« Python:リストのスライドスクロールを有効にする対策をした | トップページ | Nokiaデジタルペンのボールペン部分の替え芯:使い道を考える »

2017年4月25日 (火)

WEB小説の探し方、検索条件を変えた

2017-04-25(火)曇り/晴れ

 WEB小説サイトからダウンロードしたテキストファイルを縦書きPDFに変換してブックリーダで読んでいます。電車の中とか、喫茶店でコーヒーのときとか、手持ちぶさたなときには良いかなと思います。もちろん、通常の文庫本などに比べると、玉石混淆ではありますが、探せば趣味に合う物があります。ただ、先日のように、ブックリーダの電源が入らなくなり、帰ってくるまで手持ちぶさただった、、なんて事もありますが。その点が、紙の本に比べての弱点でしょうか。

 さて、WEB小説サイトの検索では、今まで次のような条件でリストアップして、順次チェックしていました。
 (1)ジャンル、  (2)連載小説、  (3)総合評価の高い順

(2)は、短編だと沢山探さないといけないから、(3)はある程度評価されているものを絞り込むため指定しています。
 しかしながら、最近は
 (1)ジャンル、  (2)完結済み連載小説、  (3)総合評価の高い順
に変えています。(2)に”完結済み”を追加しました。

 今までは、連載中のものも面白そうであれば読み始めたのですが、連載に追いついてしまうと待ち状態になります。現在、私のリストには、そういう小説が並んでいます。この場合、それぞれを掲載を追いながら読むのは難しいですね。よほどユニークな小説でないと、いくつも追いながら読んでいると頭の中が混乱してきます。似ている設定の小説だと、過去のストーリーがごちゃ混ぜになるものもあります。
 そして何より問題は、掲載を待ちながら読んでいるうちに、いつの間にか中断?で連載が止まるケースも多いからです。作者も色々な事情を抱えているでしょうから仕方がないことではありますが、ちょっともやもやするときもあります。第二部完になったが第三部が始まらない、というような切れ方だと、まだ良いのですが、突然のままも多いようです。「さて主人公の運命や如何に、次週に続く」、、で次週、いきなり放送終了になりました、、みたいな感じでしょうか、気持ち的には、、。
 もう一つ、感じたのはストーリー運びが遅くなってくるものがあることでしょうか。前半で主人公が成長してゆくあたりではストーリー運びも快調でテンポ良いですが、ある程度成長したあとはストーリーの進行がなくなり、日常のイベントが繰り返される、、というパターンです。怠くなって、いつのまにやら読まなくなった、、と言うものもあります。私のリストの中の中断記録には、「連載中断」、「読書中断」があります。上記の2つにパターンに対応しています。
 と、色々と言いながら、今日も次のものを探しています。
 

|

« Python:リストのスライドスクロールを有効にする対策をした | トップページ | Nokiaデジタルペンのボールペン部分の替え芯:使い道を考える »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/65198962

この記事へのトラックバック一覧です: WEB小説の探し方、検索条件を変えた:

« Python:リストのスライドスクロールを有効にする対策をした | トップページ | Nokiaデジタルペンのボールペン部分の替え芯:使い道を考える »