« 近くの公民館の行事「カントリーとフォークの休日」を聴きに行ってきた | トップページ | 保冷剤の活用の時期 »

2017年7月10日 (月)

雀は巣立ちを迎えた子達がいるのかな

2017-07-10(月)晴れ

 雀は巣立ちを迎えた雛達がいるのでしょうか。散歩をしていると、小さな雀がチョンチョンと跳ぶのか跳ねているのか、というようにして移動しているのをみることがあります。飛んで逃げるのではなく、こちらから距離を取ろうとして、チョンチョンと逃げている感じです。まだ、うまく飛べないんでしょうね。

 文化会館の大きな木のあるところを歩いていたら、木や芝生のところが歩道から30cmほど高くなっていたので、上に飛び移れず、段差に沿ってチョンチョンと移動している雀を見かけました。この雀も小さくて、まだ上まで飛び上がれないようでした。近づけば必死で逃げるので手を出すのはやめました。

 ごく希にではありますが、道路脇で冷たくなっている小さな雀をみることもあります。先日も一羽、そういう雀がいました。うまく飛べなかったりして、餌が取れなかったりとか水場に行かれなかったりとか、生き延びることが出来なかったようです。開発されて畑などが無くなってしまった場所だから、大きく力強くなるまで生き延びるのは大変なのでしょう。

 そういえば、以前には目の前に落ちてきて、そのまま亡くなってしまった子雀もいました。
  以前の記事「小雀のお墓を作った

 なかなか厳しい面を見せられたと感じた日でした。
 

|

« 近くの公民館の行事「カントリーとフォークの休日」を聴きに行ってきた | トップページ | 保冷剤の活用の時期 »

動物・自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/65517928

この記事へのトラックバック一覧です: 雀は巣立ちを迎えた子達がいるのかな:

« 近くの公民館の行事「カントリーとフォークの休日」を聴きに行ってきた | トップページ | 保冷剤の活用の時期 »