« PB70FDのコンサート、、ブルックス無料喫茶室へ行ってきた | トップページ | Python: ショッピングリスト PyShopper を更新しました V_002_0 »

2017年6月19日 (月)

10年越しのTO DOを、やっと処理した

2017-06-19(月)晴れ

 HP200LXのタグスケ(TAGSCK:スクジュール管理キット)に登録されたまま、10年間処理されていなかったTO DO項目を、やっと処理しました。登録というか締切というか、日付設定が2007年4月だから、本当に10年間放置されていたわけです。いや、時々気にはしていたんですが、、、。内容は、「住んでいる場所(土地や家)の登記簿がどういう内容になっているか確認しておくこと」というものでした。
 就職で田舎から出てきたサラリーマンの例に漏れず、土地や家は住宅金融公庫や会社から融資を受けて入手しているわけです。返済が終わったときに、公庫から家の抵当権抹消の書類を受け取ったりはしていますが、最終的に登記簿上はどうなっているか確認しておこうと思ったまま、今に至っています。
 今に至った理由は、市内にあった法務局出張所が近隣の市と併合されて、遠くになってしまったからです。行くのに、余り便利とは言えないからでした。で、今回WEBで調べたら、市役所の中にサービスカウンターが設置されていて、そこで登記簿謄本発行が出来ると分かりました。早速行って、発行して貰いました。
 昔の登記簿というと、和紙に墨で書いたような紙とか、後の時代になっての部分は和文タイプで打った紙とかがファイルされているものでした。調べたら、平成の初期に電子ファイルに入力されたらしく、画面タッチ式の端末から発行依頼を入力して、直ぐに発行されました。画面操作は、カウンターの女性に逐一教えて貰いながら操作しました。毎回これでは係の方も大変だろうと思ったのですが、商売上で来る方は慣れていて、放っておいても大丈夫だから、これで良いのだろうと思います。登記簿の電子データとしては、現在有効な最後の方の部分が入力されているようです。

E7ds087a

 取りあえず、土地と家の登記簿謄本を発行して貰いました。紙のファイルの時代は発行手数料も高かった気がしますが、電子化されたからか、随分と安くなっているとは感じました。いや、安い方が良いのですが、、。
 ということで、10年来の項目が、やっと片付きました。
 

|

« PB70FDのコンサート、、ブルックス無料喫茶室へ行ってきた | トップページ | Python: ショッピングリスト PyShopper を更新しました V_002_0 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10年越しのTO DOを、やっと処理した:

« PB70FDのコンサート、、ブルックス無料喫茶室へ行ってきた | トップページ | Python: ショッピングリスト PyShopper を更新しました V_002_0 »