« ギターサークルの休日練習に行ってきた | トップページ | 寒い日が続いている »

2017年10月16日 (月)

久しぶりに図書館の本を借りて読んだ

2017-10-16(月)雨/曇り

 最近はWEB小説をブックリーダで読むことが多くなったので、図書館からは余り本を借りていませんでした。図書館では借りたい本が直ぐに借りられるとは限らないですし、WEB小説をブックリーダで読むほうが、文字の大きさの自由度があって目が楽だからです。年と共に小さな文字は辛くなりつつあります。文庫本はちょっと辛いかな、、。
 そんななか、半年くらい前に図書館でふと予約した本の順番が来ました。すっかり忘れていたのですが、メールが来たので昨日受け取って読み始めて、今日読み終わりました。軽い娯楽小説ですから、読み終わるのも速いです。あと、文庫ではなく大きな版の本なので、文字の大きさ的にも、まずまず見やすかったです。
 さて、その本はシリーズ15冊目の本ですが、、やはりシリーズが長くなると難しい面が出てくるようです。たしか、シリーズ7、8冊目くらいからだったか感じ始めたのですが、他の作者のシリーズなどでも似たようなことを感じました。それは、、、。 シリーズですから設定や話しの傾向が同じになるわけで、読む方にも慣れが出て面白く感じなくなるのです。作者側もそれを何とかしようとか、ネタをひねり出すためとかで、段々と設定がエスカレートさせざるを得ず、そのため無理矢理感が出てきます。この辺が鼻についてしまうのですね。
 安定した作者のシリーズであれば、続巻を出せばある程度の販売は見込めるでしょう。だから、作者も出版社もずっと続けたいのでしょうが、ある程度のところで全体ストーリーを纏めて完結にした方が良いような気がします。そうすれば、「良いシリーズだった」ということになると思うのですが、、。尻すぼみになると、そのシリーズだけでなく、作者の印象も薄くなるような気がします。
 勝手な感想ですが、そんなことを思いながら返却に行ってきました。
 

|

« ギターサークルの休日練習に行ってきた | トップページ | 寒い日が続いている »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

大活字本というのが二社くらいから出ていますよ
重たくて嵩張るのが難点ですが眼を守るためには仕方がないかと
大活字のもある場合は選択するようにしています
 昔の人のは全集ものになってしまう場合が多いのですが
 これが二段組で小フォントの場合が多く
 堪ったもんじゃありません
当時は若い人が読んでたんでしょうけど
今やそういう昔の人のを読むのは昔若かった人なんだから
大活字本を充実してもらいたいものです
[594]

投稿: 伍玖肆 | 2017年10月17日 (火) 12時51分

確かにありますね。以前、図書館で大活字本コーナーを見ましたが、品揃えが自分の好み方向と違ったので利用しませんでした。まだまだ、種類が少なさそうです。あと、文庫と大活字の間くらいの大きさで良いのですが、、。

投稿: masa | 2017年10月18日 (水) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/65925681

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに図書館の本を借りて読んだ:

« ギターサークルの休日練習に行ってきた | トップページ | 寒い日が続いている »