« Python: 花粉情報をみるスクリプトを改造した PyStnPollen V.0.05.0 | トップページ | 久しぶりに皆既月食を見た »

2018年1月30日 (火)

ちょっと興味深そうな本を買った

2018-01-30(火)曇り/晴れ、昼頃晴れ間に小雪が舞った、のち曇り

 声楽の先生が教えてくれた本ですが、興味が引かれたので購入しました。ものを買うときは、なるべくリアルショップで買うようにしていますので、先日東京へ行ったときに、紀伊国屋書店か銀座ヤマハ楽器へいって買おうと思いました。が時間がなくなってしまったので、今回はamazonで購入しました。注文した次の日には届くので便利ではありますが、、、。

Dscn2472a

 音楽関係で言うと、改めて考えると????と思うことが沢山あります。学校時代に教わったのに忘れたのか、そこまでのことは教えて貰わなかったのか、正直不明ですが、、。まあ、知らなくても歌ったり、聴いて楽しむことは出来ますから困ることもなく、人生も黄昏の時期まで過ぎてきたわけです。知っている方からすると笑われてしまいそうな内容ですが、知らないと???と首をかしげるわけです。

 音で言うと基本がラで、そこからA、B、C、D、E、F、Gが割り当てられています。(日本ではそこへイ、ロ、ハ、ニ、ホ、ヘ、トを当てたのですね。)でも、一番簡単で多いのがCメジャー(ハ長調)ならば、そこから割り当てても良かったのではとか思うわけです。
 あと、調でいうとA~Gに長調、短調、さらに嬰、変を付けただけあります。調が変わると感じが変わるのは分かりますが、本当にこんなに必要なの?と思うわけです、テストで泣かされましたよね。作曲者が調を選ぶ内容が知りたいと思いました。
 この本は後者が分かるのでは?とおもい購入しました。分かったからと言って歌がうまくなるわけではないですが、疑問に思っていたことが分かれば楽しいかなと思います。
 

|

« Python: 花粉情報をみるスクリプトを改造した PyStnPollen V.0.05.0 | トップページ | 久しぶりに皆既月食を見た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと興味深そうな本を買った:

« Python: 花粉情報をみるスクリプトを改造した PyStnPollen V.0.05.0 | トップページ | 久しぶりに皆既月食を見た »