« 夕暮れの景色 | トップページ | 風邪ではないようだが、、ガラガラ声 »

2017年12月14日 (木)

靴と足の微妙な関係

2017-12-14(木)晴れ

 3週間ほど前からになりますか、足の指の先あたりが少し痛みが感じられるようになりました。右左、各一本くらいで、ずきずきした痛みではなく、強いていえば「しもやけ」になりかけのような痛みです。いくら何でも、しもやけはないよなあと思いながらもケアしましたがなおりません。で、思いついたのが題記の件です。考えてみたら、以前も靴の微妙な状況の違いで同じような症状が出たことがありました。
  その時の記事 「またまた、靴の中と足の関係はデリケート
 前回の記事のときのことを考えながら、靴の中敷きを替えてみたり、メインに履く靴を替えてみたらなおってきました。色々なわずかの条件が重なって出てくるのでしょう。
 例えば、厚手の中敷きが寒さで堅くなってきて、指の形に凹んだままになるとか、靴そのものの材質も堅くなるとか、あるいは靴底のすり減りが進んだとか、、。そろそろ買い換えろというシグナルかなと感じました。
 足は思っている以上にデリケートなようです。
 

|

« 夕暮れの景色 | トップページ | 風邪ではないようだが、、ガラガラ声 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

健康関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 靴と足の微妙な関係:

« 夕暮れの景色 | トップページ | 風邪ではないようだが、、ガラガラ声 »