« 久しぶりに震生湖方面へ歩いてみた | トップページ | ブルックス大井事業所の無料喫茶室はなくなったようだ »

2018年4月30日 (月)

太陽光発電 雑感

2018-04-30(月)晴れ、のち曇り

 先日、歩き回っているときに、とある風景を見て考えたことがあります。

Dscn2576a

 分かりにくいですが、向こうに見えるのは太陽光発電パネルでしょう。3~4ヘクタールくらいに広がっています。今まで、太陽光発電というと、実際には屋根に設置したものくらいしか見ていません。それは個人家庭での消費メインでしょうか。しかしながら、ビジネスにするには、こうやって大がかりにするしかないでしょう。これは未だ、小規模かもしれません。
 でも、どんどん田や畑をつぶして発電設備にしてしまっていいのか?と思う気持ちもあります。屋根の上なら、他に使い道はなさそうだから良いのですが、田畑スペースは?と思いました。まあ、小規模農家では後継者もいないから、こうするしかないのか。それなら、土地を集約して大規模経営にしてゆけるような方策も必要かなと思います。現状では色々と制約やら、現実問題としての難問が立ちはだかってくるようですが、、。
 そんなことを考えながら歩いていました。
 

|

« 久しぶりに震生湖方面へ歩いてみた | トップページ | ブルックス大井事業所の無料喫茶室はなくなったようだ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

2018.04.19の某紙に
太陽光発電 急成長のひずみ
という題で坂村健が
>実は、固定価格買い取り制度を作った当初、普及は業務用でも建物の屋根や屋上に設置するものがほとんどで、地上設置型はほとんどないと審議会は考えていたらしい。<
と書いていました
そういう前提条件を考慮した法制を作らなかった結果が田畑の転用に繋がって日本國の安全保障に大事な食料自給率を下げてしまっていると考える人もいるかも知れませんね
[594]

投稿: 伍玖肆 | 2018年5月 6日 (日) 08時49分

本当にその通りですね。まあ、こういう話しは太陽光発電に限らないのですが、、。
推進した方達は問題が表面化すると、「想定外だった、、」とか言って逃げるんですけどね。
今からでも対策を、、と思うんですが無理そうですね。設置して儲けようとしている人達の反対が凄そうで、、。

投稿: masa | 2018年5月 6日 (日) 09時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/66670824

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽光発電 雑感:

« 久しぶりに震生湖方面へ歩いてみた | トップページ | ブルックス大井事業所の無料喫茶室はなくなったようだ »