« 市立中央子ども公園、またの名は、、 | トップページ | 爽やかな日になった »

2018年5月 3日 (木)

Python: 天気予報表示スクリプト PyStnWeather_J が動かなくなった

2018-05-03(木)深夜から朝まで雨、のち曇り/風強し

 Nokia携帯電話の待ち受け画面に「今日と明日の天気予報」を表示させるのに PySTnWeather というPythonアプリを使用しています。このアプリは、Nokia S60 3rd の機種で使えるようにするため、今まで予報データ取得サイトをgoo天気予報、天気jpサイト、J-Walker天気予報と変えてきました。理由は、Nokia S60 3rd では http で動くサイトしか使えなかったからです(https 接続が使えないため、http で使えるサイトを転々としてきました)。ということで、最近はJ-Walker天気予報サイトを使用させていただき、PyStnWeather_J という名前にして使用していました。
 しかしながら、5月2日の日から使用できなくなりました。J-Walker天気予報サイトがセキュアな接続に切り替えたのかなと思います。 http でアクセスするとJ-Walkerが表示されず、https でアクセスするとセキュリティ証明書のドメイン名が違うと、ブラウザが警告表示します。どうも、セキュリティ証明書のドメイン名はJ-Walkerが使っているレンタルサーバのドメイン名なので、J-Walkerドメインと違うので警告されるようです。無視すれば表示されるのかもしれませんが何となくすっきりとしません。
 どちらにしても、今までのようにNokia S60 3rd 機種では(https接続が出来ないから)使えなくなります。ということで、Nokia S60 5th + Python2.0.0で使えるように改造すると共に、データ取得サイトを天気jpサイトにすることにしました。花粉情報表示の PyStnPollen も天気jpにしたので、統一できて良いかなと思います。ただ。Python2.0.0 にすると自分ではsis化できないので、指定した時刻にアプリを起動させるアプリから起動して、待ち受け画面に表示させる、、ということが出来なくなります。そういう意味では、通常のブラウザで天気予報のサイトを見ても良いようなものですが、サイトを丸々表示させると、かなり重い動作になりますので、私としてはPyStnWeather の出番は多いかなと思っています。
 ということで、PyStnWeather の修正内容を検討中です。
 

|

« 市立中央子ども公園、またの名は、、 | トップページ | 爽やかな日になった »

携帯電話」カテゴリの記事

Python」カテゴリの記事

アプリケーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Python: 天気予報表示スクリプト PyStnWeather_J が動かなくなった:

« 市立中央子ども公園、またの名は、、 | トップページ | 爽やかな日になった »