« カルチャーパーク(運動公園)の弱点? | トップページ | SIMカード(回線契約)の整理 »

2017年11月19日 (日)

おでんと血圧の微妙な関係?(関係あるのかな)

2017-11-19(日)曇り/晴れ

 大分寒い季節になってきました。まあ、そういう時期だと思えば、その通りなのですが。昨年だったか一昨年だったかは、この時期くらいに雪が降ったような気がします(ブログをさかのぼってみたら、2016年11月24日でした)。
 寒い時期になると暖かい食べ物がおいしくなります。鍋物とかおでんとか、、。で、「おでん」なのですが、それらを夕食に食べた次の日の朝の血圧測定値が高めにでるような気がします。必ずというわけではありませんが、そんな傾向があるようです。
 色々考えてみたのですが、一つは塩分の問題かもしれません。
第1に、おでんの具は練り物が多いです。大根とこんにゃくを除けば、殆どが練り物かもしれません。これらは加工時に塩分が使われているはずで、これらを沢山食べると塩分過多になるのかもしれません。
第2に、おでんのスープの希釈が少ないと塩分濃度が高くなります。普段の通り作って汁の味見をしたら、かなり塩辛い味でした。水でさらに倍か三倍くらいに薄めて使っても良いかも、、と思ってしまいました。
 惣菜におけるおでんの量を多くすると、野菜不足と塩分過多に気をつけないといけないかなと思った日でした。
 

|

« カルチャーパーク(運動公園)の弱点? | トップページ | SIMカード(回線契約)の整理 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

健康関連」カテゴリの記事

食べ物など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おでんと血圧の微妙な関係?(関係あるのかな):

« カルチャーパーク(運動公園)の弱点? | トップページ | SIMカード(回線契約)の整理 »