« この時期はチューリップが目につく | トップページ | 久しぶりにアマチュア無線機器の電源を入れた 続き »

2018年4月 5日 (木)

今のアマチュア無線の楽しみって?

 2018-04-05(木)曇り

 先日に引き続き、アマチュア無線機器の電源を入れて内部を温めて湿気を飛ばしたり、受信ができるかテストしたりしています。一応、3.5/7/14/21MHzの受信周波数切替も問題なさそうですし、7MHzでは近場の方の交信も受信できました。
 さて、そんなことをしながら、(現時点から始める方の)アマチュア無線の楽しみ、動機って何だろうか?と考えました。私が始めた頃のように
 ・電話もろくにない(各家庭にあるわけではない)から、遠くと気軽に通信できない。
 ・メーカー製の機器も簡単には入手できないが、アマチュア無線バンドの中では飛び交っている電波も少ないし、簡単な手製の機器で何とか通信すること、あるいは、その機器を作成するのも楽しい。

という時代だと、テレビやラジオの中古品を廃品回収の店から買ってきて部品をとり、簡単な機器を作ることも、それで遠方の方と通信できることも楽しめました。しかし、現在では超高性能(昔に比べれば)の機器が手軽に入手できますし、そもそも、インターネット上のSNSなどでも簡単に情報交換が出来るし、アマチュア無線を始める楽しみって何だろうかと思うわけです。まだ余り手を付けられていない(先端)分野の技術に挑戦するのも楽しみでしょうが、あまり全員向きではないですし、、。
 それでも、電信バンドやSSBバンドを受信してみると、楽しそうに交信しているから、電波をとおした通信ということに意味があるのかなとも考えます。ちなみに、私の楽しみはモールス符号による通信あたりかなあ。
 そんな事を考えながらチェックをしていました。
 

|

« この時期はチューリップが目につく | トップページ | 久しぶりにアマチュア無線機器の電源を入れた 続き »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/66573382

この記事へのトラックバック一覧です: 今のアマチュア無線の楽しみって?:

« この時期はチューリップが目につく | トップページ | 久しぶりにアマチュア無線機器の電源を入れた 続き »