時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/67241344

この記事へのトラックバック一覧です: 有効期限が平成32年になっていた:

« 日本ギター合奏フェスティバル2018のチラシがきた | トップページ | 電力節減意識育成には不適な、、 »